HSDL.blog.jp

ジャンクPCパーツ研究を専門とするブログ
主に東京・多摩地区のハードオフを巡回しています。

2015年06月

ジャンクFIREGL V3200

 某ファミレスにおける定例会席上で友人にFIREGL V3200を貰った。AGPカードのRADEON9600 XTのPCI-E化+改良版であるX600 XTの「本当の姿」とも言えるこのカードだが、非常にキレイな外見であるにもかかわらず全く動作しないらしい。2枚の内1枚は動くので、不動品の方を研究材料に頂いてきたわけだ。


★不良個所?
 ジャンクビデオカードが電源を入れても全く反応しない場合、高確率で部品の脱落によるものと見て間違いない。実は頂いた段階で別の友人が不具合らしきものを発見した。


c607_608_1
 これだ。PCI-Eカードエッジ付近にあるMLCCが2つもげている。通常MLCCは動作に影響を与えないが、この場合はPCI-E×16のレーンの内の1つなのでダメ。当初は簡単そうなので楽観していたが…。


c607_608_2
 帰って写真を撮ったらランドが消滅していた。肉眼では判然としないが、このようにハンダを除去して撮影するとよく分る。

 取れていたMLCCはPCI-EエッジコネクタのA16・A17に繋がるPER0のpnペア信号線のCだった。通常MLCCは取れても実害はないがこれはダメだ。容量は0.1μFでサイズは1608なので部品はいくらでもあるが、前記の通りC607のランドが消滅しているのが問題だ。ここは長さやグラウンドとの距離、間隔やインピーダンスも規定されている部分なので、本来は可能な限り原型を回復する必要がある。しかし今回は面倒なのでジャンパを飛ばす。それで動かなければ捨てる。


c8_before1
 更にSMD電解コンも脱落寸前になっていた。C2(タンタル47μF)と取れたC8は並列になっているので無くてもどうってことは無い。気付いたからには付けるけど。


c8_before2
 ちょっと力を入れたら呆気なく崩壊した。この方が剥がすのが楽なので好都合だ。上のMLCCみたいにランドが剥がれなくて良かったね(^^


★修復
 原因が判れば作業するだけだ。この段階で修理は99%終了しているので、あとは作業が可能か不可能かというそれだけの問題。


c607_608_3
 まずは生きている3か所のランドを使ってMLCCを固定する。1つはこれでもう大丈夫。残りの一つはこれではまだダメで、配線を繋げる必要がある。オレンジ色のマジックインキは位置を間違えないようにするためと、ハンダのレジストの意味もある。作業後にフラックス掃除をすると全部消える。


c607_608_4
 カッコ悪いけどこれしかない。スズメッキ線がどっか行っちゃったので仕方なくコンデンサの脚を使った。ハッキリ言ってテキトー。10分以上経過したので既に飽きてきている。


c8_after
 これは1、2分で終わる。修理が全部こんなモノなら苦労は無いんですけどね。


★完成
firegl_v3200
 これで部品の脱落は全部修復した。他に悪い所は無いはずなので間違いなくこれで動くだろう。


hwinfo_fglv3200
 普通に起動した。ドライバは入れていないけど感覚的には正常に動作している。いずれWindows上でもテストしてみたい。

XFX MB-N780-ISH0

 あのー、突然ですが犯人が分かっちゃったんです。


★これまでの経過
xfx780sli_2
 こんな感じでつぶれていた訳だが、何故かカウントがFFhから進まない。これはCPUが動いていないというメッセージなので訳解らなくなってしまった。この辺りはスーパーIOの管轄でCPUとは関係ないし…。面倒くさいので放置でいいか。


★真面目に見る
 がしかし、このマザーはnForceのヒートシンクのせいで極度に立体的で保存が難しい。箱に入れると2枚分場所を食うのだ。保存なんてしてられないので動かすか捨てるかどちらかにせよという命令が下った。

w83627dhg_1
 この辺りは一応直したんだけどね…イヤちょっと待て!これはおかしい。何処がおかしいか分るかな?スーパーI/Oチップの脚が段になっている。これ実はICが上から押されて潰れているんだな。

w83627dhg_2
 ピンセットで分りやすく起こしてみた。完全に根元から折れて(切れて)いる。全く動作しないのでPOSTカウントが出ないのは納得だ。

 1本消滅している3本ポストピンはファンのコネクタ、潰れていたのを修復した奴はシリアルのポストピンで動作には何の関係も無い。勿論消滅している電解コンも動作には何の関係も無い。ここら辺に注目した人は修理センス無し(^^

kiban_ore
 写真では解りづらいが基板も曲がっている。こりゃもうダメかもわからんね。

 「ビデオカード修理(CT6970編)」でやった足を繋ぐ方法は今回は無理っぽい。何故なら折れている脚は数本どころでは無く、128本のうち半分くらいの脚が根元から切れているのだ。


★続く(時期未定^^;)
 という事で、まずは潰れたスーパーI/OチップW83627DHGをソックリ交換するしかないようだ。その上でもし基板が内部まで折れていたらそこでお仕舞いという事になる。それは目視では確認できないけどな。動かなかったらダメなんだろう。それよりまずはIC入手というハードルを越えねばならない。

パワー&リセットボタン

 前回記事はECS P6ISA-IIにパワー&リセットボタンを付けたが、今回はA7V8X-Xに付けてやる。これはソケAのメイン板なのでぜひ欲しかった。


fpanel1
 よく見たらこのマザーは前回のP6ISA-IIよりもっと取り付けが簡単だ。何故ならF_PANEL用のホールが使われずに放置されているからだ。この穴に前回も使ったオムロンB3W-1050を付ければ良い。原状回復も配線が無い分だけ簡単だ。


b3w_1
 前回と同じく片側の脚を取り去る。オムロンB3W-1050の脚は1-2・3-4が共通なので要らない方を切り取る。


b3w_2
 脚を切ったらラジオペンチなどで慎重に曲げる。結構もろいのでテキトーにやると折れるだろう。


w_tape
 スイッチの下にはこの絨毯用の両面テープを敷いた。これは厚みが有るので据わりが良くなる。ある程度固定されるのでハンダ付けも楽になるね。


fpanel2
 4つの穴はGNDが交互に取られているので向きは縦横どちらでも行けるが、他の部品が邪魔なので選択の余地は無い。スイッチが基板に当たるまで押し込まないとハンダ付けできない。上の脚曲げは必須なのだ。


fpanel3
 今回は元々パワー&リセットスイッチ用の穴なので配線の必要が無い。なので取り付けたらすぐに使えるようになる。キートップを付けると更に見栄えが良くなるが、今回はその部品も無いのでこれでおしまい。どこかで手ごろなキートップを拾ったら付ける。取りあえずは用途を間違えないように色でも塗っておくかな。

 前回と同じくポストピンにスイッチを付けなくて済むので超快適。ポストピンに立てる市販品と違って接触不良も無いし、毎度の事だがもっと早くつけるんだった。

ローカル巡回[2015/06/14]

 広島に行ったりしてなかなか時間が無く、今週も町田遠征はパスになってしまった。仕方なく通常のローカル巡回でお茶を濁す。


★今日の風景
1506141849
 出発が16時過ぎなので東村山ではもうこんな感じ。この道も完成して突き抜けたら景色が変わるんだろうな。


1506141858
 帰りは下里に新規出店したケーズデンキに行ってみた。4月末の開店の時には混んでいたけど現在はこの通り。敷地一杯使っているデカい駐車場もガラガラだ。もう夜だけど日曜だぞ?こんなに人が少なくてやっていけるのだろうか。


★今日の買い物
 今日は余裕で予算内に収まったな。

MSI G31TM-P35
g31tmp35
 性懲りも無くハズレばかり引いているG31マザーを買った。今度はMSIだから動くハズ?ご存知の通り筆者はスイッチが入ると当たるまで何時までも買い続ける(GA-8IG1000のように)。安くはないが妥当な300円。

=ADA4600DAA5BV=
ada4600
 オーッと珍しい!X2なんて滅多に出てこないのでモデルナンバーも見ずに速攻でゲットした。どうせX2は殆ど持っていないので何を買ってもだいたい初物なのだ。帰ってから調べたらこれは939版だった。0607で大体判っていたけどこれは嬉しい。この上はもう4800+しかないからね。今日の買い物はこれで大成功と言える(動けば^^)。

=SLA95=
=SLGU4=
=SLA4T=
core2
上:SLA95って初じゃね?と思ったがもう持っていた(^^; 2008年製なのでまあいいか。

下左:SLGU4(E3300)はもう持っているが、いずれ火が出るまで回してみたいので予備を手に入れておいた。当面の目標は4GHzだね(^^

下右:友人がE6600を欲しがっていたので買ってあげようと思ったが、無かったのでE6420で我慢してもらう。HSDLは既に所有しているので、「これは要らない」と言われたらカツ入れOC要員に回す(^^ FSB1600で動かせば3.2GHzだ。

=775皿(^^;=
775tray
 結局また負けてしまった。倍額なのでかなり理不尽だと思うが、コイツに並べていい気分に浸りたいという欲望には勝てなかった(^^; C2Q+C2Dでこんなに早く皿が一杯になるとは思わなかった。ちなみにこれだけ延々と買ってもまだs370の総数には追い付いていない。一体HSDLにはP6どんだけあるんだよ…まあ今年中には追いつくような気がするが、厳選しているので案外進まない。f/outする前に全部揃うかどうか。

=フライドオニオン(^^;=
f_onion
 PC関連じゃないけど。これをカレーに入れるとサクサクして美味くなるのだ。約500円。

=カロリーバランス(^^;=
 またもやゲット。カロリーメイトの代用品として自転車に乗る時はいつも持っている。108円×5。


★スルー

・AOpenの915マザー
 一番の売り物は付いていたが、同価格でG31を買ったのでスルー。

・GF9800GT
 何故かいつも変わらぬ400円(^^; もう100円で良いと思うが。

・笊Reserator1
 3000円だったけど、もっと安ければ衝動的に買っていたかも。冷静に考えると「もし買うと置き場所に困るだろうなあ…(^^;」とは思う。実物は想像以上に鬱陶しいぜ。


★走行リザルト
 距離はリーチ掛かってからなかなか進まないな。

天候:曇り時々晴れ
ODO(通算走行距離)⇒1924.5km
DST(本日の走行距離)⇒23.880km
MXS(最高速)⇒30.6km/h
AVS(平均速)⇒15.8km/h
TM(走行時間)⇒1:29:58

SLA8Zその後

 前回の修理品を実際に使用するためにP35 Neo-Fに搭載してみた。このマザーはFSBを一段階しか上げられないので、銀紙等を使った所謂BSEL MODは必須である。


bsel_775
 一番簡単なのはBSEL2を1、つまり絶縁するのが簡単だ。しかしまだこの石は倍クロックでテストした事が無いので動くかどうかわからない。また未規定の動作なのでマザーが対応していない場合も考えられる。常識的にはFSB1066〜1333で使うべきだろう。FSB1333までは起動実績があるので今回はこれで行く。今回はCPUクーラーはリテールではなくAeroCoolである。取りあえず今回程度のOCなら冷却には問題は出ないだろう。Vcore昇圧はしない。


bselmod_sla8z@333
 FSB1333にするにはFSB1066の時の作業+BSEL2の絶縁が必要だ。BSEL2絶縁の方はメンディングテープを貼るだけなので楽だが。しかしなかなか上手くならねえな(^^;


hwinfo_sla8z@333
 FSB1333は事前にテストしてあるので問題無く起動した。さてこれでメモリが通ればWindows上のテストを行う。


memtest_sla8z@333_p35
 MEMTESTは全く問題無く通った。尤もこの状態でWindowsが起動しなかったケースが無い訳ではない。


bench_sla8z@333
 がしかし起動してベンチマークも完走。ノーマルのFSB1066以下のC2Dなら対等以上に渡り合える。このように修理不完全な石だが、ノーマルと比べ特に劣化したところは認められない。暫くの間、PCI-Eビデオカードのテストはこれで行なう予定。
結論:CPUの裏面DCコンは少々取れても何とか動く(抵抗はダメ)。


★追記
 こちらの方が現役当時のE2160(SLA3H)のOCテストをやってますね。ほぼHSDLと同様の傾向なので実用上の劣化は殆ど無いんじゃないか?と楽天的な結論を出す(^^

SLA8Z修理

 1155に続き(注)最近では珍しく775を取り上げる。CPUの補修記事は殆ど無いからな。

注:この記事は「SR061死亡品」という去年夏に書いた未発表記事が前提となっている。順序が逆だがそのうち前記事も出てくると思う。

★現況
sla8z2
 これを入手した時の記事である「南ローカル巡回[15/04/26]」でも書いたように、1608抵抗1個、2012MLCC3個、1005多端子MLCC1個が取れている。しかもこのサイズの多端子MLCCはハンダゴテでは付けられないし、そもそも代わりのMLCCは店では入手困難だ。SR061の時より症状は重い。

 但し脱落部品の集積度は115xよりは低い。根気(努力)があれば器用さ(=素質)は必要ない。完全に性能が元に戻らなくても定格+αで動かすくらいなら何とかなる。DCコンデンサなど定格付近なら大して重要ではないのだ。尤もクソマザーにありがちだが、ソケット周りのDCが不充分だと動かない可能性は極僅かだがある。安定度から見ればMLCCも付けた方が良いのは間違いない。今回は気にしないって事で(^^


★さて面倒だけどやってみるか
 脱落部品の重要度は1608抵抗>超えられない動作の壁>1005多端子MLCC>2012MLCCとなる。容量は分らないが2012の奴は1μF程度だろう。正常な奴を外してくれば判るが、正常なペンDCから外すのも汚くなるからイヤ。1005多端子MLCCは手持ちも無いのでスルーするしかない。1005が一つも取れていなかったのは僥倖だった。これは密集しているから面倒くせえぞ。


sla8z3
 まずはランドの掃除だ。この基板はマザーボードを超える多層で、放熱も非常に良いから難しい。以前SR061やモバセンで苦労したので知っている。ハンダ除去を行った後、ヒートスプレッダが異常に熱くなっていたので驚いた。大丈夫か?ヘタすると熱でブチ壊れそうな気もする。


sla8z4
 まずは抵抗だけ付けてみよう。これで動かなければ他のMLCCを付けても無駄という事になる。値はサンディとは全く違うようだが、数Ωの違いなら何とか動くっぽい。中間テストの結果一応POSTカウントを始めたな。

 残りの2012MLCCも付けようと思ったが、VDDとGNDだからか抵抗よりもさらに放熱が良くてハンダが解けやしない。これ通常ハンダゴテだと無理ゲーだよ。コテ先が細いので温まる前にヒートスプレッダから放熱されてしまう。出来上がりが汚くなりそうなので今回は付けるのを止めにした。これを付けないでパフォーマンスがどう変わるのか調べた方が有意義だろう。テーマは「本当にCPUの裏DCは必要か?」だな(^^


★テスト
hwinfo_sla8z
 中間のテストでは定格で動いたが、それだけでは性能が戻ったかどうか判らない。やはりOCするしかないだろう。実はこの石もE4300と同じく普通にFSB1066で動くのだ。と言うかそれが定格と言って良い。持っている物を使わないのは勿体無いのでFSB1066で動かす。


memtest_sla8z@266
 FSB1066では特に問題は無いようだ。メモリはNANYAのクソメモリだが非常に安定している。実はイソテルのリテールクーラーなので冷却の方がやや心配。グリスは塗っているけどね(^^ では更にFSB1333に上げてみよう。


memtest_sla8z@333
 FSB1333でも問題無いですぜ?どこが劣化したんだろう。まあCPUクロック限界付近の安定性は確実に落ちている、と言うか落ちていない筈は無いだろうが。これ以上はクーラーの方が心配なので止めておく。本番前のテストでブチ壊したら世話は無い。

 Windows上のベンチはP35 Neo-Fに搭載してから取る予定になっている。C2Dが相手でもE4000〜6000の下の方だったら負けないハズ。100円の石としては上々だが、今はもうC2Dも100円で売っているんだよね…(^^;


★終わり
 以前書いたけど「775になってCPUが壊れなくなった」と言うのは錯覚だった。実際はこのCPUのように致命的に壊れるケースが頻出している。ピン曲りならズブの素人でも根気だけで何とかなりそうだが、部品剥がれの場合はハンダ付けができない人はお手上げだ。しかも部品が手に入らないとなるともう…。

GA-5200X/PCI

 悪い意味で有名なエロデータのGF-FX5200搭載PCIカード。コイツの酷さは検索すれば直ぐに判る。使えば確実に壊れるという、地雷じゃなくてミエミエの時限爆弾だ(^^ 長年探していたが遂に50円ジャンクで発見した。


★一寸見る
ga5200x_pci
 基板は特徴的なロゴを持つLIN HORN TECHNOLOGY製で、2004年31週製造なのでカード自体もその後間もなく製造(アセンブリ)されたのだろう(Wistron製?)。なおGPUは同年24週、寒チョンK4D551638F-TC50は同年25週製造である。例のXFXほどじゃないが基板が波打っていてあまり品質が良くない。回路的にはAGP版のP162にシフトレジスタの塊(笑)を載せただけ。一応ヌビリファレンス(P165)も存在するので正式対応なのだろう。

gram
 メモリ実装パターンは8個だが256MbitGDDR-SDRAMを4個実装しているので64bit接続となっている。PNYの製品を見ると全部実装すれば256MBになるっぽい。その場合128bit接続になるので多少は性能が上がるが、この場合PCI接続なので性能向上は殆ど無かろう。AGPならば載せる価値はあるが。

 解像度はアナログではQXGAだがデジタルではUXGAまでと小さくなる。ワイドはアナログの時はWUXGAだが、デジタルは1440×900とハンパなところで止まっている。HSDLは大画面もワイドも使わないので問題は無いが。BIOSROMは25LV512である。VGA-BIOSが32kBを超えるので昔のマザーでは動かない可能性がある。

 電解コンはFZという謎メーカーのLZという品種である。中華コンのデータベースとも言えるコンデンサメーカー一覧サイトでもメーカーもロゴも発見できなかった。勿論メーカーが判らないので性能は不明だが、色と死に方から見てEVERCON系じゃないかと推測している。現実は隣のASIACONと同一の製造メーカーだろう。ズバリ色も同じだし…。


★先ず洗う
 先ず前作業として洗って干した。知らない人が見たら吉外にしか見えないがHSDLではごく普通の作業である…つか何であんたらの使ったカードってこんなにクサイの?どういう生活してるんだよ。早死にするぞ。

gpu_cooler
 このカードはクーラーのファンが腐って回らないのは平常運転。代品も無いのでバラして洗ってグリスアップする。組み立て取り付け回してみたら新品と変わらない回転数を取り戻した。音も今のところ軸音はしないし問題なさそうだ。


★直す
 さて修理だが、実際このカードでは電解コンを変えるくらいしかする事が無い。電池交換とさほど変わらないがハンダ付けが伴うのが面倒くさい。取りあえず謎のFZを抜く。中身はエバーコンと思われるので、カタログ性能はWGより少々落ちるくらいかな。さて交換品種だが、50円の廉価カードなので固体電解なんて絶対に使わない。それではただのアホになってしまう。なので動作テストで使ったREはご退場願う。

 C45とC55はNVVDD(NV34のVcore)出力コン、C47とC60はNVVDD(NV34のVcore)入力コン、C131とC154はFBVDDQ(メモリ関連)だ。重要なのはこの6本だけど、たった7本だから当然全取っかえだよな?ちなみにリファレンス回路ではC45、C55は470μFでESR≦25mΩのモノが指定されている。C58は大体同じ大きさ(性能じゃなくて形状の事)なら何でもよい。

l15
 予算が余ったので?省略されていたL15(VRM入力インダクタ)を復活させた。付けても特にメリットは無いが理論上は電力損失が減る(^^ HSDLは外見のために付けた。リファレンス回路では1μHか、"For Cost Down"(笑)として0Ω×2が指定されている。このカードの回路は両者の中間で折衷回路と言えるか。

r195_202
 言うまでも無いが、上のL15を実装したら裏のR195、196、199、202を除去する必要がある。これはRとなっているが実際はFBだ。見れば判るだろうけど。


★使用部品
 手持ちからギリギリまで性能が低くなるように選んだのでこうなった。ALLKZHも可能だったがZLの方がチビデブなのでこれを採用。リファレンス設計から見れば性能が足りていないように見えるが、実際動作させるとこのメンツで足りている。ま、少々足りてなくてもこれで行っちゃう訳だが。

C45:FZ LZ1500μF6.3V⇒KZH680μF25V
C55:FZ LZ1500μF6.3V⇒KZH680μF25V
C47:ASIACON LZ470μF16V⇒ZL470μF16V
C60:ASIACON LZ470μF16V⇒ZL470μF16V
C58:ASIACON LE330μF16V⇒YXG220μF25V
C131:FZ LZ1500μF6.3V⇒ZL470μF16V
C154:FZ LZ1500μF6.3V⇒ZL470μF16V
L15:Empty⇒2.2μH
R195:FB⇒Empty
R196:FB⇒Empty
R199:FB⇒Empty
R202:FB⇒Empty

Nippon Chemicon KZH680μF25V[32mΩ/1650mA]
Rubycon YXG220μF25V[130mΩ/640mA]
Rubycon ZL470μF16V[53mΩ/1030mA]
SMDインダクタ2.2μH
合計37円(税込・銭単位切り上げ/副資材・電気代・人件費別^^)


★完成
ga5200pci_after
 完成しました。紫色でOS-CONっぽく見せていた?オリジナルと比べるとカラーは地味になったかな。まあ中身は伴っているので良いだろう。

hwinfo_ga5200pci
 動作チェックの時BIOSPOST確認してるけど動いた。これから貴重なDX9対応のPCIカードとして活躍するであろう。FXシリーズはWindowsVista〜10TPでもAero動作するし、敢えてコイツを現役のカードと呼ばせてもらう。実用するならもっと良い部品を付けても良かったかな?と思わないでもない。

町田遠征中止(笑)

 28日の開店日は急用ができたので行けなくなった。翌日29日は出かけようと思ったところで何故か雨が降り出した。そんな不運もあり予定より遅くなってしまった。まあ慌てて確保しなければならない物件は無いだろうけど、開店日に行った方々は収穫はあったのだろうか?

 当方は月末の日曜に漸く行けるようになったのだが、小金井に到着したところで激しい眩暈に襲われた。実は昨日からほとんど寝ていない。前日に恒例の競馬研究会に行って、寝たと思ったらババアに起こされたので寝不足なのだ。これで町田まで走るのはヤバいと思いアッサリ中止を決定した。ヘタレだが永山辺りでぶっ倒れるよりマシだろう。

 出発したのは14時18分、小金井に着いたのは45分頃だった。今日は信号運がよく止まらなかったので小金井までの平均速度は17.6km/hだった。これ以上は交通違反をしない限り無理だ。小金井の店を出たら体調が微妙に回復したので三鷹まで走る事にした。いつもの東八はイヤなので前から通りたかった野川遊歩道を通る。あれに沿って行けば東八や人見街道にぶち当たる。


1505311541
 15時38分に野川遊歩道入口に到着。御覧の通り緑豊かで環境は抜群だ。ウザいロードバイクも少ないので非常によろしい。但し散歩や走っている人は結構居るのでスピードは出せない、というか出してはいけない。


1505311543
 日曜なので川遊びの家族連れが多い。ここから野川公園までずっと遊べるようになっている。


1505311547
 東京都内とは全く思えないくらい良い所だ。やはり東八を通らなくて正解だったな。但しこの先は夜は危ない。ダート区間があるからだ。


1505311548
 ブログ記事ではお馴染みの是政線の下をくぐる。この辺りダート区間ばかりで、ロードバイクが居ないのはそれが原因だろう。単にカネが無いのかもしれないが、もしかしたら狙ってやっているのかも。


1505311553
 15時53分に東八に当たった。上がるには階段を上がらねばならないが、スロープが付いているのでなんてことは無い。実はこの写真は自転車遠征[2013/08/22]の一番下の夜景写真と対を為している。あの時写した橋から今度は写した場所を見上げているのだ。何時か撮りたいと思っていた(^^ ちなみに左側にあるのが秋篠宮佳子様が入学されたICUである。


1505311559
 もう16時になる。ここ天文台北は南ローカル巡回における最終コーナーである(^^ ここからはもうHO三鷹店が見える。


1505311602
 16時02分、いつもは閉店間際にしか来ないので違和感バリバリだ(^^; これは階段の所からICU方面を見ている。


1505311603
 着きました。流石に早い時間だから人が多いな。こんなに盛況だったのはいつ以来だろうか。


1505311702
 ちなみにバイクは専用駐車場(無料)がある。


1505311704
 自転車置き場も広いが今日は一杯だなあ。

 帰りは何処にも寄らず真っ直ぐ帰ったので18時には帰ってきてしまった。いつも日曜は21時頃にならないと帰らないので隣のオッサンが怪訝そうな顔をしている(^^;


★今日の買い物
 遠征中止なので何も買いません(^^


★スルー
 E6600が2000円で売ってたよ…いくら保証付きとはいえヒドイ。あとXeon51XXが一杯あったけど1000円台なので要らねー。xDは2GBで2500円もしやがるし。

・PA2010だったっけ?
 FICのソケ7ボードだが、それより驚いたのは載っていたCPUがMII-300GPだったこと。

・Tiger230の箱に入ったマザー1(笑)
 ECSのソケAマザーです(^^;

・Tiger230の箱に入ったマザー2(笑)
 370だったがよく見えなかった。上と同じく500円。

・P4P800SEの箱に入った何か(笑)
 500円。何だったかは忘れた(^^;

・ECSのC3オンボードマザー
 これは珍しい。通常C3オンボードだとVIAチップセットだがこれはSiS630なのだ。珍品が欲しい人、史上最低370CPUのC3がどうしても使ってみたい人に是非お勧め(^^

・DELLマザー
 マザーは粗大ゴミだが3800+が載っていたぞ。939のX2は殆どもう手に入らないので欲しい人はダッシュ。800円。


★走行リザルト

ODO(通算走行距離)⇒1900.7km
DST(本日の走行距離)⇒22.448km
MXS(最高速)⇒38.8km/h
AVS(平均速)⇒15.8km/h
TM(走行時間)⇒1:24:06

 いよいよ通算2000キロもカウントダウンに入った。実際はもう到達しているが表示で見ないと気分が出ない。50k級の遠征を2回で到達するが、チョイ乗りも入るのでもっと早いだろうな。

今日のHSDL[15/06/07]

 これから広島に行くので暫くはブログ編集ができない。それはさておき最近ネタが無いな。公開できる範囲の思いついた事は大体やってしまった気もするのだが。ここのところHOのジャンクも減ってきているし、早くも夏枯れのシーズンとなりそう。ハンダゴテは暑いと見たくも無くなるし、極限のベンチマークには元々向いていない季節である。

 この季節にする事と言えば自転車で走ることくらいかな。一度は自転車では行った事の無い神奈川に行ってみたい。尤も市ヶ尾や長津田くらいが限度だろうな。千葉は都内を抜けなければいけないので無理だな。北の埼玉方面は未開拓だが、本当に自転車で走るだけになりそう(^^; まあそれでも良いんだけどね。


★Webサイトより

>自作PC「トラブル」の原因と対策
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/backno/category/index_c523c0.html
 マザーボード動作チェック新版を書こうと思ったらパワレポで似たようなのを連載しているので中止。通常の自作とジャンクマザーを使った自作はちょっと事情が違うんだけどね。ジャンクの場合は「この症状はマザーが壊れている」じゃ済まなくて「マザーの何処が壊れたか?どうやったら直るか?」が重要なのだ。あと当たり前の話だがマザーが新しすぎてあまり参考にならない(^^; …なのでやっぱり書かないとダメかも。普通の奴は上の記事を読んでください。


★5月の検索ワードから
 HSDLブログ来訪者の検索ワードから気になるモノをピックアップしてみた。検索者は情報を得るため必死かもしれないが、部外者が傍で見ていると結構笑える奴もある(^^

エラー番号: 0x80040707>定番検索ワードだが、これで検索している人ってレジストリ掃除が好きそう。ある種のゲームをやらない人はレジストリ掃除などする必要はない。

B-CASカードを無傷で壊す方法>ただならぬドス黒い野望を感じる。知っていてもお答えしたくないね(^^

2Dが読めるPC98のドライブ>2DDが読めるドライブは全て2Dの読み書きが可能。あとはソフトウェア(OS等)次第だ。但し書きはトラック幅が半分しかないので信頼性が低い。

rtl8111b 熱い>思わず笑ってしまったがみんなそうなのか。ちなみにコイツは熱で壊れる確率がかなり高いっぽい。HSDLのP5LD2-SEも壊れていたけど、同症状の修理記事をインターネット上で複数見た事がある。

アルミ固体電解コンデンサ 3c1 100 16>
10μF25V 44B>これでは容量と耐圧以外には何も判らない。3C1とか44Bは主に製造された時期やロットを表している。あとは写真を見ないと何とも言えないが、知ってどうするつもりなんだろう?普通は容量と耐圧が判れば充分だと思うが。

カロリーメイト パクリ>これで来る人が意外と多い(^^ 筆者は自転車に乗る時にたまに食べている。多摩地区の友人情報によれば、一部の鈍器にもっと安く売っているらしいぞ(安いと言っても数円だが)。

memtest86 win8.1では使えないのか>Windows 8.1上で動かそうとしているのだろうか?探せば仮想PC等で動かしているヌケ作も居そうだ(^^; 遠い昔、ベランダの植木鉢にアース棒を差している人が居たらしいけど、あの笑い話を思い出してしまった。

Windows10TP用ドライバ>Vistaや7以降のなるべく新しいドライバなら意外と使えるぞ。ゲホFXはVista96.85でも動いたし、ドライバ互換性は高そうなんで試す価値はある。

CPUが死んでいる 電源が入らない>この2つのワードが繋がらない。通常はCPUが壊れても電源は入る。これらは分けて考えないと何時まで経っても解らない。

2015年 現役 SOCKET939>普通に考えてWindows10が使える限り現役だろ。Windowsは10が最後らしいので永久に現役か?(^^;

dfi 790gx-m2rs 起動しない c1>情けない奴。ランパチ使うのは十年早いm9(^^

動物電源 分解>もちろんバラした後は金属ゴミに出すんですね?実に良い心がけだm9(^^

100均 自転車 空気入れ>出来が悪いので買ってはいけない!m9(`・ω・´)ビシッ

 今日も皆様ご苦労様。ちなみにHSDLブログにはノートPCに代表される市販PCや電子工作に関する情報は無いので悪しからず(昨日も今日も、そしてこれからも)。

神奈川ツアー[15/05/26]

 友人たちとランチを食べる機会があったのでついでにハードオフに寄ってきた。あくまでも飯を食うのが目的なので買い物をする気は殆ど無かったが、成り行きで神奈川遠征に行くことになった。


★今日のランチ
1505261305
 ここへ来るのももう何回目だったか、ヒマそうに見られるかもしれないが今日もランチタイムにやって来た。今日はランチタイムにしか無いオムカレーを食べた。うーん、特に絶品と言う程でもないか(^^; あと猫舌向け?なので、もうちょっと熱い方が良いかな。でも気分転換には良いかもしれない。スープ・サラダセットで850円。


★本日の訪問地
 ランチが花小金井なので花小金井ハードオフは当然行く(買わないけど)。そこから今日は小金井街道を南に向かった。

=小金井店=
1505261417
 HSDLの主力巡回店でもある小金井だ。暑い中を結構人が来ている。


=稲城矢野口店=
1505261520
 花小金井からここまではHSDLの南ローカル巡回の一部で、自転車でも来られるところだから時に感慨は無い。しかし更にここから横浜の店舗を目指すことになった。


横浜市ヶ尾店
1505261613
 初の横浜のハードオフ。記念すべき第一号は市ヶ尾。ここがHSDLから一番近い神奈川の店舗でもある。中神に似て古めの物件が多く、HSDLの好みには非常に合っている店だ。長期に渡って続いている店であり、もう少し近ければBランクで回ってやるところだ。


横浜長津田店
1505261842
 次に回ったのが長津田。ここは下調べも何もしていなかったので場所が判らず苦労したが何とか発見(多少インチキ^^)。今日のところは買う物が無かったものの、次に来たら良いモノがありそうな雰囲気はある。ただHSDLからは羽村よりも遠いからなあ…。

 このあと更に奥の中央林間にも行きたかったが、長津田に行く途中で迷ったので時間切れになってしまった。この辺りに来ることは殆ど無いと思うので残念でした。今日の感想を言うと川崎・横浜は本当に坂が多い。地名も〜丘とか〜台ばかりだし、車じゃなくて自転車だと結構泣かされそうだ。その点だけでは埼玉の方が楽だな。しかし初めてのハードオフに行くのはやっぱり面白い。本当はもっと奥まで行ってみたかった。


★今日の買い物
 せっかく車なので大物を買いたかったが無いモノはしょうがない(^^; いつでも受け身なのがジャンカーの弱みだ。

=K8SLI-eSATA2=
K8SLI-eSATA2a
 珍マザーで有名なK8SLI-eSATA2が300円で売っていたのでゲット。別売りのCPUライザーが無いので変態度はかなり下がるが。

K8SLI-eSATA2b
 中身全部付いていて未使用品かと思うくらいキレイ。Socket754愛好会のHSDLとしては良い買い物だったと言えるだろう。そのうち記事になるのは確実(^^


=SL8W2=
SL8W2
 謎の479石が売っていたので勝負してみた。ペンMでも出てきたら嬉しいな…と思ったらCoreDuo時代の最低級セレ410だった。それにSL8W2はもう持っているよ(^^; 100円。


=SLAY7=
SLAY7
 ペンDCが100円だったのでゲット。E5xxxは一つも持っていなかったので動けば嬉しいな。


★スルー

・マザー各種
 安いからと言って買っているとキリが無いので止めておいた。実は今は買えばよかったと後悔していたりする(^^;

・E6600
 買う気は無いけど青箱にアッサリと放り込まれていた。焜炉でも最強クラスのコイツがハードオフの青箱に入ったという事は焜炉以前の終わりを告げているね。

・L557・L565
 今日は車なのでこれらも買えたけど、以前L557を買った価格より明らかに高いのでスルー。


★次回は町田だ!
 次回は新装開店の町田木曽店に出撃する。果たして無事に着けるのか心配だが…って開店はもう明後日じゃないか(^^; やべえ走れない。
記事検索
タグ絞り込み検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気