HSDL.blog.jp

主にラジオを中心としたジャンク・各種実験の同人誌

汚ラジオの復活(^^;;

この記事は、最低でも過去記事と「HSDL用語集」「HSDLラジオ用語集」を読んでいる事を読者の条件とする(リンク条件はこちらを参照)。

レベル1:メタリック塗装が腐食・変質しているER-P26Fの復活(後篇)


汚ラジオの復活(^^
汚ラジオの復活(^^;

 前号の終わりに言い訳を書いてバックレようと思ったのだが、悪い事にこういう時だけは全ての部品がしっかり見つかってしまうのだ(^^; それにこの連載は何故か人気記事の上位に入っているので今更逃げられないというのもある。結論から言うと音は出たのだが動かなかった。音が出たら動いたというのではないのか?そういう疑問はあるだろうけどまあそれはこれから書いていく。今回は後始末編という事で。


★何で電源が入らないの?
 前回はブザマにもまた電源が入らなかった。電源が入らないから修理したのにそれが出来なかったら意味が無いではないか。イヤこのラジオの場合は清掃が一番の目的だからもう充分目標達成と言えるが。


erp26f_29
 こんな簡単なラジオの電源が入らないなんてもうSWが原因に決まってる。ただコイツの場合はSWがちょっと複雑なのだ。何故なら一般的なVR兼用ではなく独立したモードSWと兼用だからだ。何処の接点が電源なのかパッと見た目では分らない。SWの下に配線があるからだ。

 しかしテキトーに電流計を使ってショートしていったらAMとFMの電源が入るポイントを発見した。やはりSWをスルーしないと電源が入らない。電流計でスルーすると音が出たのである。ここらでガッツポーズが出るがそれは早過ぎたのだ(^^; まずはこの専用SWをバラさなければならない。とてもバラせないように見えるのだがもう壊れてもイイからバラす。


erp26f_30
 開いたぞ!予想通り内部は緑青まみれ。これ掃除できねえよ!無理したら割れちゃうぜ。


erp26f_31
 それでも地道に磨いたらどうやら恰好が付いた。10分しか根気が続かない自分としては良くやったと思う。


★テスト!駄菓子菓子。
erp26f_32
 組み立てもOK!いやー奇跡の復活だ。さて電源を入れてみよう!入った!途端にSPから爆音が出やがった。VRを下げようとツマミを回したが全然下がらない(^^; そう、このラジオは汚水に浸かった為にVRが死亡しているようなのだ。バラせばいいと思うだろ?


erp26f_33
 ところがこの製品はVRが非分解式でツマミが取れないの(^^; これはもう詰んだな!ダメもとで接点洗浄スプレーを吹いてみたが変わらなかった。

 という事でラジオは鳴って無事動いたのだがVRが死んでいるっぽいのでそのままでは復活しないということになった。元々このラジオは復活しなくても良いと思っていたのでノウハウを得られただけで良しとする。しかしVRが死亡するとは想定外だった…。もしヒマが出来たらVRを破壊して後日譚の後日譚を書こう(^^


★レベル1強制終了(^^;
 という事で情けない事に完全動作にはできなかった。最初がこれでは次が思いやられるなあ。でも自分としては洗うのだけはよくやったと思う。いや洗うのもそうだが、特に筆者(10分しか根気が続かない男^^)が自分でよくやったなと思うのはSWの分解掃除だ。これは以前だったら投げていただろうから。次回のレベル2に向けてチョットは自信が付いたのだった。

2021年度の目標

 2021年度も色々と目標を立てている。一番の目標は記事を定期的にブログに載せることだが、ここではハードウェアの目標を書いてみる。


=アンテナ関連の目標=
 HSDLの一番のウィークポイント。これを何とかしないと高性能Rxが全く無駄になる。RxのアドバンテージなどANTの優劣の前には全く無力だ。

〜瓦討離薀献・受信機のアンテナ端子にRCAとFコネクタを付けられるようにする
 これからはもうRCA+Fと75Ωでトコトン行ってやる(^^ 全部と言っても現役でアンテナ端子の有るものだけだが。

戸外のアンテナを最低1本は用意する
 SWは頭打ちなので何とかしなければ。当地は磁界ノイズが大きいのでMLAはあまり意味が無い事が判った。

MWの同調型ループアンテナの製作
 当地ではMWは同調型以外通用しないので何とかしたい。

MWプリセレクタやアンテナチューナーの製作
 上に同じくMWでは同調しないとダメ。恐らくペルセウスを持ってきてもダメだろう。トップがBPFのRxは役に立たない。最近のRxは全部そうだけどな…。


=ラジオ・Rx関連の目標=
 最近のラジオはHSDLネタのためのものなのでハッキリ言ってどーでも良い物件だ。ここでは筆者個人の目標を書いてみる。筆者の私物である昭和Rxは寄る年波からの不具合が多いのでそれの修正が主だね。

 特にSONYのBCLラジオは殆どが逝かれている(運命∨必然の現象^^;)ので何とかしなければならない。マネ下は正しく使ってトーシローが弄らない限りあまり壊れない。SONYを買うというのはそういう事です。

,海海僕茲討ら一度も動かした事が無いRxをなるべく動かす
 一杯あり過ぎるので個別の指名はしない(^^; 梱包されており全部動かすのは無理だからその中でも気になる奴や思い出の奴を動かしたい。

管球式Rxトリオを動かしてみたい
 盟友YS君から昭和時代に頂いた9R-59DやJR-310、FR-DX400等の甘無線用Rxを動かしてみたい。尤も動くかどうか分らないので動かしてみて、ダメなら一応動作に持って行っていずれにせよ9R-59D以外は売却する予定。

ICF-2001[2][3]の内、最低でも1台は使えるようにする(^^;
 新品以来使っている[1]も含め3台あってどれも動かないという最悪の状態(^^; 通常はTR交換で動作するので致命的に死亡するSW77よりは幾らかマシだけどね…。[3]はANTが無いので代わりのを付けたいけど無理かな。ダメならRCAを付ける。

ICF-6700[1]のバンド切り替えスイッチのオーバーホール(難関)
 一応受信できるのだがバンド切り替えの度に5分から10分掛かる(^^; 接触が悪く何度もやらないと動かないのだ。超面毒せーのでそのせいで使わなくなった。[2]は部品に欠品が多く恐らく復活不能だ。これは[1]の部品取りにしたい。

ICF-6800のPLL復活(難関)
 おなじみの持病でもう何年も前からMWとFMしか使えない(^^; これではICF-6700以下なので早くSWでPLLのメリットを味わいたい。ま、完璧に動いてもSWではRF-B30には敵わないけど…。

IC-R72のダイヤルオーバーホール
 触らせるか分解して見せないと分らないだろうが、前所有者が世間でかなりの勢力を誇るバカ軍団「ダイヤルをやたら軽く改造する輩」だったので悲惨な状態になっている。これに関してはかなりの怒りを感じており、もう直らないだろうが出来る限り元に戻してあげたい。バカに名機を与えてはいけないと痛感する事例だ。

QR-666のオーバーホール
 受信できるが感度がかなり低下している。キット(完成品も九十九など一部の店で売っていた)なので断定はできないけど長年の感では調整の狂いではない。たった半世紀以内でこんなに大幅に調整が狂うのはトーシローが弄った時だけ。がしかし当機はシロートに弄られたような跡は無い。となると理由はアレ(犯人は鼬)しかありませんね。開ける前から既に直った気でいます(^^

R-1000[2]のオーバーホール
 物凄く修正箇所が多いので書き切れない(^^; アンテナ端子が崩壊しているし、かなり荒っぽく使われていたらしい。何故かこれも前所有者がサブダイヤルを軽くしている。もともと常時回すものではないので「容易に動かないように」重く作ってあるのに!何たるバカ。このせいでメインダイヤルを回すとサブスケールが微妙に動いてしまいます。例によってATTのカップリングも消滅しているが、ATTは使わないにしてもカッコ悪いので直したい。これに使えるカップリングは選択に困るほど山のように売っているので心配はいらない。

National RF-1150のオーバーホール
 思い出のRF-1150でもう一度受信してみたい。一応現在の動作しているがバンドSWとVRの接触不良と半導体の劣化は明らか(ノイズ増加)なので何とかせねば。出来ればもう1台欲しいですね(後期型がイイ)。

National RF-2200のオーバーホール
 RF-2200の数少ない弱点である音量VRが死にかけている。これが逝かれると受信出来ているのに音が出ないのだ。何とか元に戻して史上最強MWラジオを復活させたい。

National RF-B30[3]のオーバーホール
 VRのガリはいつの間にか直ってしまった。このガリは恐らく放置していたからだろう。周波数カウンターは1kHz未満でズレているが実は本当に狂っているかまだ分らない。[1][2]は大丈夫なので単純にCFが狂っている可能性も大きい(つまりIFが動いている)。メインマシンなので何とか完璧に個別調整したい。

SDR(ワンセグチューナーだが^^;)を使えるようにする
 東伏見ではまともなアンテナが無くて何も聞こえなかったRTL-SDRをFMで実用したい。実用と言ってもバンドスコープを表示するだけですが。

TS-430Vを出来る限り元に戻す
 前所有者が余計な改造(AMフィルター)や間違った改造(MW-ATT除去)を行なっているので元に戻すか正しい改造に直したい。ついでにちゃんとした改造も付け加えたい。それで売却する予定。TS-430Sはノーマルなのでこのまま売却(^^ 昭和リグはノーマルが一番!シロートが弄っても世代の壁は乗り越えられません。


=計測・実験の目標=
 これが実はHSDLの根幹なわけだがショボイのは事実(^^; 一番やりたいのはまだ評価した事が無いAFと選択度の計測だね。

AF信号の評価をできるようにする
 これまではAFの評価がまともに出来ていなかったので何とかインチキ法でもイイから考えたい。今のままでは音の大きさすら測れないのだ。他所のブログみたいに個人の主観で評価するのは全く意味が無いと思う。あんな時間の無駄は絶対にしない。

感度を公的な方法で測りたい
 これは道具立てでは既に可能になっているのであとはヤル気だけ。公的な計測を継続する意思は無いが一度はやらないとHSDL評価法が正しいかどうかも分からない。

A択度を気軽に測れるようにしたい
 これまで選択度は計測が面倒なので放送受信に依るテキトー評価に留まっていた。これを客観的に定量的に計測できるようにしたい。しかも気軽に・安易にだ。後ろの条件が付くと難易度は飛躍的に上がる。

ぢ真号特性の計測
 これもやってみたいけど現在は機材が無い(昔は会社の機材が使えた^^)ので難しいかもしれない。最近は本物のDXerではなくなったので情熱が薄れてきた項目だ(^^;

気になるリンク[2021/02]

 久しぶりに何か製作したいのだが、プランを練っている間に飽きてしまってヤル気が無くなる。去年終わりからずっと{製作をヤル気になる→飽きて止める}を繰り返して前進しない(^^;


>ELPA ER-C74T
https://plaza.rakuten.co.jp/khitoli6270mitsu/diary/201906160015/
 うーむ、やっぱりSWラジオでもAFCが入っているのか…。ER-C74Tは良さげなので新品で買ってみようかと思ったが止めておこう。HSDLはやはりジャンクだな(^^


>Kchibo KK-9803
http://kchibo-supernic.com/index.php?route=product/product&product_id=200
 これがRAD-H320Nの元製品か。元々はDSPではなくアナログラジオだったようだね。愕然とするくらい電池の持ちが悪くなったのでアナログの方が良かったかな。ところでこのメーカーってなんて読むの?ケチ坊にしか見えないのだが…(^^;


>SONY 6R-12
https://www.radiomuseum.org/r/sony_eight_transistor_radio_6r_12.html
 筆者が小学校時代のラジオ。タダのハンディMW/SWの2バンドラジオだが、そこはこの時代の粗ニーではないソニー様なので一味違う。まずフロントパネルの”SUPER SENSITIVE”で解るように感度が高い。特にMWがSWと同じくらい高い。廉価ハンディのためさすがにRFアンプまでは入っていないが、カタログデータでは35.5μV/m(10mWだけど^^;)という高感度で、それもそのはず中を見れば長くて太くて黒くて艶々した10φ×160mmのFRAが入っている。更にこの時代のTRラジオは概ね低選択度なのだが、このラジオはSFD455F(R-300と同じ)相当品で選択度が高い。裏ワザで中のCCを一個変えると音は多少犠牲になるが更に狭帯域になりSWでも充分に実用可能だ。こんな高性能のラジオだが、当時既にMW/SWの2バンドは時代遅れで恐らく売れなかったハズ。まず見ないだろうけど見かけたら手に取って出来れば中を見て欲しい。もし使うなら死亡若しくは劣化しているハズのTRチェックを忘れずに。


>RADIO-TIMETRAVELLER
>Loop Calculator One (1.0230)
http://radio-timetraveller.blogspot.com/
 RADIO-TIMETRAVELLER謹製のループアンテナの計算プログラム。DOSのRJELOOP3の方がシンプルで筆者は好きだけどWindows-GUIの方が好きな人もいるかもしれない(^^ 浮遊容量のとり方で計算結果が大きく変わってくるので要注意。


★久々の秋月特集(^^

>セラミックフィルタ 455kHz ±3kHz LT455HU
https://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-16048/
 全世界が待っていたセラミック・フィルターがキター!秋月でもやれば(仕入れ)できるじゃん。これは改造マニアやジサカーには願ってもない帯域6kHzの4エレだ。ムラタCFUより大きめのスプリアスと損失は気になるけど価格が安いので交換してみたい。こうなるとポケットラジオのリプレース用に中華2エレも欲しいなあ(チラッ


>セラミックフィルタ 455kHz ±7.5kHz LT455EU
https://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-16046/
 ↑そんな音悪いのイラネーよ!と言う音質ジジイにはこれだ!CFU455E互換の帯域幅15kHzのワイドフィルターだ。今持っているラジオのSFU455Bを全部とっかえたくなるぞ(^^


>セラミックフィルタ 450kHz ±2kHz LTM450IW
https://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-16052/
 無線機器のジサカーはこっちだね。帯域4kHzの6エレなので頑張ればSSB用にもなる。送信はキャリアがダダ漏れで無理だろうけど少なくとも受信はイケる。ICF-SW7600系はこのクラスだし。中心周波数が450kHzなのでリプレース用としてはPLL系以外には使いにくいので150円になってもイイから(広告参照)秋月に要望しよう!


>3mmウォームホワイトLED 70°OSM5YK3Z72A (100個入)
https://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-11632/
 電球色だが本体がスモークで拡散するのがイイね。これってラジオ内部の照明に良いかもしれないな。でも古のBCLラジオにLEDは使いたくねえです。そんなのレストアじゃないし。


>オプトサプライ10バーLEDアレイ 3色(緑5黄3赤2)タイプ
https://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-05347/
 アナログ回路滅亡と共にアナログメーターも滅亡してしまった。そんな訳でこのようなものでSメーターを作ってみたいのだが、LEDメーターって電気バカ食いなんだよねえ〜。


>赤色3連LED
https://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-12589/
 ↑という事でポータブルラジオで許されるのはこの程度までかな。まあこれならLEDを3つ並べればいいので買わないでもイイんですが(^^;

受信ログ[2021/02/19]

mla3_210219
 ハンダ付けしてコネクタを付けMLA3がようやく完成した。指向性が固定のMLA1やMLA2と違って二方向90℃くらいは動かせる。撤去もフックに引っかけてあるだけなので10秒以内に出来る。このアンテナがRF-B30に常時接続される予定。これで常用の全てのRxにアンテナが付いた。と言っても全部室内なのでショボイが…。

 指向性を動かしてみたら朝鮮半島南のゲインが20dBくらい差があった。ただ半島が聞こえない方にすると他の地域も弱くなってしまうので(恐らく浦塩方面に向いている)やっぱり方向固定になりそうな予感!(^^; でもまあこれでも無いよりははるかにマシ。以下の受信もこの組み合わせで行なった。


=7525kHz:VOICE OF AMERICA Tinang(Tibetan)=
 VOAフィリピン送信波を2021/02/17の〜02:00に受信した。この周波数はこの01:00〜02:00のチベット語放送にしか使われていない。終了直前におなじみのISが流れるが実際聞きどころはそれだけ(^^;

=31mb流し[2021/02/19 20:40-22:00]=
 筆者としてはまとまった時間受信してみたのだが、御覧のようにいつもとあまり変わり映えのしないメンツだった(^^; 大半の局は良好でER-C54/55Tクラス、つまり最低クラスのSWラジオでも大半は受信できるだろう。ストレートラジオでも頑張れば受信できるかもしれない(^^

9390kHz:R.FREE ASIA			21:30-21:58(Khmer)	MRA
9395kHz:WRMI The Overcomer Ministry 19:00-05:00(English) USA
9400kHz:FEBC Radio Liangyou 1 20:00-23:00(Chinese) PHL
9570kHz:World Christian Broadc.KNLS 20:00-21:00(Russian) ALS
9610kHz:KSDA-Adventist World R.Guam 20:00-21:00(Chinese) GUM
9635kHz:R.MALI 17:00-03:00(French,Arabic)MLI
9720kHz:World Christian Broadc.KNLS 20:00-21:00(Chinese) ALS
9795kHz:FEBC RADIO 20:00-21:00(Vietnamese) PHL
9835kHz:RTM Sarawak FM 00:00-00:00(Malaysian) MLA
9875kHz:KSDA-Adventist World R.Guam 21:00-22:00(Korean) GUM
9910kHz:KTWR GUAM God Remembers Them 21:00-21:15(Chinese) GUM
9920kHz:FEBC RADIO 21:00-21:30(Jarai) PHL
9930kHz:Voice of Martyrs 21:00-21:30(Korean) UZB
9940kHz:R.THAILAND 21:00-21:15(Malaysian) THA
9975kHz:KTWR GUAM Do You Know 20:14-20:44(Hui zu) GUM
9990kHz:R.FARDA 17:30-21:30(Persian) KWT

 この中で全く受信した事が無いのが"Voice of Martyrs"(殉教者の声)だ。こんな局があったのか。迫害されたクリスチャンの人権を守る云々とKoreanなので北朝鮮向けなのだろうか。他ではマレーシアがいつもより良好で放送と判る状態だった。IDは録れていないが言語から見てもまず間違いない。マリは今世紀初めてでアラビア語っぽい語感だったが弱くて分からず。しかし混信が無いので確認できるかもしれない。中国局は敢えて抜いたがそれ以外だと御覧のように宗教局ばかりが残った。このように31mbは現在の短波界の縮図を見る事ができる。ま、筆者はそんな事よりRF-B30のダイヤルを回していればソコソコ楽しいわけだが(^^

=おまけの41mb流し(^^;[2021/02/20 01:10-01:40頃]=
 僅かに時間が余っていたので聞いてみたが…全然ダメ(除CRI、CNR、PBS)。

7355kHz:BBC Kranji		00:30-03:30(Korean)	SNG
7465kHz:BBC Kranji 01:00-01:30(Dari) SNG
7485kHz:BBC Kranji 00:00-02:00(English) SNG
7515kHz:Living Water Ministry 00:15-01:16(Korean) GUM



★アメリカの宗教局
 KではないWコールサインが付いた米国本土の宗教局をそれとなく狙っているが、時間的なものなのかなかなか良好に受信できない。昔から米国東海岸はMWはもちろんの事SWであっても容易では無かった。当地で受信できるとしたら恐らく高い周波数だと思うが、筆者の趣味としては先進国には珍しい90mbや60mbを受信してみたい。とは言え90mbはもちろん60mbでも珍局・難局の仲間に入れてもいいんじゃないか。当地では60mbでそれらしきキャリアの痕跡を受信したのみ。ここでは何度狙っても確認できそうな気がしない(^^;

 3215kHz:WWCR	11:00-21:00(English)
4840kHz:WWCR 10:00-22:00(English)
4980kHz:WRMI 20:00-09:00(English)
5010kHz:WRMI 22:00-04:00(English)
5085kHz:WTWW 07:00-15:24(English)
5800kHz:WRMI 23:00-06:00(English)
5830kHz:WTWW 09:00-23:00(English)
5850kHz:WRMI 12:00-17:00(English)
5850kHz:WRMI 19:00-01:00(English)
5890kHz:WWCR 12:00-22:00(English)
5920kHz:WHRI 09:00-10:00(English)
5920kHz:WHRI 11:00-12:00(English)
5935kHz:WWCR 08:00-22:00(English)
5950kHz:WRMI 13:00-06:00(English)
5970kHz:WEWN 09:00-23:00(Spanish)
6115kHz:WWCR 07:00-11:00(English)
7315kHz:WHRI 08:00-09:00(English,French)
7315kHz:WHRI 11:00-17:00(English)
7315kHz:WHRI 20:00-22:00(English)
7490kHz:WBCQ 01:00-14:00(English,Spanish)
7490kHz:WHRI 13:30-15:00(English,French)
7490kHz:WWCR 22:00-07:00(English)
7520kHz:WWCR 09:00-12:00(English)
7570kHz:WRMI 23:00-20:00(English)
7730kHz:WRMI 10:00-17:00(English)
7730kHz:WRMI 18:00-02:00(English)
7780kHz:WRMI 01:00-05:00(English)
7780kHz:WRMI 12:00-23:00(English)
9330kHz:WBCQ 10:00-09:57(English&Others)
9350kHz:WWCR 06:00-08:00(English)
9385kHz:WEWN 09:00-18:00(English)
9395kHz:WRMI 13:00-17:00(English)
9395kHz:WRMI 19:00-05:00(English)
9470kHz:WEWN 18:00-22:00(English)
9475kHz:WTWW 23:00-11:00(English)
9505kHz:WHRI 12:30-13:00(English)
9840kHz:WHRI 19:00-01:00(English)
9840kHz:WHRI 02:00-05:00(English)
9930kHz:WTWW 23:00-07:00(English)
9980kHz:WWCR 22:00-09:00(English)
11750kHz:WHRI 05:00-07:00(English)
11825kHz:WHRI 17:30-18:30(English)
12050kHz:WEWN 23:00-09:00(Spanish)
12160kHz:WWCR 01:00-06:00(English)
13845kHz:WWCR 22:00-10:00(English)
15610kHz:WEWN 04:00-09:00(English)
15770kHz:WRMI 06:00-08:00(English)
15770kHz:WRMI 21:00-22:00(English)
15810kHz:WTWW 23:00-09:00(English)
15825kHz:WWCR 21:00-02:00(English)
15825kHz:WWCR 03:00-07:00(English)
17520kHz:WBCQ 16:00-19:00(Arabic)
17815kHz:WHRI 04:00-06:00(English)
21610kHz:WHRI 23:00-04:00(English)

 宗教局らしく曜日によってスケジュールが異なる。複数の番組が混在しており全貌は把握していない(^^;

南巡回[20/02/08]

 西と北は回ったので次は南しかない。ローカル巡回は東もあるけど、アレはご存じの通り南を差し置いて回るような巡回ではない(^^; かと言って西多摩・南多摩・永山の長距離巡回はまだまだ回る気がしない。日の入りが18時台になるまではちょっとイヤだね。ということでこれを書くまで忘れていたけど今年初の南巡回である。出発は南巡回としては異様に早く13時50分くらい。もっとも駅前に寄ってからなのでそんなに直ぐに出かけたわけではない。


2102081432
 まずは14時32分に花小金井着。さすがに平日でしかも月曜だと人は居ないね。この店に人が居るか居ないかは自転車置き場で判る。多い時には自転車・バイクが一杯で止められない場合があるが今日はガラガラでどこに止めるか選べるくらい。念のために言っておくが置き場は小さいわけではない。ゼロ系HOの中では一番人口密度の高い場所なので車で来る人よりも近所の人が多い。休みの日には駐車場も一杯だけどな…要するに人気店なのだろう。

 今日の花小金井は残念ながら前籠がショボくて成果は無し。人気店なので前籠の段階でゲットしないと青箱に入る前に誰かに取られるのだ(^^; 買うモノが無いので例によってコード類を買って退散する。14時52分に出発。これは時間が余り過ぎるな。


 これから小金井まで暫くの間は小金井街道を南下する。14時54分に青梅街道花小金井交差点、14時57分に新宿線を渡る。鈴木街道入口の鈴木町交差点には14時59分の到達だ。ここを右に曲がると西巡回・南多摩巡回だが勿論真っ直ぐだ。五日市街道に15時04分、小金井の本町二丁目には15時07分、連雀通りには15時10分に到達。順調ではあるが遅い!ここから前原坂を一気下りすれば小金井は目前となる。


2102081516
 15時16分に小金井着。24分は極度に遅いわけではないが20分くらいで走って欲しい。さて今日の小金井だが、最近はカメラの方が不調なのでラジオ関連だけ見ているためアッサリ検品終了。前籠が少なかったのでアッと言う間だった。結果は全くの不調で買うモノが無いためにまたもコード類を買う。店を出た時間を記録し忘れたがレシートのタイムスタンプは15時42分となっている。


 今日は道を変えてみた。不調なのと最近ツキが無いので座布団をひっくり返してみたわけだ。具体的に言えば小金井を出た後、新小金井街道を斉藤病院の所で左に曲がらずに真っ直ぐ行って浅間山峠をパスしたのだが、以前のように府中街道までは行かずに途中で元のルート(さえきの手前)に戻ったのだ。加えて京王線を渡る時もいつもと違う道を通った。もっとも何時もと違うと言っても殆どが通った事がある道で、途中で元のルートに戻る部分だけが初めて通った道だ。


2102081602
 16時02分、これが久々に通った道。是政線を渡ったところだが、この道は最近は全く通らず前に見える道に直接入っている。


2102081606
 16時06分に押立歩道橋に到達。この歩道橋が往路唯一に近い厳しい坂だ(^^; ここまでは良いが前に見える折り返し部分で勢いが削がれるのでそこからが厳しくなる。


2102081607
 16時07分に定点観測地点の稲城大橋に到達。無料になってからずっと通っているが最近は車が増えてあまりお得感が無くなった(^^; 歩行者は今日はゼロで自転車2台だけ。


2102081615
 葉月園の前を16時11分に通過して16時15分に矢野口到着。なんだ?〒バイクが居るぞ…と思ったら自家用と書いてある。払い下げの奴なんだね。実はこのバイクに三鷹でも逢うのだが(^^; 今日の矢野口だがやっぱりダメ。今日はコード類さえ無かった。今日回った店の中で唯一買い物をしなかったのがこの店だ。しかし去年もこんな感じだったがいつのまにか買い物をして中位にランクされているのが不思議だ。出発は16時50分だった。


2102081656
 16時56分に多摩河原橋を通過。今日も左に曲がらず真っ直ぐだ。17時03分に旧甲州街道、17時07分に富士見町高架下に到達。で今日はすんなり走れたのだが全然楽になった気がしない(^^; 長い緩い坂なので筆者にとっては苦手なのだ。元の道の方がイイのかなあ。


2102081722
 17時22分に三鷹着。これは最速記録ではないか?記録を見たことが無いので判らないけど。ふとバイク置き場を見たら矢野口で見た〒バイクが!やはりこの辺りのHOを回る人はこのルートを走っているのだろうか。実は以前も同じオッサン(この人もバイク)に追いかけられたことが有った。

 さて今日の三鷹だが前籠(最近は横の方^^)はほぼ皆無に等しく見どころは無かった。ラジオは有ったけど電池蓋が無いのが高かったので止めておく。ここでもまたコード類しか買えなかった(^^; またも店を出た時間を記録し忘れたが、レシートのタイムスタンプ(実はこれはかなり狂っている場合が多い^^;)に拠れば18時06分の出発。実際はもっと遅いと思う。


2102081846
 18時46分に終点の吉祥寺着。考えてみれば南巡回各店は今年初だったのだ。結局正月はスルーしてしまったのね。さて今日の吉祥寺だが相変わらずPCコーナーは好調だった。そう言えば今日は明日2の630が青箱に入っていた。これが青箱に入るとは時代だなあ!10年前ならコーフンして倒れていたぞ(^^;

 さて今日も買うモノが無いのでコード類を買って退散しようか。またも記録し忘れたがタイムスタンプに拠れば19時09分に店を出た。大幅に余るかと思ったけど遠くなった分だけ時間が掛かっているので大して余らなかったな。この後ドヨに寄るのが正式なコースなのだが今日は疲れたので止めて直帰する。現在ここはJRの最寄駅なので自転車だとアッと言う間に帰還する。お疲れ様でした。


★今日の買い物
 今日もラジオは買わなかった。無かったわけではないのだが少々高かったのとミッシリ系だったのでスルーした。しかし買うモノが無いと言いつつ予算は700円もオーバー!(^^; 何故かと言うとコードを買い過ぎたためだ。

=コード類1=
av_cable
 RCAコネクタはHSDLの正式採用コネクタです(^^

=コード類2=
av_wire
 何か特殊なRCAとBNCコネクタが付いたコードが有った。長そうだったのでゲト。

=同軸3C-FV=
doujiku_3cfv
 もはやお約束となった同軸ケーブルゲト。それにしてもあれだけそこら中に溢れていたTVフィーダーはどこに消えた?


★スルー
 最近はスルーするほどの物件数が無いので書く事も無い。ちなみに花小金井のラジオコーナーは華々しくデビューしたものの現在は物件数はゼロに等しい。小金井は例の迷機RAD-F1691MとICF-EX5が2台だけ。EX5は高価なので売れそうにないな。三鷹のBCLラジオコーナーは充実しているが筆者以外は誰も見ていないのが悲しい(^^; ICF-6700×2、ICF-5900、ICF-5800、CF-5950を揃えた店は全HO合わせてもそう沢山は無いと思うのだが。ちなみに矢野口だけは頑なにラジオ関連に背を向けている。とは言え以前はRF-877とICF-300が有った事があるので単に物件が入らないだけかもしれない。

・粗ニーSX系の何か(^^;
 ミッシリ系はスルーだ(何しろ大量に寄贈されたのでね…)。悪いラジオではないが発展性・将来性が無いんだよな。下のICF-28と比べると現状ノーマルではこちらの勝ちで将来性はICF-28の勝ちと言ったところ。

・ICF-28
 割と好きなタイプなので心が動いたが、HSDLには既に2台あるのでもう良いだろう(^^; でもガタイが良くて成長力があるので安かったら行っちまったかもしれない。もし複数あったら、例えば一台は音質重視のローカルタイプで、もう一台は3S重視のDXタイプにするとか遊べる。


★走行リザルト
 今日8日の日の入りは17時16分だった。練馬における14時の天候は晴れ、気温は8.5℃で北の風3.9mだった。前回に引き続き風が強いが今日は南向きに走るので影響はほぼ無かった。進行方向が北向きになる復路はそれほど強くも無かったし。

走行時間⇒2:25:44
本日の走行距離⇒36.62km
平均速度⇒15.0km/h
最高速度⇒36.3km/h
消費カロリー⇒364kcal
CO2削減量⇒5.49kg
積算距離⇒156.97km

 定期巡回を止めたと言いつつなかなか順調に走っている(^^; これくらいの巡回頻度だと過去にも普通に有ったので定期巡回を止めたとは言い難い。それでも次回は未定だ。

記事検索
名無し・通りすがりは即削除
QRコード
QRコード
月別アーカイブ