HSDL.blog.jp

ジャンクPCパーツ研究を専門とするブログ
主に東京・多摩地区のハードオフを巡回しています。

2016年03月

ローカル巡回[16/03/20]

 予定では今週こそは長距離を走ろうと思ったのだが、二度寝して起きたら14時50分だった。ハッキリ言って今から準備していたら間に合わない。仕方なくローカル巡回に切り替えた。出発は16時40分くらいとかなり遅い。


1603201705
 17時05分、ゲゲッ!なんだこの客の数は。日曜午後は客が少ないのが取り柄だったのだが、これでは全然メリットが無いな。世間の皆さん、日曜夕方以降は掘り出し物(笑)はありませんよ〜。


1603201716a
 17時16分、時間をかけて見てもしょうがないので10分くらいで出てきてしまった。喫煙所に座って一息入れながら田無タワーを写してみた。


1603201716b
 拡大してみる(実際は原寸)。ノイズの多さはビックリ物だが、これは撮像素子が無理しているので仕方がない。やはりコンデジの撮像素子程度なら1000万画素以下で充分だ。だがレンズ自体はほぼ全て解像している。×0.5してみれば判るがキヤノンよりシャープさは上だ。


1603201738
 17時38分に東村山到着。あー失敗した。こんなに時間が余るなら花小金井から東大和に走って西ローカル巡回にすべきだった。今更言っても遅いが…。ちなみにここも非常に混んでいる。何で今日はこんなに人が多いのか。連休だから?連休だから家族でハードオフっていうのも悲しいと思うぞ。ま、俺の家族じゃないから良いけどさ。うちのオヤジがハードオフ好きじゃなくて良かったよ(^^


1603201851
 JWも何もなかったしさっさと帰るか。18時51分、ここは再三書いているKS電気だ。今日もガラガラだが筆者としては気に入っている。何とか持ちこたえて欲しい(^^


1603201852
 こうやって写すと判るんだけどね、結構デカいんだよ。一階はほぼ全て駐車場なので車が止められないなんて事は絶対に無い。ついでに自転車置き場もデカいです。

 帰りはGスーパー、S友、COOPと寄ったが、谷戸の使えないダイソーでクリスプミニが売っていたので驚く。初めてこの店でこの系統を見たな。尤も70g(350kcal)の味は無かったのでスルー(^^


★今日の買い物
 何にも買うものが無い…困った。ローカルは不振なのでもっと違うHOに行ってみたい。

=SLA98=
sla98
 E4400は3つ目、SLA98は2つ目だが、これは生産週が2008年代なので手に入れておいた。基板の入れ墨が違う気がするが気のせいかもしれない(^^; 100円。

=Leadtek LR2A21=
lr2a21
 リテール・OEM問わず何枚も手に入れた事があるこのカードだが、このOEM版は主要コンが全固体電解となっている。今まで見た事が無かったのでゲット。全固体と言ってもチビコンは非固体だ。50円。

=5LEDスタンド=
5led_st1
 HOが不振なので100円ショップばかり見ている。この物件は去年から目を付けていたが漸く入手。単三電池×3と言うのが微妙だが…3てことはDC-DC入っていない直火炊きだろうな(^^;

5led_st2
 げげ〜!電球色じゃないか。まあ好き嫌いは別にしても暗いからイヤなんだよな。こうなるとLED交換しかない?


★スルー
 スルーどころか必死に探しても物件が無い…。去年もそうだったからこの時期はダメなのかもしれんな。

・CPU
 東村山で775CPUがまた増えていた値段が…。今やC2Dだって100円で見向きもされない時代なのだ。

・ビデオカード
 GF9800GTが800円もしていた。時代に逆行しているよな。一度価値が無くなったPCパーツが値上がりなんて(一部レアパーツを除いては)考えられない。

・謎のH55マザー
 ECSっぽい。OEM用だろうが、1000円ではちょっと買えないな。


★走行リザルト
 今日3月20日の日の入りは17時53分。18時を超えると自転車シーズンインだと思っているのでもうすぐだな。

ODO(通算走行距離)⇒231.74km
DST(本日の走行距離)⇒23.881km
MXS(最高速)⇒34.9km/h
AVS(平均速)⇒16.2km/h
TM(走行時間)⇒1:26:57

 大して走っていない割に疲れた。AVS16km/h台は普通になってきたな。5年前と比べるとかなりの進歩だ。来週こそは長距離を走りたいが…天候や体調など運もあるので何とも言えない。

哀愁のマザー粥嶌能回◆

哀愁のマザー粥嶌能回 

 間に買い物記事が入ったが前回に続きASRock K7VM3を賞味する。


★FlexATXのソケA板
k7vm3
 K7VM3をひと口に言えば「KM266 PROを搭載したFlexATXフォームのソケA板」である。PCに必要なものは過不足なく搭載しており、あとはCPUやメモリ、HDDなどのストレージを繋げばPCとして完成する。板は小型で組み込みやすいし板仕様だけは文句なし。

K7VM3
CPU:AthlonXP系、FSB333/266
Chipset:KM266 PRO/VT8253
MEM:DDR333/266(最大2GB)
VGA:S3 UniChoromeIGP(最大64MB)
Sound:VIA 1617A(AC97)
LAN:VIA 6103(100BASE)

 AGPスロットは×4だがUSBは2.0なので現在も使える。サウスはATA133対応だがSATAは存在しない。OSは98SE〜XP対応だが7も載せられないわけではない。ユニクロことUniChromeIGPはVista以降に対応していないので画面表示がネックになりそうだが、外部ビデオカードで対応させればいい。ノースとサウスは一応V-Linkで繋がっている。あと使い勝手などは他の人のサイトを見てください(^^


★一寸見る
 基板はTRUSTECH ELECTRONICS製、2005年30週製造だからソケAとしては遅い方。そろそろAMD64時代になろうとしている時期だ。PC界では殆どの場合遅れてきた大物にはならず、メーカー在庫処分の格安手抜き品になるのだ(それがASRockの個性の一面でもある^^)。どうやらこれも格安手抜き品に連なる物件と化してしまった。


l6916d
 VRMコントローラはSTMicroelectronicsのL6916Dである。STのVRMコントローラは元々マイナーでシェアが低い。既に製造中止(事業売却?)でサイトにデータシートすら残っていない。スイッチング周波数は@104kHz前後だった。これは遅い。今までHSDLで多相電源は色々見てきたが一番遅いんじゃないか。こんなに遅いと多相にしても実効は単相と変わらない。何の為にここまで遅くしたのか。効率?やってみれば判るけど200kHz⇒100kHzになっても効率に全くと言って良いくらい違いは出ない。低ノイズ?いや計測すれば分るが違いは全く無いよ。類似のL6917Bは定格300kHzとなっているのだが…。


k7vm3_vrm
 VRM出力電解コンは3本しかない。元々基板設計からして4本しかないのに、さらに1本省略している。ソケAでこれだけ少ないのは記憶に無いな。ちゃんとしたメーカーは勿論、そうでないメーカーでも3本なんて事は無い(個別性能は違うけど)。日本メーカー製とは言ってもKZGだし、省電力のモバイル系ならボロを出さずに寿命を全うできるだろうが、当該物件の前オーナーのように豚載せたりしたら十中八九、数年でダメになるハズ。検索すると大半の人はモバイル系を使っていたみたいだけどね。あ、コイツとタメ張れるくらいショボイのを発見した(^^ やはりAMDは廉価版ばかりだな。まともに作られたマザーが少ないので、結果としてCPUやチップセットの評価を下げる要因となっているのは不幸だ。

 VRM入力電解コンはKZGで4本中3本実装。これは特に問題は出ていない。完璧とは言えないまでも及第点に達しているから壊れないのだろう。5Vソースなので電源コネクタの発熱はかなり酷い。悪環境で豚を載せると経年劣化によりコネクタが燃える事もあるかもしれない。もっとも2005年生産だから世間ではとうに引退しているだろうが。


k7vm3_vrm1
 これがVRM入力部分。あと1本、入力コンのKZGが左の方にある。


k7vm3_vrm2
 これがメイン部分のVRM出力。これでマザーの短辺を縦断したことになるが…。


k7vm3_vrm3
 更にここにもVRM出力コンがある(KZG3300μF→KZH5600μFに交換済み)。実に細長いVRMと言える。


km266_dc
 ノースブリッジのDCはこうなっている。一部省略があるがまあまあ普通。それよりCPUのDCが史上最悪レベル。


cpudc_1
 その史上最悪レベルのDCはこれだ。裏面は見事にツルツルです(^^; ソケAはCPU裏面DCは容易なので(製品で実装されるかどうかは別として)基板設計以前に省略される事はあまり無い。OC用のマザーじゃないから良いとも言えるが、実装されなくともランドが省略されていなければHSDLで実装できるのに、と思ってしまう。


cpudc_2
 裏は全くDCしていない上にソケA内部はこの通り。前世紀の化石であるソケ5レベルと言えよう。この会社はCPUのDCを重視していないようだ。或いはソケAをナメプーしているとしか思えない。こういうのを見ると宇宙の彼方に投げ捨てたくなります(^^


★VRM性能比較
 やるまでも無いがどの位の差が出るのか、怖いもの見たさに試してみる。2相VRMだがスイッチング周波数が極度に遅いのがどう出るか。何しろ実効スイッチング周波数は104×2=208kHzとP6マザーと同程度(注)なのだ。


sim_hikaku
 比較対象はA7V266-E(下)である。コイツもVRM出力コンが4本しか無くて驚いたクチなのでライバルとしては相応だろう(^^ しかし結果は御覧のように差が付いてしまった。例えコントローラの応答性が上だったとしてもこの差を埋めるのは容易ではない。まったくこの世界、次から次へと強者が現れるなあ…(^^;

 寿命の面から見ても、ノーマルのこのマザーにはモバイル系以外の石は載せない方が良い。載せるならコンデンサをもう1本増やすとか、KZGじゃない奴を付けるとか改造するしかない。たぶん元々の(設計段階の)構成が無謀なんだよ。


sim_kzh5600
 HSDLのKZHテキトー改造版(下)はこうなった。大差は無いがp_pで40mVは改善されているので豚でも耐えられそう。耐久性は3倍なので永久保証付き(^^


注:P6時代のマザーでも300kHz台のVRMは普通にある(Raytheon系コントローラ等)。

★一応終わり
 超今更の不人気ソケA記事なので誰も読んでいないだろうけど、一応VRMだけはそれなりに見ておいた。このASRockのマザーを見るのはHSDLでは初めてだったからだ。結果を見ると「やっぱり知らない方が良かった」という意見もあるが…。ASRockは概ねユーザーフレンドリーなメーカーで良いと思う。だが設計に於けるマージンの見積もりは凄くとっても超ヤバいという事も判った。今後このメーカーとはその事実を充分に考慮して付き合わねばならない(^^

ローカル巡回[16/03/15]

 銀行に用があって出かけた後、最終日なので市民税の申告を行なった。16時以降は用が無いし田無まで来てしまっている。とすればそこからローカル巡回になるのは必然と言えよう(^^


1603151626
 ローカル巡回の前に中央図書館に寄る。西東京市役所の隣だ。あまりに早いとHOが混んでいるので時間を潰そうと思った訳だがそれは全く必要が無い事だった。理由はいずれ解る(^^; 田無出発は16時26分。


1603151641
 花小金井には16時41分着。今日はいつものように日曜ではないので駐車場も空いているな。花小金井は物件豊富なれど買うものは無かった。いつもの事なのでそれは予想していたから、気を取り直して近くのダイソー花小金井を目指す。


1603151719
 ダイソーでは例によってカロリーバランスとクリスプミニ(最近のお気に入り^^)を補給した。加えて時計のバンドが当地に漸く入荷していたのでゲット。他にはマザーを入れるプチプチ袋を手に入れた。ここまでは時間的にも至極順調で抜け目ない。

 しかし今日の地獄はここからだった。ダイソーを出る時に何故か突然、自転車のチェーンが外れてしまった。外れたら付ければいいじゃん?初めは筆者もそう楽観的に考えていたのだがこれがとんでもない。外れたチェーンがスプロケットの隙間にガッチリ食い込んで押せども引けどもびくともしない。あまり強く引っ張ったらチェーンの方が切れそうだ。30分くらい頑張ったが遂にギブアップして人を呼ぼうと思ったらケータイ家に忘れた…詰んだ?もう17時45分だよ。

 歩きではこの後の店は回れないし、ここで終わりにして帰るにも家まで歩いたら1、2時間かかるんじゃないだろうか。こうなったら自力で直すしかない。もう一度ダイソーに入り工具を買って何とか直した。おかげでまた走れるようになったものの、代償として手がオイルでベタベタになって洗っても全然取れやしない(^^; 仕方が無いので手袋をつけっぱで誤魔化すことにした。以降手袋付なので検品がやりにくいったらありゃしない。静電気も心配でヒヤヒヤものだった。

 それと自転車を修理した時にメーターがおかしくなってしまったらしく、山崎パンの辺りで漸く回っていない事に気づいた。どこが悪いのか分からなかったのだが、色々動かしてみたら何となく直った。原因が判らないと気分が悪いな…。


★今日の買い物

=時計バンド=
tokeiband
 以前から在るのは知っていたが当地では売り切れていた時計バンドを発見したのでゲット。100円らしくチャチだがアナログ時計のビニールっぽい奴よりは稍マシ。


=CUSHION BAG=
cushionbag1
 以前3枚入りのクッションバッグを買ったが、今回はやや小さめの4枚入りの奴を買った。最近はM-ATXやFLEX-ATXのマザーも増えてきたためだ。前回はこのサイズは無かった気がするなあ。

cushionbag2
 上でM-ATXやFLEX-ATX用と書いたが、普通のATXサイズなら何とかギリギリ入る。この写真ではP965 Neoシリーズを入れているが、御覧の通りスッポリピッタリ入っている。うちは古いのが多いから今度からこれを買うかな。


=マイナスドライバー(^^;=
 これで食いついたチェーンを直した。余計な出費が100円。


=SLAPN=
slapn
 PC関連ジャンクは全然買うものが無い!これではジャンク買い物記事にならないので無理やり買ってしまった。775に500円も出すなんて。考えてみれば初のE8000シリーズだ。これは100円になるまで買わない約束だったのだが…。これで775CPUが122個となり、トップの370に遂に追い付いた。やはり活躍期間の長いソケットの石は手に入りやすいと言える。


★スルー
 今日は特に無し。強いて挙げればOS-CONかな(^^


★走行リザルト
 今日15日の日の入りは17時49分だった。日の入りが18時を超えると長距離遠征も苦にならないだろう(3月29日が日の入り18:00)。今日は晴れて暑いくらいだったが強風には参った。夜になると風は殆ど吹かなくなったのだが今度は低温で寒い。

ODO(通算走行距離)⇒202.61km
DST(本日の走行距離)⇒23.896km
MXS(最高速)⇒32.0km/h
AVS(平均速)⇒15.8km/h
TM(走行時間)⇒1:29:17

 上に書いた通り、距離数は花小金井のダイソーから山崎パン辺りまでの数百メートルが抜けている。ローカル巡回なら優に24キロを超えていなければおかしい。来週は長距離を走る順番だがどこに行こうか?

哀愁のマザー粥嶌能回 

完成に丸一年かかるとは思わなかった…(^^;


ASRock K7VM3


 これは哀愁のマザーの最終回を飾るにピッタリの板だな。常連さんは知っての通り、この「哀愁のマザー」シリーズは大体K7〜478辺り(PC自作の終末期)の思わずorzなマザーを取り上げている。勿論このマザーもその例外ではない。と言うか残念なマザーだから取り上げた訳だが。


★動かす前に…
k7vm3_vrm
 当該マザーは出力の3本しかないKZGが全部膨らんでいるので交換させられる。元に戻しても同じ目に合うだけなので改良したい。何しろ設計で4本しかないのに更に1本省略しているのだ。実装率75%という事になるね(^^ 入力も4本中1本省略だが、これは膨らんでいないので足りるだろう。↓こんな感じか?

CE 1(入力):KZG1500μF6.3V⇒WX1500μF6.3V
CE 2(入力):KZG1500μF6.3V⇒WX1500μF6.3V
CE 3(入力):Empty⇒WX1500μF6.3V
CE 4(出力):Empty⇒WG3300μF6.3V
CE 5(出力):KZG3300μF6.3V⇒WG3300μF6.3V
CE 6(出力):KZG3300μF6.3V⇒WG3300μF6.3V
CE 7(入力):KZG1500μF6.3V⇒WX1500μF6.3V
CE14(出力):KZG3300μF6.3V⇒WG3300μF6.3V

nippon chemicon KZG1500μF6.3V[13mΩ/2550mA]*
nippon chemicon KZG3300μF6.3V[12mΩ/2800mA]
SEI WG3300μF6.3V[12mΩ/2800mA]
SEI WX1500μF6.3V[23mΩ/1820mA]
*このKZGは標準サイズ[26mΩ/1540mA]ではない。

 KZGからWXはカタログスペック上はデチューンとなるが、それでも良いと思えるくらいKZGはイヤなんだわ。もちろんVRMをSEIで統一したいという視覚デザイン上の要求もあるんだけどね。イヤ実際はそれが殆どを占めている。


★実際に交換する
 …と入手時には上のように妄想していたのだが、暫く見ているうちに別のプランが浮かんだ。意外とコンデンサ周りのスペースがあるので12φの電解コンが付きそう。という事はやはりアレしかないな。

CE 1(入力):KZG1500μF6.3V
CE 2(入力):KZG1500μF6.3V
CE 3(入力):Empty
CE 4(出力):Empty
CE 5(出力):KZG3300μF6.3V⇒KZH5600μF6.3V
CE 6(出力):KZG3300μF6.3V⇒KZH5600μF6.3V
CE 7(入力):KZG1500μF6.3V
CE14(出力):KZG3300μF6.3V⇒KZH5600μF6.3V

nippon chemicon KZH5600μF6.3V[13mΩ/3450mA]

 永遠の不良債権、HSDLの戦艦大和と言われているKZH5600μF6.3Vの登場だ。現在付いている膨張KZG3300μF6.3Vをソックリ置き換える。直流の容量だけは9900⇒16800μFとなり無意味なまでにデカくなる。入力は色をNCCカラーで合わせるためにKZGで我慢する。

vrm_kzh5600
 御覧のように大艦巨砲仕様として蘇った。厳密にカタログデータで言うと向上分と低下分があるが、概ね元と同じ性能を回復したと言える。

 ではこれを動かしてベンチマークにかけてみるか。


★動かす
 このマザーはモバイルCPU対応しているらしいので載せてみる。高クロックCPUを載せたくないという当方の都合も勿論あるが、下の解析結果から見てこのマザーはモバイル石で本領を発揮すると考える。

//G037
MB:K7VM3[Rev1.02/BIOS Ver1.40]
CPU:AXMD1400FQQ3B(定格)
MEM:1024MB(PC3200)
VGA:UniChrome(IGP)
IDE1:Fireball CR6.4AT
IDE3:[HSDLDATA1]
SOUND:VIA1617A-AC97(内蔵)
NETWORK:VIA6103(内蔵)
PS:MIRAGE DR-B350ATX
OS:Windows XP SP3

k7vm3_device
 おなじみAXMD1400FQQ3Bは100×12.0で1.2GHz定格である。BIOSは現在の1.40をそのまま使う。OSは取りあえずXPを入れるが、いずれWindows7に入れ換える予定。P!!!でも動いたのだからAthlonXPなら余裕だろうと甘い予想(^^

 動かしてみたらXP1400+で正常認識したのだが、MEMTEST86+の計測では1.14GHzと妙なクロックになってしまった。調べたところ何故かFSB190(95×12.0)で動作している。メモリ速度は思ったより速い。シェアメモリでこれなら文句は無いんじゃないか。チップセットはKM266 Proのところを同系列のKM400と判定されている。名前が似た石にKM266というのもあるが、これは全く違う古い系列の石なので紛らわしい。

bench_fsb200
 やっぱりFSB190だ。MEMTEST86+の計測ミスではないらしい。ベンチは御覧の通りのんびりしたものだが、これでも前回のAX34ProIIよりは断然速いわけで、つまりはWindows7でも充分に動作するという事になるね(^^

bench_fsb266
 FSB266にすると更に申し分のない性能になる。無理なOCではないのでこのクロックで実用すべきだろう。クロックがずれるのはFSB200の時だけみたいだ。

bench_mx440
 外部ビデオカードとしてAGPバス・スロットにMX440を差してみた。僅かに向上するがメリットはメモリが増える程度かな。

bench@400
 遊びでクロックをFSB133×4.0の400MHzにしてみた。この状態でもPIIやP!!!の同クロックよりは速い。


★AthlonXP/AthlonXP-Mの消費電力
 これまでに解っているAthlonXP/AthlonXP-Mの消費電力の特徴は以下の通り。

・コア電圧を少々下げてもアイドル消費電力は皆無に近いくらい変化が無い(1W未満)。その目的のために電圧を下げるのは意味無し。

・クロックを定格から下げても殆どアイドル消費電力は下がらない(1W位)。その目的のためにクロックを下げるのは自己満足(気分)レベル。

・最もアイドル消費電力(と発熱)を下げるのはHALT命令だ。電力やクロックの工夫などとは比較にならないくらい劇的に下がるので、これをやらないと他の省電力化は行っても無駄。アイドル消費電力に関しては(HALT有効に比べれば)PowerNowなんて無意味に近い。

h_off
 KM266PROのレジスタ設定が判らないのだが、結果を見るとHALTは有効になっていないようだ。まあ今回は常用するわけではないので消費電力は気にしないことにする。


★UniChrome IGP
 元S3党の筆者としては大変に気になるユニクロである。高性能を狙わないVIAのIGPと言う時点でタカが知れているが、それでもちょっとは動かしてみたい。なおビデオメモリの設定は最大の64MB固定である。

=バージョン6.14.10.0035=
unichrome0035
 これを見たところではDX9.0a対応らしいね。尤もDX9はソフトウェアT/Lで動かす気はしないが…。個別ではHDBench(GDI)のテキストが極度に遅い。これだとテキストでも大画面で波打ちそう。またOGLBenchは遅すぎて2Dも計測できた。この時代のビデオカードだと通常はオーバーフローで2Dは計測できない。加えてCrystalMarkの結果から見てもOGLは使い物にならないと断定する。

[GDI]HDBench:2556
[DX5]FinalReality:5.34(3D)
[DX6]3DMark99MAX:2781
[DX7]3DMark2000:2051
[DX8]3DMark2001SE:1013
[OGL]CrystalMark:471(OGL)
[OGL]OGLBench:156.741428(3D)

=バージョン6.14.10.0212=
unichrome0212
 試しにドライバを変えてみる。上の0035はASRockのWebサイトにあったものだが、VIAから最終版0212を落としてきた。これだとテキストが正常な速さになるので実用可能だ。3Dも数値は速くなるが特にアドバンテージは無い。OGLはさらに大幅に悪化!(^^; 元々ハードウェア・アクセラレートしていないのだろう。

[GDI]HDBench:3469
[DX5]FinalReality:6.07(3D)
[DX6]3DMark99MAX:3069
[DX7]3DMark2000:2081
[DX8]3DMark2001SE:1029
[OGL]Crystalmark:289(OGL)
[OGL]OGLBench:17.834524(3D)

=FSB266に上げてみる=
 最後の手段でFSB266に上げてみる。このUnichromeはソフトウェアT/Lなので効果はある筈だ。結果は漸くまともなDX6.1〜7世代の数値になった。2015年現在、このマザーで使うのはGDIだけだろうが、GDIだけであってもこの程度は無いとタルイ。

[GDI]HDBench:3967
[DX5]FinalReality:6.76(3D)
[DX6]3DMark99MAX:3538
[DX7]3DMark2000:2163
[DX8]3DMark2001SE:1099
[OGL]Crystalmark:478(OGL)
[OGL]OGLBench:23.666593(3D)

abort_yb
 ゆめりあベンチはスタートできず。AquaMark3も動かない訳ではないがスコアは4ケタでも下の方。例え最大クロックのXP3200+に換えたところでDX9では使い物にはならないだろう。

=3D画質=
 このままだと全く褒める所が無いので無理やり良い所を探しだした(^^; それは3D画質である。この画質とは論理画質であって、アナログ画質のような物理画質ではない。ドライバの味付けによる部分が大半を占めている。比較元はおなじみGF4MX440で、ドライバは高画質で有名なオメガドライバ45.23ベースとリファレンス53.03だ。

nb_k7vm3
 ベンチは以前使った夏海ベンチを使う(相互比較のため)。御覧の通り遅いが我慢我慢。

nb_0212
 これがユニクロ0212ドライバ使用デフォルト画質。ソコソコ良好な画質だ。

nb_4523o
 これはMX440とオメガドライバの45.23ベースのもの。確かに高画質だが金網の描写はユニクロの勝ち。

nb_5303
 これはMX440を53.03ドライバでデフォルト設定で動かした時。金網が消えかけているし奥のタイルもボケているのでユニクロの勝ち。

nb_5303h
 参考までにこれがMX440+53.03を最高画質にしたもの。流石に一番高画質だがその速度は使い物にならないくらい遅い。

nb_5303s
 MX440+53.03をメイチパフォーマンスに振ってみたもの。金網が消滅してタイルは全面ボケボケ。画質を気にしない人もこれはNGだろう。

 という事で遅いなりには頑張っているのだ。欲を言えば低画質・高速モードも欲しかったが。S3が力を入れていたハズのビデオアクセラレートはMpeg2しかないのでMP4時代では不充分である。


★次回に続く
 最終回に,鉢△あるのは変だが気にしないように(^^

アキバ巡回[16/03/13]

 自転車でアキバに行こうと思ったが、翌日か翌々日に自転車で出かけなければならないので自重した。久々に電車でのアキバ行きである。


1603131425
 出発は早くしたかったが、何やかんや準備をしていたら14時25分になってしまった。今日はあまり数を回れないかも?


1603131511
 15時11分、新宿ペペの宝くじ売り場でGジャンボ宝くじを買う。今年中に1等が当たる予定だ(^^ また儲かっちゃうね。


1603131534
 15時34分、やっとアキバに到着した。ここは磁気研の前の秋葉原公園だが、さすがに寒いので人は多くない。久々磁気研を見たが相変わらずだった。中華DVD-Rの投げ売りをやっていたけど日が燦々と当たっているからなあ(^^;


1603131607
 16時07分、アキバの定点写真である。今日は日曜なのでホコテンだ。向こう岸に渡るのが楽でいい。


1603131621
 16時21分、ここはおなじみアークの前である。右にあった低いビルが消えている。高層化したら暗くなってイヤだな。ビルは嫌いだ。地元にビルが出来て得意になっている田舎者も嫌いだ。


1603131652
 16時52分、ドスパラパーツ館はサンボの前に移転した。ここは昔から入れ代わり立ち代わり色々な店が入ったがどれも敗退した死に目の場所。かなり狭くなってしまったし、このままフェードアウトの可能性もあるな…。当然ながら上海問屋も狭くなってつまらん。


1603131703
 当然こっちの方は営業していない。ビルを改装中だが何が入るのかな?まあロクなものは入らんだろうが。オタク風俗店か不味くて高い食いもの屋か。


1603131812
 日米は17時40分でもう仕舞っていたし、ラジオデパートに寄ったら18時も過ぎたので帰るか。帰りは新宿のラケルで高いオムレツでも食おうかと思っていたが、買い物で損したので罰ゲームで東伏見の松屋に大幅格下げ(^^; 新しくなったデミ玉定食はハンバーグの中にチーズが入っているのだが、これが水っぽくて全然美味くない(日本ハムの市販品の方が美味いぞ)。以前の普通のハンバーグの方がマシだったな。


★今日の買い物
 久々にPCパーツのジャンクらしいものを買った。

=SLBTG=
slbtg
 HSDL初の1156CPUはG6950だった。SLBTGはK0ステップなので新しい方だ。500円だが、一応ジャンクではなく保証付きの中古品だ。裏はMLCC、それも通常の奴しかない。BCLKが低いからこれでいいのだろうか?ただの手抜きと言う気もするが(^^

=メモリスロット=
mem_slot
 何と!SD-RAMメモリスロットの未使用品が@20円で売っていたよ。最近修理はしないので使わないだろうけどな(^^; 今日一番ジャンカーらしい買い物だ。

=BSCR17TU3=
bscr17tu3
 USB3.0対応のマルチメディアカードリーダーである。早速使ってみたがやはり速い。USB2.0でもいつも使っている100円SDカードリーダーの倍くらい(体感^^;)速い。尤も値段も10倍なんですけどね。言うまでも無いが高速なSDカードじゃないと効果は無い。

=USBメモリ8GB=
transcend8gb
 あまり安くないけど8GBのUSBメモリを買う。最初の記事で「360円が378円+消費税になっている」と書いたが、仔細を検討した結果350円+消費税の間違いだった。店頭では360円と350円の二重価格だったんだね。嫌疑をかけたあきばおーには詫びる次第であるm(_ _)m 申し訳ない。お詫びに次回必ず買い物してあげるからねー(^^


=アキバマップ=
akiba_map
 アキバマップの2016年版があったのでもらってきた。だいぶ変わっているな…。0円。

=ファイヤーワイヤーI/F=
fw400
 ファイヤーワイヤーI/Fが無料コーナーに置いてあったので記念に貰ってきた(^^ 一杯あったけどゴミになるだけなので1枚だけ。

=IDE-HDD=
st340015a
 どんどん減っていく消耗品なので定期的に補強する。どんなに買っても部屋一杯になる頃には古いのは壊れるだろう(^^ 今回はWD400が殆ど売り切れていたのでST340015A×5である。薄型は壊れやすいが省電力なので止むを得ず。寒損やHGST他のメーカーも買いたかったが40GBのは無かったな。税込990円。


★スルー
 今日はマザーボードはサッパリだったな。

・i5-2400S
 出どこが同じもの?が各店で並んでいたが価格はマチマチ。誕生プレゼントはこれにしようかと思ったが7980円だと買う気がしないな。

・SSD
 もあいタソの32GBが2980円だったが、考えてみればもう3年前に同じ容量を新品2980円で買っているんだよなあ〜。

・メモリ
 便ジェンスの8GBセットが2980円!!と思ったら1枚あたりの値段だった。セットなのにそれは無いよ…(^^;

・ボタン電池
 買う気はなかったんだけど、中華電池がどの店も一斉に値上がりしていた。それも僅かではなく2〜4割くらい上がっている。謎だ。

マザーボードメーカー

MB評判家(笑)しばたよしとみのメーカー覚書


 現在のマザーは手に入るメーカーが少なくて評価できない。ジャンクで手に入れるしかないメーカーが多数になってきた。HSDLはジャンクだけだからそれでいいんだけどな。メーカーはHSDLの所有枚数ランキング順に並んでいる。なお良いメーカーでもハズレ品は当然あるので、本当の評価はマザーボード個別にするべきだろう。


1.英煤:独自ハードウェアなのでジャンクを買うのは怖い。壊れていたら復活できないから。そのためHSDLでは余程安くないと買う気が起らない。良い点は御三家で一番OCが楽なところ。BSELModは出来ないというか必要無いのが普通。一部OEM(SONY・EP損等)ではイソテルマザー並みに何もできないが。

2.MSI:OEM向けはハードウェアがリファレンスに近いため、ジャンク弄りでは一番使いやすい。BIOS等ソフトウェアには不満な点(ユーザー全員ビギナー扱いな所)もあるのだが。OEM向けは部品が超ショボイ場合がある。新品で買うなら高級機を買いましょう。

3.ECS/PCCHIPS/MATSONIC:部品はかなり粗末だが安いのが取り柄。ただ定格での安定性は悪くなく、BIOSが完成した頃には鉄板に近くなる。部品を自分で交換できる人なら実用でも良いかもしれない。言うまでも無いが部品は使う前に交換するんだよ(^^

4.GIGABYTE:HSDLではジャンク蘇生確率が何故か一番高い。まあそれは偶然だろうけど、少なくともHSDLとの相性は良いのだろう。昔は極度に部品がケチってあり良くなかった。775以降のは無駄に部品が良くなったが使った事が無い(持ってるけど^^;)。デフォの設定がクソ遅い設定で泣ける。遅くしたら安定性が増すってもんでもないのだが。何しろ遅くすると起動しないメモリもあるくらいで…。

5.AOpen:P6時代は四天王メーカーの1つだったが、今では青箱ジャンクでしかお目にかかれなくなった。ASUSと同じく独自設計で泣かされるが致命的な故障は少ない。レロンを使っていなければよいメーカー(だった)。

6.intel:VRMなど重要部分は日本メーカー製など一流メーカー部品使用なのに壊れる時は致命的に壊れるのが謎だ(炎上したジャンクを今まで何枚見た事か)。ユーザーの使い方が悪いせいもあるかもしれないけど、他のメーカーだってユーザーはそんなに賢いわけじゃない。言い訳にはならないだろうね。

6.DFI:ミーハーが多い自作界では営業が弱すぎた。現在は組み込み用OEMで生き残りを賭ける。遊び用OC用マザーはハードだけでなくBIOS等ソフトウェアも良く出来ていたな。今となっては非常に惜しまれるメーカーだ。

8.FIC:OEM主力の超堅実メーカーで基本的に遊べない。大昔の筆者は実用マザーはこれを選んでいた。電解コンは中華が多いが致命的に壊れた事はまだ無い。

9.FREEWAY:大半はTMCやらA-TRENDとかの製造だったっけ?品質はソコソコ良いけど設計はイマイチだな。完全に遊び用マザーなのだから(主にBIOSは)もっと遊んでほしかった。今生きていたらどんなマザーを出してくれたんだろう?その点では惜しまれるメーカーではある。自作の隆盛と共に起り、その衰退と共に消えた典型的な自作向けメーカー。

9.Super●:現在はリテール鯖板メーカー。486時代からこの時世でまだ生きているのは立派だ。最近になって夢よ再び?でOC用マザーを出したのだが続報が無いな。HSDLではそっち方面で期待しているのだが…。このままだとライバルDFIと同じ道を辿るか?

9.ABIT:一時はリテールマザー売上世界ナンバーワンにもなったが粗悪部品で炎上した。後半は改心したものの既に手遅れ。全盛期にイソテルの警告を無視したりして調子こいた(BP6の件)のも会社を傾けた原因の一つか。

9.TYAN:昔からマルチCPUマザーを数多く発売していたが設計・部品とも意外に弱く、特にマージンの少なさはビックリものだった。しょぼいリテール製品に比べてメーカーPC向け(市販されない)は良い出来だった。ある程度金を出せばいいモノを作ってくれるのかも知れない。予算に応じて出来が激変する典型的な中華圏メーカーと言える。

13.Acer:言わずと知れた巨大メーカーだったが、生産を分社(Wistron)したので我々にはなじみが無くなった。今ではノートやタブレット、モニターで見かけるだけだ。

13.SOYO:堅実なメーカー。前世紀はソフマップが代理店をしていた(はず)。部品は粗末だが良いメーカーだった。

15.EPOX:一時期日本のOCerには大人気だったが、ABITと同じく自分の仕掛けた地雷を自分で踏んで会社ごと消し飛ぶ。マヌケな話だが体力の無い零細メーカーはそんなものです。

15.Acorp:画期的な変態マザーを出したがイソテルに睨まれて敗退(^^ 現在は小規模なPC用品メーカーになっているらしい。妙な技術力があった。

15.Rioworks:ひと口に言ってヌケ作メーカー。勉強できるのにテストで名前を書かずに提出して落第しそうなタイプ。親会社がPC事業を売却した際のドサクサで消滅。

15.Foxconn:サンプルが少ないが最近の奴はよく壊れている。巨大メーカーで生産力は高いので製品検査が甘いんじゃないか?感じとしては初期不良率が高そう。検査は面倒だから「帰ってきたら交換すればいい」と思っているんじゃないか?体力のあるメーカーではありがちなパターン。大阪の方に似たようなメーカーが…もう無いんだっけ。

15.ASRock:生産はECSと同じエリート系と思われる。世間的には変態マザーで知られているが、一口に言って骨皮で安いのだけが取り柄。ECSを遊び方面に振った感じか。

15.JETWAY:OEM主体なのかリテール主体なのかよく判らないメーカー。パーツはエバーコン愛用など良くないが設計は堅実。ただ地味なので自作PC界でのウケは良くないだろうな。馬も売れなかったし。

21.Tekram:地味ながら堅実なメーカー。イメージ的にはSOYOに似ている。マザーボードもソコソコ売れたが、それ以上に廉価SCSIカードで一時代を築いた。実用には良いメーカーだった。

21.Transcend:堅実な中堅メーカーだったが地味で売り物が無かった。ALI(ULI)とかマイナーチップセットも使ってくれただけに惜しいメーカー。現在世間に知られているのはメモリ屋さんとしてだね。

20.PFU:柔軟性が無く(互換性が低い)、日本メーカーにPC/AT互換マザーは無理かな…と考えさせられる。TWILIGHTは筆者の私物として毎日使っている。

20.BIOSTAR:同じ生まれのECSに良く似ている。安いのが取り柄で部品は良くない。以前マニュアルが紙ペラ1枚だったのは有名な話。但し昔から安定性は悪くなかった。

20.Soltek:どちらかと言えば遊び方面に振れており面白いメーカーだった。営業力も無かったが、強烈な個性が無かったので時代と共に埋没してしまった。

20.XFX:同社のビデオカードと同様MBもヒドイ。他人にお勧めすると人格を疑われそうなレベル。オリジナルっぽいのとOEMっぽいのもあるのに揃ってダメなのがおかしい。ジャンクでしか買いたくないメーカー。

20.Fujitsu-Siemens:PC用だけでなく本物の鯖板も製造していたメーカー。2009年に合弁解消して富士通の100%子会社になり製造も終了した(らしい)。


 あと何か有ったっけ?かつての有名メーカーであるAlbatron、Chaintech、Iwillが無いのは非常に残念。破棄されて金属ゴミになっていなければジャンクでいずれ手に入ると思うが…それが結構ヤバそうなんだよな(^^; なおこの短評にメーカーOEM専門メーカーは入っていない(DELL、Mitac、ITC、Q-Lity等)。

VGAカード・デチューン

 世の中に改造記事は多々あれどデチューン改造記事を書く奴はいない。PC製品の性能・機能をわざわざ低下させる事には意味が無いからだ。なのに何でこのような記事を書くのか?勿論HSDLにとっては意味があるからだよ。

 あ、カテゴリは改造だけどバカ記事でもある。タイトルも殆ど釣りに近いし、いつもと同等以上にマジメに読まないようにお願いしますよm9(^^


★その1「3D PROPHET II Ti
3dp2ti_1
 コンデンサはOS-CONメイン。これを前回交換したWGも含め、格下の通常ウェットに交換する。実はバカ記事ではあっても無意味な記事ではない。HSDLにとっては多大なメリットがある改造である。外したOS-CONを他のマザーボードなど有意義な物件に流用するのだ。

SANYO OS-CON
4SP510M[14mΩ/4080mA]×4
6SP620M[13mΩ/4840mA]×1

 SP510も620も現在の標準品には無い。これは同品種・同耐圧・近似容量のSP560と680とほぼ同性能と見てよい。サイズは全く同一のE(8φ×11.5)とF(10φ×11.5)サイズだ。

 OS-CONの代わりに何を付けるか?HSDLでは日本メーカー製低インピーダンス品を付けるのがお約束だが、どうせ軽めの古代のカードだから思いっきりバカな奴を付けようぜ。という事で用意したのがこれ。


suscon_sd
 Su'scon SD1000μF6.3.Vという、アキバで新品で入手できる数少ない中華低インピーダンス品(100mΩ/650mA)だ。もう6年前「ひさびさに部品の話」でちょっと書いた奴だが、チビデブ型なのでビデオカードにはお誂え向きの形状。実は興味本位で手に入れたけど使い道が無かったという情けない物件だ。

 普通に考えれば「WXで膨らんだのだからSDで持つはずがない」という事になるが、その場合はすぐに破裂するだろうから分るだろう。常用カードじゃないので、HSDLの使用頻度では破裂しないかもしれない。破損する場合は予兆として超発熱するから触ってみればアホでも判る。


3dp2ti_2
 考えがまとまれば後はそれに従って付けるだけ。コンデンサ交換は単純でつまらない作業である。以前の電解コンデンサはWGも含めて全部抜いてしまう。電源等の片面基板ほどじゃないが、多層ザーボード基板と比べると幾らか抜きやすい。この時期のゲフォは5Vか3.3Vソースなので全部同じ6.3Vを付けても大丈夫。挿す位置は記憶しなくても良い。


3dp2ti_3
 OS-CONから大幅にビンボー臭くなったが、昨今の安物ビデオカードを見慣れた目には特に変わりない普通のカードに見えるかも知れない。それどころかこのままジャンクで流しても疑問を感じる人は少ないだろう(^^


hwinfo_3dp2ti
 動かしてみた。何時まで動くかは分らないが、取りあえず当初の目的は果たせたという事で。でも2、3年後には寿命で動かなくなっているかもしれんな…。


★終わり
 お陰様でカードを使用不能にせず(←重要)OS-CONを分捕る事に成功した。加えて高値で買った中華電解コンSu'scon SD1000μF6.3Vも有効利用(処分とも言う^^)できたので言う事なし。SMDランドがあるから、もっと高性能のカードであればPOSCAPなどを使うところだったが…。それはいずれ他の物件でやる事になるだろう。まだまだ山のように部品取りの候補があり、使えない部品も山のようにあるのだ(^^

 もし何か中華電解コンデンサに外見上の変化が有ったら随時ブログで報告する。SDは水系ではないっぽい(未確認)ので保存中に爆発!は無いと思われる。何でもありの中華なので断言はできないけど。

プリン子CD-RW

 もう10年以上前から使っている(2002/12/30〜2016/02/24)プリン子のCD-RW(1枚目)が遂に死亡した。


princo_omote
 表面。御覧のようにレーベル面が剥がれてしまっている。CD系はレーベル面に記録されているのでレーベル面にダメージがあると読めなくなる。稀に記録面ばかり大事にしている人がいて苦笑させられる。CD-Rの剥がれは以前報告した通り。


princo_ura
 裏面。光るので撮影が難しかった。ちゃんとライティングすれば写るけど面倒。ちなみにこのCD-RWは全部で10枚あった。他のは他人にあげたりしたので現存数は5枚くらいかな。


 「CD-RWはRと比べて記録面が色素ではないので保存性が高い」という話だったが、ベースから剥がれてしまっては記録面の質は関係ないわな(^^; 尤も10年持てば充分と言えない事も無い。

K8T NeoにSWを付ける

今日のHSDL[2009/11/12]
パワー&リセットボタン
パワー&リセットボタン

 漸くK8T Neo-FSRにパワー&リセットスイッチを直付けした。HSDLのメインAGPマシンなのに何故か今まで改造されていなかった。


★位置確認
 このマザーにはP6ISA-IIと同じくオンボードIDEチップが載せられるようになっている。このマザーではオプションになっており空いている。機能は同じなので付ける穴も同じで良さそうだが、P6ISA-IIと違って空きスロットが一つしかない。そのため別のホールも探さねばならない。片側は浮いている信号線、もう片側はグラウンドに落ちていればよい。


k8tneo_sw1
 このペアで行くしかないな。位置が偏っているけど同軸上なのでまあいいでしょう。信号線側はどちらも終端抵抗に繋がっている。終端抵抗は実装されていないので浮いているわけだ。


★作業
k8tneo_sw2
 例によって足切り加工したスイッチを穴に差し込む。あとはハンダ付けだけで知識も要らないからアホでもできる。再現性抜群だ(^^


k8tneo_sw3
 この場合はA7V8X-Xと違って裏配線が必要だ。これもジャンパに過ぎないのでビニール線でテキトーに仮付しただけ。同じように配線が必要だったP6ISA-IIよりも配線距離が短い。


★無事動作
k8tneo_sw4
 イヤー快適快適。外付けだとSWが他のマザーに付いていたりしてイラつく事が多かったので精神衛生上大変によろしい。元に戻すのも簡単だし改造を躊躇する理由は無い。

動作チェック[16/03/08]

ジャンク初詣(笑)2016

=DVIケーブル=
 現時点では未使用。尤も新品で使えなかったケーブルには今まで出会った事が無いので大丈夫だろう(^^


新年会アキバツアー

=カプタンテープ=
 曲がりなりにも高温度耐熱テープなのだから何に使うかは解っているよな?

Nikon L32
 HSDLのHO巡回用カメラは単三電池が使える奴しか採用しない。これは2000万画素の一応現行品である(後継機が出るけど)。コンデジの数は多かれど、単三電池採用でここまで薄いのは無いだろう。ズームは5群6枚で絞りも無いし、L610等三ケタと比べると画素数は多くても画質はイマイチだが小型なので致し方ない。画素数が増えるとノイズが増大するのが手に取るように判る。やはりコンデジの画素数は1000万画素あれば充分過ぎで、それ以上あっても害悪しか齎さない。それよりも現用の観音A580よりワイド端が35→26ミリ相当まで広がったのが大きなアドバンテージ。代りにテレ側は少々短いがテレ端はまず使わないので関係なし。

=16GBmSDカード(A-DATA)=
 これは携帯系に使う為に買った。が、写真を撮らない筆者には大きいのは要らない事に気づき2GBを入れたため余ってしまった。ニコポンにでも入れるか?でもSANDISKの方が明らかに速いんだよなあ〜。

=IDE-HDD(ウエスタソWD400)=
 今までハズレは1つ(SMARTハズレなので完動品だが)しかない。速い・安い・静かでクール、消費電力が少ない。これで寿命が長ければウエスタソは無敵だけど…「ウエスタソは三度死ぬ」のだ(^^

=腕時計(CITIZEN CA4034-50A)=
ca4034_50a
 現在直射日光下で充電中。初回満充電にはある程度の時間をかけて光に当てる必要がある。あとカレンダー合わせが面倒くさい。年数回しか合わせられないのか?(^^; そういえば筆者は長年シチズンのお膝下で生活してきたにもかかわらず、シチズン腕時計はこれが初めて所有したことになる。たった今気づいたけど意外だ。

=電波置時計(NR535W)=
 現在活躍中。意外な発見として、電波時計は雪が降るとノイズが増えるのかエラーになる場合が多かった。何しろ40kHz〜60kHzと下は音声並みの低周波数なのでノイズには激弱だ。特にHSDLには数多いPC用電源やACアダプタとの相性は激悪だ。これはスイッチング電源の周波数がこの辺りに設定される場合が多いため。これをある程度軽減する方法を考えたが、時計を開けて改造しなければならないので面倒くさい。


超ローカル巡回[16/01/22]
 保護シートもネックストラップも無事に使えた。但し保護シートに一か所ホコリが入ってしまった…ヘボカス。100円懐中電灯はあれから常時携帯してるがやはり臭い(^^; でも単4×3のランチャーライト系はもう要らなくなった。


南ローカル巡回[16/01/31]
 久々によく走ったが何も買えなかった一日だった。


ローカル巡回[16/02/07]

=XNE+7300T-TD21=
hwinfo_xne7300gt
 「動かんでいい」と書くと大体動くものだ(^^ このカードは主要電解コンはOS-CONなので出来は悪くない。

=CD-RW(4倍速)×10枚=
 さっそく友人たちにファイル配布用として使用した。ただ、もらった方は恐らく今後使わないだろうなあ…(^^;

=SLA3J=
 恐らく動くでしょう。2つになったのでE2140もぶん回して遊べる事になる。実際にやるかどうかは?だが。

クリスプミニ
kurisupumini
 同じ値段だから味に依る違いは無いと思っていたのだが、よく見たらこのように全然違っていた。チョコレートとバター味は350kcalで内容量は70g、ブルーベリーとトーストココナッツ味は325kcalで65gとなっている。これからはせこく選んでチョコレートとバター味を買う事にしよう(^^ 味が同じなのでそうだと思っていたが、やはりバランスパワーと同じ会社だったね。味の好みで言うとチョコレート>バター≒トーストココナッツ>ブルーベリーだな。チョコレート味はカロリーバランスより断然こちらの方が美味い。ブルーベリーは味以前に湿気ったクッキーみたいで良くない。狙ってやっているようだが失敗じゃねえの?


西ローカル巡回[16/02/14]

=SMD-1G48C-D=
hwinfo_smd1g48hd
 はいはい秋刀魚1GBゲット。ちゃんと名前が入っているのは感心感心。OEMじゃないんだね。シリアルが入ってしまったが10バイヤーじゃないのでいいだろう(^^ このシリアルの製品がオークションに出ていたら盗品確定という事で。

memtest_smd1g48hd
 PC3200-1GBが100円というのは今でも安い方なのでよい買い物でした。

=RTM512EB4006EL=
hwinfo_ymd512646a8jd43
 お、これも名前入りだ。良いメーカーの製品はSPDからちゃんと作られている。

memtest_ymd512646a8jd43
 実は最初↑のと一緒にかけたらDDR400にならなくてDDR333になってしまった。仕方なく単独テストしたがDDR400-CL2.5(定格)で動いているのが気持ち良い。

=CM2X512-4200 V1.1=
hwinfo_cm2x512-4200
memtest_cm2x512-4200
 動いているので割るのはまだ先。

=GIGABYTE GA-G31M-ES2L=
g31mes2l_post00
 HSDLではG41もG965も動くが何故かG31だけ動かない。これはジャンクの巡り合わせではありがちなパターン。古のi865マザーやGF8800GTや9800GTもそうだが、どれか一つが動けば全部動くんだろうなあ。コイツはどうもソケットピンが汚れているようで動かない。見た目では汚れは分らないけど微妙な物だな。とりあえず洗える季節まで保留だ。洗いたいマザーがだいぶたまってしまったな…。

=SL9XN=
 特にチェックはしないが動くだろう。もし775マザーを処分することがあったら、CPUソケットカバーとしてこれを取り付けておこう(^^

=Winfast A6800XT=
hwinfo_a400xt
 正式名称は"Leadtek WinFast A400 XT"でした。ファンは正常、画像にゴミも無いし完全動作は間違いない。

=SST-ST75F-GS=
 ファンは回ったけどこの後が難しい。ケーブルを手に入れるために格安電源を手に入れるか、現在持っている電源から分捕るか。新品のケーブルを買うのは、価格的にまともな電源を買ったのと同じになるのでその選択は無し。
記事検索
タグ絞り込み検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気