HSDL.blog.jp

ジャンクPCパーツやカメラ研究を専門とするブログ
主に東京・多摩地区のハードオフを巡回しています。

2015年03月

ローカル巡回[2015/03/15]

 今日は本来の計画ではアキバ巡回の予定だったのだが、「西ローカル巡回[15/03/02]」で東村山に行き忘れたのでその補習だ。尤もそれだけだと走り足りないので?ルート付近にあるダイソーを始めとする100円ショップを全部回ってみた。同じチェーン店を全て回るのは意味は無いように感じるが、ダイソーは店間の品揃えの差が大きいので意味がある。いつもと殆ど変わらない25kだが出発は16時。予定の写真全部撮れるかな?


1503151609
 まずはMV芝久保へ向かう。この中にダイソーがあるのだ。ここがHSDLから一番近い訳では無く、ルートの中で一番近いという事だ。実はその前にシルクに寄りたかったが、例によって自転車が一杯で止められなかった。自転車置き場と言うものは無いに等しいので仕方が無い。


1503151643
 次に向かうのは某スーパーT店。知らない人も多いだろうが、ここに100円ショップがあるのは「超ローカル巡回[14/02/28]」で書いた通り。


1503151649
 16時49分、旧青梅街道の花小金井交差点。おや?こんな所に工具屋ができているな。そういえば前回通った時もあったか。日曜なので暇そうなオッサンが沢山入っていた。今日は入らないがそのうち中を見てみたい。


1503151651
 そして最初のHOである花小金井に到着。ここら辺までかなり効率よく回れているな。あとはローカル巡回のいつものコースである。


1503151806
 帰り道は前沢と谷戸のダイソーに寄って帰る。21時頃に帰宅する。改めて時間配分を振り返るとHO滞在時間はごく僅かだという事が分る。


★今日の買い物
 本日のジャンク買い物は400円だった。

=MS-8984 
ms8984_1
 久々ビデオカードを漁ったら部品取りに使えそうな奴が見つかった。もちろんそれだけではなくネタにもなる。例のGF6800系不良量産事件の主役である(^^

=MS-8984◆
ms8984_2
 さらにもう一つゲット。しかし部品取りと書いているが、動いてしまったらどうするんだろうか?HSDL法に則れば勿論解体はできないよね?(^^; ま、イザとなったらグレードダウン法もあるけどな。

=X1600PRO AGP=
x1600pro
 以前手に入れたけど再リフローが面倒なので捨てたX1600PROが嬉し悲しの50円ジャンクとなった。勿論動く事を期待してゲット。今日一番動いてほしいのがこれ。9600XT生活から脱却できるか?

=ELSA GLADIAC FX935XT=
gdfx935
 なんか大仰なAGPカードがあるので手に入れた。ひょっとしてUltraかも!と思って、帰って調べたらただの5900XTだった。とほほ。リドテクよりは見た目高級そうだが…。

=SL9TB、SLA8Z=
e4300_e2160
 C2Dが100円になった。時間の問題ではあったが早かったのか遅かったのか。右E4300と左は持っていなかったE2160をゲット。E4300は1480⇒300⇒100円と3年弱で爆落ち。HSDL理論の「新品はアム、ジャンクはイソ」と言うのを再認識した。あすろんX2なんて939でも100円じゃ買えないよ。

=6徳ナイフ=
6tools
 以前からダイソーには200円程度で色々な○徳ナイフはあったが、これは100円の上にかなりパワーアップしている。何故買ったかと言うとプラスマイナスのドライバーが付いていたから。

=ダイソーUSBライト=
usb_2led
 100円USBライトの新しいのを見つけたので買ってみた。既に発売していたのかもしれないけど、筆者は電気コーナーは必要が無い限りは見ないので気づかなかった。2LEDになった上にON-OFFのプッシュSW付きで、「今日のHSDL[2011/09/20]」で扱ったモノとは機能・性能に於いて一線を画している。どこまでやるんだ100円商品。

 いずれLED交換改造する予定。なんでそんなしみったれた電子工作サイトみたいなことをやるかと言うと、HSDLには例の白色LEDが売るほどあるからに他ならない。店頭で見た時に既に「ヘッド部分が大きいので改造が楽なのではないか?」と計画が浮かんだ。恐らく改造すればこれより明るくなると思う。ソコソコ明るくなったらテーブルトップでのマクロ撮影のライトに使う。

=ブドウ糖(^^;=
budoutou
 これって新顔じゃね?少なくとも近所では見た事が無い。自転車乗りには欠かせない物件だな(^^

 谷戸のダイソーは本当にクソだ。何にも売ってねえ。これら新顔商品は全て他の地域の店舗で手に入れている。店長がサボっているのか?そういう方針なのか?猛省を促す。


★スルー
 狙ったものは大体買えたかな。

・GF9600GT
 省電力品(Greenだっけ?)ではなかった。

・P45 Neo-F
 このシリーズはP965、P35と持っているので欲しかったが、あいにくソケット775周りが怪しかったので止めといた。もっと状態の良いのが出てきたら考える。


★走行リザルト
 本日3月15日の日の入りは17:48だった。耄碌爺じゃなかったもう六時近い(^^

ODO(通算走行距離)⇒1507.4km
DST(本日の走行距離)⇒25.909km
MXS(最高速)⇒28.0km/h
AVS(平均速)⇒15.4km/h
TM(走行時間)⇒1:40:26

 11日に走っているのでちょっと疲れた。最高速が28キロと言うのがいかにダラケタ走りだったかが分る。実は自転車が走行中に異音を発生してうるさい。どこに問題があるのか判らないので余計にイラついてしまう。こんな調子で来週アキバに行けるのか?

パワー&リセットボタン

 オムロンのタクトスイッチが余っている上に全く使い道が無いので、「今日のHSDL[2009/11/12]」で紹介したマザーボード直付けスイッチに使ってみた。今回付けるのは常用のP6ISA-IIであるが、前回記事とは違う変わった付け方をする。と言うか、その方法を思いついたのでこの記事になった。


jpw
 今回は取り付けに基板上の使われていないホールを利用する。まあマザーと地続きのラグ板みたいなもんだな(^^ もちろんこれは他の機能やICの為の配線であるからそのまま付く訳では無い。浮いている配線を探し出して横から利用するわけだ。そのホールが浮いているかどうか慎重に確かめないと危険だが、外部IDE-RAIDコントローラ等の未実装拡張機能の信号線は浮いている可能性が高い。確かめ方は「そのホールとICの信号線のピンが導通があるか?(信号線の二股は無い)」である。この条件で導通があればそのホールは浮いていると見て間違いない。なおパワーSW・リセットSW共にGNDに落とす動作なので、片側ホールはGNDの方が配線が少なくて済む。


omron
 タクトスイッチの4本足のうち不要な2本を切った。ワイヤーだけで線を繋げると直ぐに切れてしまうので今回の付け方の方が安定する。前記事と違ってポストピンを抜く作業が無いのも楽だ。尤もこの使えねー形状のオムロンスイッチを活かすにはこの方法しか選択の余地が無かった訳だが。


ura_haisen
 スルーホールにSWを取り付けたら、あとはパワーとリセットに裏から配線する。前記の通り片側はグラウンドなので配線する必要はない。ブラついたり引っかかるのでマスキングテープで止めた。裏は少々カコ悪いが裏返しで使う訳じゃないので良いだろう。


pw_rst_sw
 通常このスイッチはポストピンに挿す市販品や自作品を用意しているが、肝心な時に他のマザーに付いていて無かったり、どこかに仕舞って出てこなかったりする。そう言うイライラから解放されるのは良い。原状回復も比較的容易で跡は残らない。これも外見ノーマル重視のHSDLには重要だ。

 自作用の高級機ではこのスイッチがノーマルで付いているが、実際の使用感はこの上なく便利で快適である。どんなマザーでも適用できるわけではないが、このスイッチは無尽蔵に?あるので他の常用マザーにも付けられる限り付けたい。

006P乾電池を開けてみた

 温度計に付属していた006P電池が上がっていた。かなり放置していたので液漏れしてもおかしくないところだった。


006p_1
 EASTPOWERという中華の訳解らんメーカーの製品である。この中に最近の006Pは単6電池が6本入っているらしい。それは見た事が無いので開けてみよう。以前はボタン電池みたいなのが積み重なっていたのだが。積層電池って本当だったんだなと納得したものだ。


006p_2
 開けてみました。あれ、これ昔ながらの奴じゃないか…。てっきり単6×6が出てくると思っていたので拍子抜け。詰まらないのでこれ以上分解するのは止めといた。


006p_3
 電池は電池ゴミ、外皮は金属ゴミ、残りは不燃ゴミでいいか。僅かな金属でも資源にしないともったいない。資源ビンボー国の国民の義務である。

南ローカル巡回[15/03/11]

 大震災から早4年の歳月が流れたこの日。本当は2月に行けなかったアキバに行きたかったのだが、時間の都合もあって「南ローカル巡回[14/12/28]」以来3か月ぶりの南ローカル巡回である。最近のHOジャンクはこのルートが主力になりつつある。がしかし、あまり期待し過ぎるとコケるのが世の常だから持ち上げるのは止そう(^^ ちなみに今回は花小金井も含めたフルコースを走っている。距離的には30キロちょっとだから大した事は無い。出発はちょっと遅く15時30分くらいか。


★花小金井
 「在庫豊富なれど買うものなし」、花小金井を一言で言えばそうなる。決して良いモノが無い訳では無いが、大部分は世間の価値観と大幅にずれた価格である。ここでは本当に誰も(店員すらも^^)見向きもしない格安物件しか用は無い。


★小金井
1503111628
 今年初めてやって来た。2014年はようやく当たり始めた小金井だが、果たして今年も勢いは続くのだろうか?在庫は去年からあまり変わっていない。915マザーが新たに加わったが、775だからなのか?異常に高い1000円だった。いくら人気の775と言っても915だけは絶賛不人気だぞ。何といってもCore2系が使えないのが大きい。100円くらいならHSDLが買ってくれるかもしれんが…(^^;

 今年初の浅間山越えは特に疲れなかったが、またもや下りで信号に二回も捕まってしまった。ここで速度と距離を稼ぎたいんだけどなあ。白糸台の下りでも止められたし、何か信号運は肝心の所で良くないな。まあスピードは出さない方が安全だけど。神が止めてくれたのかもしれないと善意に考える。


1503111719
 もはや見慣れた押立歩道橋。自転車で渡るには非常に良くできている。恐らく世界最高レベル(^^


1503111722
 ここだよここ。今日は明るいうちに稲城大橋に着いた。今までずっとチマチマ下の道を走った後のこの解放感!大きな橋と誰もいない道!(^^; 南ローカル巡回は半分はこの解放感が味わいたくて走っている。


★矢野口
1503111729
 ここも今年初めてやって来た。2014年は小金井とのコンビで主力店の一つだった矢野口だが2015年はどうだろうか。いきなりパッタリは無いと思うが…。結果はいつも通りの矢野口だった。


 今日はここで新機軸。じつはこの矢野口⇒三鷹間の天文台坂(俺称)をパスする方法を考えたのだ。この坂は緩い割に非常に長く厳しいので好きじゃない。どちらかと言えば短い急坂を上がる方がマシ。できればここを通らず済ませたいのだ。
sakamichi
 予定ではこのように走る。複雑に見えるが走ってみると全く間違えずに走れた。方角が北と決まっているからな。で結論なのだが、最初は同じように坂を上らされて「何だ同じじゃん」と感じるが、途中から道が平坦で楽だ。何より最後の心臓破りの坂(江川亭前)を完全にパスできるのは大きい。正確に測っていないけど今日は15分くらいで走れたので多分レコード記録だ。何でこの道を早く思いつかなかったのか?先入観で回避できるとは思わなかったんだよな。今回はアキバコースをいろいろ研究しているうちに、三鷹でも応用できそうな気がしてきたので試したのだった。他のコースも坂が厳しい所は回避を検討してみる価値はあるな。


★三鷹
 2014年後半は目を覆うような絶不調のまま終わった三鷹である。今日も途中にあるから寄っただけで殆ど期待していない。この時点で既に帰りの食料品の買い物の事ばかり考えている(^^ そして悪い期待通りに何も無かった。どこの店にもある青箱のジャンクマザーが殆ど無い。3、4年前の三鷹に完全に戻ってしまったな。ちょっとは奮起してくださいよ。

 ここで痛恨と言うほどではないがバカをやってしまったことに気付く。武蔵境で某スーパーに寄った時にメーターを付け忘れた(^^; おかげで走行距離には武蔵境⇒北裏間の距離が抜けている。北裏でなぜ気づいたかと言うと西友に寄ったから。まあ今日も事故無く完走できたので良しとしよう。お疲れ様。


★今日の買い物
 今日はジャンク予算1000円(税抜き)を100円オーバーしてしまった。しかし判定で言えば戦術的勝利だな(^^

=486SX×2=
486sx
 花小金井で不意に「今日は買うものが無いんじゃないか?」と言う不安に襲われる。気づいたらこんなモノを買ってしまっていた(^^; 尤も486SX-33は持っていないので価値はある。486SX-25はあるけど、PC-9801BXに直付けなのでこれもまあいい。@100円。結果論から言えば要らなかったけど、放置しているとゴキブリに取られて破砕される運命なので保護だな。


=Turion64=
mt32
 買うものが無いので焦って探したら釣音が出てきた。これは動かんやろ…(^^; と言うくらいボロボロにコア欠けしているが、値段が値段なのでジャンカーとしては勝負しないと笑われる。100円。


=FINEPIX J15=
finepix_j15
 持っていないメーカーのSDカード対応カメラと言うのに引っかかったのがこれ。値札に拠れば「撮影はできたが再生ができない」らしい。んなわけねえだろ!と突っ込みを入れつつ買ってみる。箱入り完全品が500円。動いたが充電中なので撮影はしていない。


=MSI K8NGM-V H=
k8ngm_1
 なんか物足りなさがあるのはマザーを買っていないからだ。やはりマザーボードを買わないとジャンク買い物をした気にならない。で、今年初のマザーボード買い物である。このマザーはSocket754のPCI-Eマザーと言う、以前「買い物メモ」に書いたそのもののマザーである。時間は掛かったが漸く出てきたか。それだけなら買ったかどうか分らないが、

k8ngm_2
 御覧のようにリテンションが変なんだよ。何と754に478のクーラーを付けるリテンションが付いているのだ。これってノーマルでそうなの?と思ったがサイトの写真では普通だった。後付けかメーカーPC向けなのかな。

 こんな変なリテンションはジャンカーだったら単体で売っていても買いたい。仮にマザーが壊れていたとしてもこれだけで300円の元が取れる。754〜939に豊富な478のクーラーが付くんだから。ちなみにこのマザーは釣音に正式対応しているので、ひょっとすると上のMT32は同じ人が流したのかもしれないな。

 まだ動かしていなくてボード上の部品を眺めただけだが「このマザーって、もし動いたらすごく良いんじゃね?」と思えてきた。

Socket754でPCI-Eが使える。
▲愁灰愁海泙箸發GF6相当内蔵ビデオ機能付き
IDE×2、SATA×2、LAN、SOUND付き。
M-ATXで小型。
MSI製(^^

 等々、HSDL常用マシンとしては非常に使いやすいような気がする。あとはソフト互換性だけだな。何しろライバルのK8T NeoはWindows98〜10まで完全動作しているのだ。現状の壁はかなり大きいが乗り越えられるか?


★スルー
 スルーするほどの注目物件は少なかった。

・馬
 馬が仲間になりたそうにこっちを見ている。どうしますか?DDR2だからなあ。DDR3なら個人的に買ってやるところだが。

・JETWAYの馬(^^;
 すげえデカい箱が目を引いた。しかし3000円なので買えなかった。

・990FXエクストリーム4
 これ欲しいんだけどよ〜8000円と10000円だもんな。新品の時と変わらないじゃん。もし買うとすれば恐らくアキバで買うよ。

 一昨年辺りからEPOXのマザーを探しているのだが、いざ探してみるとなかなか見つからない。あれだけ売れたマザーが影も形も見えないのはおかしい…とここまで考えてハタと気づいた。エポのマザーって多分壊れちゃって現存してないんじゃないか。何しろぶん回すとほぼ確実に電解コンが壊れるマザーだからな。悪い事に?このメーカーのマザーはぶん回す為の機能だけは充実している(^^; なのでジャンク現存数も少ないのだろう。とりあえずAB-BH6と並びOCで一世を風靡したEP-BX6SEは欲しいな。ここに書いたからHOに近々出てくるだろうか?電解コンは壊れていても良いけど高いのはイヤよ。


★走行リザルト
 今日の日の入りは17時44分であった。最早日の入りを気にする時期ではなく、16時に家を出てもどうにかなるくらいだ。ここのところバカ陽気だったり急に寒かったりと安定しないが、この寒さの心配も今月で終わりだ。強風だったり雨が降らなければガンガン走るぞ。勿論ヒマがあればの話だけどね。

ODO(通算走行距離)⇒1481.4km
DST(本日の走行距離)⇒28.806km
MXS(最高速)⇒41.0km/h
AVS(平均速)⇒16.9km/h
TM(走行時間)⇒1:41:24

 前記の通り本日の走行距離は武蔵境⇒北裏間(3.8k)の距離が抜けている。今日は小金井街道の武蔵野郷土館前の微妙に下りの直線でメーター読み38km/hをマークした。続いて前原の坂下りでは41km/hをマークしたらしい。前原の坂ではメーターは見られない。ここはそんなものに気を取られていると危ないからな。それはさておき脚の調子は悪くは無かった。休養充分だったからかな。

 次回は今度こそアキバに行きたい。何故なら行かないと書けない記事が出来てしまったからだ。具体的に言えば部品が足りないんだよね。さていつ行こうか?時間の関係で間にローカル巡回が挟まるかもしれない。

真空管で温まる(笑)

書いた時期の関係だが「思いっきり季節が外れてるんじゃ?」と思ったり。

 真空管を貰った記事を書いたらエライ反響があったらしい。読者に真空管世代が多いのだろうか。暫くジジーを罵倒するのは止めとくか(^^

 まだ時間が無くて全検品はとてもできないが、12BY7AなんてFT-101のドライバに使えるな(売る時におまけで付けよう^^)。ザッと見てこれらはありふれたテレビ球やラジオ球で、オーディオ用とか送信機のファイナル等のお高い球は無いようだ…当たり前か。それなら引き取り手があるよな。末期のMT管ばかりでナスは勿論ST管(見栄えが良い^^)も無い。同じテレビ球でもアマ無線系に盛んに流用された6JS6とか前出12BY7AならHSDLでも需要があるのだが、6FQ7みたいな双3極管なんて何も使い道が無い。6BA6や6BE6は9R59Dの予備球にするとして残りは処分か。

6fq7
 テキトーに思い付きで6FQ7に6VのACアダプタを繋いでみた(直流点火だ^^)。電圧は規定より少々足りていない。オオッ!ヒーターは生きている!これで部屋の暖房に…はならない(結構暖かいけど)。インテリアにはなるかもしれない…イヤそれには消費電力が大きいか(^^;

 テキトーにグリッド検波のMWラジオでも組んでみようと思ったが、トランスも使えるコンデンサも無くて断念した。いや待てよ、0-V-0程度のミリ単位のAならならトランスレス倍電圧整流で動かせる。コンデンサは日米に行けばあるかもしれない…いやJulian様なら持っているかも…いやそれ以前にエミ減で使えないかも知れん。夢が膨らんだところで残念ながら時間切れ。

 ちなみにこれJulian様の家族にゴミとして捨てられるところだったのだが、高い洋酒の箱に恭しく入っていたので捨てられなかったらしい(^^ 良かったのか悪かったのか。

S3 SavageIX

どーでも良い改造

 タイトルに釣られた人には申し訳ないが解析記事ではない(テストはするけど)。寒い間ハンダ付けしないと腕が鈍るので定期的にハンダ付け作業をするのだ。ちなみに通算1300回更新である。


★今回の患者
 S3のSavageIXというチップを使ったカード。このSavageIXだが、何とチップ内にメモリを積んでいる(注)。お蔭で何処にもメモリが見当たらないのだ。ちなみに右側の無用にデカいICはBIOSだ。スペースのかなりの部分をこれが占めている(^^;

a4s32xx
 A4-S32XXという基板名だかカード名だか分らない製品名が印刷してある。2002年の中頃の製品だ。基板は台湾のLAN CIRCUIT TECH製で2002年30週製造。パッと見では良くできたカードだと思う。当時(2004年)のしばたよしとみ師が新品で買ったものなので間違いは無かろう(^^ ちなみにこの写真の撮影は2008年4月30日!その頃から計画されていた記事なのか。呆れた。

savage_ix
 簡単にSavageIXについて触れておくと、S3が独立時代に最後に出したノートPC用のビデオチップである。ノートPCに採用されることを願っていたのだろうが、性能が中途半端で売れ線とは呼べないモノだった。採用されたのはIBMのThinkPadだけじゃないか?と思ったけどネコ電PCにもあるらしい。

 何でこのカードを買ったかというと、当時はソコソコ使えて省電力の製品を欲していたからだ。ところが性能はそれまで使っていたSavage4はおろか、3にすら敵わないものだった。16Bitは何とかなっても32Bitで驚異的に遅くなり、テキスト表示すら遅い有様。ビデオアクセラレートもほぼ効かないモノだった。要するに当時こんな記事でコロッと騙されたのね…(^^; 同等と言ったら流石のクソ遅いSavage4も怒りますよ。メモリの速度が違いすぎるのだろう。

 それはさておき、このカードはラジアルリードの電解コンがついているが、同時に面実装用のパターンも切ってある。これを面実装に交換しようというのが目的。

注:後にATIのRADEONが同じようにチップ上にメモリを載せたモバイルチップを出したが、あれはメモリが上に貼ってある感じでだいぶ違う。オンチップとオンボードの違いかな。

★電解コン
rifeking
 電解コンはRIFEKINGという「てめーケンカ売ってんのかコラ?」的なネーミングの中華コンだ。ライフキングってアンタ…(^^; LIFEじゃないのか?RIFEだと「流行して」とか「広まって」という意味だが、主に「悪しきモノ」なんだな。禍とか疫病とか、やはり中華コンの普及は害悪の流行と分かっているのか。プーッくすくすm9(^^

 今回は10μF25Vに加えて470μF16Vが2本載っている。これを何とかせねばならんが、ライフキングだから何に変えてもこれよりマシだ。ちなみにこれの他にも採用例があるらしい。中身はD.SとかS.Iと同じっぽい(OSTか)105℃品である。品種は恐らくKMとSMだろう。

RIFEKING KM470μF16V[NA/315mA]
RIFEKING SM 10μF25V[NA/ 32mA]

nichicon MF 22μF16V[2.6Ω/80mA]
SEI AX 680μF6.3V[170mΩ/450mA]

 大きい奴は流石に固体電解はもったいないので余っていたAXを付ける。サイズ的にも見栄えもこの方が良い。性能も言うまでもなく断然上だ。10μFの方はG100と同じくF93で行こうと思ったら、10μF16Vの在庫に47μF10Vが2つ混じっていた。お蔭で必要な6個を満たせない事が判り、急遽ラジアルリードのMF22μF16Vに変更した。面実装の練習がしたかったのだが致し方ない。

savageix_after
 こんな感じになった。元々のカードの作り自体が悪くないので、日本メーカー製電解コンで更に高級化する。なおヒートシンクは筆者が付けたもので、元々製品はヒートシンクレス、つまり裸だった。それで動くくらい発熱が少ないという事。前世紀では当たり前だったが…。


★テスト
 既にチップはおろかメーカーすら忘れられた存在の幻のカードだ。是非とも動かしてみたいところだがドライバCDがどっかに行ってしまって無い。それとXPドライバは元々存在しなかったかも。2kドライバをXPに入れてみよう。

gpu
 おー!一応GPU-Zでインフォメーションが出たぞ。ちなみにG100は全く何も表示されなかった。的は冷遇されているっぽい。

bench_savageix
 …99でこれなら2000はやらなくていいよね。一応正常に描画していたのでG100よりはかなりマシだが。尤もあちらは前世紀の1998年製なので当たり前。

 前回のG100と同じくAGPとしては最低ランクの遅さで現役は厳しい。これもPCI版だったらRageIICやSiS6326の代わりに使用していたはずだ。

Matrox G100

さらば通常タンタル◆燭鼻爾任睥匹げ造

 タイトルに釣られた人には申し訳ないが解析記事ではない(テストはするけど)。寒い間ハンダ付けしないと腕が鈍るので定期的にハンダ付け作業をするのだ。


★今回の生贄
 前回はRTL8169Sのコンデンサ交換をやったが、あれはラジアルリード品だったので今回はSMDのハンダ付けをやりたい。ただマザーボードとか大作は時間が無いのでPCI拡張カードやビデオカード等どうでも良さそうなモノを探す。その結果このG100が選ばれた。

matrox_g100
 今や懐かしのメーカーになってしまったMATROXのG100だ。G200やG400は世間的にも有名だが、これはOEM主体なのでネームバリューはイマイチ。ただ大手OEM採用例は多いのでジャンクは豊富だった。低性能のため誰も見向きもしなかったが…。


★作業開始
nichicon_std
 この製品にはニチコン製一般用アルミ電解(品種不明だが85℃品だろう)が用いられているが、ほかのロットでも松下など日本メーカー製だけが使われている。コンデンサ自体の品質は悪くないし、流れているのも小電流なので使われての傷みはなく経年劣化の方が心配だ。通常非固体電解コンは使わなくとも自然劣化するものだ。もし電解液さえ残っていれば電圧処理で多少は復活するが、それ自体が不愉快なので固体化の意味はある。

f93_10uf16v
 今回も10μFという事でF93で行こう。

g100_after
 全部で7つなのであっという間に完成した。久々のSMDアルミ電解コンだが特に問題無く終わった(曲がったけど^^)。例によって剥がすのが面倒だがハンダゴテ二刀流で素早く除去する。

 ビンテージ物のカードに当時存在しなかった新デバイスが付いていると興ざめだが、この場合は当時現役で存在したタンタル電解なので景観を損ねる事は無い。これ重要。ちなみにMillenniumシリーズは電解コンは全てタンタル(AVX・KEMET等)だった。


★テスト
 ドライバは何と2k・XP版(5.82.018)もある。これは良い仕事だね〜と思ったら無情にも全ファイルがリンク切れ。がしかし、執念深く的のFTP鯖を探したらまだあった。ちなみにFTP鯖上には全てのファイルが残っている。

 でPowerDesk5をインストールしたのだが、結論から言うと全く動かなかった。インストールには成功するが色が4ビットで解像度はSVGA止まりだった。つまりVGAモードでしか動いていない。

 XPのビルトインドライバでは完全動作するので純粋なメーカードライバの不具合という事になる。そう言えばこの会社のG400ドライバはかなり酷かった記憶がある。MSドライバではベンチが動かないので2kを引っ張り出すか、さらに遡ってSEを出すか…と思ったが面倒なのでこれでお仕舞い(^^ 実は次が閊えているんで。

10年前のCD-R

 丁度10年前に焼いたCD-Rが出てきた。内容は自前で編集した音楽CDである。

焼いた日:2005年3月19日
メディア:富士(緑)シアニン650MB
fujicdr_2
fujicdr1
fujicdr_id
ドライブ:ヤマハCRW2200
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20010602/etc_safeburn.html
http://news.mynavi.jp/news/2001/05/21/04.html
焼きソフト:Nero 6.3.0.3
焼き速度:×4(AudioMASTER)
記録時間:62:05:38

 ドライブは当時の借り物だ。オーディオマスターを使ってみたかったのだろう。収録時間は短くなるが(上の62分が限界)、線速度が速くなるので品質が上がるという触れ込みだった。理論的には記録品質は確実に向上するはずである。音楽CDだけではなくデータCDでも効果があるように思える。ちなみにデータだけのFDも速い方が品質が良かったよ(^^

fujicdr_bm
 特に外光を絶って保存していた訳では無いが、御覧のように10年経過した現在でも問題は無い。外周の乱れは当時からだったのか劣化によるものかは不明。その部分も音楽CDなので速度的に問題は出ていない。本当ならエラー計測もしてみたかったが、計測用ドライブが出てこないので諦めた。データが読めれば気にしないという事で(^^;

 DVD-Rはクソマッハで消えたりしたけどこれは問題なし。結論を言えばCD-Rは密度で無理が少ないので信頼性はDVD-RやBD-Rより上なんじゃないかと思う。レーベルが剥がれなければ記録品質に問題は無いという事で。

2ch仕様変更

 ちょっと前から散々予告していたけど、3月13日に対応外の専ブラが2chから締め出された。これまでの仕組みだと広告料が入らないので仕方が無かったんだろうな。筆者も専ブラ(JaneDoe View)使っていたけど見事に締め出されたので、これを機会に元祖(.net)からは足を洗う。尤もプロバイダの関係で2010年以降は殆ど書き込める事は無かったので、今更と言う気がしないでもない。さしあたって2ch.scにでも行ってみるか(^^

 ボード一覧取得URLを"http://www.2ch.sc/bbsmenu.html"に換えたらそのままnetの記事が再現された。流石コピーサイトだ(^^ 書き込んでみても反映しているが、"datが壊れている"と出るので保有datを全部読み込み直し(^^; お気に入りも作り直し(^^; 筆者は2ch中毒じゃないので、保有スレは大した数じゃないから手動でやっても楽勝だが。何しろ自作PC板みたいな過疎板ばかりだ。取りあえずこのまま動かしてみよう。冷静に考えると、これってsc串かましてnet見ているだけのような気がする。

続・古のマザー AX34Pro[2]

続・古のマザー AX34Pro[1]

 前回の続き。超今更なので動かすのは止めようと思ったけど(面倒だし^^)、動かさないと解らない部分もあったのでやっぱり動かしてみた。Apollo133Aのs370マザーにXPを入れるのは初めてかもしれない。いやApollo133Aのs370マザー自体が動かした記憶が全く無い。このマザーの現役当時はVIAはもうKT133に行ったからな。


★パワーMOSFET付け間違い(^^;
 バグや回路間違い・製造ミス探しはHSDLブログの売り物と言うか見どころだから、まずはこれから片づける。

fdb7030_6030
 HSDLでは上がFDB7030、下がFDB6030という構成を「実装間違い」と延々書き続けているが、これが間違いではない条件がある。ちょっと詳しいデータシート・オタクにからまれる前にそれらを片付けておく。

 唯一間違いではない条件、それは出力電圧が入力電圧の1/2を超える場合だ。P6系だとコア電圧2.8Vのクラマスが条件に当てはまる(ペンプロ+ライザーは無視^^)。つまりVRM8.1の条件である。
例1:クラマス(2.8V)の場合。

MOSFETの最大負荷時に許される損失=4%以下
VRMの効率=85%
入力電圧=5.0V
出力電圧=2.8V
最大電流=11.2A

とすると、MOSFETの損失Pmaxは
2.8×(11.2/0.85)×0.04=1.07W

例の計算式に当てはめると、
Q1(上側)RDS_ON=(5×1.07)/(2.8×(11.2^2))=15mΩ
Q2(下側)RDS_ON=(5×1.07)/((5−2.8)×(11.2^2))=19mΩ

 なるほど、確かにQ1の方がQ2より小さくなければならないようだ。大差は無いがベスト配置はそうなる。
例2:カトマイ、メンドシノ(2.0V)の場合。

損失・効率は当然同じとする。
入力電圧=5.0V
出力電圧=2.0V
最大電流=14.5A

とすると、MOSFETの損失Pmaxは
2.0×(14.5/0.85)×0.04=1.36W

Q1(上側)RDS_ON=(5×1.36)/(2.0×(14.5^2))=16mΩ
Q2(下側)RDS_ON=(5×1.36)/((5−2.0)×(14.5^2))=11mΩ

 立場はアッサリと逆転した。色々面倒な計算をしたが、「出力電圧が入力電圧の1/2を下回った場合は下側が低RDS_ON、上回った場合は上が低RDS_ON」でなければならないという事。丁度1/2の時、つまり入力5Vの時に出力2.5Vで上下共RDS_ONが同値となる(世間に同値のマザーは多いがベストではないのだ)。

 …がしかーし、このマザーを設計した時にクラマスを考慮したわけではないだろう。第一どうやってSlot1のクラマスを370に載せるんじゃい!という事でやっぱり明らかな付け間違いだからねm9(^^ これ以降VRM8.5製品(ここで気づいたのか直る^^)まで頑なにこれを変更する事は無かった。

 Socket370なら1.75V計算だろう普通。電流は17Aね。VRM効率85%とすると、Q1=14mΩ、Q2=7mΩとなる。賢者はもうお気づきのように、これは件のFDB6030L、FDB7030Lの定格スペックに極めて近い。偶然だけど、それに近い用途を考えて設計してあるのだろう(空気読め)。

 以上、HSDL論破ールームのお時間でした〜(^^ パチパチパチ。


★簡易VRMシミュレーション
simout_ax34_normal
 出力のテキトーシミュレート。入力はサージのピークでも5Vに達しない。出力は静的リプルが25mV以内、動的リプルはI=7Aにて80mV以内となっており余裕で合格。いつものようにこのシミュレーションの動的リプルはP!!!ではまずあり得ない負荷変動が想定されており、実際は電解コンを1、2本抜いても動作するはず。筆者が生産の人なら恐らくケチって1本は抜く(^^


simin_ax34_normal
 こちらは入力部分。出力と比べると余裕が少ないが問題になるほどではない。現時点で経年劣化があったとしても正常動作するだろう。河童600MHz程度の低クロックなら半永久的に交換する必要はないだろう。ジャンク品の場合はパワーMOSFETが著しく高熱になっていなければ大丈夫。これは入力コンの能力または寿命判定方法として汎用できる。基板が変色するような時は恐らく足りていないので要交換。


★動かす
 Socket370だとCPUは何を使うか?何でも良いけど手近にあったPentium!!!933(SL4C9)を使うか。コイツもSL4CB(866)と同じく一杯あるのだ(^^

//G034
MB:AX34ProII[Rev77_77]
CPU:SL4C9(2000年33週製造)
MEM:256MB(PC133×2)
VGA:LR2982[FX5700+DDR128MB]
SOUND:AD1885-AC97(内蔵)
IDE1:WD200EB
IDE3:HSDL_DATA1
PCI4:NEC G7DCV[i82559]
PS:MIRAGE DR-B350ATX
OS:WindowsXP SP3

 ビデオカードは久々にFX5700が出てきたので付けてみた。シェーダ2.0なのでDX9としてはハンチクな代物だが速度自体はラデ9600と違いは無い。IBM様のFabで製造されている由緒正しい?GPUである(^^ それ以外はHSDLのいつもの面々だ。太古のHDDもこの場合は時代にピッタリで違和感が無い。

 電源を入れたらBIOS設定。ブートシーケンス設定には何とUSB関連がまるで無い。AOpenはP6であってもこの時期にはもうUSBブートできた筈だがBIOSが古いのか?Verを見たら何とR1.02という古いのから2番目のバージョンだった。アーカイブの中に更新メモが入っていないので何を更新したのかは分らないが、全部で14バージョンは異常に多過ぎるのではないだろうか。バグが取れなかったのか機能が上がったのか。ここはバグ取りが完璧になったと考えておこう(^^ 尤もこれは青ペンのバージョンアップと言うよりAWARDのコア自体がバージョンアップしたのかもしれない。このマザーはダイハードBIOSというデュアルBIOS仕様なので気楽に書き換えよう。


cpucode_r102
 これがノーマルR1.02の"CPUCODE.BIN"である。河童の686(C)まで対応している。


p342115
 書き換えたのは最終の一歩手前のR1.15である。何故一歩手前で止めたのか?以前AOpenマザーで最終だけ何故かUSBブートできなかった事があったから。しかしこれでもUSBブート項目は無い。考えすぎか(^^; それなら、と最終版のR1.16aに書き換えたがそれでもUSBのUの字も出てこなかった。FDDを使えという事だろうか。USB対応はこの時代としては遅れている気がするのだが。


cpucode_r116a
 1.16aの"CPUCODE.BIN"は不要なコードが整理されてスッキリした。Apollo133Tとの汎用なのか鱈コードも入っている。ゲタ履かせて鱈を載せた場合には都合が良いかもしれない。

 デフォルト設定でMEMTEST86+を回してみる。ゲゲッ!何だこりゃ遅せー。デフォルトBIOS設定はかなり緩そう。バンクインターリーヴ等も切れているのではなかろうか。これはメモリの相性等も考えねばならない以上仕方が無い。設定は全部自分でやるのがジサカーだ。だがBIOSメニューで最速設定しても上がらない。205MB/sって面倒死脳にも劣るぞ。


device_ax34
 XPを入れてみた。インストールで特に問題になる要素は無い。この時期はもう2k対応していたのでXPでも同じように安定しているのだ。ACPIも万全でS3・S4も完全動作する。ドライバはビデオカードも含めてデフォで全て入る。この辺りは検証済みソフトウェアの強みだね。但しビデオカードのドライバだけFW56.72に入れ換えた。


hwinfo2
 メーカー名もマザーボード名も入っていないのが悲しい。御三家の製品とかだとしっかり名前もメーカー名も入っているんだけどな。こういう所が蔑にされているとなんか悲しい。メーカーの誇りは無いんかい。


bankinterleave
 おいおい、バンクインターリーヴは切れてないぞ(^^; じゃあなんでこんなに遅いんだ?電源に負担を掛けるために付けた64MbitのPC100のメモリが怪しいな。PC133に換えてみるか。元々「PC133で440BXと同等」と言われたアポロである。


bench_sl4c9_ax34

 久々のP6だが流石におせーな。特にπ焼の遅さはメモリの遅さから来ているのだろうが遅すぎだ。SL46T@100より遅いのではなかろうか。尤も筆者は今これを使え!と言われてもそれほどの困難は感じない。ゲームをやるわけでもないしHD動画を見るわけでもない。これしか無ければ我慢できる程度の遅さだ。実用だとメモリはもっと載せないと拙いけど。限度一杯の1.5〜2GBも載っていれば充分じゃないか。


★終わり
 青ペンらしく全体的にソツなくまとめられているが、BIOSはバグ取り以外に機能アップは無い。その為2TBオーバーはおろか48ビットLBAにすら対応していない。メモリはそれなりに積めるけど、ストレージデバイス面で現代的とは言えない。そこら辺の問題を解消できればまだ使えるかも。HSDLは巨大ストレージが無いので検証できなくて残念。
記事検索
タグ絞り込み検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気