HSDL.blog.jp

ジャンクPCパーツ研究を専門とするブログ
主に東京・多摩地区のハードオフを巡回しています。

2015年01月

ギガ蟹RTL8169改

2011/10/18に書き始め、2015年やっと完成(^^;

PLANEX GN-1200TW2
Buffalo LGY-PCI-GT(E)

★外見
 Buffaloは今日の買い物[2009/09/23]で手に入れたもの、PLANEXは今日の買い物[2011/10/02]で手に入れた物。


rtl8169s
 一番上がBuffalo、中・下がPLANEXである。基板は同一だが中のPLANEXだけ基板製造工場が異なる。どれもリファレンス基板のガーバーデータそのものだろう。NIC製品自体は3つとも同じ製造(アッセンブリ)工場だと思われる。

Buffalo:基板は2006年36週製造、RTL8169S-32(2006年33週)
PLANEX1:基板は2009年45週製造、RTL8169SC(2009年41週)
PLANEX2:基板は2010年51週製造、RTL8169SC(2010年45週)

 PLANEX2とBuffaloの基板製造はB6U808で有名な?BRAIN POWERで、PLANEX1だけはマークが小さすぎて判別し辛いが恩平冠銓電子だと思う。Buffalo基板はPLANEX2基板と同じだがメインチップが違う(注)。

 牛は以前書いた通り発熱により基板が変色している。基板が変色するほどの熱量なので、もちろんアルミ電解コンデンサにもダメージがあると思われる。未使用のPLANEXはともかく、牛のは使用状況から見て交換する必要がある。これは当方の想像だが、付けっぱなし連続稼働の鯖機状態なら精々2〜3年程度しか持たないのではなかろうか。

 2006年と2009年の間に断絶があり、チップが変わり電解コンが5本も省略された。5本と言っても10本中だから元の半分である。これは楽天的に考えれば8169S-32→8169SC変更により省電力化したと見る事も出来る。8169SCは裏も焼けていないのでその可能性は否定できない。

注:勘違いしている人もいるが基板工場=このNICの製造元ではない。メーカーが自前で基板を作る事は無く、UL認証も当然下請け基板製造会社が受けている。

★使用電解コン
 電解コンは全期間一貫してTEAPO SY47μF16Vだけを使用している。

teapo_sy
 TEAPO SY47μF16Vは前記事では一般用と書いたが、マジメに調べたら低ESR品、それも意外なほど高性能の奴だった。普通はこの手の格安NICには一般用より高価な低ESRコンは使わないので驚く。流石にギガビット侮りがたし。しかし困った、実はTKの低ESR品UTWRZ47μF25Vで置き換えるつもりだったのだ。カタログ性能では明らかに負けている。電源はシリーズレギュレータなので極端な低インピーダンスは必要ないが、一般用よりは寿命の面でも上なので使う意義は充分にある。付け加えると1117はMLCC対応品なので超低インピーダンス品でも発振する事は無い。

lgypcigte
gn1200tw2
 上が牛(RTL8169S-32)、下がPLANEX(RTL8169SC)。以下コンデンサの働きを見てみよう。

C 1:PCI5VのDCだ。最重要で勿論一貫して実装されている。
C 4:PCI5VのDCだ。上と同じく一貫して実装されている。
C 6:U1のSB5VDC。C8と繋がっている。8169SC版では省略。
C 8:WOL端子のSB5VDCだ。WOL端子が実装されていないのでコンデンサも勿論省略。
C 9:U1の5VDC。8169SC版で省略された。
C10:U2(AVDDH3.3)の入力コン。8169SC版では省略。
C11:シリアルROM(AVDDH3.3)のDC?C23とも繋がっている。8169SC版では省略。
C23:RTL8169(AVDDH3.3)のDCだ。8169SC版で省略された。
C24:Q1で生成されるVDD1.8の出力コン。一貫して実装されている。
C30:U2(AVDDH3.3)の出力コン。一貫して実装されている。
C31:Q2で生成されるAVDDL2.5の出力コン。一貫して実装されている。

 Q1(1.8V)、Q2(2.5V)をコントロールしているのはRTL8169自身である。以前K8T Neoの記事で書いた通り、GbE蟹シリーズは基準電源も内蔵しているのだ。

 基板に印刷されている部品番号がサイズが小さい事もあり見難いので困った。注文を付ければ電解コンはCxじゃなくてCExにすべき。タンタルはCTxだ。マザーボードの多くはそうなっているんだがな。それはさておき、重要度で言えばC1=C4>C24=C30=C31>C11=C23>C6=C9=C10で、WOLは無いのでC8は実装する必要は無い。

 HSDL所有品ランキングリストを見たら、サイズ5φでこれより低ESRの電解コンはOS-CONしかないようだ。これは客用なのでHSDL用にはもったいないけど、通常電解版と比較してみたいので使ってもいいか。

TEAPO SY47μF16V[580mΩ/210mA]:5φ×11弌
TK UTWRZ47μF25V[750mΩ/180mA]:5φ×11
OS-CON SVP47μF6.3V[70mΩ/1100mA]:5φ×5

*ちなみに標準品には47μF16Vは無くて56μFだった(性能は全く同じ)。SYはNCCのランクで言うとKYに当たる。多分KYの競合品という事で名前を似せたのだろう。KYと同等なのに同サイズのKY22μF50Vの方が性能が低いのは何故か?アルミ電解は基本的に同サイズ=電解液が同量=同性能だが、耐圧がある程度上がるとアルミ箔が厚くなるので当然その分電解液が減少する。結果としてサイズが同一でも同一性能にならない場合がある。その証拠に耐圧が35V以下だとSYと同性能だ。


★交換する(通常電解版)
 今回はUTWRZ仕様の通常電解版を製作する。

buffalo1
 一応小さいながらも多層基板なので、見かけとは違って(今の時期だと)抜きにくい。基板が小さいのである意味マザーボードよりやりにくい部分がある。まあこのように全部抜いてハンダを除去すれば目処は立ったと言える。

buffalo2
 基板が焼けている牛版は低ESRアルミ電解のUTWRZに交換する。ノーマルで付いている10本全てこれを使用する。上で書いたようにWOLは無いのでC8は実装しない。UTWRZも漸く在庫が捌けてきた。中途半端に高値なので使用を躊躇った為なかなか無くならなかった。しかし考えてみれば計算上は性能が低下してるんだよな。

buffalo3
 裏はご覧のようなベタグラウンドでハンダ付けは意外に苦労する。苦労と言ってもマザーボードほどではないが、電源なんかの片面・両面基板のつもりでやっているとハンダ付け不良を起こしやすい。右上が汚れっぽいのは汚れではなく基板焼けです(^^;


★続く
 次回はOS-CON版を製作し、ノーマルと共に3つ合わせてテストする。Netperfでのテストに時間がかかりそう(^^;

東京+α「ハードオフ図鑑」

 大げさに図鑑としたが今まで行った店の写真を並べただけのものだ。検索で初めてHSDLブログに来たニワカ読者は短評を読まないように(意味無し)。以下、ランク内は文字コード順に並んでいる。2017年7月22日現在のデータである。

開店日が不明の店舗がいくつかあります。ご存知の方はコメント欄にてご教示ください。また新たに店を開拓した場合や、圏内に新規店が開店した場合は随時アップデートします。

★Aランク(常時巡回店^^)

=稲城矢野口店(南ローカル巡回)=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2014年2月28日
初来訪:2014年3月9日
1405251654
 開店からレベルの高いジャンク物件を数多く用意している。少なくともHSDLにとっては相性の良い店だろう。南ローカル巡回の主力の一つ。

=稲城矢野口店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=花小金井店(西・南ローカル巡回)=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2013年6月27日
初来訪:2013年6月30日
1411231527
 移転前(東久留米店)は主力店だったが、移転後は開店当初だけで使い果たしてしまったのかサッパリ。もしこの場所に無かったら巡回コースから外しているだろう。現に南ローカル巡回では時短の為頻繁に省略されている(^^ 但しジャンクの回転は速く、量も他より多いので全く巡回しない訳にはいかない。意外な物件を思わず買ってしまう事が多い。

=花小金井店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=三鷹店(南ローカル巡回)=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2008年7月1日
初出記事:2010年7月18日
homi_20140131
 2013年は当たりまくりだったが、2014年明け辺りから元のサッパリな三鷹に戻ってしまったようだ。ただHOのジャンクには波があり、2016年後半からはまた復活の兆しが見えてきた。前籠が多い時は検品に時間がかかる。それと企業の放出品と思われるジャンクをよく見かける(主に未使用の同じものがまとめて大量に出現する)。

=三鷹店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=小金井店(南ローカル巡回)=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2010年4月29日
初出記事:2013年8月24日
1411231548
 開店当初は「もう来なくてもいいかな…」と思うくらいダメダメだったが、その後はぐんぐん評価が上がっている。特に2014年からは南方面巡回の起点として欠かせない店になった。南ローカル巡回の主力店の一つである。

=小金井店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=西所沢店(北ローカル巡回)=
運営FC:本部直営
開店日:2012年10月20日
初来訪:2013年3月7日
1405181722
 開店当初はなかなかの好物件をそろえていたが、2回3回と行くたびにジャンクが減っていき、一時はPCジャンクが皆無になってしまった。がしかし、2016年秋ごろから浮上に兆しが窺えるので期待する。北ローカル巡回に組み込まれたので常時巡回店に昇格した。

=西所沢店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=東久留米店(北ローカル巡回)=
運営FC:本部直営
開店日:2016年8月26日
初来訪:2016年8月26日
1608261613
 開店当初より北ローカル巡回のトップバッターとなっている。旧東久留米店(ゼロ系)と違って今度は直営だが、現時点ではジャンクの質量共に上々である。むしろ至近店の花小金井に勝っている(^^;

=東久留米店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=東所沢店(北ローカル巡回)=
運営FC:ハードオフファミリー(ex福岡無線)
開店日:2008年9月11日
初出記事:2013年8月7日
1405181615
 かつては「典型的なイナカのHO」と言う感じで通う気は全く起こらない店だったが、2016年現在はジャンクも増えて普通の店になってきている(同時に買い物も増えた)。新・北ローカル巡回のメイン店になったため常時巡回店に昇格した。自転車で走るには凄く良い所でもある。

=東所沢店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=東村山店(西・北ローカル巡回)=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2012年7月27日
初出記事:2013年3月11日
1405181808
 普段は花小金井とどっこいだが、たまに狂ったように安くて良い物件がある。このキレっぷりだけで巡回させられてしまう店。いつも前籠が多く、ハードオフ探索の醍醐味を満喫させてくれる。印象に残る買い物が多い。

=東村山店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=東大和店(西ローカル巡回)=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2006年9月15日
初来訪:2012年6月9日
1407141328
 初期は行くだけのイナカ店だったが、2013年あたりから普通の店になってきた。買ったものは地味だが役立っているものが多い。結果的には買い物の量は他のAランク店と変わらなくなっている。

=東大和店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=立川栄店(西ローカル巡回、中神・大和田巡回)=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2012年9月22日
初来訪:2013年5月25日
1407141739
 2013年に当たり過ぎた反動からか?2014年の夏以降はサッパリと言って良いくらい当たりが無い。西ローカル巡回がフルサイズで回るようになったため再び常時巡回に復帰した。もちろん中神・大和田巡回の一員でもある。

=立川栄店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

★Bランク(定期巡回店`・ω・´)

=あきる野店(西多摩巡回)=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2014年10月23日
初来訪:2014年10月23日
1410231703
 初めて開店日に出撃した店(^^ 2階は全てジャンクとなっており物件は豊富で飽きない。但し人口密度が低い場所なので回転はそれほど良くない。毎年必ず複数回行っているのでBランクに昇格した。

=あきる野店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=羽村店(西多摩巡回)=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2009年8月8日
初来訪:2014年3月28日
1407141502
 場所が非常に遠いのでここに入ってしまったが、前籠が出ている時のジャンクの豊富さは結構ハイレベル。周囲に競争相手が少ないせいもあるのだろうか。秋川とセットで西多摩巡回となりBランクに昇格した。

=羽村店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=秋葉原1号店(アキバ巡回)=
運営FC:本部直営
開店日:2012年2月24日
初出記事:2014年5月9日
140426132728
 開店当初はオーディオや時計だけだったが、最近はPC関連も少し扱いだした。但しPC関連と言ってもパーツはあまり無く、アキバに行っても行き忘れる場合が殆どだった。だが直営店見直し方針もあって定期巡回に昇格した。地下に移ってからはPCパーツもどんどん増えてきている。

=秋葉原1号店が登場する記事=
アキバ巡回[16/12/11]
アキバ巡回[16/11/06]
アキバ巡回[14/07/25]
アキバ巡回[14/04/26]

=昭島中神店(中神・大和田巡回)=
運営FC:ゼロエミッション→本部直営
開店日:2014年4月4日
初来訪:2014年4月13日
14041313
 開店以来この店は昔の物件に強かった。2016/04/17に一旦閉店して2016/04/25にリニューアル開店したが、その時に運営がゼロエミッションから直営に変わった模様。直営店を増やしているのだろうか?過去の傾向からしてこの変更は嬉しくは無いのだが…。悪い予想通り2016年後半より劣化が始まっている。買い物金額は変わっていないが(^^

=昭島中神店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=八王子大和田店(中神・大和田巡回)=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:1997年10月?日
初来訪:2014年8月20日
1408201523
 流石に旗艦店だけあってジャンクの量は群を抜く。特にカメラの量と質に関しては全店一だろう。平均的には値段はそれなりだが、たまに意外な掘り出し物があるのは圧倒的な量のお蔭か。常に前籠が多く探索の楽しみは大きい。中神とセットで中神・大和田巡回となっている。八王子唯一のBランク店だ。

=大和田店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=立川西砂店(西多摩巡回)=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2000年?
初来訪:2013年12月8日
1407141636
 店より客の質が悪く、ジャンクの扱いの悪さは東京随一。短期間でボロボロになるサマは見ていて悲しくなる。ビニール袋のまだキレイな出物があったら即回収しよう。物件自体はコンスタントにある。通えば良いモノに出会える可能性は高い。

=立川西砂店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

★Cランク(不定期巡回店´・ω・`)

=16号狭山店=
運営FC:ハードオフファミリー(ex福岡無線)
開店日:2009年7月24日
初来訪:2016年10月23日
1610231648
 HSDLから直に行くと八王子以上の遠距離になるが、遠征の途中で立ち寄ったのでそれほど苦労はしなかった。巨大なPCデポやゲオと同じ建物の一角で営業している。PCジャンクパーツは今福ほどではないが極度に少ない。

=16号狭山店が登場する記事=
埼玉中央部遠征

=さいたま浦和南店=
運営FC:大宮電化
開店日:2001年?
初来訪:2015年5月3日
1505031649
 埼玉だから期待はしていなかったがPCジャンクは少ない。マザーボードジャンクはあったが全部裸で投げ込まれており近いうちに屑金属と化すだろう(^^; CPUやメモリは別の入れ物に入っていたがHO相場としても少々高い。

=さいたま浦和南店が登場する記事=
南浦和遠征

=ふじみ野店=
運営FC:ハードオフファミリー(ex福岡無線)
開店日:2007年?
初来訪:2014年11月8日
1411081839
 少ない巡回数で言うのも何だが、筆者の中では(悪い意味での)埼玉らしさを強く感じる店。ついでが無ければもう行く事は無いだろう(と言いつつ自転車でも行った^^)。

=ふじみ野店が登場する記事=
埼玉中央部遠征
番外!埼玉奥地遠征

=横浜市ヶ尾店=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2001年?〜
初来訪:2015年5月26日
1505261613
 初の横浜のハードオフ。ここが2016年12月現在でHSDLから一番近い神奈川の店舗でもある。中神に似て古めの物件が多く、HSDLの好みには非常に合っている店だ。ゼロ系の神奈川最古?の店であり、自転車で走れる距離ならBランクで巡回するであろう。

=横浜市ヶ尾店が登場する記事=
神奈川ツアー2017
忘年会[15/12/21]
神奈川ツアー[15/05/26]

=横浜長津田店=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2007年?〜
初来訪:2015年5月26日
1505261842
 市ヶ尾よりさらに奥に入った店。初来訪では買う物が無かったものの、その次に来た時は早速買い物をしてしまった。距離が羽村よりも遠いのが難点。自転車では…まあ余程の事が無いと無理だろうね(^^;

=横浜長津田店が登場する記事=
神奈川ツアー2017
忘年会[15/12/21]
神奈川ツアー[15/05/26]

=下北沢店=
運営FC:本部直営
開店日:2016年11月11日
初来訪:2016年11月13日
1611131503
 武蔵小山と同じくここも駅前繁華街にある。店が小さく駐車場が無いのも同じ。そんな訳で地元民以外は気軽に行ける店ではない。大量持ち込みが面倒だからジャンクも増えないだろうな。近所に新しい店が出来るとか、そんな事情が無い限り行くことは無いだろう。

=下北沢店が登場する記事=
都区内南部遠征

=TOKYOラボ吉祥寺店=
運営FC:本部直営
開店日:2017年3月10日(2016年9月16日)
初来訪:2017年3月10日

1703101637
 以前は楽器とオーディオしか扱っておらず、PCパーツジャンカーである我々HSDLには全く関係無い店舗であった(オフハウスと同じ扱い)。ところが2017年3月10日から「TOKYOラボ吉祥寺店」として通常と変わらないハードオフに生まれ変わった。HSDLから最も近くの店舗であるが、単独店なので現在は定期巡回とはなっていない。閉店時間が他よりかなり遅い事から南ローカル巡回のフルサイズに組み込まれる話もある。

=吉祥寺店が登場する記事=
中野・荻窪巡回[17/06/30]
南ローカル巡回[17/06/20]
真・南ローカル巡回?
東ローカル巡回[17/04/30]
ハードオフ吉祥寺開店

=戸田駅西口店=
運営FC:大宮電化
開店日:2012年7月5日
初来訪:2015年5月3日
1505031703
 開店してからそれ程経っていないが見た感じオフハウスに近い。売り場面積の半分ちかくを古着が占めている印象がある。残念ながらPCパーツは2015年現在は皆無である。

=戸田駅西口店が登場する記事=
南浦和遠征

=三芳町店=
運営FC:ハードオフファミリー(ex福岡無線)
開店日:2015年6月12日
初来訪:2016年10月23日
1610231459
 HSDLからは距離的には近い方だ。ジャンクコーナーは充実しているがPCジャンクパーツは魅力が少なく、頑張って行く価値のある店ではない。あくまでも通り道のついでの店。

=三芳町店が登場する記事=
埼玉中央部遠征

=新座店=
運営FC:本部直営
開店日:2001年11月?日
初来訪:2010年8月31日
1405301841
 初回来店時は買い物をしたし、その後もジャンクはソコソコ豊富だった。だがやはり直営店らしくジャンクの絶対数が少ない。ついでならともかく、ここだけ回ったらえらく損した気分になるだろう。事故による北ローカル巡回のルート変更と共に定期巡回店からは外れた。

=新座店が登場する記事=
北ローカル巡回[16/10/31]
埼玉中央部遠征
北ローカル巡回[15/07/26]
新座・大泉ツアー2014
久々の長距離遠征

=川越今福店=
運営FC:大宮電化
開店日:2015年3月19日
初来訪:2016年10月23日
1610231611
 HSDLからは直線距離だと大した事が無いが、直で行ける道が無く困難な地域である。店は小さく、PCジャンクは皆無と言えるくらい少ない。マザーボードのジャンクがあったのでパーツが全く存在しなかった戸田ほどではない。

=川越今福店が登場する記事=
埼玉中央部遠征

=多摩ニュータウン店=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2017年7月14日
初来訪:2017年7月14日
tama_nt
 堀之内の先にポツリと存在する店。曾ての多摩境店に近くHSDLからは極度に遠いので巡回は困難だ(現役店距離ランキングで言うと37中30位)。堀之内からは距離的にはアッと言う間に思えるが、実際はずっと登り坂なので自転車では結構きつい。店舗はPCデポと半分ずつ分け合う形になっている。オフハウスも同じフロアなのでハードオフ部分は少々分が悪い。開店日に行ったがハードオフ部分に客は少なく先が思いやられる。ジャンクは整理されて見やすかったが価格的にちょっとアレかな(^^; 良かったのは入り口横に休憩コーナーがあって、中にはドトールの自販機があった事だけ。メインではなく店間のツナギの店として考えれば良いんじゃないか。

=多摩ニュータウン店が登場する記事=
HO多摩NT店開店

=多摩和田店=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2014年6月25日
初来訪:2014年6月26日
1511221603
 開店当初からの付き合いだがなかなか良くなってこない。おまけに聖蹟桜ヶ丘が閉店したので堀之内と共に完全に孤立してしまった。ジャンクもそれほど多くないので年一くらいが限度だろうな、と言っていたら南ローカル巡回と合わせてかなりの巡回数になってしまった。

=多摩和田店が登場する記事=
HO多摩NT店開店
多摩和田巡回[16/04/10]
変則・南ローカル巡回
八王子一周旅行
堀之内探検隊
HO多摩和田開店

=大泉学園店(東ローカル巡回)=
運営FC:本部直営
開店日:2000年10月?日
初出記事:2011年4月4日
ooizumi
 HOを回りだした当初は近い事もあって主力店だったが、2016年現在は狂ったような値付けの不人気ジャンクが増えて目も当てられない。直営店はジャンクを扱わない、若しくは軽視している店が多いが、PCパーツに限ればここも完全にそうなってしまっている。HSDLから最も近い店なのに残念だ。ローカル巡回なのにCランクって…(^^;

=大泉学園店が登場する記事=
 登場多数につき省略(^^;

=町田木曽店=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2015年5月28日
初来訪:2015年6月29日
1506291648
 HSDLから最も行きづらい町田市の店舗。色々あって開店から一ヶ月後の来訪だった。店としては可もなく不可も無く、と言った感じで特徴を感じるまでに至っていない。ゼロ系なのでいずれは何か掘り出せそうな気もするが、如何せん走るのが辛い場所なので気軽に行けない。ここは地元の人にお任せします(^^;

=町田木曽店が登場する記事=
町田遠征(前編)

=入間藤沢店=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2004年12月?日
初来訪:2014年11月8日
1411081638
 特筆すべきところは無い埼玉唯一のゼロ系の店舗。通っていればいつかいいモノに巡り合いそう。埼玉の店舗では現状ではここが一番かな。遠くなければもっと通うんだけど。

=入間藤沢店が登場する記事=
埼玉中央部遠征
定例会[15/12/08]
番外!埼玉奥地遠征

=八王子みなみ野店=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2011年10月20日
初来訪:2014年9月30日
1409301633
 ゼロ系では珍しくスーパーの中にある店。遠いので一度しか行った事が無いが、八王子周辺の各店の中ではPCジャンク量が多い部類に入る。この辺りに住んでいたら常時巡回するだろうな。そんな感触を持った。

=八王子みなみ野店が登場する記事=
八王子一周旅行

=八王子めじろ台店=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2005年7月8日
初来訪:2014年9月30日
1409301733
 一度しか行っていないので断言はできないけど、店が小さい上に物件数も少なく質も量も大した事は無い。かなりの数の青箱がカラに近く空いているのが寂しいぞ。少ないと言ってもそこはゼロ系、直営店程ではないけどね。歴史ある店なので固定客は多いのかも。

=八王子めじろ台店が登場する記事=
八王子一周旅行

=八王子堀之内店=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2000年?
初来訪:2014年9月23日
1409231659
 ジャンクコーナーは小さいけど意外に侮れない。近所に好き者が多いのだろうか。尤も場所が悪く(孤立している)なかなか行く気になれないのが欠点。コンビニのような店のイメージとは違って歴史は古い店らしい。

=八王子堀之内店が登場する記事=
HO多摩NT店開店
八王子一周旅行
堀之内探検隊

=板橋赤塚店=
運営FC:本部直営
開店日:2001年10月?日
初来訪:2013年8月7日
akatsuka
 初めて行った時は衝撃のジャンクの少なさだった。PCはあるがジャンクPCパーツは皆無に等しい。HSDLからは五本の指に入る近さだが定期巡回する気は全く起きない。

=板橋赤塚店が登場する記事=
南浦和遠征
久々の長距離遠征

=武蔵小山パルム店=
運営FC:本部直営
開店日:2016年7月23日
初来訪:2016年11月13日
1611131614
 こんな周りに何もない所に作られると困るな…(^^; とりあえず行ってきたけど予想以上にPCジャンクがあったのは驚いた。ただその内容は前時代的でしかも高い。自転車が駐輪できないのが大きなマイナスで(止めてる奴居たけど)、近くに別の店が出来ない限り行くことは無いだろう。

=武蔵小山パルム店が登場する記事=
都区内南部遠征

★番外店

=廿日市店(広島県)=
運営FC:アービング
開店日:2010年5月14日
初来訪:2016年6月7日
1606071618
 関東以外で初めて訪問したハードオフで、この場所は元々はデオデオ(家電)があった所らしい。店の規模は意外に大きく、駐車場は店舗の上にあるタイプ。人口密度の低い地方だけにジャンクは流石に多くはないが、戸田・赤塚などよりは確実に上と言える(^^ この地方のジャンカーは選択の余地が無いな。

=廿日市店が登場する記事=
広島遠征(^^;

=多摩永山店=
運営FC:ブラスメディア
開店日:2008年9月20日
最終日:2015年3月31日(その後ブックオフ多摩永山店として存続)
初来訪:2014年5月14日
140514170706
 この店に初めて行った時の衝撃は今も忘れない。店の大きさと相反するようなショボさだったからだ。ジャンク量は少なくなかったが内容とその値段が…。2015年4月以降はブックオフとして存続中で、ハードオフ時代からの青箱も健在だ。ハードオフではないので上のHOランクに入れていないが現役店である。ショボイと言いつつ、初来訪から何故か毎年強制的に行かされている(^^;

=多摩永山店が登場する記事=
HO多摩NT店開店
定例会[16/10/25]
町田遠征(前編)
多摩・稲城遠征

=梶ヶ谷店=
運営FC:ワットマン
開店日:2002年?
最終日:2013年5月31日(その後ワットマン川崎梶ヶ谷店として存続)
初来訪:2017年7月22日
wattmann
 この店に初めて行ったのは、ハードオフとのFC契約を解除してワットマン川崎梶ヶ谷店になってからである。店の構えや営業内容はハードオフそのもので客にとっては違和感は無い。ジャンクの量や質もハードオフと差は無い。つまりハードオフから転換しても特に変わりはないという事だ。

=梶ヶ谷店が登場する記事=
神奈川ツアー2017

★さようなら

=立川柏店=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2001年?
閉店日:2012年9月9日
t_kashiwa
 閉店の年2012年6月9日に一度行ったものの残念ながら写真が無い。当時はそんなに簡単に店が無くなるとは思っていなかったので撮影は考えなかった。仕方がないのでgoogle様に写真をお借りした(^^ 末期でも他店より一段以上高い価格で萎えた。現在は本部直営のモードオフ単独店になっている。

=旧東久留米店(ローカル巡回)=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2002年後半?
閉店日:2013年5月31日
ho_30sale
 かつてのHSDLのホームグラウンド。筆者が初めて行ったHOでもある。ソコソコ高いレベルを常に維持しつつ花小金井に移転した。なお開店当初はまだシマホが存在せず単独店であり、位置もダイアパレス花小金井の真正面辺りだった。現在はシマホの園芸用品売り場になっている。

=聖蹟桜ヶ丘店=
運営FC:ゼロエミッション
開店日:2002年11月8日
閉店日:2014年9月23日
1408291618
 HO単独の小さい店だが、PCジャンク物件が豊富で意外な発見が多く好きな店だった。後継の多摩和田がアレなので閉店して残念な店の一つ。場所も絶妙で、店間の中継点としての功績も大きかった。現在はベクトル聖蹟桜ヶ丘店という古着屋になっている。

★あとがき

 上記事においてランクA,B,Cとあるのは巡回頻度を表しており、物件数や質のランクではないので勘違いしないように。

hardoff_map
 "ハードオフ"でグーグル地図検索すると、あなたの住んでいる場所周辺のハードオフマップが出来る。やった事が無い人は面白いので是非やってみよう。但し「検索ツール」で現在地にあなたの現在地が設定されている必要がある。赤丸がハードオフ店舗で、フラグ付きのが現在地から至近の店だ。

新春!アキバツアー2015

 友人たちに誘われたので去年2014年12月23日以来のアキバ行きとなった。連休初日だが果たしてどんなものに巡り会うか楽しみだ。まあ最近はPC買い物はあまり無く、殆どが部品や工具関連の買い物で、あとは中華雑貨を見るくらいかな。東伏見出発は正午過ぎ、もちろん今日は自転車じゃなくて車だが、何故か駐車場がどこも満員で、いつもの所に止められなくて探し回ってしまった。


★今日の買い物

=部品=
 今日もいろいろと買い物をした。SMD抵抗が主な買い物だが、固体電解化に備えてOS-CONも少々。写真は無し。

=PCIアダプタ=
pci_pci
 パーツの中でも特筆すべきものその1。これはご覧の通りPCIバススロットを曲げるアダプタだが今回は別の用途に使う。特売で新品100円。

=PLCC32ソケット=
plcc32
 これだよこれ!長年探し求めていたのは。これでマザーボードのPLCCソケット付けまくりだ。でもソケット付いていない奴が多いので10個じゃ足りないかも知れない。

=USB2.0ハブ=
usb2_hub
 今日唯一の勝負物件。新品ジャンク93円のUSB2.0ハブだ。生意気にACアダプタが繋げる。

=ヌックヌックケット=
nukunuku
 パッケージを開けたら意外と薄手で不安になったが、羽織ってみると結構暖かい。まあ1000円だし、そのくらいの価値はあるだろう(^^ 今日の実用的な買い物その1だ。

=無反発?座布団=
 写真無し。ダイソーで買った100円座布団は2、3年で穴が開いてしまった。これは480円なのでもっと持つだろう(^^ 今日の実用的な買い物その2だ。

=ヘッドライト=
head_led
 頭にかぶるLEDライト。一応点灯方式として強・弱・点滅が選べる。これからは自転車に乗る時に頭に付ける予定(^^ 今日の実用的な買い物その3だ。

=ノートCPU=
cpu
 友人にもらった。


★スルー

・Wellerの新型の奴が入荷していた。値段忘れたけどスゲエ高かったのでスルー。定価よりは格安なんだろうけど。

・1100Tを久々に見た。しかし値段は4年以上経過したにもかかわらず15000円近い。これ買うのならi5のk付き買うよなあ。それにしても亜夢度のリセールバリューは抜群だ(^^ 「新品はAMD・ジャンクはIntel」は不滅だね。


★今日の風景
201501101528
 早く廃れるように呪いを込めてシャッターを切る。これで終わったなm9(^^)

続・古のマザー BX MASTER

 大掃除をしていたら記憶に無かった珍しい箱が出てきたので開けてみた。


★MSI BX MASTER
 型番はMS-6163[Rev3.0A]である。このMBを入手したのはHSDLブログも始まっていない2005年5月1日で、HSDLのMBでも指折りの古代物件だ。驚く事に未登録、つまりOSをインストールして使用した事が無い(注1)。動作チェックしかしていないという事だ。

 箱を開けてみた。何だこれ!まるで新品と見紛うような美品。それもそのはず、筆者は当時は新品厨房だったので新品かそれに準じるものしか眼中に無かったのだ。但し付属品の内ライザーカードだけが欠品である。そこら辺のHOに転がっているので手に入れてくるか。このマザーはアキバのスリートップ(現在は通販専門?)で500円で入手した(はず)。

ms6163_rev30a
 これの現役当時をよく知らないのだが、MSIのi440BX搭載Slot1マザーでは売れ筋だったと記憶している。大仰なマザーボード名からしてかなり背負っているが(^^; 恐らくスロ1の決定版を目指したものだろう。但しVRMの基本設計はVRM8.2時代の物で結構古い。過去にHSDLで取り上げたマザーでは、
AOpen AX6BC Pro
ASUS P2B-F
Abit AB-BH6
 辺りが競合機種だろうか。まさに前世紀の遺物である(当該品は2000年製)が、筆者はスロット1の全盛時を知らないので当時のスロット1事情に疎い。そのお蔭で先入観が無く新鮮な目で見られるし、当時のマザーをもっと新たに知りたい気持ちも強い。このマザーにしてもHSDL所有でありながら実は詳細に見た事が無い。記事を検索したら既にインターネット上からも消え始めているので、今これを解析して語り継ぐ価値はあるかも…そう思って書き始めたのだが。

注1:HSDLの分類ではOSを入れてテストした物件にはPC名が与えられる。それが登録品。それ以外は「未開(箱入り未使用品)」「未動(動作チェックしていない)」「未登録(動作チェック済み)」「予備役(2枚ある内の保存品の方)」に分類される。

★VRM
vrm
 コントローラはSEMTECHのSC1153CSWでVRM8.4仕様である。一応スペックで言えばP!!!対応している訳だ。だがパーツ構成はPII(8.2)と大差なく、P!!!の上の方に耐えられるとは思えないし現に世間では耐えていない。スイッチング周波数は実測で約206kHzとSC1153リファレンス回路の標準200kHzに近い。


ceb703al
 上下スイッチはマザーボード上ではおなじみCETのCEB703ALである。RDS_ONが14〜30mΩとハッキリ言ってショボイ。同時代ならIRL3103Sの方が断然上だ。SC1153データシートには「上下共AMRとしてRDS_ONが22mΩ以下(意訳)」と書いてある。発熱を考えるとギリギリだな。更に悪い事にRDS_ONの割に速度も速くない。いっその事燃えるか死んでくれたら交換するのに(^^ もっとも電解コンを良品に換えたらそんなに発熱しないかもしれない。D3の5817はステアリングダイオードで下側スイッチQ5の補助である。スイッチがCEB703ALではなかったら無くても良い。効果は下側がホンの一寸速く立ち上がるだけだ。


chockcoil
 出力インダクタはT50-52互換コアに#17×11回巻きなのでインダクタンスは約4μHとなる。勿論これはバイアスがゼロの時の値で、動作時に電流が流れるとインダクタンスは大幅低下する。例えばP!!!の最大電流である17Aを流すと1.83μHと半分以下まで低下する。

 入力インダクタは同じくT50-52互換コアで1.6μHだ。下の「使用コンデンサ」で引用したコンデンサ膨張例の写真ではインダクタが熱により緑色が茶色っぽく変色しているのが判る。炎上はいきなり起るわけではないので、どこら辺で気づくかによって修理できるかできないかが決まる(^^

CHOKE1(出力):T50-52互換,#17×11T[3.99μH]
CHOKE2(入力):T50-52互換,#20-3P×7T[1.62μH]


vrm_cap
 VRMの電解コンは8φが出力で10φが入力コン。このマザーの時代はまだ日本メーカー製を使うのは普通だったのだが、このマザーは先進の?オール中華製である。出力9本はやはり8.4対応の為だろうか?それにしては入力が2本しかないのだが。そしてこのマザーのVRMが炎上するのはこの弱い入力コンが原因である。コストダウンして自爆していれば世話は無いが、このメーカーはコンデンサを減らし過ぎて起動しないマザーを発売した前科がある。平常運転って事ですかね(^^ 2本で絶対に飛ばないようにするのは、固体電解とは言わないまでもそれなりの高性能の電解コンが必要だ。電解コンがショボイならP2B-Fのように4本立てる必要がある。ここで壊れないASUSと差がついているな。


rc1585m
 入力コンはショボイがVtt1.5だけはRC1585のような高性能ICが用いられている。確かにコイツはGTL+の専用ICだがxx1085の方が安いんじゃない?浮いたコストは入力電解コンをもう1本増やすのに使えばいい。デュアルCPUにも使えるICはコイツにはもったいない気がしないでもない。尤もこのお蔭か?Vtt関連の不具合が出なかったらしい。上で褒めたP2B系は逆にこのVttによる不具合(所謂ASUSマザーVtt問題)でハイエンド用途では事実上お役御免になった。

 よく見たらこの電解コンの使い方もおかしいよね。なんでこんなに巨大な入力コン(EC8)が付いているんだろう?まあ入力コン重視はHSDLもそうだが、このマザーのようにVRM入力コンを異様にケチっているマザーがなぜVtt1.5の入力コンというどうでも良さそうなものだけ重視するのだろう?ASUSだったら省略している程度の部分だ。ケチるならEC8自体を排除するか、安定性重視ならこれをVRM入力コンに回せば良い。予算をケチったというよりは使い所を間違えているのではなかろうか。

 この時期でもパーフェクトな製品と言うものはなかなか無いよ。世間では鉄板と言われていた440BX板だが、上の例やBP6でも分るように実際は色々な所でボロを出しているのは歴史的事実。ハッピーな思い出補正をかけて事実から目を背けていてはいけない(^^


★使用コンデンサ
 このマザーのメイン電解コンはかなり質が悪い。下のマザーは出力コン以外はHSDLのと同じコンデンサ構成の製品である。
http://www.svethardware.cz/forum/vbimghost.php?do=displayimg&imgid=1551
http://www.svethardware.cz/forum/vbimghost.php?do=displayimg&imgid=1550
 この時期のマザーで電解コンが膨らむなんて滅多に無いんだけどね。ギガバイトやMSIくらいじゃないのか。この写真の人は気づいているか分らないけど、上下のパワーMOSFETのハンダも煮えたぎっているから、使い続ければ確実に(近いうちに)燃えちゃいます。

=入力コン=
 上のVRM解析でも書いたが何と2本しかない。VRM8.2当時ならいざ知らず、中華コンでは高クロックP!!!で爆死決定だ。しかしMSIは「1GHz対応」と明記しているな(^^;

EC5:Chhsi WG1500μF10V[22mΩ/2150mA]
EC6:Chhsi HK1000μF10V[NA/550mA]

 当時の安物マザーによく見られたChhsi(正新)である。正新じゃなくて致死と読みたくなる(^^; 性能の割に案外幅広いシェアを誇る?ので被害多数。現在はサイトが行方不明だがデータシートを発見したぞ。何とHKは一般用105℃品だった!サイズが同じなので間違いなかろうが呆れるぜ。WGは高性能だがカタログ通りの性能が出るのかな?

 交換するとなるとHSDL所有品なら2本ともWX1500μF6.3Vか。その場合ソケット寄りの方がCPUに当たりそうで気になるが…。

=出力コン=
 出力は一般的なマザーと同様に9本並べて構成だけならP!!!仕様だ。ChhsiではなくTAYEH LE1000μF6.3Vだった。TAYEHもメーカーサイトが無いので性能は不明だが、恐らくルビコンYXGと同等と考えられる。理由はP2B-FのVRM出力で互換品として使われていたから。

EC1:TAYEH LE1000μF6.3V[不明]
EC3:TAYEH LE1000μF6.3V[不明]
EC7:TAYEH LE1000μF6.3V[不明]
EC9:TAYEH LE1000μF6.3V[不明]
EC10:TAYEH LE1000μF6.3V[不明]
EC12:TAYEH LE1000μF6.3V[不明]
EC13:TAYEH LE1000μF6.3V[不明]
EC17:TAYEH LE1000μF6.3V[不明]
EC18:TAYEH LE1000μF6.3V[不明]

 緊急課題の入力コンと違って、出力コンは膨らんだり漏れたりしない限り交換する必要はない。ただもう15年ものなので交換するのもアリかな。HSDL所有品では同サイズのWG1000μF6.3Vだろうな(無用に性能が上がるけど^^;)。当該マザーは破損劣化は無いので交換はしない。


★ノース
north
 440BXのデカップリングはあまり上等とは言えない。P2B-Fのように周辺にタンタル電解なども見られないし、明らかに手抜きしているのが判る。メモリスロット上方の電源ICはRC1585Mだが、メモリ電源ではなくノースブリッジの電源だった。BIOSメニューで3.3〜3.6Vまで変化させられる。当初はメモリ電源だと思っていたのでちょっと驚く。他の440BXマザーで明示的にこれを変化させられるのは見た事が無い。どうせならメモリ電源も4Vくらいまで変化させられると良いのだが。SDRのAMRは4.6V程度なので4Vまで上げても即死亡する事は無い。

 メモリスロットは4つあり、440BXの仕様一杯の1GBまで積める。実はイソテルの440BXリファレンスマザーの回路ではメモリスロットは3つ(768MB)なんだけどね。限度一杯に積むと何か不安になるのは筆者だけだろうか(^^

 パッと見ではIDEコネクタが4つあるのが目を引く。右の青い方のコネクタが、この時期に流行ったオンボードATAコントローラに繋がる。但しATA100ではなくATA66なので速度は大差無く、ドライブが多数繋げる以外にメリットは少ない。


★サウス
south
 スロット周りのDCは全くでは無いがかなりショボイ。PCI・ISA共にDC不足による不具合も大いに考えられる状況だ。もしPCIカードに不具合が出ても、IRQとか接触とか特に関係の無い原因を追究してしまいそう。


★他周辺
pdc20262
 これが選ばれたMS-6163に搭載されているATA66コントローラだ。これが載っている事で栄えある?BXMASTERの称号を佩びる事が出来るのだ。しかしAC97サウンドを除いてはオンボードデバイスは陳腐化しやすいので善し悪しだ。このATAコントローラも直ぐに100になってしまって取り残された。HSDLでは変化の少ないサウンドやNICの方が有り難い。


diag_led
 この"Diagnostic LED"はPOSTカードの簡易型である。点灯パターンによって起動しない原因の究明に役立つ。自作用マザーには全てのマザーにこの機能が欲しい。

 ブザーはボード上にあるが、これはJFPの14-15をジャンパしないと鳴らないようになっている。ECSのP6ISA-IIでもあったけど、勝手に鳴るとピーピーうるさいので良い機能だ。通常動作チェックする時は鳴らすけど、このマザーはDiag_LEDがあるので鳴らさなくても大丈夫。


w83708d
 プローブチップ周り。残念ながらCPUのサーマルダイオードを使った温度計測は出来ないようだ。


★動かしてみる…だがしかし。
 さて周辺の準備も終わったところで動かすのだが、ハッキリ言ってこのマザーは買ってきたばかりのジャンクのように自信が無い。何しろ10年間放置されていたのだ。書類上は未登録となっているので入手時に動作チェック済みらしいが、10年と言う歳月は完動品であったものを不動品に変えるには充分な時間なのである。

 流石に有名メーカーの売れ線だけあって、製造後15年以上を軽く超えているにもかかわらずマニュアルやBIOSアップデータがメーカーサイトからダウンロード出来る。やはり厨房は有名メーカー製を選ぶしかないという事か。ドライバは2k以降なら全部入っているはず。

cpucode_org
 CPUCODE.BINの対応CPUはこうなっている。これを見たところ、BH-6と同じくSlot1のCPU以前だけに対応している模様。ソケ370ライザーでDステップを載せた場合にはOSのサポートかBIOS書き換えが必要となる。少なくともME以外の9xだと書き換えが必要だ。


biospost
 起動はしたけど…何なんだこの遅さは!メモリカウントが遅すぎて写真に写っているじゃないの。まるでW2kを486SX25で動かしたように重くそして遅い。何しろテキスト表示が波打っているのだ。クロックがFSB66×4.5の300MHzになっているんじゃないか?と思ったがFSB100で全く正常。メモリはデフォだが、メモリ設定でこんなに遅くなる事は有り得ない。


memtest_bxmaster
 続いてMEMTEST86+にかける。クソ遅せえー!そう言えばこのマザーは動作チェックした時もデフォ設定だと死ぬほど遅かったのを思い出した。65MB/sってアンタ…(^^; IDEと大差無い速度だぜ!遅いわけだよ。何しろ430TXマザーにK6-200ALRを載せたPCの半分の速度しか出ていないのだ。ヒマそうに完走させてみたら一周でも3時間40分かかった。

 このマザーではないけど、MSIの440BXマザーはこんな話もあるしなあ…(注3)。尤もこのマザーはBX初期の製品じゃないんだけどな。でも前科があるのだからレジスタ調査は必要かもしれないな。面倒だけどインテルサットでチマチマ見ていくか…ああ面戸癖(^^;

注3:In-Order Queue Depthが0の時、CPUバスは強制的に非パイプライン動作となるらしい。

★続く?
 何でこんなに遅いのかわけ解らんので色々調べてみる必要がありそうだ。それまではテスト中断という事で。何か分ったら随時書くことにする。


★おまけ
 このマザーはCPUコア内のサーマルダイオードを使ったCPU温度計測にノーマルでは対応していないが、抵抗の交換と配線のショートだけの簡単な改造で対応できるようだ。原典はこれだ。

jsor1
 確かにこれは簡単だ。当該マザーはSL3CCをファンレスで動かしたが、ノーマルだとCPU温度が10℃台で如何にも怪しすぎる。加藤麻衣ファンレスで15℃は無いだろう(^^; 直ぐにでもやろうと思ったが、あいにく30kΩのSMD抵抗が無かったので止めた。そのうちアキバにでも行ったら手に入れておこう。

動作チェック[15/01/17]

 前回のチェックは秋だからだいぶ長い事やっていないな。冬季の動作チェックという事で(^^


番外!埼玉奥地遠征

=OSP8212GAA6CR=
 例によってマザーが出てこない。不良債権で「見たくない」という理由で捨てられたかもしれない…いや奥の方にあると思いますけどね(^^; 取り敢えず一度はSanta RosaのCPUIDを見てみたい。

AOpen i915Ga-HFS
 超汚いので詳細な動作チェックは清掃してからだろう。何故かバックプレートだけ付いているが、肝心のクーラーが無ければ全然役に立たないんじゃないか。何でバラして売ったんだろう?これじゃ買う方も二の足を踏むよ。担当のセコさが裏目に出たか。だがHSDLにはこのクーラーは何故か沢山あるので心配していない。それにネジがM3だからクーラー自作も可能かもしれない。例えばP!!!のリテールかなんかにドリルで穴開けるとか。そう言えばM3のタップを持っていないので買ってくるかな。

 閑話休題、写真は無いけど一応動いてBIOS設定も可能だった。何故写真が無いかと言うと例によってピーポーピーポーが止まらなかったのですぐ止めたから。それにしてもこうして弄っただけでこのマザーはクソマザー四天王の一員に加わりそうだ。何故かはいずれ書かれるであろう解析記事で明らかになる。まあ皆様方も基板写真をパッと見ただけで判るだろうけど。

=二股DVIケーブル=
=RADEON HD2400か3450(^^;=
r_hd2400xt
 「ローカル巡回[14/08/17]」のラデと一緒に動作チェックしてみた。動いた。これでVGA仕入れ担当者のクビは繋がった?でもショボイHD2400XTだからやっぱり処罰対象m9(^^


アキバ巡回[14/11/16]
 既にチェックは済んでいる。そう言えば筆者が買った後から6Pのタップの安売りを見かけるようになった。早くやれよバカ。これで200円くらい損した(^^ 個別切りにもやっと慣れてきたような気がする。


ローカル巡回[14/11/19]

=ADA3700DAA5BN=
ada3700daa5bn
 ご覧の通り何とか動くようだ。これはE4だが以前の奴はE6だったので違いが出ている。今や貴重な939高クロックシングルなので大切に使わねば。

=SL9WN=
 コイツは4xxとは世代が違うので使えない。何でこんなモノを買ってしまったのか。

=CPUトレイ=
 去年寒い中を頑張って洗濯しました(^^


南ローカル巡回[14/11/23]

=PC3200-1GB×2=
memtest_pc3200_1gb
 全く問題無く動作しているが遅いな(^^;

=PC2100R-512MB=
 例の欠陥マザーが出てこないので未チェック。勿論メモリだから動かないとは思っていないが、ごく稀に変な奴があるのは事実。

=CH-5=
memtest_ch5
 御覧の通り完全動作。1枚しかないのでインターリーヴがかからなくて遅い。2枚欲しいなあ。

=ADA3200DAA4BP=
 どうも写真を消してしまったようだ。撮り直そうと思ったら今度はモノ自体がどっか行っちゃった(^^; チェックが終わると奥底深く沈んでしまうのだ。だが動作は特に問題無し。バックアップ用に控えてもらう。

=ヒートシンク=
=リテンション強化金具=
 チェックの必要なし。


今日の買い物[14/11/28]

=SL75J=
 現状試しようがない。色々ピンを研究してから。


ローカル巡回[14/12/14]

=CPU皿=
 2枚目も一応洗ってやった。皿なので冬で寒くてもすぐ乾くからな。

マザーボードのRTC電池

 電池の減りが極度に早い場合と、電池無しだとバッテリーバックアップが全く行われない場合は故障の可能性がある。この故障はパーツ不良だがかなりの確率で起こる。経年劣化だけでなく、新品の時から欠陥があるマザーもあるようだ。本来この電池は交換しなくても2〜3年は確実に持つ。筆者はメインPCの電池を4〜5年は確実に使っているし、1〜2年で死ぬなら使い方が悪いか故障だろう。故障はダイオードの劣化・不良だが、これは中華ダイオードだとかなり高確率で起こる故障だ。

 イソテル様は、RTC電池の寿命はデュラセル(注)2016/2025/2032の容量が170mAhとして{170000μAh/3μA=56666時間=6.4年}と計算している。これでも充分だが、コンセントを抜いたりメインSWを切らなければ更に寿命は長くなる。イソテル様は「スタンバイ電源は利用可能な場合、常時RTC電力を供給する為に使われるべき。それは著しくRTC電池寿命および精度を上げるだろう(テキトー訳)」とおっしゃってます。メインSWを切ってスタンバイ電源を切っている、これを読んでいるセコイ節電オヤジは言う事を聞こう。ちなみに筆者はメインSW切ってます(セコイので^^)。それでも毎日使っているので1〜2年で電池が切れる事は無い。

 付け加えると、この電池が切れてもマザーボードが起動しなくなる事は無いし、動作が不調になる事も無い。電池を交換したら起動したと書いている人が居るけど、マザーボードは電池で動作する部分は皆無なので別の理由だ。

注:米国のメジャー電池メーカー。

5吋2D-FDを2DD-FDDで読み書き

 2DD(160トラック)のトラック幅は2D(80トラック)の半分となっている。というか2Dのトラック幅を半分にして倍トラックを詰め込んだのが2DDだ。という事は1シリンダ置きにアクセスすれば2DDのFDDでも2Dが読み書きできる事になる。もちろんこの技は回転数が異なる2HD専用FDDでは不可能で、2DD/2HD兼用FDDか2DD専用FDDだけで出来る。N電PC-9801シリーズで言えば、PC-9801F系やVM以降で2D読み書きは出来るが、PC-9801M系では読み書きできない。2DDや2HD/2DD兼用ドライブを使えばネコ電MS-DOS3.3以前では普通に2DのDOSデータは読めていた。なお2Dと2DDメディアは検査以外は同じモノなので両用可能だ。かつては2DDメディアを2Dで使うと信頼性が高まると言われていて、逆にケチな人は2Dを2DDで使っていた。

 さて2DDで1つ置きにアクセスすれば2Dアクセスが可能だが、一度2Dで使用したFDでは一つだけ問題がある。それは2Dで一度使用したフロッピーに2DD(2HD兼用含む)ドライブで書き込んだデータを再び2Dドライブで読み込むとデータが化ける事があるのだ。これは書き込みヘッドが半分の幅しかないので、データも半分の幅しか書き込まれていない事から起こる。2DのFDDは太いヘッドで2トラックまとめて読もうとするので書いたものと隣のゴミデータが混ざって読まれる事になる。という事でゴミデータが存在しないバージンFDへの書き込みが失敗が無い。その場合も2Dドライブで書き込みしてはいけない。実際はデータ化け確率は高くはないが皆無でもない。これはPC-88系の2HDドライブ搭載機でも同じ。当時は常識だったが今となっては忘れられている常識だ。これ誰かに聞かれたので書いたのだが誰だったっけ?(^^;

今日のHSDL[15/01/12]

 もちろん覚悟はしていたがクソ寒いな。日中陽が出ている時は良いが、日が沈んだ途端に極度に冷え込む。今日1月4日も最低気温は昨日よりは上がったけど-1.9℃だ。だが風が吹かないのは良かった。今年初のジャンク屋廻りにでも行けばよかったかな。それと今月も例によってアキバに行く予定だが、この気温で自転車で行って大丈夫だろうか。寒冷時に長距離走行した事が無いので不安だ。


★1月の買い物
 現在は特に欲しいモノは無いが、個人的にはUSB3のハブが欲しい。

=CPU=
・1156のCPU(0〜300円)
・1366のCPU(0〜2000円)
・まだ持っていないイソテルCPU(0〜100円)
・939のX2と高クロック品(0〜100円)
・AM2以降の高クロックCPU(0〜300円)
・まだ持っていない亜夢度CPU(0〜100円)

=マザーボード=
・1366(X58)マザー(0〜1000円)
・持っていない939マザー(0〜100円)
・AM3+/FM1/FM2/FM2+/AM1マザー(0〜100円)
・できればASUSのKT600マザー(0〜100円)
・i975Xa-YDG(0〜500円)

=メモリ=
・OCメモリ(一般用BH-5やTCCD等も可^^)
・RegECCのDDR 1〜2GB×4枚(@0〜100円)
・RegECCのSD-RAM 1GB×4枚(@0〜100円)

=VGA=
・GT200以降のゲホ(0〜500円)
・ラデHD2000以降のハイエンド(0〜500円)
・持っていないカノプー(0〜100円)
・ヌビでもATI(AMD)でもないカード(0〜100円)

=Others=
・HDD随時IF・世代・容量不問(0〜300円)
・IDE-HDD→SATA-I/Fアダプタ(0〜100円)
・持っていないメーカーのコンデジ(0〜500円)
・縦1024以上のLCDモニター(横長不可^^)
・LCD-8000V(私物なので新品でも可)
・DSO(私物なので新品でも可)
・USB3ハブ(新品)


★2015年 HSDL防空識別圏(笑)
 今年もこの範囲に開店したらスクランブルをかける予定(勿論自転車で)。

東:秋葉原以西*
西:あきる野以東
南:堀之内以北
北:浦和南以南*

*但し北東方面は京浜東北線を超えない範囲とする。この制限により、例えば川口上青木や草加西は入らない事になる。


★新春お年玉質問コーナー
 質問者はもう忘れてるかも(^^;

Q:KZH150μF25Vが手に入らない。
A:これは特殊筋から入手したので店で手に入るかな。それより市販品にはもっと良いモノがある。例えば秋月の35ZLH100M。これはKZH150μF25Vと同サイズで性能は一段上(94mΩ/540mA)だ。一袋(200本)買えば@15円だから安いのでお勧め。


★死んでしまったCPUの行方
 あんたらは死亡したCPUをどうしている?まあ捨てるわな。HSDLでは不動確定CPUは「第二の人生」を歩む。それは測定用ダミーロードとしての人生だ。完動品のCPUをVRM実験に使うと負荷が振れるのでダミーが必要なのだ。電流を流すだけならそこら辺のセメント抵抗を繋いでもできそうだが、ダミーCPUは当然ながら電流の流れ方がCPUそのものなので向いている。これも当然だがソケットにちゃんと挿せるし、クーラーも付けられるので使いやすい。それにCPUが無いとVRMが動作しないマザーが多いのだ。ここ10年くらいのマザーは殆どそうだろう。

 尤もダミーには条件が有って、電流は流れる(熱い)けど起動しないという物件が選ばれる。珍しいけど冷たいまま死亡した奴は使えない。また何処かがショートして流れ過ぎで電源が止まってしまう奴も勿論ダメ。信号系だけが逝かれた奴が望ましい。コントロールが良いけど球威が無い投手がバッティング投手に選ばれるように、ノーコンはバッピも務まらないのだ(^^ 実はこれを人工的に作り出す方法もある。致命的な信号系を一部を止めちまえばいい。但し上手く止めないとリトライを繰り返して負荷が安定しないし、電流が完全に流れ切らない場合も多い。最大電流の75%程度は流れて欲しい。

 そんな訳でお亡くなりになったCPUは全部保存されている。このダミーCPUだが、実はこれにも寿命があるようだ。HSDLブログでも「PC Chips BKi810 もでφ(その0.4)」でダミーが壊れた話は書いた。実験途中は思わぬリプルもかかるし、クーラーは付けてもグリスは塗らない場合も多いので当然と言えば当然か。なので予備はいくらあっても良い。上で例を出したバッピの皆さんも肩を壊して退団する人が多いらしい。何しろ毎日のようにロクに間隔も開けず200〜300球は投げるんだから故障して当然だわな。

今日のHSDL[15/01/09]

 実はこの記事を書き始めたのは去年の12月3日だったりする(^^ 正月は家に居ないので書けないのだ。


★検索ワード[2014/12]
 常連以外の人はどんな検索ワードでここにやって来ているのだろうか?それがHSDLの興味を引く。可能であればここで疑問にもお答えしたいところだが。


kensaku1412

1.YXGはルビコン製の(多分)非水系低インピーダンス・アルミ電解コンだ。何故これがこれほど検索されるのだろう?(^^;

2.ここがHSDLブログだ。SSD向けの独自インターフェースではないし"Homeland Security Digital Library"でもない(^^

3.24.シンプルなP965マザーだがハズレ品の部品の質は極度に悪い。正しくエンスー用だ(^^

4.素直に付属ソフトを使え。その際はサイズに気を付けよう。

5.中国語のペンティアムの公式な?当て字です(^^ 何か速そうに見える。

6.P45 NeoはVRMではなくメモリとチップセット周りが逝かれる。変わんねーなMSIは…(^^;

7.以前書いた通り。

8.以前書いた通りMSI 880GM-P51は買うな!

9.10.14.15これを読もう。

11.ラデの現役で一番古い板。特に良い所は無いので、今となっては態々これを選択するものでもない。

12.何か日本語が変?外人?初期不良は販売店で交換してもらいましょう。

13.Windows版はあまり使わないな。使い方?単に起動して数値を見るだけだと思うが…(^^;

16.HSDLでは未確認だがRev2.xは対応しているらしい。HSDL所有のRev1.xでは全く動かない。

17.ASUSのは見た事が無い。融通の利かないエプチョンとはだいぶ違うのだ。

18.ひょっとしてEMIノイズ低減でも狙っているのか?苦労して高周波を切っても何かの動作が変わる程の効果は無いよ(だがしかし)。

19.その前に何故ショート点検しようと思ったのか知りたい。一般的に電源を入れて電源が止まらなければショートはしてない。

20.代用は100円ライターガス一択。コンロの奴は止めておけ。

21.なぜ一足飛びに直し方を検索するのかね?直す事より前にまず故障の原因を知る事だと思うが。直し方なんて千差万別、検索したって自分のと同じ奴なんてありゃーしない。

22.29.A8V系が壊れるとしたらチップセット周りだ。主に熱で壊れる。

23.ヒートシンクは個別に違うから分らんな。

24.終いの470とは何だ?思い当たる節はあるが敢えて黙っていよう(^^

26.9801UX21の思い出…最も使ったのは98が完全に廃れた1998年頃。レトロゲーPCとして活躍したが、その後2010年に屑屋に引き取られていった。今でも後悔しているが当時の事情で仕方が無い。

27.タンタル電解の陰極を導電性ポリマーに置換した物。POSCAP Txxが代表(Axxはアルミ電解だ)。

28.何でこのワードでうちに来るんだ?と思ったら9801UX21の記事だったか。コイツのFDDは札付きの不良品だった。

30.HSDLは以前から書いているように市販PCが嫌いである。加えてノートPCは市販PCの中でも特に融通が利かない物件である。言い換えれば、筆者らが市販PCの悪い所と思っている条件を凝縮したのがノートPCだ。そういう訳でHSDLでノートPCが扱われる事は今後とも無い。


★ローカルジャンク事情
 2014年後半あたりからローカルのHOに物件が少なくて困る。全部お前らが買っているんだろうって?イヤイヤHSDLでは「乱獲はしない」が合言葉なのでそれは無い(^^ やっぱりこれは周期的なモノじゃないかなと考えている。という事は極めて楽天的に考えると今年2015年にまた波が来るのではないだろうか。ワクワク。

 ちなみに懸案の「ハードオフ図鑑(仮称)」の件だが、ほぼ完成したのでβ版が今月中にアップされる予定。他の地方の人には全く面白くないけど、少なくともHSDLにとってはかなり面白いモノになった。いわゆる自己満足かもしれないな(^^


★2015年の内部目標
 年の初めという事で内部目標を立てた。やはり増え続けるパーツを何とかせねばな。

・電源を減らそう!
 PCI-Eコネクタが存在しない古い物件は基本もう買わない方向で。現用のも大出力以外は処分する方向で。

・ビデオカードを減らそう!
 修理可能でも再リフローとか面倒な奴は新旧問わず全て部品取り破棄で。固体コンなど良い部品が多いので助かる。

EN6800GT/2DT/256M/A
F86GTS-WDC256X[GF8600GTS]
GF7800GT-E256HW
GF9800GT
HD5450
I9800GTH-H5GTCD[GF9800GT]
PV-T84G-UDF3[GF8600GTS]×2
PX8800GT
Quadro FX3400
↑高価な破棄要員(^^; GF8600GTSは一体何枚あるんだろうか?まあ16Vの固体電解が取れればいいや。

・マザーボードを減らそう!
 箱入りの奴は邪魔なのでHOに捨ててくるか。何しろここから見えているだけで箱入りマザーが30枚もあった(^^; 奥を探せばもっと出てくるだろう。箱入りでなくとも特に重要でないモノ、既に記事になってしまったものも今後の展望が全く無ければ放出したい。

・CPUクーラーを減らそう!
 付けにくい純正クーラーはマザーのオマケに付けて放出。各ソケットに付け易い常用と超冷えるクーラーがそれぞれ一つあればいい。純正クーラーなんて一体幾つあるんだろうか?数えた事は無いが20〜30個あるんじゃないか?バラして屑アルミ地金にした方が良い金になりそうな気もするな(^^;

・部品を減らそう!
 特に小型で在庫が5〜6年を越えたモノ。重点消費品目を無理やり使う。通常タンタルはもう買わない方向で(在庫も使い切る)。中古で性能の低い奴は問答無用で捨て、未使用でも古くて性能が低い奴(一般用85〜105℃品)は解剖実験用に回す。

MF22μF16V(5)
KY220μF10V(6)
PJ22μF50V(6)
PR330μF6.3V(6)
YXG220μF25V(8)
SD1000μF6.3V(10)
UTWRZ1000μF10V(10)
WG3300μF6.3V(10)
KZH5600μF6.3V(12)
LXZ2200μF10V(12)
PF2700μF16V(12)
UTWRZ2200μF10V(12)
ZL3300μF10V(12)

↑ラジアルリードの余剰モノ(カッコ内はφサイズ)。PRなんてどうしてくれようか。並列に20本くらい並べてプレス子に食わせてみるとか…イヤPR程度ではP!!!くらいしか起動しないか。マザーボード上などで需要の多い5φ・8φ・10φはすぐに使い切れるだろう。やはり最大の問題は12φという事になるね。次点で6φも低性能だと使いにくい。


★Webサイトより

>オーバークロッカー監修のチューニングBIOS付きマザーボード
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/20141211_679838.html
 そうそう、OCerが使うマザーにはリミッターなんて要らないんだよ。ぶっ壊れたらスッパリと諦める、それがOCだ。各社ハイエンドマザーには別途OC専用BIOSを配布すべきだと思う。いくら筆者でもデフォで入れろとは言わないけど(世の中にはアホが居るので)。


>Burned Epox EP-9NPA+Ultra
http://arstechnica.com/civis/viewtopic.php?f=8&t=278028
http://blog.livedoor.jp/yo_ssya/archives/17587101.html
 同じところが死んでいるなあ。これは明らかに欠陥品の臭いを感じる(^^ 流石エポックソ、コイツ何とかジャンクで手に入らないかな。

南ローカル巡回[14/12/28]

 2014年最後の南ローカル巡回だ。イヤ、ジャンク屋めぐり自体最後のような気もする。去年はヒマそうに大晦日も回ったけどね。2014年に思い残す事が無いように、前回スルーした分も全部回収してやろうかな。

 今日は出発時間が15時40分とかなり遅かったために最初の花小金井を省略した。尤も省略してもそれほど時短にはならないんだけどね。後から考えると回った方が良かったのかな?とも思わないでもない。


1412281541
 15時41分、小金井コースなので南口からスタート。右に見える時計で大体の出発時間が判る。こんなに遅く出たら殆どの行程は真っ暗だろうな。


1412281546
 15時45分、武蔵野北高前。もうすでに日が暮れかけている。最近は陽が沈むと出かける意欲が無くなってくる。以前は夜になると俄然元気が出ていたものだが…(^^;


1412281614
 16時14分、かなり時間がかかってしまったが小金井着。最近は古い物件で掘り出し物がある店だが今日はどうか。店内は何故かかなり混んでいる。HOは年末になると人が増えるのだが買い取り客が増えるからか。


1412281650
 ただ今16時50分、御覧のように小金井を出発した時点で真っ暗。今日12月18日の日の入りは16時35分だったので完全に日没。稲城大橋コースは走り慣れた道だが、考えてみれば明るい時ばかりで暗い中を走った事が無い。前回よりだいぶ遅いんだよな。暗い中を浅間山越えする。


1412281700
 浅間山通りの下りはかなり速度が稼げる。ところが今日は信号が尽く赤で全く進めなかった。写真の甲州街道若松町一丁目には17時ちょうどに着いた。シャッターはもう真っ暗なので1秒もかかる。おまけにカメラのタイムラグがよく分らんので派手にブレた。


1412281711
 17時10分、稲城大橋にて。露光補正でマイナス補正を掛けた方が良かったな。前世紀よりかなり成長したけど、やっぱりオート露出はバカだな。


1412281716
 17時16分、漸く矢野口に到着。手持ち1/5秒はかなりきつい。ほぼ我慢大会の様相を示している。

 帰りはいつものように西調布駅経由である。北口の道路+ロータリー工事は今日はもうお休み。来年早々にも完成するのだろうか。三鷹には前回と同じくらいに着いたが、全く物件が無く不調を極めている。あとは武蔵境→北裏まで流してGやSに寄って正月用食料の買い出し。今日も一日お疲れ様でした。


★今日の買い物
 あとで何か買い物するだろうと前半は抑え目にしていたら、後半は買うものが無くて焦った。こんな事ならもっと買い物しておけばよかったな。

=DC-DC基板=
dcdc
 久々にジャンカーらしいかもしれない買い物。見た目12VをATX電源に変換するDCコンバータ基板らしい。製造メーカーも不明だが100円なので試しに買ってみた。P6マザーのVRM並みに粗末なので大した電流は取れそうにない。使えたとしてもK7辺りが限度だろう。さて次は大電力(100W以上)のACアダプターを探さねばならんな。12Vじゃなくても15Vでもイケるかもしれない。

=K6/266ADZ=
k6_266adz
 買うものが無いので仕方なく以前スルーした物を買う。これはただのK6に見えるかもしれないが結構珍しいんだぜ。コア電圧2.1Vと言うところで気づくだろうが、実はこれモバイルK6なのだ。普通のK6ならソケ7(MMX)の2.9Vだからね。珍しいだけが取り柄の買い物だった。100円。

=PowerShot A580=
powershot
 考えてみたら未だにキヤノンのデジカメを持っていなかった。筆者はフィルムカメラのキャリアはキヤノン(デミ)からスタートした。なのでどうしても手に入れたかった。今となっては結構古い2008年発売だが、それでもHSDLのコンデジで一番新しい製品というのが泣ける(^^; 500円。


★ローカル近況
 今日はゼロエミッション各店で割引セールをやっていた。小金井はガラスケースに入っているジャンクが20%引き、矢野口は全商品15%引き、三鷹も何かやっていたような気がするが覚えていない。これを見るとやはり店によって割引サービスの質に違いがある。東村山が一番盛大にやっていたけど、客が少なく売り上げが上がらない店ほど必死なのだろうか。やはりここは東伏見に出店するしかない。HSDLがゴミジャンクを安定供給してあげようm9(^^) 花小金井はセールやっていたのかな?


★走行リザルト
 寒い〜!気のせいか去年より寒さを感じる。この寒さでは長距離走行なんてとんでもないと考えてしまう。尤も回らなければならない遠距離店はもう一つも無い。これからはローカル近辺を地道に回り続けるだけだ。来年の夏にはまた遠くまで行くかもしれないけどね。それはともかくこの1〜2月をどう乗り切るか。せめて早く3月になってほしいよ。

ODO(通算走行距離)⇒1347.6km(+51.447km)
DST(本日の走行距離)⇒30.706km
MXS(最高速)⇒38.8km/h(前原坂下り?)
AVS(平均速)⇒16.9km/h
TM(走行時間)⇒1:47:27

 何と、寸止めで1400キロ行かなかった。最初の花小金井を省略したからだろう。何か気に食わないけど大晦日辺りにもう一発行くか。


★ローカル巡回[14/12/31]
 大晦日も去年と同じく出撃!だがしかし、営業時間が短いのを忘れていた(^^; お蔭で東村山以降は回れず何も買えず。

ODO(通算走行距離)⇒1365.4km(+51.477km)
DST(本日の走行距離)⇒17.812km
MXS(最高速)⇒26.2km/h
AVS(平均速)⇒16.2km/h
TM(走行時間)⇒1:05:58

 しかし順調に距離を伸ばし、めでたく年間1400キロオーバーとなった。
記事検索
タグ絞り込み検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気