HSDL.blog.jp

主にジャンク品を使って日頃の発想や妄想を実験・研究するブログ。

コードレスホン解体

先日のコードレスホン子機を早速バラした(^^


 1月の東巡回で入手したどーでも良いコードレスホンの子機をバラしてみた。実は極秘の目的があったのだが果たせなかった。


cordless_01
 まずは電池を全部取り外します。この電池も収穫の一つだが、この電池だけが目的だったら大赤字だ。何故ならこれは100円ショップのリボルテスにも劣るニッカドだから。Ni-Cd特有のメモリー効果で既に使い物にならない可能性もある。


cordless_02
 今日中に全部バラすのだからどれでも良いけど、まずはえぬてーてーから行ってみましょう。うわ何だこのネジは!トルクスの真ん中に棒が立ってやがる(^^; 意地でもバラさせないつもりだな。でも我々は意に介しない。何しろもうこれは捨てるだけのものだからだ。もちろん破壊する。


cordless_03
 おっ!充電のコンタクトが金メッキで使えそうだ(^^


cordless_04
 これも使えそうな超小型SPだ。ICR-7のが壊れたら使えるかも。


cordless_05
 散溶製ですね。


cordless_06
 FE部分はおいしいから後回し(^^


cordless_07
 圧電ブザーか。これは電子工作家ではないので要らないかな?でもまあ取っておくか。


cordless_08
 何に使う?


cordless_09
 アンテナは上の方に丸めて入れてあった。専門ではないけどJ型に見える。


cordless_10
 ロジック部分のチップセットはパイオニアだった。意外だ。ネコ電かと思っていた。


cordless_11
 マイクはイラネーだろう。ウチに腐るほどECMがあるし。


cordless_12
 液晶もイラネーな。どうせ専用だし。


cordless_13
 キーボードも勿論要らない。基板は金属ゴミ、それ以外は全部不燃ゴミだ。


cordless_14
 とれたのはこれだけ。以前のリモコンほどじゃないけど厳しいなあ。


cordless_15
 FE部分行ってみましょう。厳重なシールドがプロっぽい。まあプロですが(^^;


cordless_16
 キャー!キャー!痺れる。こんなに細かいのにセクション毎にシールドされていて気持ちが良い。3本脚はXFかな?21MHzならX'tal共々アマバンドで使えるけど。


cordless_17
 次はネコ電。どれも同じだろうから簡単に行きます。チップセットはネコ電自社。こういうのは専門だから当然だね。


cordless_18
 FEはスッポリ取れる。きっと色々なバージョンがあるのだろう。


cordless_19
 ネコ電トーキンのタンタルが使われている。こういうところで自社グループ製品をさりげなく消費(^^ こういうのを見るのも解析の楽しみの一つ。


cordless_20
 しかし何故か一つだけマネ下のSが(^^; ここは全部タンタルで行って欲しかった。


cordless_21
 アンテナはえぬてーてーより詰まらねえな。折り畳んでコイルにしただけ?


cordless_22
 しかしネコ電の面白い所は非接触充電なんだな。このように底部にコイルが仕込んである。これはリッツ線で巻かれているので勿論もらっておくぞ(^^ 素線は何本だろうか?


cordless_23
 最後に♯だ。ネコ電のSPを外す時に破壊してしまったのでこれは慎重にやる。成功。これは更に小さいSPだった。ラジオ小型化に使えそう。


cordless_24
 チップセットは#自社製。#は昔から意外と高周波を得意としている。しかし筆者は昭和時代にCBトランシーバーを分解してショボさに落胆した。なのであまり期待していない。


cordless_25
 はあー詰まらん。


cordless_26
 アンテナはネコ電より更にショボイ(^^; 何とアルミ箔になってしまった。


cordless_27
 もはや見る気も起きないFE部分。おいおいニッケミの非固体電解コンが見えるぜ…FEも自社製かな。


cordless_28
 まあ普通だがアルミ非固体電解は無いよな。このXFが21.44だとコーフンするところだが。何故かは分りますね?


cordless_29
 XFとX'talはゲト。21MHzで使おう。


cordless_30
 うーんゴミっぽく見えるな(^^; これでお終いです。


 このコードレスホンは目的があって手に入れたのだが、どうやら新しすぎて役には立たなかったようだ。幾つか部品は手に入れたがほぼ「不燃ゴミ」と「金属ゴミ」を生産しただけに終わった(^^;


★追記
 上のネコ電製品に使われていた充電用コイルのリッツ線の本数が気になったのでバラして調べてみた。

cordless_31
 数えたら15本だった。さすがにラジオよりはだいぶ本数が多い。リッツ線はこのような下の方の周波数に絶大な効果がある。ラジオで最も効果があるのは圧倒的に長波帯で、中波はまあまあ、短波帯には効果は全く無い。オーディオ系で使っている好きモノもいるけど他での影響の方が大きいから意味は無いと思う。

 これはラジオで使うにはちょっと短すぎるな。例の謎の分割巻きの片側に使うのはアリかもしれないけど。って言うかいずれやってみる。

法令最低感度(^^;

MWラジオの感度は最低どのくらい必要か?その法的根拠とは


 例によって巡回に行けなかった時のテキトーな埋め草なので軽くスルーしてください(^^;


>基幹放送局の開設の根本的基準(昭和二十五年十二月五日)
https://www.tele.soumu.go.jp/horei/reiki_honbun/a720620001.html

 この法律はどう考えても「五球スーパーと標準アンテナ」時代の法律なので、ハッキリ言ってそのまま当てはめるのはどうかと思うが…(^^;



第二条 この規則中の次に掲げる用語の意義は、本条に示すとおりとする。

十五 「放送区域」とは、一の基幹放送局(人工衛星に開設するものを除く。)の放送に係る区域であつて、中波放送、超短波放送、テレビジョン放送、マルチメディア放送、超短波音声多重放送又は超短波文字多重放送を行う基幹放送局については、次に掲げる区域をいう。

(1)中波放送を行う基幹放送局
 基幹放送局の電界強度が、次の表に掲げる電界強度の範囲において総務大臣が告示する値以上である区域
denkaikyoudo
第六条 中波放送を行う基幹放送局を開設しようとする者は、その送信空中線の設置場所がその放送をしようとする地域における受信可能な範囲を最大にし、かつ、人口密度の高い地帯における他の放送の受信との混信を避けるために適切な場所となるようにしなければならない。この場合において、開設しようとする基幹放送局のブランケツト・エリア内の世帯数は、指針としてその基幹放送局の放送区域内の世帯数の〇・一パーセント以下でなければならない。

2 開設しようとする基幹放送局の放送区域の全部又は大部分が他の中波放送を行う基幹放送局の放送区域の全部又は大部分となる場合には、送信空中線の相互間の電磁的結合等により放送の受信に悪影響を及ぼさない限度において、その局の送信空中線の設置場所は、なるべく他の中波放送を行う基幹放送局の送信空中線の設置場所に近接した所であること。

3 第一項後段の規定に適合することが実情にそわないか又は公共の福祉に反することの証拠が提出されたときは、総務大臣は、当該条件の軽減について適当な考慮を払うものとする。この場合には、総務大臣は、免許人に対し当該放送の受信に対する妨害を除去し、又はその他の正当な苦情を処理するための措置を求めることができる。



 これを見ると中波放送のサービスエリア内では法令によって0.25mV/m以上の電界強度が必要という事になる。そして法令は守られているはずなので現実的に満たされているのであろう。この基準では感度が250μV/mのラジオであれば良いという事になる。カタログ感度が158.5μV/mのR-P30やRF-P50はこれを余裕で満たしている。10mW出力で0.5mV/mしか無かった昔の粗ニーの有名な超小型ICラジオはダメだけど。

 つまりICラジオが実用にならないと言っている人の家は数少ないブランケットエリアであるか、ラジオの使い方や家屋に問題があると言える。これからは50mW出力で250μV/mを法定最低感度と呼ぼう(^^

Sangean ATS-909

HSDL初!の中華メーカーブランドのSWラジオ(^^


 何となく毎日がマンネリ化している気がする。MWシーズンも峠を越えて受信が頭打ちだし、それ以前に階下の季違いババア(通称。ゴミ屋敷の住人)がLW〜9MHz辺りまでジャミングを出しているので停滞中。新しく手に入るHOのジャンクラジオは似たようなのばかりで解析してもイマイチ「ノリ」が悪い。

909
 そんなある日、ふと今まで何故か忌避していた中華SWラジオの記事を書いてみようと思った。PLL系でテキトーなモノを探したらATS-909があったのでこれを使ってみたい。Sangeanは中華系では唯一といっても良い(PLL含む)アナログラジオをまともに作れるメーカーである。

 これ系に関するWeb上の記事を探したら案外有った。ラジオシャックへのOEM機であるDX-398の記事も参考になる。

Home of the ATS 909 Hoggy

Sangean ATS-909X

What is the ats-909? What is the dx-398?

Доработка радиоприёмника Sangean ATS909

 この辺りが面白かった。日本のサイトは無いのが残念だが、中古やジャンクの流通を見るにユーザーは少ないのかもしれない。イヤ何となく判る気がする(^^;


★テスト…感度高過ぎ(^^;
 こりゃ参った。MWの話だが、テストしたら感度が高過ぎてここHSDLでは殆ど活躍の余地が無かった。海外では「MW感度はあまり高くない」と言われていたんだけどそんな事は無かった。MWのトップ非同調のラジオは日本メーカーのでもHSDLでは使えないのは解っていたが、まさか内蔵フェライトロッド・アンテナでもそうだとは思わなかった。この感じだと本家ICF-2001DやICF-7600デジタルシリーズもMWはダメだろう。何しろ相互変調が666/927/1026kHzはもちろんの事、いつもは発生しない1071/1476/1503/1548kHzにまで出てきたのには耳を疑った。ここで相互変調が出たのは前世紀のR-1000以来だ(^^; これなら感度・選択度は負けても現在のメインER-C56F/57WRの方が当地では使い易いと思った。

 代わりに全く期待していなかった選択度がスゲー良かった。何しろウチでは1、2の難易度を誇る819kHzのNHK長野1が聞き取れたのだ。ラジオの向きもあるけど、これはER-C56F/57WRでは絶対に無理だった。何で中華CFでここまで選択度が良いのだろうか?返す返すも多信号特性だけがもったいない。良ければMWメインになれる器なのに。弱電界に行ったら(これも強入力に弱い事で有名な)DE-1103と同じく褒められるかもしれんな(^^; でもそのうちこれで何か大きな獲物が釣れるかもしれない期待はある。基本的にSWが向いているラジオだと思う。HSDLには向いてないかも?


★終わり
 当初初めてこのラジオを使った時の衝撃を今でも覚えている。それは「これって日本人が作っているのではないのか?」というものだった。中身は粗ニーのパクリだったが、それをモディファイして自分のものにしたこのメーカーはハンパじゃない技術を持っていると思った。DSPラジオはTECSUNが一番だとしても、ことアナログに関してはこのSangeanが中華最強なのではなかろうか。いや今後アナログラジオは出ないのだからこれで確定で良いかな(^^


何か真ん中が抜けているような記事なのだがそれは事実で、HSDLには似合わない「あまりにも役立つ・為になる記事」になってしまったので削除した。悪しからずご了承ください。まあ上の参考記事を読んだり実際買ってみれば解るよ(^^


格安FRA(^^;

哀店道に売っていた「在庫限り」の安売りFRAにハマった話(^^;


 アキバと言うか哀店道に行ったら格安でFRAが売っていた。何しろxx5円である。おいおい、ロッドだけ買うより安いじゃないか!ということで迷わずゲトした。これがあるから特価品探しは止められない。


bt600ca_01
 BT600CAと言う名前のFRAである。ロッドのサイズは精密計測で8.0φ×80.5mmだった。公称は8φ×80mmなのだろう。フェライト指数は640(644)となり、TY-BR30と並ぶ上から10番目である。現在の水準から言えば中程度の大きさで実用になる。形式は御覧のように3本出しのタップ方式だ。

 良いものが買えて大喜びで、これを例のFRAが合わないTY-BR30に移植する事にした。取りあえずインダクタンスを測ってみるかな。名前からすれば仕様は600μHなので余裕だが、中華なので一応計測してみないとアテにならない。


bt600ca_02
 まずはコイルを中央に置かねばならない。それがインダクタンスが最大になるポイントだからだ。あれっ!コイルが止まっているぞ?動かねえ。新品・未使用で固定してあるコイルなんてあるのか?それではトラッキング調整が出来ないではないか。見たところ蝋で止まっている風でもないが…。


bt600ca_03
 ギャッ!何だこりゃ!何かスキマに接着剤が流し込んであるぞ。これって見た目でシアノアクリレートみたいだ。完璧に固まっていてビクともしない。これを無理やり動かしたら敷いてある紙が破れてコイルが崩壊するだろう。なんてこったい(^^; だから異例の格安だったんだな…騙された。参考までにこの状態だとインダクタンスは500μH程度だった。


 と言うことでこのアンテナはそのままでは使えないようだ。使うとすればコイルをバラしてもう一度巻き直すしかない。かなり面倒くさいことになりそうだ…つーか自作と変わらんじゃないか(^^;

南巡回[20/02/02]

 前回は初詣で回った南巡回だが、その時は吉祥寺は省いてしまった。しかも東巡回が予定通りに行かなかったために再び吉祥寺はハブられた。今回の南巡回で漸く2020年の吉祥寺が開幕する。出発は用事があったので14時48分だった。早いので時間が余るか?と思ったが実際は余り時間は全く出なかった。


2002021518
 15時18分に花小金井着。何かペースが異常に遅いなあ。最後に判るけど平均16km/h台前半だった。それは軽自転車時代でもかなりの低レベル記録で、恐らく近所に買い物をしに行った時と変わらない(^^; それはさておき今日の花小金井は何と前籠無し!厳密に言うとCDの籠が一つだけでジャンクは無かった。これではしょうがないのでケーブル類を見たりした。カメラも低調で買い物は無し。15時40分に店を出てPCデポで手を洗う。


2002021604
 16時04分に小金井着。去年後半からラジオが伸びてきたこの店だが今日も買い物してしまった。前籠が増えているので恐らく仕入れも頑張っているのだろう。我々にとってはこの店は重要な位置にある拠点なので喜ばしい傾向だ。16時42分に店を出る。


2002021649
 前回の初詣は平坦コースを通ったので今日が今年初めての浅間山越えだ。キツイ!途中でゼーゼーしてしまった。写真が手ブレしているのが息が上がっている証拠だ。今日は調子が悪いんだな。坂の下りで一気に行こうと思ったがやはり信号で捕まる。16時53分に甲州街道若松町、16時56分に京王線を横切る。


2002021700
 キター!この巡回でキツイ方に入る押立歩道橋だ。ここの登りが往路最大のヤマ場なのである(^^;


2002021701
 稲城大橋はまだ明るいね。現在17時01分だが日の入りの遅さが実感できる。葉月園の前を17時05分に通過。


2002021759
 17時08分に矢野口着。ラジオでは全くスカのこの店だが何やかんやで粘ってしまった。もっともそれは外で飲食していた時間がだいぶ含まれている(^^; ほぼ定時の17時59分に店を出る。今日は早く出たのに何処で時間を食ったのか普通の時間になってしまった。18時12〜14分に西調布駅前、上石原交差点は18時15分に到達。


 今日は天文台前の坂で三度目の革命で道を変えてみた。坂に入る前にいきなり右に曲がって急坂を上がるのだ。二度目の革命の更に前倒しと言えよう。ところがこの坂が以前にも増して厳しい坂だった。二段階になっていて、特に二度目の坂は強烈に厳しい坂で遂に押してしまった。体調は良くないけどそれ以上に坂が厳しかった。次回体調が良い時にもう一度挑戦してみる。


2002021829
 18時29分に三鷹に到着。全く通常の時間になってしまった。今年も主力になってくれるであろう三鷹だが、今日は前籠が無くて検品は直ぐに終わってしまった。19時過ぎにホタルノヒカリが鳴り出す。この店は他より10分早いのだ。19時07分に店を出る。面倒だけど今日は吉祥寺に行かねば。


2002021933
 19時33分に吉祥寺着。三鷹からここまでは都内らしくめんどくさい道だがかなり順調だった。さて吉祥寺は今年初めて。今年こそ良いものを置いてくださいよ(^^; しかしその願いも空しく何も無かった。店の前に自転車が止められなくなったのは厳しい。検品は5分で済ませて店を出る。


2002021943
 19時43分に終点の吉ドヨ着。まあ今日は何にも買うモノは無いのだが、一応2020年初めて店を見ておかないとな。今年もよろしくお願いします。ここでラジオを買う事は無いだろうけど他のモノは一杯買うつもりなのでね(^^


2002022026
 今日の晩飯は面倒くさいので松屋で。アリャ?いつの間にかセルフになってやがる。今日はワンパターンを打破するために試しに「ビーフHBステーキ定食」というのを食ってみた。しかし特に美味くも無い、ただのブラウンHB定食と同じだった。申し訳にステーキっぽい匂いが付けてあるのがイラつく。こんなのを出しているようだと松屋の先も長くは無いだろう。230円の損だった。今日一番書きたかったのはこれ(^^

 今日はとにかく走りが悪かった。ハッキリ言って遅すぎ。ババアの電気自転車の方がよっぽど速いだろう。このままずるずる行くのもイヤなので春の長距離までには何とかしたい。お疲れ様でした。


★今日の買い物
 緊縮財政なので何も買わないつもりだったがそうはいかない。ジャンクの場合は出物は待ってくれないのだ(^^;

=今日のドラフト一位(^^=
rh5_1
 キター!長年これを探し求めていた筆者としては会心の買い物なのだが。これで1000円は高いのか?

rh5_2
 誇らしげな「RF」の文字が見える…が倒芝だからな…(^^; 前評判では球はクソ速いがかなりのノーコンという事なのだが。ちょっと聞いてみた限りではそれほどノーコンとは言えない。ただし球も速くはないような…(^^;

=今日のドラフト二位(^^;=
sw33
 実はこれ青箱にあったのだがシールが貼っていなかった。という事で「やったー!かなり汚いけど粗ニーが100(110)円だ!」と喜び勇んでレジに行ったら「実は500(550)円シールを貼り忘れた」んだとさ。そんな後出しってあるのかよ!(^^; 高校生当時だったら粘着して100(110)円になるまで粘るのだが大人になった今では400円に人生賭けられないので550円払った。この価格なら壊れているハズなので安くはないな。妥当な価格という事で…と思ったら一応電源が入ってMWは普通に受信している。ひょっとすると液晶窓にカビが生えているだけで完動かも知れない。


★スルー
 例のICF-6700をタップリ触ってきたけどAFCだけじゃなくてPOWERスイッチも折れてやがる。どうやって電源を入れるんだよ(^^; あれに2万出す奴はこの世の中には居ないと考えるのだが。いいとこ1万、筆者なら7、8000円くらいしか出したくない。既に所有しているという事もあるんだけどね。

・レンズ
 何か一気に高くなってしまった。コレだけ高いという事は高く買ってくれるんでしょうね?今までのレンズを全部売ってあげてもいいのよ?(^^

・マネ下
 AM専用ポケットラジオに魅かれたが500(550)円だったので残念でした。

・ペトリ(^^;
 昨日の今日で出てきやがりましたがボディ付なので買えなかった。ボディは嵩張るし置くところが無いんだよな…。

・パソピアIQ(^^;
 リアルの時だって2、3回しか見た事が無い。何と箱入りだったがマソ単位は高過ぎ。

・RF-U36
 箱入りだったが箱ほどウザいものはない。もし貴重品なら捨てるに捨てられないし、かといって仕舞っておくには邪魔だし。


★走行リザルト
 今日の日の入りは17時09分だった。遂に17時台に入って明らかに日が伸びたのが体感できる。練馬における14時の天候は晴れ、気温は12.3℃で北の風3.1mだった。追い風だったので往路は非常に楽だった。それと気温が高くて幾分汗をかいてしまった。

走行時間⇒2:07:51
本日の走行距離⇒34.51km
平均速度⇒16.2km/h
最高速度⇒36.4km/h
消費カロリー⇒367kcal
CO2削減量⇒5.17kg
積算距離⇒226km(端数0.51)

 1月はサボったので距離が進んでいないが今年は無理せず行こうと思っている。2月もどこかで一週は休むと思う。ジャンクが集まり過ぎた?ために所有している物件に全力を注ぎたいのでね。

記事検索
名無し・通りすがりは即削除
QRコード
QRコード
livedoor 天気
月別アーカイブ