HSDL.blog.jp

ジャンクPCパーツ研究を専門とするブログ
主に東京・多摩地区のハードオフを巡回しています。

2012年10月

謎の銀色の物体(質問のお答え)

 そんなに暇ではないけど(^^ 大変に興味深いのですぐに見てみました。パーツの文字が見やすかったのですぐに判明しました。


directfet
 この謎の銀色の物体はIRFのDirectFETと言う特殊パッケージのパワーMOSFETです。具体的に言うと燃えた奴は"IRF6631"という型番のもので、あまりに斬新な形なのでFETには見えません。面実装型の水晶発振子なんかと間違えてしまいそうですね。
http://www.irf.com/product-info/datasheets/data/irf6631.pdf


 データシートに依ればケース外側はドレインに接続されているので、恐らくグラウンドと電源がショートした形になるのでしょう。実際に回路を見ていないので断言はできませんが、このパワーMOSFET以外のモノが死んでいる可能性も勿論あります。

 ちなみにこの石のゲートとソースは底面電極なのでハンダゴテでは外せませんね。無理に剥がすと下のランドが剥がれて再起不能になりますので注意してください。リワークだとヒートガンで剥がすしかないかな?


 ところで最近のノート系PCのパーツはこんなのばっかりで手でやるのはツラい。

http://www.hakko.com/japan/products/hakko_fr801.html
http://www.goot.co.jp/item.html?c=66
http://www.hozan.co.jp/catalog/Desoldering_Tools/HS603.htm
 このような専用工具があると非常に楽なんだけど。それなりに高価で、アマチュアが趣味用途で手に入れるのは厳しい。今後益々増えてきそうなので、いずれは手に入れないといけないのかなと思ったり。

GF8600GTドライバ評価

 この原稿は「ASUS EN8600GT SILENT◆廚離謄好箸琉戮暴颪い燭發里世、お知らせの通り記事がお蔵入りになったのでここで発表する。長時間掛かっているので捨てるのはもったいないというのが主な理由。ただしあまり役に立たないのはいつもの通り(^^; 流石に公式全部試すのは面倒なので、ASUSのダウンロードサイトに有るドライバだけで試している。


★CrystalMark2004R3だけによるドライバ評価(^^
 一々ベンチを取るのが面倒なので、一発で済みそうなテストを用いる。PCはいつも通り全てノーマルのP965 Neo-F+E1400である。301.42だけWHQLドライバだ。

cm2004r3
 これを見るとお勧めは259.19となるが、筆者は301.42が良いですね。WHQLだからと言うのもあるが、もっと積極的にHSDLがXPテキストユースだから。もっともこのベンチだけで決定するのも無謀だが…。


★2D/3Dベンチ
 いつもの通りいじめベンチを行う。ほとんど差は無いが明確な差が出ているものもある。運不運もかなりあるので参考までに。

2d_3d_bench
 何とCrystal Markの時の評価と逆になり、259.19と301.42の評価が低いじゃないか。こんなわけで一長一短あるから、これらを全部サイトに載せているのだろう。ユーザーの主に使用するアプリで決定しろという事か。この中では259.44は3D用ドライバと言える気がする。しかし301.42の突出して変態な所(2DMとFRが極度に良い)も気に入っている(^^ この大差は少々OCして埋まる差ではない。CPUやマザーとの相性もあるかもしれない。

注:一番最初に197.45で19000台が出たが、キャプを取る前に何故か固まってしまった。2度目は何ともなかったがスコアが大幅低下。このベンチは事実上CPUベンチなので気にしなくても良いか。

★終わり
 以上、時間が掛かった割には全く役に立たないドライバ評価は終了。ドライバは新しければ良いとか、そういう問題ではない事が判っただけで意味はあったかな。ドライバ自体は公式サイトでタダで手に入るものだし、それで僅かでもパフォーマンスが上がるなら試さない手は無い。君も今日からドライバ探しの旅に出ようm9(^^) ヌビ公式にある適合ドライバ全てをマジで評価するなら半年くらいは遊べるんじゃないか。

EN8600GT SILENT

 本日予定されていたこの記事は、都合により無期限延期となりました。待っていた人はどうもすみませんm(_ _)m

EN8600GT SILENT

 友人から修理依頼で預かってきたビデオカード。ファンレスのGF8600GTである。ローエンドなら解るが、この時期のミッドレンジでファンレスなんて大丈夫だろうか。修理してからテストしてみる。


http://www.asus.co.jp/Graphics_Cards/NVIDIA_Series/EN8600GT_SILENTHTDP512M/
http://www.mvkc.jp/product/asus/vga/nvidiapcie/en8600gtsilenthdtp256m.php
http://ascii.jp/elem/000/000/037/37237/
 当時の初売り価格は20000円程度。ファンレス仕様で、「リファレンスボードより最大7℃の駆動温度の低下を実現」しているらしい。リファレンスボードってファン付きだぜ?それより温度が低いってホントかよ。もし本当ならば非常に魅力的な製品ではある。


★概要
en8600gt_silent
 外見で目立つのはやはり2スロット占拠する大型のGPUヒートシンク。これは見た目はかなり大仰なのだが、メモリチップやそれらのレギュレータが一切冷却されていないのが大変に気になる。このクラスになるとメモリや各部電源の発熱はバカにならない。一応MOSFETにヒートシンクが付けられるような設計にはなっているが付いていない。


2slot
 御覧のようにPCIバス・スロットが1つ以上潰れてしまう。通常ビデオカードの横は使わないが。


ht_front
 基板を殆ど覆うほどの大きさ。材質は何だろう?銅にメッキなのかアルミダイキャストなのか。とにかくかなりの重さがある。


ht_rev
 裏はこうなっている。銅ヒートパイプは1本だけだが、GPU取り付け部分も地続きなのでそれなりに熱は伝わるのだ。


pcb
 やっと基板が露出。GF8600GTはどのカードも部品点数は少ない。リファレンスではなくオリジナル基板である。右上のVCCP出力コンデンサが脱落している。これを付けるようにと言う修理の依頼である。

 裏面の部品には脱落は無いようだった。青色基板はEN7600GSに似ている。ASUS製ではおなじみのYUANMAO ELECTRONICS製で、2007年18週に製造されている。XFXの基板のように波打ったりはしていない(^^


grees
 あ、これサーマルコンパウンドが金属だった。道理で硬いと思ったよ…取らない方が良かったな。皆さんは外すのは止めましょう。グリスを塗り直してもオリジナルより良くはならないと思う。


g84
 GPUはG84-305-A2なのでG84のA2リヴィジョンでHDCP対応という事になる。現役ビデオカードとしての最低要件は満たしている。GPUクロック540MHz、メモリクロック1400MHzである。DX10及びシェーダーモデル4.0に完全対応しているので、Vista以降のクソOSでも現状これで満足できるかな。


★続く
 次回はコンデンサを実装してテストする。特に温度の計測が楽しみだったりする。

今日のHSDL[2012/10/18]

★今日の買い物[2012/10/08]リザルト
 買い物記事にツッコミが入らないので自己ツッコミ。

>G92よ、さようなら

 えーと、GTS250は9800GTX+そのもの(リネーム)なのでG92bなのだ。ふたたびこんにちはG92(^^; やっぱり高くてもGTX285(GT200b)の方を買うべきだった?でもここのジャンクは死んでる可能性が高いからな〜。1500円でゴミを掴まされたら死にたくなる。金銭的な意味ではなく主にバカと言う意味で。


 もう一丁。

>玄人志向?の500W電源

http://www.kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1648
 黒かったのでこれっぽいね。出力に固体コンデンサを使っているし、クロシコにしてはスゲー良さそうなんだけど?これがあればビデオカードチェックが捗りそうだ。買いたかったな。


★今日の買い物[2012/10/13]リザルト

Apacer DDR400-512MB
 ま、新品だし動くでしょう。動かなくても保証は無いので動作チェックはしない。

メモリケース
 やはり全部は入らないな。背の高いメモリも入らない。これの良い所は、間隔に余裕があるので出し入れしやすいところ。前にもらった奴は狭すぎで保存にしか使えなかった。しかし殆どのメモリが並べられたので満足。あとは775CPUの皿も2、3枚欲しいな。

FDDケーブル
 不具合とは新品なのにケーブルが粘ついているのだ。長期在庫で変質して何かが解けてるんじゃないか?

CR2032
 あまりに怪しいのでテスターで電圧を測ってみた。ハイインピーダンスで3.2Vなので電圧は問題ない。それより笑ったのはその表示だ。

suyu
 デザインが"SONY"と全く同じで書体も似せてあるが"SUYU"だった。何か涙ぐましい努力だな。でも間違える人は居ないと思うよ(^^ スポットではなく継続入荷なら、HSDLの正式採用電池になるだろう。

SBD
 ネタは揃ったけど分解が面倒くさい。

赤外線LEDとインダクタ
 同じく。インダクタは例のUSB充電器に使う。

MP4プレイヤー
 これってICレコーダー代わりになるらしいぞ。

雑誌&カタログ
 ASUSのカタログを久々に見たら浦島状態だった。


★Web記事

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20121008-1029590.html
 だから無線LANは止めとけって…止むを得ず使うなら色々対策しないと。シロートには無理だろうけど。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20021026/etc_4408xex.html
 昔のだがこれは面白い。字消し線には何の意味があるんだろうか。フツーに破棄品じゃないのか?でもこういうおバカな製品は好きだな。ここまでやってもTi4200にすら勝てないんだけどね(^^;

今日の買い物[2012/10/13]

 記事に困ると買い物記事を書いているのではないかと言う批判もあるが(^^; まあそういう側面もある。しかし今回は友人たちとツアーに行くことになったので仕方が無い。


★Apacer DDR400-512MB
apacer
 もうDDR1は買うつもりは無かったのだが、新品で380円だったので何となく買ってしまった。チップは色々でキングストンとサムチョン製。UCCCを2枚揃いで買う。China向けと思われ、パッケージの文章はほぼ完全に中国語で書かれている。


★メモリケース
mem_case
 昔は無料でもらえていたのだが、今は100円で売っている。これだけあればHSDL所有メモリは全部入るか?と思いきやRegECCメモリは背が高すぎて入らないのだった。


★FDDケーブル
fdd_cable
 FDDスマートケーブルが@10円だったので買う。長期在庫品と思われ不具合があるけど気にしない。


★CR2032
cr2032
 CR2032が驚きの@20円だったので買う。中華製なので持ちは悪いだろうがそれでも良い。


★SBD
diode_reg
 電源の改良に使う。いずれ記事になるだろう。


★赤外線LEDとインダクタ
led_inductor
 これも近いうちにネタになる予定。


★MP4プレイヤー
mp4_player
 MP4プレイヤーとは違う用途で使う予定(^^


★雑誌&カタログ
ascii
 無料なので何となくもらう。


★スルー
 ほとんど忘れてしまった。まあ友人たちは知っているので問題ない。


★今日の風景
 実は今日のアキバ行の目的の半分はパンチョでナポリタンを食う事だった。見本を見たら多そうだったので並盛にしたら帰りにはもう腹が減ってきてしまった。値段も一緒だし、今度は大盛りにしようと心の中で誓う。でも兄貴や番長は食わないぜ。言うまでも無いが私はデブではありません(^^

今日の買い物[2012/10/08]

 久々にローカルジャンク屋(ほぼハードオフしかない)巡りをした。遅く出たのでかなり急ぎ足。直ぐに暗くなってきたのは勿論の事、気温が低いのが一番参った。正直寒くて震えたよ。


★ADA3700DKA5CF
ada3700
 おおっ!これは探していたSan Diegoではないか。HSDLの939では確実に最速だろう。おっと忘れられたペケ2の3800+もあるけど、あれはデュアルコアなのでモデルナンバー水増しなのだ。HSDLではコア数ではなくコアあたりの性能が高い奴「だけ」が威張れる。動けばいいな〜OCすればFX系とでも張り合えるぞ。


★GTS250(GALAXY)
 遂にG200系がHSDLにもやってきた。ずいぶん時間が掛かったが、とりあえずアッパーミドルクラスなのでいいか。G92よ、さようなら。

gts250
 いつものように値段的にまともに動かない可能性が高いが、いい加減もう古い奴ばかり見たくないので壁を越えたかったのだ。検索したけどこれと同じクーラーの製品は存在しない。多分OEM用か何かだろう。800円。


★スルー
 遂に10個以上あったE1400は売り切れたな。500円ならまあまあ妥当な値段だと思うので売れるわな。迷ったけど早めに押さえておいて正解だったか。これからは価値が下がる前にもっと使いまくろう。

・630
 もはや100円では全く反応しない。650以上だったら買うけど。

・E3400
 1800円変わらず。残2変わらず。2.6GHzなのでHSDLに来れば最速間違いなしだけど、狼だからP965 Neo-Fには載らないんだよな。

・E4400
 1980円変わらず。残1。もう一声だなあ。このE4000クラスは1000円までかな。

・E6420
 2480円変わらず。残3くらい?E6000も2000円切らないと。

・E8400
 3980円変わらず。残多数。これは世界的にモノが多いので、それほど遠くない日に大暴落するよ。現在の中古相場的にはこんなものだろうけど。

・E8500、3870、Q6600、X3の何か忘れた奴
 話にならん値段だった。年式とか定価だけで決めている感がアリアリ。中古品の値段は需要と供給で決まるのであって、新品時の定価や性能で決まる訳では無い。この値段ではズバリ言って売れないよ。クワッドの低クロックなんて消費電力の割に速くないので不人気物件なんだから。ま、中にはコアが多ければ何でもいいというビンボーくさい奴も居るが。

・RADEON9600PRO
 新品同様だったのでちょっと欲しかったが止めといた。500円。

・X1300?
 だと思う。500円。

・GF PGTX285(GALAXY)
 ジャンク屋では初めて見た。1500円だったので苦悩したが、せこく800円のGTSを選んでしまった(^^; 1000円だったら買うかもしれないが、それだと今度は不良の可能性が大きい。コイツは復活はほとんど不可能なので画面が乱れていればアウトだ。今までとは熱量が違いすぎるんだな。

・GTX470(ZOTAC)
 何と前回に続きまた出てきた!しかし青箱じゃなくてショーウィンドウ内には「動作確認済み」中古品が4000円で売ってるんだよな。もちろん全部チェックしているのは間違いないので、半額2000円のコイツは不良である可能性が極めて高い。コイツも炙ったりしても復活する事は99.999%ありえない。ハイリスクの賭けに2000円積むのは馬鹿げている。

・玄人志向?の500W電源
 400円だったがコイル鳴きするらしい。てことは動くんだろ?別にコイル鳴きくらいならどうでも良いじゃん!と思ったが持てなかったので止めた(^^; 次に行って有ったら買っても良いかな。無いと思うけど。

・ETASISの330W電源
 旧Athlonでは最強に近い電源だったな。300円。


 あとは忘れちまった。思い出したら教えてあげよう。


★今日の風景
 帰りはいつものように某スーパーで戦いを挑む。あれれ?来たのが遅かったからか誰もいないじゃん。特にいろんな意味で強烈な中華系が全く居ない。激安生ラーメンも大量に残っていたので、まさかとは思うが日中関係が緊張したので帰ったのだろうか?(^^; 良い事だ。帰れる所があるんなら帰りな(もう来ない方がいいぜ)。今日は僅かにジャージ上下の怪しい白人が居ただけだった。何だコイツ、短足手短で下っ腹出てるし本当に白人か?どう見ても新春かくし芸大会のコスプレ外人だな。

 買い物はパスタ等だが全部キロ単位でまとめて買う。これでお分かりのように、それ故にジャンクを持てないんだな。筆者のローカル買い物の中でPC等ジャンク品の地位は極めて低い。本当についでみたいなものなのだ。

MS-8881 完全MX460化計画

 MS-8881はGF4MX440だが、いつも使うときはメモリクロックをDDR550に上げてMX460相当で使っている。Win上で設定するのも面倒なので、出来ればBIOSも書き換えて完全460化してみたい。


★MX440と460の違い
 実際は460も基本同じモノっぽい。VcoreもVmemもレギュレータは同じだし、チップも余程の安物を除いては同じ。クロックを上げるだけで完全同等になる可能性が高い。但し発熱は無視できない。

http://ascii24.ascii.jp/2002/05/27/imageview/images685788.jpg.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0416/cano2_1.jpg
http://ascii24.ascii.jp/2002/05/10/imageview/images683994.jpg.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0215/hothot1.jpg
 やはりそれなりのクーラーが付いている。ヘタするとTi4200のクーラーと変わらんかもしれない。今のファンレスで対応するのは無理だろう。もしかするとコア電圧も上がっているのかもしれない。

http://news.mynavi.jp/articles/2002/05/31/14/bench/001.html
 あとはコアクロックを275→300MHzに、メモリクロックをDDR400→550に上げるだけだ。

http://ascii.jp/elem/000/000/330/330243/
 ちょっと気になる記事。「なお、搭載するBGAパッケージのメモリは3.6ns品(最高277MHz動作)と、スペックギリギリ。展示品では余裕のある3.3ns品を搭載していたが、換装されている。」と書いてある。流石MSI(^^ と感心している場合では無い。もしかしたらかのぷーみたいなメーカーのMX460には3.3ns品が搭載されているのかもしれない。当時の記事を読むとMX460は440に比べても割高で不人気だったようだ。そりゃ値段にあまり差が無ければTi4200買うわな。どっちもファン付きだから騒音も変わらない。P4時代に最高クロック付近のセレロンが売れなかったのに似ている。最高クロックのセレロンはミッドレンジのP4と価格があまり変わらないから。


★GPU冷却
6200ht
 GPUの冷却だが、460だと明らかにファン無しでは持たない。しかし我々はファンをカードの隣に置いて使っているのでクーラーとして直付けはしない。ノーマルの小型ヒートシンクの代わりにGF6200の稍大きいヒートシンクを取り付けた。これは穴の位置が同じなので全く未改造で取り付けられる。一度も起動しないままゴミになった物件だが、ヒートシンクだけは何とか役に立った。当時1000円もしたので元を取れた気は全くしないけど。

 メモリ冷却は現在の所は放置している。OCではなくあくまでも定格仕様なので。もしこれで安定して上が望めるようになったら考える。このメモリは感覚的にはこれ以上伸びる気がしないのだが…。


★メモリがダメダメ?
 どうもメモリOC性能が以前より下がった気がする。以前はDDR550は普通でDDR600を狙うかと言う勢いだったのだが、最近はDDR550でも一部ベンチが固まる場合がある。搭載メモリは定格クロック(3.6n)で動いているのだから無理って訳でもない。ノーマル時代の記録を見ると、DDR550どころかDDR560で普通に動いている。これはおかしい。しかしその時はまだ確証が持てずにグズグズと問題を先送りにしていた。

 しかし最近ノーマルのMS-8881が戻ってきた。これはVGAコネクタ付近が断線していた奴だが、漸く修理が終わった為に戦線復帰したのだ。これをDDR550化して止まっていたベンチを走らせたら問題無く完走してしまったではないか。イヤこのカードが当たりなんじゃなくて、この感覚は確かに「昔はそうだった」感である。これはもう決定的に改造版がおかしいぜ。もしかしたらエージング効果で、メモリVddq出力のTPCのESRが予定より下がり過ぎたのかもしれない。何しろ複数回ハンダ付けによる「劣化前提」なのだ。うーむ、腐ってもPOSCAPは高性能だったか。

 TPC150μF6.3Vのデータシート上の性能は40mΩだが、300kHzだとそれよりだいぶ低いようだ。通常非固体アルミ電解と同様に考えるのはまずいのかも。ノーマルの搭載されていたCE-AXに戻した方がいいのか。IRU1150は50〜100mΩ&500〜1000μFの出力コンが指定されているのだから、現状は明らかにICの使用法に問題があると言える。手持ちだとラジアルリードのZL470μF16V(53mΩ)がベストマッチ。できればCE32だと見栄えがいいんだが…ってそれだとノーマルに戻せってことだよな(^^; いくらなんでもそれはイヤだぜ。

C879:TPC150μF6.3V→除去
C880:未実装→ZL470μF16V

POSCAP TPC150μF6.3V[40mΩ/1900mA]
Rubycon ZL470μF16V[53mΩ/1030mA]

 カタログデータ上はたったこれしか違わないのにね。動作している時にはこれより大きな開きがあるのだろう。


zl470
 結局こうなってしまったのね…そりゃ不本意ですよ。でも詰まらない拘りや意地や信念で撤退せず玉砕するような低能にはなりたくない。それはそうと、いつもHSDLのビデオカードの外見が似てくるんだが、それは電解コンがワンパターンだからだと思う。ヒートシンクを除けば、電解コンが外見に与える影響は極めて大きい。だから日本メーカー製を選択したくなるわけだが。


★珍説登場!
 全くの素人君に「ノーマルより性能が落ちたのはデバイスIDがSEになったからではないか?」と言う説を提示された。いくらなんでもそれは無いだろう。確かにデバイスIDが変わるとドライバもインストールし直されるわけだが…イヤ無いと信じたい(^^; いくらヌビが阿漕だったとしてもそこまではやらんだろう。

 この説を払拭する為に、放置していたデバイスID変更を行う事にした。解析の結果この辺りの抵抗が関係しているようだ。

R726(D):(Empty)
R727(U):10k

R728(D):10k
R729(U):(Empty)

R730(D):10k
R731(U):(Empty)

R732(D):10k
R733(U):(Empty)

D=PULL-DOWN
U=PULL-UP

 隣り合うDとUで一組になっているのだろう。殆どのピンがプルダウンされているのが興味深い。これらの抵抗による組み合わせで、Quadroも含めMX系全モデル設定可能だと思われる。全モデルはこの14通りなのでかなり絞れる。

0170:GeForce4 MX460
0171:GeForce4 MX440
0172:GeForce4 MX420
0173:GeForce4 MX440-SE
0174:GeForce4 440Go
0175:GeForce4 420Go
0176:GeForce4 420Go 32M
0177:GeForce4 460Go
0178:Quadro4 550XGL
0179:GeForce4 440Go 64M
017A:Quadro4 200/400NVS
017B:Quadro4 500XGL
017C:Quadro4 550GoGL
017D:GeForce4 410Go 16M

 R728-729の結果から見て間違いなくプルアップ=1だ。上位017はNVナンバーなので、残りの0〜F(4Bit)が可変だろう。という事はMX440で唯一HとなっているR726-727を1→0に変えれば全ビットが0になりMX460に変身するはずだ。


mx420
 予想を確実なものにするためにR726-727を0に変えたが、R728-729を0に戻さなかったのでMX420に格下げされた。デバイスIDは10DE-0172になり、確かに上記予想通りの変化である。

 IDテストの時にWindowsを立ち上げると一々PnPがかかってうるさいので、御覧のようにDOS上でHWINFOを使った。USBメモリに入れるとOSインストールしなくても詳細が分かって楽で良い。


mx460
 これでソフト的にはMX460に変身した。クロックなどハード的にはまだまだ未完成だが、上のような疑問が出ないようにこうしておく必要があったわけだ。これで確認したが、デバイスIDで性能の変化は全く出なかった。


device_id
 ビット2と3はまだ確認していない。いずれQuadro4 550XGL化で確かめる。オンメモリ・チップの例外もあるけど、ビット2がノート用でビット3がQuadro用なのかな。


★残る課題
mx460
gpuz
 これで名実共にMX460になったハズ。あとはVcoreの昇圧とメモリVddqの昇圧かな。それでMX480相当までは行かないだろうがMX465相当(^^; で使いたい。例えブチ壊れてもまだ替えが4枚ある。


★一旦終了
 筆者はNV15を極限まで熟成したNV17が好きである。ある程度製造を続けないと完成度は上がらないものだ。DX9〜10辺りからGPUの進化も停滞気味なので、反って熟成が進んで現行品は買いなのかも。もっとも消費電力はもう少し何とかして欲しい所だが。

診断結果(^^

個別対応で用済みなので消しました。

マザーボードの改造

個別対応なので消しました。
記事検索
タグ絞り込み検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気