HSDL.blog.jp

ジャンクPCパーツやカメラ研究を専門とするブログ
主に東京・多摩地区のハードオフを巡回しています。

西ローカル巡回[17/03/15]

 14日に手違いで行かれなかった税金の申告に漸く行ってきた。加えて年末ジャンボ他もう一つの宝くじを換金した(勿論最下位ハズレ^^)。田無で用が済んだ時にまだ14時台だったのでここから西ローカル巡回を行なう。前記の宝くじ賞金が今日の買い物予算となるのだ(^^ 600円あれば足りるやろ。


1703151409
 途中、千駄山でレンズテストをした。いつも使っているNikon L32のテレ一杯でスカイツリーを写してみたら今日は割とハッキリしている。でもディティールまで完璧に写る冬の早朝には負けるな。山の上は風が強くて体感温度が極度に低かった。そのせいにしたくは無いがテストは半分失敗。E-500の設定をRAWではなくTIFFで撮ってしまったのだった。次回やり直しだなあ。それまでCR123A×3が持つかどうかは疑問だが(^^;


1703151523
 15時ちょっと前、かなり遅かったが花小金井着。ここで前回は大物を買った訳だが今回は何も買う気なし…と思っていたが買うものがあった。最近はカメラの方も見るので忙しい。出発は15時23分だ。この店にしてはずいぶん長く居たものだ。ここで持ってきたドリンクを早くも一本。途中で足りなくなりそうだ。


1703151537
 15時37分、もう少しで桜が満開になるであろう警察学校北通りを爆走して一橋大学を目指す。15時40分に一橋学園駅に到着。ここももう少しで桜吹雪が舞うのだ。ラッピング電車は相変わらず白いままだな。この路線だと広告を入れる価値は低いだろうが。このあとは一橋大学駅前を通って順調に五日市街道に向かう。15時44分、あっという間に五日市街道だ。ここからは一寸退屈な風景と付き合わなくてはいけない。街道筋ほどつまらない走りは無い。


1703151547
 15時47分、これも定点観測ポイントである上水本町。この辺りで陽が出てきた。ヤフー天気予報では雨予想だったがやっぱり逆神だな(^^; このままだと晴れる予感。


1703151609
 途中GSでドリンク補給してから16時09分に立川栄着。事実上はここが西ローカル巡回始まりの店だ。やっぱり晴れてきやがった。まあ悪い事ではないからこれで良い。GSで買った野菜ジュースを飲む。16時45分出発。


1703151703
 立川栄→東大和は北へ真っ直ぐのルートだ。おかげでこの時期は完全に逆風で走りづらい。立川通りが混んでいることもあって予想以上に時間が掛って17時03分に東大和着。ここで検品中に腹痛が発生!あの野菜ジュースが合わないのかもしれない。もう買わない事にしよう(^^; 後半はロクに見られないまま休養に充てる。落ち着くのに時間が掛りそうだ。


1703151750
 御覧のように出発は陽が沈んだ17時50分である。17時53分には空堀川遊歩道に入るがまだ明るいので走りやすい。今日は背負い投げされる危険は無さそうだ。


1703151813
 18時13分に東村山着。今日はJWは抜きで良いな(フルサイズではない)。ここでも買い物をする気は無かったが買ってしまった。何やかんやで18時45分までいてから出発と言うか帰還する。帰路はGS→S友団地店経由谷戸COOPだが、上のダイソーはパスしたのでLED電球は買っていない(^^ 今日も半日お疲れ様。


★今日の買い物
 予算は600円しかないのでPC関連はほぼスルーする気でいる。

=2X APK TELEPLUS MC4=
teleplus
 テレプラスが324円だったので買ってやった。今日のペンタックスはこれ(^^ Kマウント用は意外とレアなんだな。玉は腐っていないので使えると思う。クローズアップレンズと併用して高度なマクロ収差補正に使う(^^ もっとレンズを使ったMC7だと良かったが贅沢は言わない。クソはクソなりの意地を見せるのだ。

=Nikon MH-50=
mh50
 充電器の件なのだが、別に専用を買わなくても他の機種ので無理やり充電すればいいんじゃね?と思ってニコポンのを買った。どうも見た事があると思ったらCoolpix995の充電器だった。これって確か極度に充電が遅かったような記憶が…(^^; まあのんびりやればいいか。改造はそのうちやる事にする。電池を固定する治具を作るわけで、改造と言うよりは充電器製作と言った方が良いかもしれない。

=ADO4200IAA5CU=
ado4200iaa5cu
 もう持っているけど、何とかAM2の予備が欲しいので買ってやった。これで4200+は気兼ねなく使える…と思ったらこれまで所有していたのはDO(G2)で今回のはCUだからF2ステップなんだな。やっぱり予備にはならないようで(^^; 今日唯一のPC関連は108円。あれ?予算オーバーしちまったぞ。

=BALANCE POWER=
balancepower
 最近はカロリーバランスは止めてこのバランスパワーを買っている。日本製だからではなくて、実はこれを98円で手に入れるルートを確立したのだった。ココアは湿った感じでバホバホしない。カロリーはカロリーバランスより低い気がする。最近家で食っているから関係ないか…(^^;


★スルー
 特にスルーを書くほど目立った物件は無い。迷ったのはDAレンズだけだな。結構安かったのでK100Dに買ってあげようかと思ったが、4ケタ円のズームを買うのはやっぱりイヤだね。


★走行リザルト
 今日3月15日の日の入りは17時48分。練馬における15時の天候は晴れ、気温は6.5℃とかなり寒く、風速は北北東の風1.5〜2.5mだった。

ODO(通算走行距離)⇒305.27km
DST(本日の走行距離)⇒39.920km
MXS(最高速)⇒38.8km/h(多摩湖線下坂)
AVS(平均速)⇒16.2km/h
TM(走行時間)⇒2:26:53

 走行距離には前日レンズテストに出かけた3〜4kmが加わっている。この日は風が少なかったがかなり寒く。12月でもこんなに寒かった記憶が無い。尤も気温は朝晩変化しないのでピークの寒さは大した事は無い。さてまたアキバをスルーしてしまったので来週こそは走りたいが、最近はこれといった目的が無いので走る気が起こらない。唯一ユニバーサル充電器を手に入れるという目的はあるが、今回テキトー充電器で遊ぶ計画なので買うかどうかは不明。あとはアキバの目的があるとすればHDDくらいだな。

BIOSTAR NF4UL-A9

 「北ローカル巡回[16/09/11]」において入手した939マザーである。今日の作業はこれに電解コンを実装するのだ。

 出力コンであるKZG3300μF6.3Vが殆ど破損していたのは「BIOSTAR NF4UL-A9」でも書いた通りだが、「成長する電解コン(^^;」にも書いた通りその後全滅したため現在は何も付いていない。入力コンは4本中3本実装で、これもKZG1500μF16Vだが10φ×20mmは破損の確率が低いので放置する。

 10φだと何でも付けられそうなので迷っちゃうね。当初は「玄人志向 RADEON HD4670(その2)」で使ったOC-CONで行こうと思ったが、SEI WG3300μF6.3Vを使い切らなくてはいけないのを思い出した。


vrm_nf4ula9
 てなわけでWG3300μF6.3Vを実装した。元々6本しか付けられないので省略は無い。検索していたら1本省略されている製品を見かけたけどやり過ぎ。6本でも余裕はなくギリギリだと思う。


hwinfo_nf4ula9
 完全動作した。939というかAMD系のマザーは原因不明の死亡が多い(注)ので、このマザーもHSDLの予備戦力として重要な役割を果たすだろう。

 ついでに今年(2017年)初めてハンダ付けをした。数か月ぶりだったのでやり方忘れつつある…って事は無いけど要領というか手際が良くない。たまには練習しないとな。このマザーは一部電解コンが交換されているのだが非常に汚い仕上げなので気になる。全部やり直したいけど一部ホールが抜けている所がある。電解コンは二個珍HMだしどうしたものかな〜。

注:まだハッキリと結論は出ていないが、アム系はCPUのVCC_COREを方々に使いまわしているから回路の相互関連性が非常に強いらしい。この辺りはまだ切実な要請が無いので詳しく調べていない。

★終わり
 お前らさあ、電源が落ちたらまず真っ先にPCの中を見ろよ。折角これ以上壊れないようにマザーが止めてるのに、何で中を見もしないでもう一度電源を入れるのか?こんなに吹くまでに確実に予兆はあったはず。今回は出力コンだったので完全破壊は逃れたが、入力コンなら確実にパワーMOSFETが逝っていたはずだ。運が悪けりゃ基板が燃えたかもしれない。電源は自然に落ちている訳ではない。コントローラが意図的に止めているという事を忘れてはいけない。まあこのブログをその手のPC壊すバカは誰も読んでいないだろうから書いても意味ないか(^^;

ジャンク随筆

ジャンクCPUの価格


 ジャンク価格の許容範囲は他人によって違うが、HSDLは基本的に「ジャンクはゴミである」というところからスタートしている。つまり最低価格はタダとは言わないまでも、屑金属業者が引き取るキロ当たりの値段がベースである(^^ その値段の方が高ければHOなどのジャンク屋も客より業者に売った方がマシだからね。厳しい時代だから無料ジャンクが無くなるのも分る。とすると100円、高くとも500円くらいが限度だな。

 前回CPU数の統計を取ってみたが、今回はCPUのジャンク価格で統計を取ってみた。統計期間はブログ開始の2007年から2016年末までである(0はMBのおまけ、貰った、無料コーナー等、2000円を超えるものは存在しない)。

cpu_kakaku
 うーん、特に何ともコメントが出てこない(^^; とりあえず近年はジャンク価格をより厳密に考えるようになっているのが判る。記録では一番高かったのはプレス子3GHzとサンディi3(いずれも2000円)だ。考えてみればこれらは高い買い物だったな…サンディi3は妥当か。それにひきかえクアッドコアなんて現在8個動いている(全勝)けど701円以上払った事が無い!殆ど100〜300円だ。昔損した分の元は今は取れてるって事で納得するか。オクタコアも早く欲しいな(100円以下が望ましい^^)。

動作チェック[17/03/20]

定例会[17/02/20]
 この日の買い物は972円だった。CPUを買いまくったが予算内には入っている。カメラは私物なので別予算だ。

=SL7PK=
hwinfo_sl7pk
 478はピン折れ以外で動かないのは無かった。ホント丈夫だよなあ。iシリーズとは比べ物にならない。まだ結論は出ないが、製造ルールがあまりに細かいのはダメなのかもしれないな。なんて暢気に構えていたら次で躓く↓(^^;

=SL683=
 CPUは通常POSTコードが走り出したらもう勝利確定だ。がしかし、500個に1個の割合(テキトー^^)で勝利ではないCPUもある。この物件がそうだ。コードが走る事は走るのだが"C1h"もしくは"C3h"で止まる。一見メモリに思えるが、今日これまで478CPUを複数チェックしてきたのでそれは無い。ハッキリとは言えないがこれはキャッシュ(恐らくはL2)がイカレている可能性がある。当時はCPUをノーマルで使うなんて考えない時代だった。特にこれのようなノースウッドの下位クロック石はOCしない方が珍しいと言われた石だ。なのでキャッシュがブチ壊れている可能性が高いと予想した。

 これ以上詳しい事は町医者ではなく大学病院で精密検査する必要がある(^^ しかし必要ないモノを買ってしまうと案外こんな事になるんだなあ。一応保留だが478初の不動CPUになる可能性が高い。

=SL6S4=
hwinfo_sl6s4
 90度は無いけど45度くらいの曲がりは数百本ある。大丈夫か?耐久性にはあまり自信が無いな。もう一度曲がったら確実に折れるだろう。

=SL7NY=
hwinfo_sl7ny
 478のジャンクは殆どが裸で青箱に入っている。しかもグリスで汚れたピン曲りCPUなのでかなり難儀させられる。まずは有機溶剤でグリス除去、その後中性洗剤で洗う(^^ 自分でやっておいて言うのも何だが478CPUは洗わない方が良い。穴からIHSに水が入って1週間後に動かしたら水が噴き出した事があった。抜けるのに1ヶ月くらいかかるのでは…。

=SLABR=
=SL9YL=
=SLANV=
 現状マザーが無いのでチェック不能。このようにHSDLブログに書けば近いうちに手に入るだろう(^^ 希望としては100円が良いな。

=OSA144DAA5BN=
hwinfo_osa144daa5bn
 オプ144ゲト。939に限らずおぷて論は出回っている数が少ないので今からコンプリートは難易度が高い。がしかしヤル気満々です(^^ 939のデビュー以来の無敗は守られた。

=SDA3200IAA2CW=
hwinfo_sda3200iaa2cw
 毎度グリス汚れ&ピン曲りには泣かされる。何でこんなにグリスを沢山塗るんだろう?量が多いと冷えると思っているのだろうか。まあその程度のアホは世間に一杯居るが。

=PENTAX *ist Ds=
 多少不具合はあるが動いた。シャッター回数はExifToolに拠れば3050回だった。十数年でこれかよ!?何か異様に少ないのだが本当だろうか。尤も店の棚に何年も眠っていた可能性もある。HSDLに来てから既に一生の1/3の1000枚撮ってしまったぞ(^^; デジタル写真はフィルムと違ってカネは掛からないのだから、バカスカ撮って捨てて良いのだけ取っておけばいい。

 不具合についてチョット書くと、電子ダイヤルがパー助でシャッターが思い通りに変えられない時がある(変えられる時もある)という事。不調の時はどちらに回しても低い方に行ってしまう。現状気にしていないけど実用だとイラつく時もあるかも。おかしい所は値札に書いてあった通りそれだけだった。

=SR00S=
 有っても無くてもどうでも良いASRockのZ68マザーで試したがやはり動かなかった。K付きならOCで壊したと理解できるが低電力の石だし壊れる理由が判らない。やはり最近の製造ルールが細かい奴は寿命が短いのだろうか。何か買う気が無くなってきた。Core2で良いんじゃないかと。


南ローカル巡回[17/02/27]
 この日の買い物はカメラ抜きで194円だった。

=PENTAX K100D Super=
 最後の600万画素機という事で捕獲の理由はあった。早速M50F4マクロでテスト撮影してみたら極度なアンダーになって失敗した。何でや?*ist Dsと同じように撮影しているのだが。絞りリングは使える設定にしたのだが、何かマニュアルを読まないと分らない罠があるのだろうか?あと電源ONで起動するDRが壊れそうで気になる。こんなので本当にホコリが落ちるの?DRIIは超音波なんでしょ。それは失敗作と認めたという事ではないのか。ソフトウェアは完全放置されているし、K100D無印の方が良いように思えてきた。まあE-500バリューキットのように宇宙の彼方に投げ捨てたくなる事は無いが。違和感があると言うだけで使い慣れれば常用できるはず(やはり電池問題は大きい^^;)。

by_k100ds
 *ist Dsを写してみた。いつものようにレンズはスーパータクマー55F1.8(1/8,F4)である。こうして写してみるとプラプラしたカメラだなあ(^^; 道具としては気に入っているけど、これをモノとして愛でる事はオレには出来ない。これを愛でるのはロボットに愛を求めるような空しさがあるのだ。どんなに愛しても近い将来確実に壊れて永久に使えなくなる。メカニカルな金属カメラとは決定的に違うんだね。

=SL6Z5=
hwinfo_sl6z5
 特に問題は無し。478CPUも加速してきたが既に間に合わない可能性も高い。

=CR123A×3=
 この高コスト・使い捨て・短寿命リチウム電池を3つも必要とするE-500バリューキットはHSDLカメラ史上最悪の買い物となった(^^; 何がバリューだバカ野郎。メーカーが言うには既にこのシリーズのカメラを持っている人用らしい。新品で最初にこれを買った人は死にたくなったに違いない。HSDLの入手したE-500もたった378回しかシャッターを切っていなかった。前ユーザーは早々に嫌気がさして使う気にもならなかったんだろう。レンズや画質は優秀だが外でテストしてから放置だな。E-5を買ったらまた使うかもしれない…って4/3また買うのかよ(^^; 次は35mmフルサイズと決めているのに。

=初期AMD64リテンション=
 買い物記事にも書いたが爪ではない所が割れている。接着剤等で補修しなくてはいけないが、最悪裏板だけでも例のクーラーで役に立ちそう(ネジが細いけど)。


北ローカル巡回[17/03/05]
 この日の買い物は702円だった。

=FOXCONN G31MX-K=
hwinfo_g31mx-k
 特に問題は無いが、このメーカーのマザーはいつも動かす時に罠を仕掛けられる(^^;

ps2_moge
 何故かPS2のコネクタがもげて挿さったままになっていた(^^; 埋まらないで取れたからまあいいか。

=SLACR=
hwinfo_slacr_2
 775CPUは通常チェックしないがここまで安いと疑わしいからチェックしてみた。

大手裏剣2
 クーラーはサイズのこれだった。実際に付けてはいないがファンが生きているので正常という事で。割と背が低いので多くのケースに入りそうだ。何といっても足をずらすだけで115xに使えるのがナイス。HSDLでは1155か1366に使うだろう。灰色のドべドベグリスを除去するのが大変だった。何でこんなに一杯付けるんだ?殆ど死亡寸前だったぞ。このソケットはグリスを塗るように出来ていないんだよね。イソテルのリテールクーラーを見ればバカでも理解できよう。

=アサヒペンタックスのレンズキャップ=
 傷は一部にあるが曲がってはいない。

=グルーガン=
 パッケージ開けてない。面倒なので壊れていても交換する気にはなれない。使う時にぶっつけでチェックする(^^

=PR41=
 電圧実験は次に電池が上がったらやってみる。開始まで1年くらいかかったりして。


ハードオフ吉祥寺開店
 この日の買い物はレンズ抜きで914円だった。

=GA-G31M-S2L=
=SLA95=
hwinfo_g31m-s2l
 面倒なのでまとめてテスト。動かなかったら首つりモノだったが…(^^; ちなみにHSDLでs775マザーを取り扱わないのか?と言う話を聞くが、このブログで取り扱うのは例えば左の人気記事から775が消え去った後だ。つまりあなた方が「775はもう要らない」と言った時こそがこのブログの旬なのだ。現在はソケAや478がこれに当たります(^^

=イソテル775リテールクーラー=
 既に洗い記事になっている(^^

=SMC PENTAX FA28-70mmF4AL=
 レンズ構成はここにあるが一応ASPレンズを使用している。AF時代の「寿命が早い廉価ズーム」だね。中の特定の玉に曇りが出やすいというイヤな特徴もあるレンズだ(^^;

by_fa2870al
 いつも使っている*ist Dsを撮ると変な感じだなあ。F4.0で絞り優先オートだ。歪曲はコンデジと違ってあまり酷くない。デジタル補正しているのかな?だとするとRAWで判るわけだが。AFも露出も正常に動くようなので完動品と言える。次回のカメラ記事で簡易テストしてみる。

=タクマー50丱奸璽鼻
st5518_set
 まあこんな感じですね。このタクマーはプラ製キャップしか無かったので、フードと金属キャップが揃ってこれで漸く一人前だ。まあフードもキャップも外へ持って出る事は無いだろうけど。曲がるから実用したくない。

=Transcend SD 512MB=
 永久保証?だから大丈夫っぽい。洗うのは止めといたけど水拭き+消毒した(^^

=組み立て完全ガイド2017=
 HSDLには一生用の無い冊子だが面白かったよ。

=水抜き剤=
 これで漸く今の奴を無条件で使える。予備はナンボあっても良いのだ。

憂愁のマザー

BIOSTAR 865GV Micro 478


 このマザーは"BIOSTAR 865GV Micro 478"と言う名前だが、基板プリントには"I86GV-M4"という名前もある。恐らくこれが生産側の名称なのだろう。筆者的にはI86GV-M4の方がBIOSTARと言うか精成科技(Global Brands Manufacture)兄弟らしくてシックリくる。


i86gv_m4
 これもASRock P4i65Gと共に久々に入手した100円(108円)マザーである。ジャンクマザーはやっぱりこの値段で手に入れたいね。この製品もP4i65Gと同じくかなり遅くなってから、具体的にはソケット478はとっくに終わり、775も終了しようという2000年代後半に発売された。何のために発売されたのかは知らないが(注)、昔自作した時の余っている部品を持て余していた好き者には支持されたらしい。価格が安い(実勢価格で6000円台)のも大きな理由の一つだろう。このくらいの値段だと「板以外は全部揃っているし、ちょっと昔気分で遊んでみるか?」と言う気分になりやすい。ジサカーの君らもそう思うだろ?(^^

注:この時期(2008〜2009年)に865系マザーが各社から一斉に発売されたのは余剰在庫チップセットがどこかで放出されたのではないだろうか?

★全然動かない…(^^;
 実は動作チェック[17/03/09]にも書いた通り動かないんだな(^^; しかもASRock P4i65Gと違って全くPOSTコードが走らない致命的な不動である。VRMには全く異常が無い美品マザーが動かないのは通常はあり得ない…でも現実に動かないからなあ。値段が値段だし修理の時間がもったいないので捨てようと思ったが、捨てる前にもう一度基板チェックを行なった。


vrm
 まずVRMだ。電解コンは破損例の多いKZGだがこの場合は全く異常なし。この電解コンは外見に異常が無ければ問題は無い。パワーMOSFETも異常は無いのでVRMは全く正常と見た。


memory
 メモリ周り。POSTコード=D5h(D7h)で止まったASRock P4i65Gと違って、POSTコードがFFhで動かないこのマザーにメモリは関係無いな(CPUにMCHが内蔵されているわけではないので)。念のため一応見たけど勿論配線などに問題は無い。


mch_dc
 チップセット周り。ここも電解コンの破損は無い。チップセット周りの電解コンでも膨らんでいると動作に問題があるのはここに例がある。しかしこのマザーは何ともない。MCH等の電解コンを疑う必要は無さそうだ。


mch_rev
 MCHとCPUソケットの間の配線が切れている場合がある。これは剥き出しで細い線なので青箱の中で切れるのは普通に有り得る。しかしこのマザーはキレイなもので何ともない。


ich5
 次はICHだ。コイツが原因で動かない865系は数限りない。しかしその場合でも穴が開いていたり変質したり不審な所があるものだ。このマザーにそんなところは全く無い。ジャンパピンもデフォルトで異常は無いし、筆者の動作方法が間違っているわけでもないらしい。こうなったらソケットを水洗してやろうか?イヤその前に。


socket478
 アテにならないけどソケットがおかしいかどうかチェックしてみる。判定ではシロのようだ。しかしこのツールってLEDの点灯用電流がMCHに流れる気がするのだが…低電圧のチップセットだとブチ壊れないのか?それはさておき現時点では洗う必要も無さそうだ。例え洗うにしても今は寒いので春になってからだろう。


 さあ困った!このマザーは全然おかしいところが無い。ここでもう一度最初から考えてみよう。POSTコードが全く走らないのは通常「CPUが動いていない」からだ。だがVRMにも配線にも異常が無いのでその線は消えかけている…イヤ長年のカンでこれは板のせいではない気がしてきた。POSTコードが走らないもう一つの可能性に思い当たったからだ。


fwh
 で、FWHのソケットを見ると…何と一発回答。稚拙な技でFWHを外した跡があるじゃないか!これでFWH飛ばし疑惑が濃厚になった。電撃的に修理は終了したことになる。

 恐らく前ユーザーが何らかの理由でFWHを飛ばしたか、飛ばしたと思い込んでFWHのホットスワップ(笑)でもやろうとしたのではなかろうか?このはずし傷はそれを表しているのだ。それならFWHを書き直してやればいい。尤も前ユーザーの作業でFWH自体が壊れている確率も結構高い。素人ユーザーは書き込み電圧も知らないからだ。過去にホットスワップ記事で電圧を見ている人に会った事が無い。最悪FWH自体を交換することになるかも。


★動かす
 サックリ書き換えた。FWHチップ自体は最悪の予想を覆して無事だった。FWHの在庫は豊富だが換えずに済めばそれに越した事はない。


86gvm111
 ちなみにこれが対応マイクロコードだ。流石に藁は入っていなかったがノースウッド以降は全部動きそうだ。


hwinfo_i86gvm4
 ウッシャー!動いたぜ。動きそうな奴(P4i65G)が動かず、動きそうもない奴が動くのがこのジャンク世界の「よくある話」である。恐らくFWHの反応が無いのでCPUに行くまでに固まっていたのだろう。あれ?マザーボード名が違っているな…このファームウェアはBIOSTAR公式からダウンロードした正統な物なのだが、他の865板と兼用なのか単純に間違っているのかよく分らん。


★注目ポインツ(^^
xgp
 チップセットは865G(Springdale-G)ではなく865GV(Morgan Hill)なんだね。これは仕様でAGPバス・スロットが無いので、インチキしてXGPというなんちゃって互換スロットを付けている。このXGPはBIOSTARのマザーではおなじみで、ソケ939のNF4UL-A9にも付いていたのは記憶に新しい。そして更に記憶を遡れば同腹兄弟のPCchipsのAGProと同じだ。同一人物が作っているのではなかろうか。PCchips M909Gの設計者が移籍したのかな?PCchipsは解散したわけだし。


cpu_dc
 何じゃこのCPU_DCは…恐らくネトバ系マザーの中で最もプアなDCの中に入るだろう。と言うかこれよりヒドイのは一寸思い出せない…イヤM909Gはもっと酷かったか(^^; やはり同一設計者なのか、これも2012のMLCCが数個しかない。基板にも準備が無いので設計段階で潔く省略している…イヤ付けろ。基板にランドがあればHSDLで付けられるのに。取りあえず目立つ真ん中のSP-CAPは付けたいよな。

 究極の骨皮VRMシリーズを読めば解る通り、CPU_DCがまともなら少々VRMが不出来でも安定して動く。このマザーはその逆なので結構ヤバい。だから「憂愁のマザー」にピッタリという事で栄えある第一回に選ばれたのだ(^^ 以前は「BIOSTARは地味だけど堅実」として認識していたが、設計者によってかなり差があるのかもしれない。HSDLではこの手のマザーは改造の餌食になる。早くどこかのOST(RLS)が飛ばないかな。


★終わり
 865GVにXGPというキワモノマザーだが、コンパクトに良くまとまっているので使い易そう。ASRock P4i65Gが現状動く気配が無いので、暫くこれを478の動作チェック用にするかな。ソケAのチェック機K7VM3もそうだけど動作チェック機はIGP付きで小型のがいい。

記事検索
タグ絞り込み検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気