HSDL.blog.jp

ジャンクPCパーツ研究を専門とするブログ
主に東京・多摩地区のハードオフを巡回しています。

2008年11月

MPC643S-882を弄る[その後4]

失敗したものを得意げに公開するのも何か気が引ける(^^;

久々、SocketA

 先日買ったCPUの動作チェックをしていなかったのでやってみた。無作為にA1000AMT3Bで抜き取り検査をしたら動いた。1個動いたと言うことは全部動くのだろう(甘い?)。では1つずつチェックしてみよう。

  • A1000AMT3B→フツーの雷鳥
  • A1200AMS3B→倍率変更可の雷鳥
  • A1200AMS3C→倍率変更可の雷鳥のFSB266版
  • AX1600DMT3C→フツーのパロミノ1400MHz
  • AX1700DMT3C→フツーのパロミノ1467MHz
  • AX2000DMT3C→フツーのパロミノ1667MHz
  • DHD1100AMT1B→フツーのモーガン
  • DHL1100AHT1B→DuronSFF(倍率変更可)
  • DHD1200AMT1B→フツーのモーガン

 手に入れたのは上の通りだった。知らなかったけど雷鳥にも倍率変更可の物があったんだね。当たり外れはかなり大きいが、全体で考えれば良い買い物だったと思われる。しかし雷鳥1.0GHzとパロミノ1.67GHzが同じ値段って言うのが何とも言えない…(^^;


 一週間後、再びハードオフに行ったら、前回わざと残してあげたDuronSFFが売れ残っているではありませんか。この値段(105円)でもDuronは要らんと言うのか…仕方がないので筆者が残り全て買ってあげた。人気無いなあ〜。

  • DHD0900AMT1B→フツーのモーガン
  • DHD1000AMT1B→フツーのモーガン
  • DHL0950APT1B→DuronSFF(倍率変更可)
  • DHM0900AQS1B→モバイル版モーガン(倍変可)

 ありゃ?モバイル版を取り損ねていたか。これは一般には市販されておらず割と珍しいので嬉しい。尤もSFF版もモバイルと全く同じ物だ。倍率は変更でき、1GHz(FSB266×7.5)で動いて、更にVcoreを1.40Vまで落としても駆動できる。P!!!1GHzと電力は同程度だし、能力で負けることもない。PowerNow!にも対応しているし、MMXしか使えないスピットファイアと違ってSSEだって使える。マザーさえ持っていたらかなりお得なんだが…。

 気づいたらDHDのモーガンは全クロック揃ってしまった。この内900MHzはFab51のリストにもにも載っていなかった。AMDってこういう規格外が矢鱈多いんで困るんだな。Duron全揃えは…絶対やらないぞ(^^

今日のHSDL[2008/11/20]

★EPOX EP-8KTA+解体

 今日は電解コンデンサを全て取り外し。加えて手を怪我をしそうなポストピンと、まだ使えそうな水晶発振子やインダクタも取り外す。
after
 だいぶスッキリしてきた。今日のところはこれでお仕舞い。実は使える部品は全部外すつもりだったが、予想外に時間がかかってしまい時間切れだったのだ。特にパワープレーンの放熱が良すぎて参った。

t5052b
 貴重なインダクタコアT50-52B×5をゲット。線材は巻き直さないでも使えるな。5Tは入力、8Tは出力で。

pomosfet
 電解コンを外して気づいたのだが、このパワーMOSFETは取り付け方が不自然に汚い。素人修理をしたのではないかという疑いが出てきた。恐らくコンデンサ膨張→トランジスタ破壊と言う流れではないかと。素人は温度管理が全くダメなので、取り付ける時に半導体を劣化させても不思議ではない。

 パワーMOSFETを含む半導体類は次回外すことにする。しかしどこまで解体するかな。捨てるだけならもうこれで止めて、あとは基板をゴミサイズに切断するだけなのだが。ジャンク品SMDコンデンサの入れ物が引越しの時のドサクサでなくなってしまったので、SMDコンデンサは捨てがたいのだった。


★Web記事より

P3V4Xだが妙な所が焼けている…これってどう見てもコントローラが焼けてるよね。不良品なのか使い方が悪いのか。

めずらしいBH6死亡記事。おなじみJACKCONが膨張してパワーMOSFETがお亡くなりになった模様。けっこう目が点になるような修理をやっているが…。関係ないけどやはりBH6が欲しい。リヴィジョンは1.0/1.1/1.2どれでも良い(妥当と思われる金額=100円以下)。

タイトルは修理だがこれは改造だ。この記事は前も紹介したかもしれないが、アーリーバージョンを買うのは賭けだと言う見本。特に(OEMを除く)ASUS、MSI、GIGABYTE等の商品化の早さで勝負するメーカーは現在でも要注意。

久々にウンコ記事を読んで胸糞が悪くなった。世代の違いといっては何だが、いくら提供されたとは言え動作品を破壊するというその神経が理解できない。記事は完璧にカタログの丸写しなんだから、わざわざ基板を切って確かめることなど何も無いだろう。この手の記事ならHSDLの方が有益な文章だと思うね。ま、チンドン屋で細々と食っている百円ライターと比べてもしょーがないけど(^^

今日の買い物[2008/11/19]

 最近、アキバに行きたくならない。何となく面倒と言うか魅力を感じないと言うか。代わりに近所のハードオフに行くことが多い。置いてある物は大概が全く「箸にも棒にもかからない」ものか、もしくは恐ろしく相場を無視した値段が付いている。しかし通っているとたまには良い物にめぐり合える。


★6A815EPD
6a815epd
 でた!今は無きACORPの一世一代の変態デュアルマザー。何しろデュアルCPUをサポートしていないi815EPで無理やりデュアルを実現しているのだ。そんな訳で実用性は皆無に近いものだが、マザーボード研究家としてはぜひとも持っていたい歴史的マザーだ。ちなみにハードオフとしては珍しく1050円という妥当な価格だった。思わずガッツポーズが出てしまうくらいだが、動作チェックをしていないので「シオシオのパー↓」の可能性もある。

・参考
http://journal.mycom.co.jp/articles/2001/08/17/21/bench/index.html


★ソケットAのCPU
amd
 ソケットAのCPUが105円で沢山あったので9個ばかり買ってきた。但し動くかどうかは分らない。パロミノが3つ、モーガンが3つ、サンダーバードが3つである。今更雷鳥は無いだろうと言う声もあるが、ご存知の通りHSDLは使えるソケットAのCPUを殆ど持っていない(マザーの方がCPUより多いくらいだ)。加えてAMDは死にやすいという欠点がある。だからいくら買っても問題は無いのだ。あ、そう言えば同じ値段でSL4P8ことせろりん700も1つ買ったのだった。


★塗装剥がし液
hagashi
 これはドイトで買った車の塗料を剥がす液。もしかしてデペントの代わりにならないか?という期待で買ってみたもの。使えたらますますアキバに行く気がなくなる。もう2ヶ月も行っていないな。

 使ってみたらUEWもPEWも全く効果は無かった。車のポリウレタン塗料より強力なのか…ちなみに有機溶剤系は効果が無いのは既に分っている。仕方が無いのでアキバで買ってきます(^^)


 ハードオフでこれほど買い物をしたのは初めてかもしれない。これからも1ヶ月に2回位は行くだろうな(寒くなければ)。

今日のHSDL[2008/11/18]

★MEMTEST86+

 Ver2.10にバージョンアップした。今回は対応チップセットやCPUが増えた以外に大きな変化があった。

v210
 御覧のようにL3キャッシュが表示されるようになった。それは結構なことなのだが、それ以外では地のメモリアクセスが劇速になっているのが分る。逆にL1キャッシュは大幅に、L2キャッシュは微妙に遅くなっている。これはアクセス方法のアルゴリズムが変わったのか、それとも単なる表示のバグなのかはよく判らない。

 参考までに旧バージョンではこうなる。これほど違うと従来の記録が使えなくなってしまうな。ということでVer2.01も併用するしかないか。
old_ver


★モリグリースの耐久力

 モリグリースを2008年3月7日の記事で改造したGeForce2MX(QuadroMX)のヒートシンクを付けるのに使ったのだが、あれから7〜8ヶ月経ってこんな具合。御覧のようにオイルが染み出してきた。
nijimi

 やはり半年くらいしか使えそうも無い。いや応急用を永久に使おうという姿勢が間違いなんだけど(笑)。むしろよく持ったと褒めるべきなのかもしれない。

MPC643S-882を弄る[その後3]

失敗したものを得意げに公開するのも何か気が引ける(^^;

今日のHSDL[2008/11/10]

★Windows95で15分ぐらい遊ぶ

 P2B-Fが復活したのでWindows95OSR2.1を入れてみた。久々に入れたので勝手がよく分らない。パッチの当て方もスッカリ忘れてしまった。
95osr21
 インストールしたら、CPUがPentiumPro(r)になってやがります。UPDATE.SYSも無いみたいだし、対応させるのは無理っぽいな。

 ベンチマークでも取ってやろうかと思ったら、ビデオ系ベンチマークソフトがことごとく落ちる。よく考えてみたらSSEに対応していないのだった(MMXは対応している)。やっぱり95と98の間には越えがたい壁がある。次回は初代98を入れてみたい。これならいくらか実用性があるか?


★MPC643S-882を弄る[その後2]

 Soket7のGA-5AX[Rev5.2改]+SL27S[115x2.0]に付けてみたら動いた(105はエラーが出た)。このことから実用範囲は大体FSB115〜150MHz辺りらしい(上はまだ行けるので未確認)。但し最速設定は無理と思う。

 P2B-Fも試したが、こちらはFSB124MHzしか動かなかった。それ以下だとメモリの関係で起動せず、それ以上だとCPUがL2cacheの関係で動かない。しかし124MHzでは最速設定が通るのが不思議。メモリはまだまだ奥が深いようだ。

 色々と制限がうるさいが、動かなかった物が動くようになったのだから文句は言えない。しかし使い道がありませんなあ(^^

古のマザー EPOX EP-8KTA+

 去年の記事。2007/02/27、BIOS起動せず。FLASHROMを流用したので放棄。長年?「あげますコーナー」に入れといたが、誰も欲しがらないので解体することにした。
zenkei



20070227
 在りし日の姿、御覧の通りコンデンサはパンク寸前。しかも一本取れている。お陰で?片側の出力が不安定。石が死にかけか?

 買ったときには気がつかなかったが、静電防止袋には「起動せず」と書いてある。ボード上のレギュレータが死んでいたらゴミであるのでちょっとアセル。電源を投入したところレギュレータ自体は生きているようだ。コンデンサが膨らんでいるくらいなら故障の仲間には入らない。スイッチング周波数は150kHzで、2相だから300kHz相当という事になる。

 何とか手持ちの部品だけで済ませたいが、現在は2200μFの10φの物は持っていない。ルビコンZLの3300μFとかでインチキできないだろうか。一つおきに植えれば何とかなるし…。
vrm
 やってみた。しかし起動しない。そもそもBIOSが読み出されていないようだ。BIOS自体が壊れているか、CPUが動いていないかどちらかである。原因を考えるのもメンドーなので、この時点で放棄濃厚だ。


cs5322
 PWMコントローラは5322と書いてあるが、これはオンセミのCS5322だ。どこかのWebサイトで「謎のコントローラ」と言われていたので、筆者が代わりに答えてあげよう(笑)。

 しかしCS5322では1.075V〜1.850Vまで可変できるはずなのだが、ボード上のシルク印刷には1.475V〜1.850Vまでしかない。VID4が無効になっているのだろうか。DIPスイッチには存在するのだが。


l_outx2
 流石に2相電源だけあって巻数が少ないのが判る。T50-52B,#17x2の5回巻である。このままP6大電流マシンに流用出来そうだ。


vmem
 STONE製2200μF10Vの電解コンデンサは殆ど膨らんだり漏れたりしている。ここはI/Oのデカップリング、若しくはメモリ用か。この部分には充分な低ESRなら1000〜1500μFくらいで良い。ということで三洋WXに換えてみた。結局無駄になったけど。


vio
 Vio3.3Vは可変するために、US3034使用の本格的なスイッチング電源となっている。上がFETのCEB6030L、下がショットキーのS10S40Cである。入出力の電解コンデンサはTAYEH[LE]1500μF6.3Vが使われている。手ごろなコアが二つ付いているが、これは巻き直さずそのまま使えそうだ。


nb_dc
 ノースブリッジのデカップリング。KT133マザーとしては丁寧にやっているほうだ。


sb_dc
 サウスブリッジもちゃんとデカップリングしている。686Aでシッカリやっているメーカーは珍しいよ。筆者は最近、686Aや686Bはこの位やらないとヤバイのではないかという気がしてきた。例のサウンドの件もあるので。


cpu_dc
 チップセットに比べてCPUは全く手抜きしている。HSDLの見解では「Vcoreを必要以上に綺麗にしても意味が無い」と言うことなのでこれでいい。勿論弄る時は、主に見栄えの問題で付けますけど。


biosrom
 既に撤去されたFLASHROM。下にはPLCCのパターンも見える。行く行くはPLCCになる運命だったのね。直貼りでなければ一向に構わないが。


gal
 珍しい物が載っている。石の型番から判るようにGALチップである。しかしPLDなんて何に使っているんだろう。起動前の安全確認用だったらイヤだな。いや安全は良い事なんだが、色々難癖つけて立ち上がらないから。ワッチドッグ機能なら、今だったらPLDじゃなくてPICマイコンでも使うんだろうな。


 コンデンサ交換してみたけど動かない。努力すれば多分動くようになるだろうけど、努力は動くマザーで前向きにやりたい。と言うことで放棄決定した。まあパワーMOSFETとT50-52Bだけでも100円以上の価値はあったな。ApolloPro133A/133Tのように使い道のあるマザーだったら意地でも動かすんだけど。

インテルクサッテル

 HSDLには珍しくCoreアーキテクチャーの最新現役マザーが持ち込まれた。現在のところ専門外だけど、いずれはこういうのも弄ることになるだろう。何時のことかは知らないが。

zenkei

 Soket775のDG45FCである。これをキューブケースに入れて電源を入れた途端に死んでしまったらしい(CPUはCeleron DC E1400)。ボードを観察すると、CPUソケットの脇にあるパワーMOSFETが典型的なAvalanche破壊である。同じインテルのD850MVの時と同じだ。

moe


 大体このボードは小型とは言えレロンも使われているし、コストダウンが露骨でろくな物じゃない。コンデンサのメーカーは松下・ニッケミ・三洋・レロンなどバラバラで、これは仕入れ時に安いスポット品(注)を選択しているからだ。正規ルートから仕入れるならもっと統一感があるのが普通である。メーカー取引なら同一メーカーの方が数量がまとまるので安くなる。


注:売れ残り、金融流れ、キャンセル品等、正規取引ではない流通の部品。中には「破棄部品の墓場からの復活」と言うヒドイのもある。アキバのパーツ屋に流れるのも大半がスポット品だ。これはパーツ屋程度の扱い量では正規取引では相手にされないからだ。だが日本のメーカーが衰退したのはこの「間口の狭さ」が原因であるという説もある。大口に切られるといきなりパッタリって奴ね。


lelon
 LelonとOS-CONが並んでいる恐ろしい光景。WS440BXの時のように筆者が交換したわけではない^^。もし仮にFETが死ななかったとしても、いずれ近いうちにLelonが死んでいたかもしれない。


 Web上ではIntelは高品質などと信じられている(いた)が、所詮はインテルマザーもタダのロゴ入り中国製(狐)マザーだ。品質は他の台湾メーカーと全く変わらないので、根拠の無いブランド信仰も大概にしないと泣きを見る。

 新品箱入りリテール品なので初期不良で交換となるはずだったが、この事故でこれを買った友人はすっかり嫌気が差したので放棄されてしまった(見たくないっぽい)。そのうちTO252のFETがあったら交換してみたいと思っている。ヤバ物確定で実用はできないだろうから実験・遊び用だろうね。

今日のHSDL[2008/11/02]

★MPC643S-882を弄る[その後]

 極限性能を出すべくP6IPAT+SL5PU(鱈鯖)に付けた。しかしメモリスロット3つの内、最外は全く起動せず最内はエラーのBEEPが出た。かろうじて真ん中のスロットだけが起動する。相性の改善には殆ど役立たないようだ。

 起動後MEMTEST86+を回してみたら無事完走した。但し最速設定にすると起動中?に固まる。メモリウエイトを入れると下のように動作する。御覧のようにFSB150まで余裕で動作するようになった。残念ながらこのマザーのBIOSではこれ以外の周波数は設定できない。

FSB133:367MB/s(3-7/9-2-2)
FSB137:376MB/s(3-7/9-2-2)
FSB140:384MB/s(3-7/9-2-2)ERROR!
FSB140:327MB/s(3-7/9-3-3)
FSB145:339MB/s(3-7/9-3-3)
FSB150:350MB/s(3-7/9-3-3)

 メモリを緩めた状態なので、例えFSB150であっても速度はかなり遅い。FSB133の最速設定(2-5/7-2-2)ならば396MB/sをマークする。だが以前はFSB133ですら起動しなかったのだから、改造の効果と意義はあったと断言してよかろう。速度は380MB/s辺りが限界か。

 小容量メモリは特攻用に使うのがHSDLの慣例だが、これは起動時に相性が出るので使いにくい。遅くても幅広い対応性があるメモリが望ましいわけだ。ということで133MHzで動いてもあまり役に立ちそうに無い。ま、ノウハウは手に入ったからいいんですが。



★最近欲しいもの

・UDBX-A:超今更440BXしかもSLOT1(SC242)マザー
・MegaPlexII:憧れの450NXマザー
・Chaintechのマザー:持っていないから
・Iwillのマザー:持っていないから
・SOLTEKのマザー:持っていないから
・P54C/P55Cでデュアル出来るマザー
・片面が未使用のSDRAMメモリモジュール
・TO252のパワーMOSFET(6030クラス)

 写真で見た限りUDBX-Aは基板があまりにも変なので、実際に手にとって見てみたい。あとはあまり目にしないメーカーのマザーが欲しいですね。持っているマザーのメーカーが偏ってきているので。メモリはコンデンサ交換実験に使用するのでジャンク品で良い。
記事検索
タグ絞り込み検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気