HSDL.blog.jp

主にラジオを中心としたジャンク・各種実験の同人誌

哀辿道でお買い物(^^;

 通販なので「490円の送料と代金引換手数料300円」が掛かるのを忘れずに。一般的に言って送料の方が高くなるような(アホ)買い物は避けたいよね(^^;


★HSDLにとって必要そうなもの
 全部書いているわけではなくHSDLに関係ないものは省いてます。


>アナログマルチテスタ [DE-960TR]
https://www.aitendo.com/product/19773
 高性能の中華アナログ・テスター。所有のサンワSP-15Dが出てくる気配が無いので致し方ない。1408円。実は日本メーカーのアナログ廉価機はこのメーカーのOEMだと思う(この時代に廉価機を日本メーカーが自前で作るわけがないでしょ)。


>テストケーブル [BNCM-BCLIP-100B]
https://www.aitendo.com/product/18190
 バナナ⇔BNCケーブル。SSGにAGで変調を掛ける時等に使う。でもHSDLではよく使うはずのバナバナが売っていないのが誤算だなあ〜↓でバナナプラグ買うけど。550円。


>角型フェライトバー [FBS](5×13×55mm)
https://www.aitendo.com/product/3688
 このサイズはICポケットラジオでは恐らく最大のフェライトロッドだろう。R-P30より5mm長いのだから。フェライト指数が500に迫る495は魅力だ。110円。


>高感度バーアンテナ★620〜920μH★ [BT700DA]
https://www.aitendo.com/product/20143
 上のロッドにコイルを巻いてアンテナにしたもの。ICポケットラジオでは恐らく最大のFRA。実は上のロッドがあれば必要無いけど参考用に入手(^^; 275円。


>可変インダクタ(10個入) [MD0709-7.5T]
https://www.aitendo.com/product/13271
 意外と大きいのでコイルとしては使えなくとも中身のコアは使えるはず。110円。


>★4連★ポリバリコン [443BF]
https://www.aitendo.com/product/15247
 270pFの等容量2連PVC。以前はこれが105円だったので損した気分だ(^^; 330円。


>★4連★ポリバリコン [T443IF]
https://www.aitendo.com/product/17692
 180pFの等容量2連PVC。容量が中途半端だが改造すれば使えるかもしれない。220円。


>★φ6★トリマコンデンサ(5個入) [FS06]
https://www.aitendo.com/product/15688
 秋月には無かった(60pFまで)120pFのトリマーコンデンサ。このくらいの容量になると探してもなかなか見つからないパーツだったりする。132円。


>みの虫クリップ★L=45★5個入★ [CLP-ML45]
https://www.aitendo.com/product/1956
 意外と消耗品なのでね…。中華製は寿命が短いのもある。@108×2(赤・黒)。


>★φ4★バナナプラグ(5個入) [BP4-50A]
https://www.aitendo.com/product/20386
 バナナプラグはウチにはあまり無いんだよなあ。@99円×2(赤・黒)。


> ★0.07x100★リッツ線 [LZ0.07X100A]
https://www.aitendo.com/product/20401
 筆者はあまりに素線数の多いリッツ線は、少なくともMWバンドでは無意味と考えています(LWなら効果あり)。なのでそれを証明するためにこれを買った(^^ 330円。


★有れば良さそうなもの

>極細先端テストリード [TL10A02]
https://www.aitendo.com/product/19194
 SMDタイプのIC相手には便利そうなテストリード。今はDMMでもPC用途ではないので現状必要ないかな…。324円。


>★390uH★フェライトコアコイル [RLB530-391M]
https://www.aitendo.com/product/19875
 コアが大きいので固定インダクタでやっていた所にこれを使うと性能が上がりそうな気がする…が@円が高いかな〜10個入りなら100%買いなんですが。275円。


>磁気コア入りボビン(5個入) [T7X7KA]
https://www.aitendo.com/product/17008
 RFにベークのボビンはあまり良くないが中身のコアがFMラジオで使えそう。しかし今回のネタでは自前でコアを確保してしまったので必要なくなった。165円。


>テストケーブル [BNCM-MCLIP]
https://www.aitendo.com/product/18188
 BNC⇔ミノムシクリップ。550円。探したらもう持っていた。消耗品だからいずれまた買うかもしれないけど。


>AM/FMラジオ [CD1191CB]
https://www.aitendo.com/product/9497
 華晶のCXA1191M互換ICだ。まだ交換品は必要ないね。いずれIC交換して遊びたいけど。132円。


>AM/FMラジオ [YA1191]
https://www.aitendo.com/product/6208
 CXA1191Mの互換ICだ。132円。これらはCXA1019M/1191M/1619M/1691Mの代用品だ。注意すべきはミュートピンだけ。


>クリスタル(3.2〜64MHz)(10個入) [HC49S]
https://www.aitendo.com/product/918
 27.045MHzの格安中華製X'tal。これを使ってCB帯でワイヤレスマイクでも作ろうかと思ってたけど家に27MHz丁度のX'talを発見してしまった。165円。

気になるリンク[2022/07]

>WR-G33DDC 'EXCALIBUR Pro'
https://www.winradio.com/home/g33ddc.htm
 巷では世界最高の受信機と言われているらしい。HSDLでもいずれは手に入れてみたい。


>学研ラジホーン GX-7  1970年頃? 日本製
https://kuromonokaden.com/2016/04/18/post-169/
 Rx部が40chのバリコン可変方式


>HF TRANSCEIVER GALLERY
https://www.kenwood.com/jp/products/communications/amateur/gallery/
 春日無線時代からのアマチュア無線機を集めたギャラリー。カメラで言えばキヤノンにもあったがメーカー公式の製品紹介ページ。現在のところTS-500/TS-800/TS-900シリーズしか無いが他シリーズも並べてほしい。


>8BITTERS
https://www.8-bits.info/gamelist/PC88.php
 以前紹介したPC-88系のゲームリスト。以前より完成度が高まっている。


>National (Panasonic) RF-2200 "Cougar 2200"
http://www.noobowsystems.org/restorations/rf-2200/rf-2200.html
>Yaesu Musen FRG-7
http://www.noobowsystems.org/restorations/frg-7/frg-7.html
 HSDLブログはこういうのをやりたかったのだがもうあるので(^^; これからは別の路線で行くつもり。


>ICF-SW7600GS「ミュート改造」
https://jg7lbn.web.fc2.com/bcl/sony_icfsw7600gr.html
 1kHzアップ・ダウンの時に掛かるミュート機能を無効にする改造。


>ACTIVE ANTENNA - PA0RDT - Version 1
https://vk6ysf.com/active_antenna_v1.htm
 近年では最もメジャーなアクティブアンテナ。HSDLでもそのうち取り上げる予定。


>クリスタルフィルターの帯域をNanoVNAで調べる
https://nobcha23.hatenablog.com/entry/2021/07/24/234402
 ナノVNAでは狭帯域フィルターは精密には測れないが実用に足る簡易計測は可能だ。


>セラミックフィルタ 10.7MHz
https://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-10730/
 サイトトップからは絶対に見つからないカタログもあるらしい。


人気記事より[2022/04-06]

 2022年の第二回の人気ランキング。読者の役には立っていないだろうが筆者的には面白いし為になる。


=4月の人気記事=
 先月からHO巡回が再開されたが今月は移転のためあまり出歩けないだろう。

1.2022-04-01「TEKNOS RT-1」
 どう見ても凡百の中華ポケットラジオにしか見えないが、実はソニーなどの一流ブランドに匹敵する高感度だったので驚かされた。

2.2011-01-04「ジャンクマザーボード動作チェック」
 何故かいつも最上位にある記事。EFIマザーには役に立たないけれど昔のマザーには多少は役に立つかな。

3.2020-09-24「SONY ICF-P36◆
 何故か人気の記事。恐らくまだ販売中で現役だからだろう。買い物ガイドとしてこの記事を使っていたらヤバいな。この記事を書いている時(10月)にP37とP27の発売情報が流れたので終売ももうすぐだろう。

4.2018-12-13「DSPラジオの欠陥」
 主にTECSUN製のDSPラジオの欠陥について。実はこれよりアナログDSPラジオのAFCの方が有害である。

5.2008-05-30「PC88フロッピーディスクのプロテクト」
 未完成のまま上げてしまったが完成することは無いかもしれない。

6.2022-04-22「BRIGHTIME?(^^;」
 普通の時計付きラジオだと思って興味を持っていなかったが「高感度ラジオ」と書いてあるので一寸見る気になった。

7.2022-02-01「汚ラジオの復活境 
10.2022-02-03「汚ラジオの復活境◆
 現在のところ連載を中断している。ハンダ付けをするための台が無いので上手く行かないためだ。移転したら早速やってみたい。

8.2022-04-08「日本語放送[22/03/28]」
 久々に日本語放送のリストを作ってみた。

9.2018-07-31「ICF-7601/7601L研究」
 ジャンクで安いわけでもないし、RF-P50のようにjunkで目障りなくらい弾数が豊富なわけでもないし、ICF-5900のように昔の思い出があるわけでもない。このラジオを取り上げたのは単に回路図を発見したことによる。つまりただの埋め草記事なのでした。


=5月の人気記事=
 本来は移転を開始しているハズだが全く進んでいない。

1.2008-05-30「PC88フロッピーディスクのプロテクト」

2.2022-04-29「TWINBIRD AR-321」
 AMステレオ対応ラジオでは最廉価の製品だと思われるが、中を見ると4エレのCFU450Gなど高級なパーツも使用されている。基板は専用で恐らくODM・OEMではなくオリジナル製品だろう。選択度は予想通り高いのだが帯域の関係で音は悪くなっていない。但しCFはハズレ品で1エレのモノもあるようだ。その場合には性能はかなり落ちるね。

3.2020-09-24「SONY ICF-P36◆

4.2011-01-04「ジャンクマザーボード動作チェック」

5.2018-12-13「DSPラジオの欠陥」

6.2022-04-01「TEKNOS RT-1」
 中華ラジオの高感度はアテにならないがこれは良かった。このラジオはアタリハズレがあるのかもしれないが、アタリを引けばこのような良品に巡り合えるのだろう。

7.2022-03-01「OHM RAD-P2227S◆
 RAD-F12xシリーズの後継だが中身はそれほど変わっていない。

8.2022-04-22「BRIGHTIME?(^^;」

9.2021-07-22「Panasonic RF-551」
 パナソニックのポケットラジオで恐らくRF-P50クラスだと思うが、今から見るとよくできているので驚く。

10.2017-01-06「2016年総目次」
 PC時代の最後の総目次だが並べてみると懐かしさを感じるね。


=6月の人気記事=
 いよいよ移転開始!と移転前に書いているのだがどうなる事やら(^^;

1.2022-06-04「HO巡回[22/05/20-22/05/31]」
5.2022-06-12「西巡回[22/06/01]」
7.2022-06-21「HO巡回[22/06/09-22/06/17]」
10.2022-06-17「変形南巡回[22/06/02]」
 今年は初詣巡回も行なわないほどHO巡回は不定期で少なかったのだが、HSDLの移転前にまとめて巡回してみた。

2.2008-05-30「PC88フロッピーディスクのプロテクト」

3.2011-01-04「ジャンクマザーボード動作チェック

4.2018-12-13「DSPラジオの欠陥」

6.2020-09-24「SONY ICF-P36◆

8.2022-04-29「TWINBIRD AR-321」

9.2019-04-05「どーでも良いラジオ話ァ
 DRAKE SSR-1は中を見ると2SC710のフロントエンド等で幻滅するが、外見はスマートで良いラジオだった。


★検索記事
 当ブログに検索サイトを含む他のサイトから飛んでくる記事を並べたもの。2017年以前の古い記事は省いた。以前は検索ワードというのもあったのだがグーグルが公開しなくなったらしいので残念だ。こうして並べてみるとラジオおっさん・じーさんの嗜好がよく解るね。

60mb以下の中国局
AIWA CR-AS9
AIWA FR-C3
AX700B復活!
CCP AL-001
CF使用法
CNR(中央人民広播電台)
DSPラジオの欠陥
ELPA ER-C54T
ELPA ER-C55T
ER-C55Tの裏ワザ
ER-H100
ER-H100
FM受信局[20/05/04]
HSDLの日常[18/07/05]
HSDLラジオ用語集
HSDL的お勧め[2020/06]
ICF-6700と6800の違い
ICF-7601/7601L研究
ICF-S60
ICF-S60を洗う(^^;
ICR-S8
IFフィルタの研究
MWラジオ感度向上方法
National RF-B30
OHM RAD-H245N
Panasonic RF-551
RAD-F770Z
RAD-P5130S
RF-2400A
RF-B11研究
RF-U170
RF-U170
SFU455Bェ…(^^;
SONY ICF-28
SONY ICF-9
SONY ICF-P21
SONY ICF-P21
SONY ICF-P36
SONY ICF-P36
SONY ICF-S16
SONY ICF-S19
SONY ICF-S65V
SONY ICR-P10
SONY ICR-S30
TIME PORT DJ
TOSHIBA TY-HR2
TRIO SG-402
アナログラジオを探せ!
お風呂ラジオ(^^;;
お風呂ラジオ(^^
お風呂ラジオ(^^;;
ジャンク箱整理(その2)
ジャンク箱整理(その4)
テキトーMLA(^^
どーでも良いラジオ話
どーでも良いラジオ話
どーでも良くないラジオ話(^^
バーアンテナの大きさ
ハードオフ吉祥寺開店
ハンディラジオ格付け(^^
ラジオの性能評価
ラジオ買いたい
感度ランキング(^^
気になるリンク[2019/08]
対北朝鮮短波放送
卓上ループアンテナ
短波受信[20/09/03]
朝鮮の声・時系列版(^^;
不動のICR-7(^^;;
不動のRF-527(^^;;
遊歩人?何だこりゃ(^^;

FMチェック[22/07/03]

実は去年のだけどFM調査の記事が出てきたので上げる(^^; あまり意味無し


 JCOM再送信は電波法違反だ!と騒いだら何故か弱くなってきた。これって別の何らかの理由で強くなっていたみたいだね。まあそれはどうでも良くて、今日は長年放置してきた当地のローカルのFM局がどうなっているか調査した。実際は下のICF-6700と6800のテストだったのだが。これらは昭和時代のオーバークオリティな受信性能なので2021年の現代に使うと丁度良い塩梅である(^^ 当時は世間でFM多局化近し!と言う機運が盛り上がっていてFMラジオの性能が一気に上がったのだった。結局は利権争いによってなかなか思うように多局化はできなかったわけだが。

 で本題だが、ギリギリ昭和時代のオンボロマンションとは言え流石に鉄筋コンクリートのマンションだけあって、室内ではあまり思うように受信できないことが判った。東伏見では強力だった埼玉もここではあまり強くは無い。一番強かったのは意外にもNHK-FMだった。次がJ-WAVEでこれは東伏見の最強局だ。第三位に漸くTOKYO-FMが入った。以下Inter-FMだが、実は隠れ強力ローカル局で忘れてならないのが補完FM局だ。これは旧来バンドのラジオなのでTBS-FMしか受信できないが、ラジオによって違うがJ-WAVE並みである。同じところから同じ出力で放送しているので納得はできる。

82.5MHz:NHK-FM東京(墨田区,7kW)
81.3MHz:J-WAVE(墨田区,7kW)
80.0MHz:TOKYO-FM(港区,10kW)
89.7MHz:Inter-FM(墨田区,7kW)
 以下アンテナやラジオによって順位は大きく異なるが「殆どの局はメーターは全く振らない」という弱さである。つまり6700のメーターを振り切っている上記局が抜けて強いことが判る。

 次にHSDLにとっては大本命のコミュニティFMだが(注1)、当地で最も近いローカル局は78.2MHzのむさしのFMだが、これがDX局並みに難しい。例のJCOM再送信と紙一重で重なるからだ。Nack5の再送信78.3MHzが帯域内に入るためFMとしては珍しく同波のAM状態で混ざって混信するので(注2)キレイに受信するには指向性のある外部アンテナが必須だ。

注1:生まれながらのDXerなので(代々体育会系ヤソキー家系^^)誰でも何処でも受信出来る局には興味は無い。そんな訳で出力が初級アマ無線局並みのコミュニティFMは格好の的なのだ。

注2:通常FM波は弱肉強食であり、同波でも隣でもどちらか強い方しか聞こえない。「レベル差が無く帯域内に入っている」という意外に難しい条件を満たさないとこのように混ざって聞こえる事は無い。実はFM局のノイズが同調するとパッと消えるのもそれと同じ原理だ。つまりノイズっぽいFM局はノイズと差が無い強さなのだ。


東巡回[21/06/23]+吉祥寺巡回

約1年3か月ぶりの東巡回!+吉祥寺巡回


 15時47分にHSDLを出発、今や懐かしの富士町交差点に16時09分、漸く完成した中原小学校に16時22分、ひばりヶ丘団地商店街に16時23分に到達し、16時24分に笠松坂通りに入る。


2206231630
 最近はよく来る東久留米に16時30分に到着した。頻繁に来るためにジャンク類に変化は少なそう。今日はテキトーに写真を撮ってネタにするのだった(^^;


2206231649
 一部中古品・ジャンクのショーウィンドウを撮影しておいた。上で変化が少ないと書いたがショーウィンドウの中はだいぶ変化している。レコーダー類は数が増えたこともあって一群を為している。


2206231650
 いつの間にかICF-EX5Mk2も入荷しているが御覧の通り高価で保証付きと言えども買える金額ではない。


2206231656
 階段の傍にあるカメラの中古品の棚を撮ってみた。EF50/1.4は昔は欲しかったレンズだが今でもEOS系では現役なので高価である。17時08分出発。


2206231713
 17時11分に東久留米踏切を渡り、17時13分トレファクに到着。ここはご存じの通りジャンク品がある訳ではなく普通のリサイクル屋である。中でも棚ズレ新品や型落ち未使用品に見どころがある。今日は特に我々の領域で取り上げられるものは無し。17時21分に出発する。


2206231726
 浄牧院の所を曲がって黒目川の坂を上るわけだが、勢いを付ける為にその手前で充分な加速が必要になる。この日も大門町の東久留米市立東部図書館の辺りで加速し始めるが下り坂ではないので大したことは無い。お陰で坂はかなり厳しかったが順調に走って例の給水塔の所で水道道路に入る。17時26分に石神小学校、17時30分に児童センター前に到達する。


2206231738
 17時38分に川越街道の水道道路の交差点に到達する。ここからはもう新座HOが見える。


2206231826
 17時40分頃に新座に到着した。店を撮影しようとしたらカメラが電池切れになってしまった。電池をひっくり返してみたが特に変わらず撮影不能になってしまった。何故か予備電池もポケットに入っていない。そこで店内で単三電池を買う事にした。そのせいで正確な到着時間は記録できなかった。

 今日の新座は久々だがジャンク類は変わった感じがしない。新入荷が少ないのかそれとも入荷したものだけ売れてしまうのか分らないが店は去年と変わらないように見えた。18時26分に出発、店の前から黒目川の坂を一気に駆け降りる。いつもはここでタイムを詰めるわけだが、この時に今日の最高速40.7km/hをマークした。坂を下ったところで止められてしまうが、続いて登り坂をジワジワと上って武蔵大の前から旧道に入る。


2206231834
 旧道に入って直ぐの18時32分に幸町3丁目、18時34分に朝霞中央公園入口に到達。


2206231849
 18時49分に成増駅前に到達。通常はこの成増駅前に来るまでに白子川の坂を上っているのでかなりヘバるが今日は特に問題無し。


2206231855
 18時55分に赤塚に到着。本社直営系は終了時間が遅いがこの時間だともう次の店は間に合いそうにない。ここが最終巡回店という事になる。今日の赤塚は十年一日であまり変化は無し。HDDが有ったので買おうかと思ったがゼロ系と比べGB当たりの価格が高い(500GBが700円だった)。レンズ類はソコソコ良さげなものもあったが大部分は所有しているもののみ。出発時間は不明だが30〜40分くらい居たらしい。この後はもう20時近いので大泉学園には寄らずHSDLに帰還する。お疲れ様でした。


★吉祥寺巡回[22/06/21]
2206211719
 17時19分に吉祥寺にやって来た。吉祥寺は2017年開店当初はPCジャンクが非常に少なかったが、その当時はレンズ関連にシフトしていたのであまり気にならなかった。2021年頃からジャンク自体が増え始め、PCだけでなくレンズ系も増えていった。但しラジオ系は依然として少ない。今日はPCマザーボードのジャンクが数枚と電源が数台といったところ。カメラ系は殆ど変化が感じられない。


2206211813
 その後はヨドバシにも寄ったがラジオ関連には変化は無し。SONYのミラーレスα7Cを触ってきたがあまりピンと来るものは無かった。この後は買い物をして帰還する。


★今日の買い物
 この巡回は伝統的にジャンクの絶対数がが少なく買い物はごく少ない。但しPCからカメラ系に移ってから買い物額は増え始め、ラジオ系に移っても同じく微増している。

=Wi-Fiルーター=
huawei_304hw
 割とキレイそうなHUAWEIのWi-Fiルーターが100円だったので買ってみた。以前のは3Gだったが今度は4Gだと思ってギャンブルしたのだが帰って調べたら狙い通りだった。これは実使用ではなく分解してみたいから。充電してみたところやはり電池がダメになっているようで充電は上手くできなかったので予定通り分解に回す。実は動いたら使ってみるつもりだったがよく見たらソフトバンクなので仲間内では使い物にならないのでした(^^;

=単三乾電池(^^;=
tansan
 HO新座に入るときにカメラの電源が切れてしまった。予備の電池も無かったので店内で電池を買う事にした。アルカリ乾電池10本200円なので高くは無いが安くも無い。2本しか使わないのでちょっともったいないけど仕方がない。こういう損失を出しているとジャンカーとしては面白くないね。


★スルー
 カメラ系に一寸後ろ髪をひかれるものがあったがそれらは既に所有しているものだったり高価だったりしたのでスルー。PC系はHDDとDDR2、3メモリだったがこれも高すぎ。ゼロ系ではHDDは1GB=1円という相場になっているが本社直営はそれより微妙に高い。ラジオ系はサッパリ無し。

 吉祥寺ではEPIAのジャンクがあったが、既にP6以前の古代のPCマザーボードは対象から外れていたためにスルーした。


★リザルト
 6月21日16時の練馬の天候は曇り、気温は27.5℃で南南西の風1.7mだった(吉祥寺巡回のリザルトは無し)。6月23日15時の練馬の天候は曇り、気温は25.1℃で東の風0.9mだった。

走行時間:2:05:20
走行距離:32.02km
平均速度:15.3km/h
最高速度:40.7km/h
消費カロリー:337kcal
CO2削減量:4.80kg
積算距離:647km

 久々に完全な計測ができた。走るのは相変わらず調子が出ないが、このように走る前に以前のデーターを忘れずに消去できるようになったらもう復活と言える。

記事検索
名無し・通りすがりは即削除
QRコード
QRコード
月別アーカイブ