HSDL.blog.jp

ジャンクPCパーツ研究を専門とするブログ
主に東京・多摩地区のハードオフを巡回しています。

2011年11月

Creative GB0010

 700回目の記事。実は削除した記事があるし、去年2月まで関係ない競馬記事が居候していたので本当の記事数は違っているが気にしない。それにしても700回である。2年間毎日休み無しに更新しても漸く730回だから疲れるわ。とりあえずここまで4年間、誰も書かない・できない記事が書けたと思う。これからも「ユニークにして役に立たない」事をやっていきたい。


★Creative GB0010 Modiφ
 おいおい、その前にA350XTの修理じゃないのか?と思う人もあろうが、あれは思いのほか面倒なので放置中。実は前回のCT6970の修理をした時に、作業がヘタと言うか手際が悪くなっていたのでリハビリを兼ねている。このままで本番に行くと失敗しそうだから。


 以前「今更Quadro改造」で扱ったカードである。一時はHSDLのエースとしてWindowsVistaのβテストまで使われた。最近は引退気味だがまだ現役登録は続いている。このカードは故障したわけではないが、一つだけ非固体アルミ電解があるのが気に入らないのだ。まあ膨らんだり破裂したりする事は絶対に無いけど、10年以上経過したので交換してやろうか。もっともあまり使っていないから寿命は大丈夫だとは思うが。


 同サイズの1500μF6.3Vを使わずに1000μF10Vを使っている。インピーダンスやリプル耐性は必要だが、1500ではなく1000μFに意味があるのだろう。1000μF6.3Vだと8φになってしまうからね。
c808
 SVP820μF6.3Vが寄贈されたため、これを使うべく交換してみた。最初から付いていたように収まりが良い。これでめでたく全固体電解化が成立した。毎日使っても20年は大丈夫なので誰か使ってくださいm9(^^


 C803が抜けている。勿論省略されているのだが、世界中回って色々写真を見たけど実装されているものは無かった。シルク印刷の幅から推定すると、隣の330μFより大きな容量と思われる。ここにTPD470μF4.0Vでも付けてやるかな。意味は無いけど、他の製品との外見の差別化を図るのだ(^^
c803
 ああもったいない?TPD470μF4Vである。これでVcore出力はパーフェクトだ。何より見栄えが非常によろしい。電極のフラックスが汚いのであとで掃除しておこう。


 これは気に食わないハンダブリッジ。ハンダブリッジってシロートがハンダ付け失敗したみたいでイヤなんだわ。それは気分の問題としても、入力なんだからちゃんとインダクタを付けないといけない。これは3.3V入力だから、WS440BXやBH6のような廉価回路だとメモリに影響が出る。
l802
 もちろんジャンクからこの1.0μHのインダクタを回収出来たから今回改造する気になったのね(^^; 最初に部品ありきがHSDLの改造。


 ここもハンダブリッジで繋いである。気に入らねえな。これは実は以前のロットでは抵抗が付いている。最初が幅広の10mΩ精密抵抗で、次が0Ω×4になった。0Ωは単なるジャンパでは無くてそれなりに効果がある。最後のロットがこのハンダブリッジ。露骨なコストダウンである。
r825
 抵抗入れを探したらちゃんとあるんだなこれが。筆者は微小抵抗は解体する時に必ず外しておく。これらは入手できないか、出来たとしても高い物が多いのだ。貴重品である。これで本来の姿に戻ったと言える。


vrm
 これが改造後のVRM全景。VRMはリファレンス回路通りなのでこれとでも比べてみよう。シロート目にはどこを弄ったか分らないのがいい所。C816が踊っているのは最初から。直したいけどハンダゴテを当てるだけで性能が落ちるからやらない。

 これで設計者が想定した通りの回路になった。ちなみに元からオーバークオリティなので追加の意味は無い。設計者は実際必要な要件に余裕を持たせようとし、製造者は必要分をギリギリまで削ろうと画策する。両者の利害は永久に一致しない。閑話休題、3.3Vラインのお釣りは大幅に減ったと思うよ。という事で全く役に立たない「至高のGF2GTS」が完成した(^^


★おまけのベンチマークだっ!
 折角パワーアップしたし、丁度K8T NeoにXP3も入っているのだから動かしてみよう。行けー!前世紀の遺物!


・DX5
finalreality
 ご覧のようにHD4670を大きく凌駕。流石に一時代を築いた名板だ。これでは相手になりませんな(ワラ


・DX6
3dm99max
 同じく下はHD4670である。これもダブルスコアで圧勝。TNT系とは違ってGPUと呼ぶに相応しい、当時としては群を抜いた性能。ちなみに全てのベンチは定格クロックで動いている。


・DX7
3dm2000
 同じく下はHD4670である。う、だんだん負けてきたな(^^;


・DX8
3dm2001se
 まあこいつは畑違いだから仕方が無い(^^;;


・DX9
yumerea
 …(^^;;;


 ということでなんちゃってQuadro2 ProはRADEON HD4670より(一部)速いです…だんだんバカ記事風になってきたからもう止めよう。


★おまけのおまけ
gf2ti
 OCしてみた。しかしクロックは全く上がらない。コア240MHz、メモリ400MHz程度が限界のようだ(しかも安定度が低い)。ノーマルのOC記録がHSDLには無いが、OC率は殆ど変わっていないのではなかろうか?Ultra並みを期待していた当方はガッカリだ(Proまで)。周辺を改造してもコアの限界は超えられない。周囲がどんなに励ましても無能人間は決して有能人間にならないように…(^^; ちなみにVRMの発熱は極小で、やはりこのパーツはオーバークオリティだった。

oc_3dm99max
 せこくOCでGF2GTSの最高記録(^^;

ビデオカード修理(CT6970編)

 2009/12/23から2011/11/03の間に、HSDLの故障ビデオカードが全部で6枚になってしまった。早いところ修理しなくてはいけないのだが、ハンダゴテを握るのが億劫で仕方が無い。雨や寒さで工作室(ベランダの事)に入れないというのも大きい。修理待ち箱にどんどん積まれていくカードを見るたびにため息をつく毎日だ。他人の仕事なら直ぐやるんだけどね…。暫くはマザーボードは置いといて、ビデオカード修理の方に集中していきたい。果たして幾つ動くようになるのかな?勿論筆者らは全部動かすつもりだが…。

CT6970[GF256DDR](AGP)→10円
R98XTP-C3[RADEON9800XT](AGP)→頂き物
A350XT TDH[GF5900XT](AGP)→300円
PV-T64J-UDF3[GF8600GT](PCI-E)→100円
SPAG43[GF6600](AGP)→100円
GLADIAC 940[GF6800](AGP)→300円


★CT6970
 「今日のタンタル(附CT6970の事)」で扱ったカード。部品取り価格の10円だったが、決まりで一応動かさないといけないので不具合部分を修正してみる。手に入れた時はボロボロだなと思っていたけど、今となってはキレイな方に見える。もっとボロボロの奴が一杯やって来たからだ(^^;

ct6970
 超今更のGeforce256DDRだ。手に入れてから約2年も経っている。ボード上の電源は全てシリーズ電源、電解コンデンサは全タンタル固体なので交換するところも無い。1999年当時このカードを選択した人は良い選択眼をしている。他の有名メーカーのは殆どがアルミ非固体電解だったよ。クソ高いカノプーのSPECTRA7400ですら一部に通常SMDアルミ非固体電解を使っていた。


★部品調査
ct6970_rev
 結局のところ脱落した部品は裏面ばかりで、

C35(MEM_DC):0.1μF(1608)
C80(MEM_DC):0.1μF(1608)
C148(GPU_DC):4.7μF(2012)[推定]
C180(MEM_DC):0.1μF(1608)
C193(MEM_DC):0.1μF(1608)
C199(MEM_DC):0.1μF(1608)
C206(MEM_DC):0.1μF(1608)
R670(調べていない):1kΩ(1608)

 が無くなっているようだ。殆どがメモリのDCでMLCCばかりで、それ以外には抵抗が一つあるばかり。


★修理する…だがしかし。
kit
 修理用部品キット。OS-CON等は次回のビデオカード改造用である。殆どが粉っぽくて紛失しそうだ。新品部品を多数投入しているが大丈夫か?10円のカードだぞ。まあMLCCはタダみたいに安いからいいか。


jissou
 取り付けた。しかし今回、最も得意とする1608ですら上手く行かない。何故かと言うとコテ先をいつもの太い奴でやったから。細いのでやったらグラウンド側のハンダが全く溶けない。しかし太いのだと短いランドの隙間に当てられない。いつもより非常に時間がかかってしまった。


atari1
 動作の障害となる曲がって接触(注)していたピンを元に戻さねばらない。完全に伸ばすと折れそうなので必要最小限にしか動かせないだろうな。
注:接触と言うかハンダが潰れて二本のピンが一体化していた。針等では分離できないのでハンダゴテを使うしかない。

oreta
 …しかしやってしまった。ピンを裏から起こそうと思ったら、あっさりと根元からピンが折れてしまった!せっかく残りのパーツは全部付けたのに。生まれつき諦めの悪い筆者はデータシートでPin Configurationを見てみる。もしかしたらNCかも知れない…(願望)。


pin_config
 先生ダメです!信号線の最重要ピンです!m9(^Д^)これは詰んだな。


vgabios
 でも動かしちゃうもんね〜さあどうだ。おっ!VGA BIOS画像が出たぞ!?マニュアルフォーカスはおろかフォーカスロックもできないカメラなので撮影はピンボケ(^^;


bios
 何だ動くじゃないか?要らないのかDQ2!?んなわけないだろ…(^^; 一瞬にして画像は流れまくって死んだ…やはり無謀のようだ。あーあ、ピンを折る前は完璧に動いてたんだな。この時期のGPUはBGAハンダ割れなんてまず無いし、メモリは低クロックだから死ににくいし。結局これは筆者が壊してしまった形になる。手に入れたジャンクを修理と称して壊してしまったのはいつ以来だろう。失敗はすぐ忘れる性質なので記憶が無いけど、悪い意味でHSDL史に残ってしまった。


★結局、修理できず
 さてこれからだが、3通りの道がある。

‥初の予定通り部品取りにする。元々大容量タンタル目当てに買ったものだし、常識的な線であろう。でも自分で壊したというところに引っかかりがあるんだな。このまま部品取りでバラすのは「医者が自分の医療ミスで殺した患者から臓器を取り出して他の患者に流用する」のと同じ行為に思われる。これはもう正道・正義の面から許されない。

▲癲璽襯疋僖奪院璽犬鮑錣辰謄團鵑鯢佞餌す。以前「TNT2-M64のメモリ破壊」で修理した方法だ。しかしこれは10円ジャンクなのでやりたくない。というか他にも修理しなければならないカードが沢山あるので時間かけてられない。カッコ悪いのも大きなマイナス材料だ。

0属廚縫瓮皀蠅鯏修蠡悗┐襦これが一番手軽で時間もかからないし、何より見栄えが悪くならない。しかし替えのメモリが用意できるだろうか。HYB39D128のような128Mbitメモリなら在庫があるんだけど、32Mbitのメモリは現在のところ所有していない。現在付いているHYB39D32○○及び互換品が手に入るだろうか。

 という事でちょっと保留にする。アカン泥沼や…(^^;

今日の買い物[2011/11/20]

 ●P8SGAが使えねー奴なので775のジャンクマザーを買いにアキバに行ってきた。しかしこの時期どこの店もジャンク自体が少なく、あっても値段が異常に高かったり壊れていたりとロクな物がない。今日の目的は諦めるしかなかった。


★何かよく判らないACアダプタみたいなの
usb5v
 これぞジャンクと言う一品。ACアダプタからUSBコネクタにUSBバスパワーの代わりを出力するアダプタ(らしい)。5VのACアダプターという事になりますね。2つで100円。ジャンクだが未使用品らしい。何かの付属品が流出したのだろう。


★DDR400-512MB
ddr400
 何となくELPIDAだから買ってしまった。片面の512MBである。DDRは本当に高止まりしている。これなんかはDDR2・DDR3を思えば100円程度のものだが400円もする。未使用品っぽいのでABSに取られそう。


★Flash→IDEアダプタ
fl_ide
 格安の350円だったので買ってみた。現在はFlashメモリは終息傾向にあるのでこんなものだろう。しかし考えてみればFlashメモリで余っているのは無いんだよな。2つとも現役でカメラに使っているし…。


★部品
 買おうとしたものが売っていなかったのでOS-CONをヤケ買いした。最近ビデオカードを弄るようになったので大量に必要なのだ。ついでに3300PFの1005を探したが、1005どころか1608すら売っていなかった。仕方が無いので4700PFにしたけど容量が大き過ぎ。ビデオカードの裏面MLCCは1005が主体なので需要が増えている。3216が米粒、2012や1608がゴマ粒とするなら1005は芥子粒だ。袋に入っていると何かの粉末にしか見えない。ちなみにサイズ自体は0402とかも製品として存在する。市販のどんなコテ先より小さいし、一旦視線を切ったらもうどこにあるのか分らない(^^; 手付けは無理だろうなあ。


★SDメモリ
sdm
 安かったので256MB/128MBのメモリを買ってみた。上の買い物と微妙にずれているが狙ったわけではないので。ちなみにSDメモリを使う道具を持っていない(^^; 何に使うんだろう?100円USBアダプタを買ってくるか。


 ここまででPC用の物件をほとんど買っていないことに気付いた。これでは胸を張って地元に帰れない?ということで、来たばかりの時に目を付けたが放置していたマザーを買う事にした。オレが回っている間に売れないかな〜と放置していたのだが、もう一度来るとやはり売れていなかった。こういうのは運命なので買うしかない。縁が無い時は売れてしまうものだ。


★DFI LANPARTY DK 790GX-M2RS
lp790gx
 帰ってから気づいたが、これってVGAコネクタが無いんだね。DVIポストピンはあるがケーブルが付属しておらず「実質的にVGA出力が利用できない」って書いてあった。LFBが載ってるのに使い物にならないなんて悲し過ぎる。ハードウェアは非の打ちどころが無いがこのマザーは落第点。マイクロATX版にはDVIコネクタが付いていたんだよな。もっともこれラベルには「不調→動作しない」と書いてあったが(^^; 動いたとしても積まれるのは間違いない。1000円。HSDLなので写真が撮れて解析できれば役に立つ。所謂良いマザーなので解析記事は多分公開しません(^^


★熱収縮チューブ
tube1
 詰め合わせがあったので買ってみた。高いのか安いのか分らん。


tube2
 詰め合わせなのでこんな太いのも入っている。自分では絶対に買わないサイズだが、ちょっとだけ太いのが必要な人にとっては安いかもしれない。千石とかで買うと、もっと長いのを買わされるのでこの値段では買えない。


★スルーしたもの
 ああ、殆ど忘れてしまった…現在覚えているのはこんなもの。

・シダセレ
 欲しかったがコンローLと同価格では買う気にならなかった。シダって言ってもセレDだよ?払えるのは100円程度。

・P5KPL-AMとかP35D2-A7とか
 動くとは思うけど傷だらけでピンがひどく折れ曲がっていた。G31とかP35だから欲しかったが、これを直すのは非常に面倒なので止めた。100円が相当の物件。

・中古HDD
 HDD不足だからなのか中古品まで値上がりしていた。それどころかジャンクHDDの値段まで上がっている。新品が値上がりするのは理解できるけど、ジャンクの仕入れ価格は変化していないんだから典型的な便乗値上げだね。せこいぞ。ジャンクはどうしても必要な物ではないので、賢い我々HSDLは買い控えるだけだ(^^

・E1400
 今日は正当な価格になっていた。E2180の方が高かったからだ。しかし1280円では手を出す気になれない。いいところ500円位の物件だと思う。

・ペンD9xx
 かなり色々あったがどれもCore系と変わらない値段。発狂でもしない限り買う事はないだろう。

・HD3650(だっけ?)
 珍しいので欲しかったが、前回手に入れたX1950XTXより高かった(^^;

・ペン4の660だか670
 どっちにしても9000円弱で買う訳が無いだろう…i5が買えるぜ。


★今日の風景
 オレの前にレジに並んでいたインド人がPentiumDCを買っていた。流石にIT大国の人間だけあって?隣にあったDualcore Celeronは選ばなかった。あ、そう言えば今日は値付けが正常化していたな。E2180よりE1400の方が安かった。

今日のK8T Neo

 久々にHSDL36を動かしてみた。現在ワットチェッカーを借りているので、今のうちに消費電力を測っておこうという考え。754や939といったK8初期のプラットフォームは電気バカ食いだったが、これはモバセン(TDP25W)だから多少は消費電力が低くなるのだろうか?

MB:K8T Neo-FSR[Ver1.00/2.2]
CPU:SMS2600BQX2LF(注)
MEM:512MB(DDR400)
VGA:MS-8881[MX440+DDR64MB](AGP)
SOUND:内蔵AC97
IDE1:90680D4(6.8GB)
IDE3:FB lct20(40GB)
NETWORK:内蔵RTL8110S-32
PS:MIRAGE DR-B350ATX
OS:Windows XP Service Pack 3

注:この石のコードネームって何だろう?Web検索すると"Sonora"、CPU-Zによる判定だと"Albany"、CrystalCPUID判定だと"Roma"って出るんだよね。D0コアではないので"Sonora"ではないのは確定している。残る二つは"Albany"がDTRで"Roma"がLVだから"Roma"が正しい事になる。これからは"Roma"と呼ぶことにしよう。

everest
 VcoreはBIOSのセンサー読みで1.075Vだが、テスターで測ると1.08V程度なので実電圧と違いは殆ど無さそう。モバセン2600+のVcoreはWeb情報では1.25Vとされているが実測とはかけ離れているな。負荷を掛けてみたが全く動かす気は無いようだ。なおヒートスプレッダ?は例によって一円玉だが、CPU温度は常識的な範囲に収まっている(^^

 このシステムで消費電力を測ってみた。C&Qは働いていない。定格でのデスクトップ画面の電力は59Wだった。思ったより多いがHDD他に取られているのかもしれない。FSB220にオーバークロックすると62Wとなったが大した変化ではない。フル負荷をかけると70Wまで上がるがこれも大した事はない。前回のペンDやペン4ならアイドル程度かそれ以下だ。何で同じ90nmルールなのにこうも違うのか。

 上がりが鈍いという事は下がりも鈍いという事だ。倍率を最低にしてみたが(x8→x4)、800MHzまで落としたにもかかわらずデスクトップ画面は55Wだった。CPUクロックを半分にしても案外下がらないものだ。意外に効果があったのが冷却ファンで、2つあるファンを全部止めたら3W削減できた。クロック落としとファンレスは大差なしか…。もっともクロックを下げればファンレスが容易になるわけで、クロック落としに全く意味が無いとは言えない。ビデオカードが外付けではなく内蔵ならもっと下がるのかな?でもこのカードは4W〜だから大差ないか。VRMが12Vソースなのもアカン。モバセン専用ならば5Vから変換した方が効率が高い。Athlon64やノーマルSempronだと電流的に無理だろうが。

 結論は消費電力削減は総合的に見ないといけないという事。CPUの消費電力ばかりに注目していると、快適性を損なうだけで消費電力は下がらない。この調子だとコア電圧落としもあまり意味が無いかもしれないな。このマザーはBIOSでコア電圧が変えられることになっているが、モバセンだと1.4V〜と言うマヌケ設定が出てきて使えない。GA-8IG1000系の方が1.000V未満まで下げられるから優秀だな(CPUが違うけど)。

 ちなみに省電力を考えるなら、ノートパソコンと違ってモニターの消費電力も考えないといけない。友人の所ではT561(17インチCRT)は75〜86Wで、L465(17インチ液晶)は24Wだったらしい。今更ブラウン管の人は居ないだろうけど、液晶でも24インチクラスの大型になればPC以上に電力を食うはず。今のところHSDLには無いので計測はできない。


★おまけ「サウンド計測」
 リアルな現実を見せつける事で?頗る評判が悪いサウンド計測のお時間です(^^ このマザーのAC97の性能を評価すべく、いつものセッティングで計測してみた。


noise
 ノイズはほぼ全域に於いて−100dBを下回っており問題ない。11kHz台のスプリアスが気になると言えば気になるが…この辺りはジーサンの耳でも聞こえるので。まあ耳が余程良くないと聞こえないだろけど。


3tone
 これは如何、異観、遺憾。多信号特性はかなり悪くなっている。ドライバは確か3.99だったかな?Realtek時代の奴だから今のに似ているのだろう。ALC655にAvanceLogicの奴は使えるのかな。面倒なので確認していない。

 てことであまりにヒドイのでRMAAで計測するのは止めておく。どうせ"Poor"と言われるに決まってるし。ドライバ更新が止まっている(筈の)9xの方が性能が良かったりして。

A350XT TDH 調査

 先日ジャンクで手に入れたFX5900XTのカードがまともに動かない?みたいなので調査してみた。…と言うかどれもまともに動かないんだけど(^^; 何故選んでこれを取り上げるかと言うと、これが一番面倒くさそうで∧動きかけているから。


★Leadtek A350XT TDH
http://www.leadtek.co.jp/3d_graphic/winfast_a350xt_tdh_1.htm
 ラジエータのようなクーラーが印象的なカード。検索した限りでは結構普及率が高いようだ。当時としては価格的にお得だったのかな。

 2003年に発表されたFXシリーズ(当該製品は2004年製)。当時のランクで言えば中の上〜上の下くらいか?GFの歴史の中で初めてラデに抜かれた黒歴史のFXシリーズだ。まあ政治的なものもあるけど、対外的な問題より自社の前世代チップにベンチで勝てなかった方が問題だ。しかしHSDL内では動けば有力な戦力となる。特にAGP3.0で使えるカードは少ないので何とか実用化したい(実用はしないけど)。


★不動原因
 このカードはBIOSポストは正常に行われる。表示も一見正常に見えるが、あるラインがドット欠けしたようになっている。これはどこかのラインが接触不良になっていると思われる。近年流行のハンダ不良が疑われるが、相当に使い込んだカードなので初期不良ではなく経年劣化か。ファンが正常に回らず止まり気味なので恐らく熱だ。メモリの故障もよくあるパターンだが、その場合ポストはしないので今回は除外してもよかろう。

 故障の原因は「ファンが詰まって回らなくなった」→「しかし気づかずそのまま使っていた」→「過熱してハンダボールが接触不良」というところか。FXまでは普通に使っていればこの手の不良が自然に起る事はない。この不良が目立ってきたのはGF6000シリーズ製品以降で、特にGF8000シリーズ製品の自然不良率?は世界的に有名だ。


★基板表側
c198
 コンデンサが脱落している。ボード上には8φの16Vは2種類しかなく、SVPとAXだからAXに違いない。あとから製品写真を見たらその通りで、CE-AX470μF16Vであった。8φ×10.2(170mΩ/450mA)である。

 HSDLで追加するなら同一品もありだが、もっと高性能なZL470μF16V(53mΩ/1030mA)かな。基板はラジアルリードも使えるようになっている。ちなみにこのコンデンサは入力インダクタL21外のフィルタコンデンサなので無くても動作はする。しかし親電源の12Vラインにノイズをブチまくので必須と言える。

 表側のダメージはこのコンデンサとファンが汚れて腐っていること。ファンは分解掃除すれば復活するだろうから心配はしていない。基板の問題はいつも裏側にある。


★基板裏側
mlcc
 MLCCはざっと見ただけでもかなり剥れている。ジャンク屋の籠の中でかき混ぜられているので仕方が無い。基本的に入荷したら迷わずすぐ買うのがベストで、放置しておくと際限無しに劣化するのがジャンク。動いていた物でも末期には不動品になってしまう。

C525(1005):MEM_DC(15〜22nF)
C672(2012):MEM_DC(4.7μFくらい)
C649(2012):GPU_DC(1〜10μF)
C703(1005):MEM_DC(15〜22nF)
C710(1005):MEM_DC(15〜22nF)
C726(1005):MEM_DC(15〜22nF)
C766(1005):GPU_DC(10nF程度か)

 まだあるかも知れないが発見できなかった。15〜22nFというのは外して測ったけどよく判らなかった為。MLCCの容量はいい加減なので周波数限定じゃないとよく判らない。しかしまあこれらは無くても動くことは動くので心配は無い。5900XT本来の性能は出ないかもしれないけど。もっと拙いのは他の部分にある。


r535_539_541
 ご覧のように抵抗が3つ脱落している。R535、539、541である。こんなRが取れていても普通の人は気づかないだろう。筆者も普通ならまず気づかないと思う。なんで気づいたかと言うとこれは筆者自身がブチ壊したからだ(^^ ヒートシンクの取り付けプラピンを外す時に螺子回しが直撃したのだ。1608の方は1つなので直ぐ判るが、2つある1005の方は数値が違っているのでお手上げ。1kΩと10kΩなのでテキトーに付けると拙いかも。

R535(1005):多分10kΩ
R539(1005):多分1kΩ
R541(1608):33kΩ

 抵抗は殆どが信号線若しくは設定用(プルアップ・ダウン)なので、無いと動かなかったり誤動作することになる。殆どが複数並列になっているパスコンとは重要度が全く違うのだ。


★Vcoreレギュレータ付近
vrm
 Vcoreレギュレータもちょっと見てみる。入力インダクタL21から始まっている。入力コンデンサはOS-CONのSVP180μF16V×2、上側スイッチQ4がIRF7821、下側がIRF8113の2パラ(Q7、Q8)である。D12がステアリング・Diで、出力インダクタL20を介してEP-CAPに入力される。出力インダクタL20は0.47μHしかなく、電流スルーレートを極めて重視しているのが判る。リプルを下げるためにインダクタンスを上げてはいけない。大電流でインダクタンスが下がるのは、過渡特性の面から見てむしろ好ましい特性だ。

 実装されていないQ5、Q6はTO252(Dpak)用の予備パターン。飛んでしまってSO8が手に入らなければTO252が使える。ただし下がパラにできないので、2〜3mΩ程度の高性能の奴じゃないと確実に力負けする。このパターンで使えそうなのは上側だけだな。余程バカをやらない限り下側を飛ばすことは無いので気にしない。なおVmemの石は4410なので性能的に流用はできない。

IRF7821:RdsONが7.0mΩ、入力容量は1010PF(9.3nC)なのでソコソコ速そうだ。ノートなんかでよく見かける石ですね。
IRF8113:RdsONが4.7mΩ、入力容量は2910PF(24nC)でパラだからかなり高性能。TO263だったら欲しい石(^^

 VRMコントローラは裏面にあるISL6522CBで、2011年11月現在は既に保守部品となっている。ビデオカードではおなじみのコントローラ。現在は動かせないのでスイッチング周波数は不明だが設定400kHz程度で、位相補償はIntersilなので外部となっている。出力コンデンサはハイブリットポリマーだが、完全ポリマー系を載せても位相余裕は問題はなさそう。もっとも現在のEP-CAPに不満が出る事はないが、ジャンクで破損・脱落していた場合は同容量のポリマー系に載せ替えできる。逆に高いと問題が出る可能性が大きいので、最低でもESR≦30mΩは必要だろう。容量の増加は一つだけなら問題はない。

OS-CON SVP180μF16V×2[20mΩ/3640mA]
SEI CE-EX470μF6.3V×8[25mΩ/2090mA]
SEI CE-AX1000μF6.3V×2[170mΩ/450mA]
SEI CE-AX470μF16V×2(1個脱落)[170mΩ/450mA]
SEI CE-AX100μF16V×2[440mΩ/230mA]

 左の方に見えるRichtekのRT9173A(3AスイッチングレギュレータIC)はDDRのVttかな。かなり高性能の石らしいが、出力にEP-CAPを付けてもいいのだろうか。ボード上では5Vソースはこれだけっぽい。


★基板
gnd
 電源部のグラウンドがこのように完全分離されている。それだけでなくメモリ部のグラウンドも完全に浮いているようだ。この世代になるとメモリのノイズが相互に大問題になるのだろう。全くイヤな時代になってまいりました(^^


★次回に続く
 解析しているうちに飽きてきた。ジャンクだから解析して記事にすれば元は取れるのだが、5900XT(AGP)と廉価版6600(PCI-E)を戦わせてみたい希望があるので修理する。一部を自分でブチ壊さなければもっと楽だったのだが…(^^;

今日のHSDL[2011/11/15]

★消費電力
 640と820が安定して動くようになったので、早速ワットチェッカーでHSDL条件にて測ってみた。いつものようにメモリ1枚(DDR2-256MB)で内蔵VGA、CPUはMEMTEST86を回しているのでほぼフルロード状態。

P4M900T-M
VGA:内蔵/SOUND:内蔵/NETWORK:内蔵
HDD:なし/FDD:D353M3
PS:MIRAGE DR-B350ATX

640(SL7Z8)の消費電力:129W
820(SL88T)の消費電力:151W

参考
SL7Z8のWindowsデスクトップ:66W
SL88TのWindowsデスクトップ:90W
SL7Z8のHDBenchメモリアクセス:147W
SL88TのHDBenchメモリアクセス:184W
SL46T+SiS630搭載PCの消費電力:35W

 となった。Windows起動中なら省電力機能でアイドル時には下がるが、CPUは使ってナンボなので省電力機能には期待しない。そもそもネットバーストPC使うのに電力を気にするのもどうかと思うが(^^


★P8SGA[Rev1.21]
 640を借りた時にテストしてみた。最初は例のATX電源騒動で動かなくて苦労したが、電源が安定してからは起動するようになった。ところが翌日になったらまた起動しなくなった。どうもシステムチェックで引っかかっている様子。電源電圧に異様にうるさいみたいなんだよね。メモリも仕様なのか相性なのかデュアルでしか起動しない。なんかノイローゼになりそうなので早々にお引き取り願った。動かした限りではなかなか速く、DDR2シングル動作のP4M900T-Mなど全く問題にしないくらい速い。比較でメモリは1.5倍くらい速かった(勿論マザーと言うより915Gの性能)。妙な安全設計?だけが惜しいところ。このマザーの性格からして仕方が無いのだろうけど。やっぱりまだ945とか915とか買うしかないのか。


★秋月の広告より
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-05251/
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-05252/
 おお〜流石にムラタ様が作ると素晴らしい物が出来ますなあ。これは手に入れてチョイと実験してみたいな。値段もWMTSなんかと違って秋月価格で大変よろしい。


★A7V解体
a7v
 月一回の金属ゴミ(資源ゴミ)の日が近いので、不動となったマザーやビデオカードをまとめた。流用できそうな部品は出来る限り取り外す。今日は保存中にいつの間にか死んでいたASUS A7V他を解体した。うちに来たばかりの頃はちょっと活躍したのだが、後半の数年間は保存していただけだった。何で保存していただけで死んでしまうんだろう…(^^;


cap
 使えそうなのはFP-CAPとOS-CONくらいかな。10φなのが珠に傷。最近は固体アルミは面実装型が多いが、ラジアルリードでも殆どが8φか場合によっては6φなんてのもある。


inductor
 インダクタ・コアは52材ばかりだな。古い奴だから仕方が無い。もっとも新しいのはインダクタンスが低くて改造に使えない場合が多いのでこれでいいか。P6で0.5μHとか使い所が見つからない。

 パワーMOSFETも貴重だ。このマザーの場合はソコソコ性能が良い奴が付いているので必ず外しておく。IPB05N03L、IPB32N03Lをゲット。32N03Lの方はデータシートが無いが、恐らく6030クラスだと思われる。てことで、これらパーツはいずれ別マシンで生きていく事になる。マザーには「長い間ご苦労様」と言ってやりたい。


★3TONE
wg140
 以前誰かにAC97測定で使った3トーンの出し方を聞かれた気がした。WGのVer1.40で特に変わった事はしていない。場合によってはかなり酷い結果になるので、よほど気になる時以外には試さない方が精神衛生上良い(^^

今日の買い物[2011/11/03]

 今日は休日という事で、今年春に開店したばかりのHK店に初めて行ってみた。しかし予想はしていたがロクなものは無かった。この店は何故か自転車のパーツが豊富という特徴があるが、かなり使い込んだパーツがやたら高いのでありがたみが無い。店はかなり大きいんだけどこんな商品回転でいいのかな?もっと値段を下げてレンタル屋の如く回転させた方が利益が出ると思うんだけど。値切れない新品と違って、ジャンクの仕入れなんて匙加減でどうにでもなるし。PC関連は全くの門外漢が値付けしているとしか思えない。素人の値付けは原価と年式なのだが、PC界は他より4倍速く劣化するのでこの方式は通用しない。絶対価格が安ければまだ救いはあるが…。


★KEIAN KST700EAD
kst700ead
 HSDLの電源不足が露呈してしまったので、テキトーにその辺に転がっているジャンク電源を買ってみた。まあ三流電源だが700Wという高出力に惹かれて買う。1000円なので動かないと謝罪弁解引責辞任モノの価格。テストしたら何か動かないみたい…(^^;


★SAPPHIRE RADEON X1950XTX(PCI-E)
x1950xtx
 前回華麗にスルーしたが、夢に出てくるようになったので仕方なく買う(^^; 考えてみればHSDLが超弩級ビデオカード(注)を買ったのは初だろう。遂に真打登場という事でビデオカード道楽は一旦終了か。動けばと言う条件が付くけど(^^; 上の物件より更にクソ高い1500円。もうジャンクの値段じゃないので動かなければ死刑に値する。まだ試していない。

注:スロットを2つ占拠するような大型ビデオカードの事。滝流れの12Vが恐ろしい(^^;

★ELSA GLADIAC 940
gd940
 何かよく分らないELSAのカードがあったので何となく買ってしまった。帰ってから調べたらGF6800だった。あっけなく念願の6800AGPを手にれてしまったな(300円)。しかしそうは上手く行かないのが世の常。マザーに付けて電源を入れたがメモリエラー(C1)で起動しない。電源が足りないのか?それともまたアレをやらねばならんのだろうか。どっちにしてもメンドクセーな。


★SL7TZ
sl7tz
 曲がりなりにも3.2GHzの石である。これが動けば何でも動くだろうという事で「電源ロードテスト用」に買った(100円)。一応Intel64にも対応しているらしい。一応動くみたいだがVRMが熱い!(^^;


★スルーしたもの
 そう言えば前回のヤニまみれのHD3450が無かったような気がする。誰か好き者が買ったのかな?豊富な再生支援を持つHD4000系以降ならローエンドでも理解できるんだが、それ以前のHD系ローエンドの存在価値は無いに等しい。内蔵を使った方が良いから。

・千枚のDDR400-256MB
 200円。100円か512MBなら買うんだが中途半端。ちょっと心が動いたのは事実だが。

・MIZUHO UZ77
 これはPCとは関係ない。何で5000円もするんだよ…。既に生産中止だから仕方が無いのか。そう言えば昔RD9170を持っていた気がするんだがどこ行っちまったのかな。

・8600GTS
 もう一度よ〜く見たけどやっぱり500円は気に食わないのでスルー。XFXだけじゃなくリドテクもあった。8800GTS〜Ultraだったら速攻で飛びついてたけど。恐らくコイツも剥れかけ・若しくはメモリ死亡のような気がする。「コンデンサを換えれば動くだろう」などとおバカな予想をしないように。そんな安易な事では動かないから。

・SAPPHIRE ATLANTIS RADEON 9000
 超今更だが欲しかった。でも300円だと規定オーバーなので止めた。見た目では動くと思う。

・Socket423マザー×2
 GA-8TXとP4T-CMだったかな?一度に2枚も見かけるのは珍しい。423が欲しい人は猛ダッシュで買いましょう。石はよく見なかったけど近くに在ったかもしれない。クーラーも在った気がするがこれもよく見ていない(テキトー)。クーラーは特殊なので買っておかないと後悔するよ。423なので動きそう。

・Pure3D II LX
 だったかな?カノプーのVoodoo2アクセラレータ。珍しくVGAパススルーケーブルも付いていた。500円だが100円なら買っただろう。


★連闘は疲れる…
 最近は五時を過ぎると真っ暗なので遅くまで回りたくない。という事で今日は二店舗しか回れなかった。今日は新しく開発されたルートを実際に検証してみた。迷わずスンナリ走れたので次からはこのルートを使うだろう。最大で10分くらい短縮されている。


★追記(2011/10/30リザルト)
 SL9CAはDELL Dimensionシリーズに使われていたらしい。まあ何となくOEMクサかったので納得。CPUは全部動作するっぽい。あとはVGAが一つ二つ動けば電源が動かなくても損は無くなる。これで任期途中の解任は無いな…精々厳重戒告処分程度だろうσ(^^;

P5VDC-MX

 640を動かすために引っ張り出してきた。DDR2とDDRが両方使えるので便利だからだ。ところが問題発生。

sl7z8
 これはPC4300だが非常に遅い。どのくらい遅いかと言うと、865は勿論845にすら負ける(かもしれない)くらい。CPUはちゃんと動いている証拠にL1、2キャッシュは非常に速い。VGAシェアメモリだが、P4M900T-Mだってシェアで1607MB/sなのだ。どれだけコイツが遅いかわかるだろう。

 こういう両用タイプのチップセットはこんな感じなのかもしれないね。昔々大昔、同じくVIAのMVP3と言うチップセットが遅かったのはFPRAMに対応していたからだった。便利なのはいいけど遅くなるのは困るな。それにしてもHSDLは775マザーが弱い。●P8SGAはメモリに異常にうるさいしDDR2に対応していない。P4M900T-MはVRMがメタメタ弱いし、DDR2の775マザーを増強する必要性が高まった。今度はハズレを引かないように(^^ 名の通った奴で行ってみよう。

今日の買い物[2011/10/30]

 一週遅れだが2011/10/30の買い物。8月以来、約3か月ぶりに近所のジャンク屋を回ってみた。ジャンク屋と言っても殆どがハードオフなのだが…。近所を回る時には必ず価格制限を設ける。だいたい1000円までですね。クソ高いのが多いので、制限を付けないとゴミを数千円分も買ってしまったりする。買い物を絞るのは大変だ。

★A350XT TDH(AGP)
A350XT
 今更ヌビの黒歴史FXシリーズの5900XTを買っちゃった。実は6800GTと間違えたという話が…。そうは言ってもHSDLにはAGP×8の強力な奴は少ない。5900だと分っても買ってしまっただろうな。動かしてみたらVGAに例の症状の片鱗が…。

★PV-T64J-UDF3(PCI-E)
PV-T64J-UDF3
 またXFXか?そうです、またXFX。今度は8600GTだがやっぱりおなじみのサコンが破損している。ちなみに修理しようと足掻いた跡がある。無駄無駄〜。今のところ動かせないので動くかどうかは不明。

★SPAG43(AGP)
SPAG43
 前から探していた6800ではないが6600のAGP。ヒートシンクがぶっ飛んでるので100円だった。ピンが無いんだがどうせ捨てるので要らない。それより前にこの値段で動くかどうか非常に怪しい!動かしてみたらポストはすれども画面が出ず。全体的に美しいので初期不良品と思われる。これも例の症状ですね。

★SL8PM
 775が投げ売り状態。ほとんどがセレDだったが僅かにP4もあった。コイツはFSB533なので×22と言う高倍率。勿論FSB800で使う?4.4GHzだぜ。

★SL9CA
 上と同じだが、裏面のDCが全く異なるので興味深い。×23と775で最も逓倍率が高い筈。

★SL88T
 スミスフィールドのあまりの消費電力の大きさに惚れて買った。今日買った石はどれも安すぎる(100円)ので死んでる可能性も高い。しかしコイツは動作しやがりました。

★スルーしたもの
 845マザーが1000円とか、Socket7マザー1000円とかやめてほしい。ペン2を500円で売るのもやめて…ペンDが100円なんだから。下記はその後の情報では半分くらいは売れたようだが、オレがスルーしたものは買わない方が良いぞ(いろんな意味でヤバス)。

・775のセレD
 低クロックはもう要らない。CedarMill-Vなら買うけど。

・939の3500+
 欲しかったが、もう500円を出す気にはなれなかった。

・E4300
 2000円で思わず買いそうになったが、価格的に死んでる可能性を考えて止めた。死んでると2000円のダメージはデカいよ。

・ギガのXEON5100付き771マザー
 3000円だったかな。石は一つだけと言う半端な物件。もう一つの石は別売りで1000円だった…多分同じ人が売ったのだろうが何故ばら売り?

・MSIのPenD820付き945Gマザー
 1300円で迷ったが最初の約束を思い出してスルー。石は単体で買ったし、945Gは別の所で買うからいいや。

・MSIのNF3(939)マザー
 黒板500円で迷ったけど買わないで良かった。754だったらたぶんフラフラと夢遊病者のように買ってた(^^;

・9800GT
 破格の1000円だったが、この時期のビデオカードで1000円以上のジャンクは絶対に買わない。多分メモリが死んでるかBGA剥れだからだ。BGA剥れなら直せる(かもしれない)けどメモリ死亡は絶対に直せない。ちなみにヴィデオカードのGDDRメモリは非常によく死ぬ。

・8600GTS
 複数あり500〜700円だが崩壊寸前にボロボロだった。100〜300円だったら我慢して買ったかもしれない。GTSは持っていないから。多分例の症状が出ていると思う。

・HD3450
 300円だったがヤニまみれ(^^; 外見的に動きそうだがとても触る気が起きん。お前さんの部屋はどういう環境なんだよ?PC以前に中の人がヤバいぜ。

・X1950XTX
 XTXは珍しいけどうちでは電源的に動きそうにない。だが欲しい。


 さすがにHSDLのデスノート、じゃなかった買い物予定メモの威力はデカい。買おうとした物がズバズバ並んでいるんだからな。次はPreslerやCedarMillをお願いします。予め想定はしていたが帰りに雨に降られてマイッタ。おまけに暗いので道を間違えて迷った。

L2キャッシュの有効性

注:5年前の記事を今更出してきたが、これは他の記事で引用する予定のため(^^ さりげなくスルーしてください。

 カトマイの外部L2の効果に疑問が出てきたのでテストしてみた。440BX、W98SE上でテストしている。CPUはSL35D 19390478(PHILIPPINES)で、S-RAMはSEC(250MHz)である。キャッシュ的にはP!!!500までが定格動作。


★Super π
 ベンチとしては意味は無いが参考までに。どちらかと言えばL2よりもL1やクロックの方が重要なのだろう。勿論L2はあった方が速いが、512kという容量から想像するほどは効かないという事だ。なおテストしたSL35DはFSB133は定格電圧ではエラーになった。

・L2_OFF
[FSB100]5:29
[FSB105]5:11
[FSB110]4:56
[FSB115]4:44
[FSB120]4:32
[FSB125]4:26
[FSB133]4:02

・L2_ON
[FSB100]4:25
[FSB105]4:14
[FSB110]4:03
[FSB115]3:52
[FSB120]3:43
[FSB125]3:34
[FSB133]キャッシュエラー


★GogoBench 3.13a [Q=8 FPU SSE MMX]
 このベンチではかなり極端な結果が出た。L2オンのFSB100よりL2オフのFSB133の方が明らかに遅いのだ。プログラムコードの最適化によって、L2キャッシュをフルに使い切っているのだろう。逆に言うと、他のソフトは大容量L2キャッシュを生かし切れていないことになる。そちらの方が気になるね。

・L2_OFF
[FSB100] 8.50倍速
[FSB105] 8.95倍速
[FSB110] 9.45倍速
[FSB115] 9.79倍速
[FSB120]10.28倍速
[FSB125]10.67倍速
[FSB133]11.58倍速

・L2_ON
[FSB100]13.75倍速
[FSB105]14.66倍速
[FSB110]15.46倍速
[FSB115]16.13倍速
[FSB120]16.88倍速
[FSB125]17.39倍速
[FSB133]キャッシュエラー


★結論
 ソフトが最適化されていれば、L2を切ってクロックを上げても意味は無いということが判った。しかし最適化不足の場合は思ったより効果が出ない事も判った。いずれAthlon系でもやってみたい。
記事検索
タグ絞り込み検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気