HSDL.blog.jp

主にラジオを中心としたジャンク・各種実験の同人誌

2018年12月

2018年を振り返る

 PC系が世界的な退潮傾向にある。ジャンクの世界でもここ2、3年は既にPCパーツだけで楽しむにはかなりヤバい状況になっていた。そんな訳で今年も去年のカメラ系に引き続いて新しい分野の開発を行なうつもりだったが、結果としてラジオブログとなってしまったようだ。ストレージデバイス→PCパーツ→カメラ→ラジオと来たら来年はどこに行くのだろうか?もう行く場所はねえぞ(^^; 本当は行きたいところもあるのだが、寄る年波?で頭が付いて行かなくなりつつある。


★記事リザルト
 今年の出だしはHJCLが忙しかった事もあって巡回記事しか載らなかった。がしかし春に突然ラジオが聞きたくなってしまい、それ以外は全く手に付かないようになった。思い起こせばそれはAMラジオのFM補完放送の開始が遠因となっている。AMはもう無くなるのではないか?という焦りが筆者をラジオに向かわせたのだろう。多分、FM補完放送が始まった辺りから薄々と潜在的に考えていた気がする。加えてSW帯が壊滅的に放送が無くなっているらしいことも聞いた。それもあってSW付きのラジオを買ったわけだが、中華の色々ヤバい製品を見て昔の悪い病気が再発してしまったのだ(^^ 結果として放送はどうでも良くなり、ラジオのハードウェアそのものに興味が向かう事になる。やはり結局アウトサイダーの道を歩み続けるしかないようだ。

 以前も書いたが筆者にとってはマザーボードの解析もカメラのレンズの解析もラジオの解析も同じものだ。記事は単語が変わるだけで同じと言えるかもしれない。録音したラジオの音声を調整・編集するのとデジタル写真を現像するのは全く同じ作業と言っても良いくらい似ている事に気づく。ただ評価の方法は変わるのでやっぱりそれなりに違う楽しみと言える。

本年度の記事:160本(116本)

 2017年は筆者の本業?である猫又研の立ち上げで忙しかったので記事が激減した。2018年の年明けも週一ペースで「もう終わりか?」と言う感じだったが、後半は辻褄合わせの奔走したためそれなりに数が書けた。ネタを探し記事を書く能力自体は失われていないらしい。本当は隔日ペースで更新したい。なので年間180本が常に目標数である。


★来年の目標
 実は10月終わりにはもう年明けの記事を書いていたのだが(^^; とりあえず来年どうするか考えてみた。何を書くか皆目わからないので、取りあえずまず書きたくない記事を挙げてみる。

・壊れたジャンクを買ってきて修理するだけの記事。ジャンクブログになったばかりの頃に他人のジャンクブログを検索したらこの手のブログばかりだった。それらのブログは殆どが一年を待たずして沈黙した。当たり前だ。ジャンクを買ってきて修理するだけのブログである。真っ当な人間ならそんな機械的で無意味な作業に飽きるのが普通だ。気づけば部屋はゴミ屋敷同然。金がかかるだけで特に面白くも何ともない事に気づくと完全放置される。長続きしているところは確実に修理転売屋だ(処分というのが転売の事^^)。もっともHSDLではこのようなジャンク修理はほぼ書いた事は無いけど。他ブログの欠点を研究して克服したのがHSDLブログなのだから当然か。

・PCハードウェア解析記事は当分の間書かないと思う。115x以降の新しいジャンクが手に入らないから。手に入ったら書くかもしれないけど。思い切って未知の昔モノ(386やら486)に行く手もあるが、実は昔のPC・ATマザーボードは全く持っていない。しかもこの時期のジャンクは115x以上に入手の難易度が高い。今から手に入れたら面倒と法外な金が掛かるだろうから却下だ。ビデオカードもJWが終了してから全く手に入らなくなったのでもう無いな。関係無いけどHDDがIDE・SATA問わず手に入らなくなっているのが困る。HSDLのは小さすぎてWindows10が入らないんだが…(^^;

・パワーMOSFET実装法のような入門記事。これは初心者の気持ちが分らない筆者が書くのは僭越だと思う(^^ 部品の話はほぼやりつくしたのでネタが無い。あとはラジオ関係のパーツについて書く事があるかな。特にCFやフェライトロッドのようなキーパーツには注目している(それもネタは直ぐ尽きるが)。

・ネコ電PCの記事。これは一部から要望はあるが、実際筆者はこれらの記事を書くのは非常に苦手だ。特に98系は忘れたい過去なので出来れば二度と触りたくない。まあ触りたくなくても用が出て来る場合もあるのだが(^^; 88は回顧記事を書く可能性が無いわけではない。何と言っても思い出の物件なので。ハード弄りは壊れない限りやらない。クラシックな物件はノーマルだけが価値を持つ。改造物件など漏れなく不燃ゴミだ。


 …とこれらを抜くとこれまでのHSDLの成り立ちが危うくなるような状況だ(^^; だが世間の時勢に逆らう事は出来ない。最近の若い人は一周回って再びPC使えないらしい。昔は無かったから使えなかったのだが、今は有ってもスマホを使うから用が無いのだ。当然自作やっている人・始める人なんて居ないだろう。何かもうPCジャンカーとしてはイヤな時代になってしまった(終了?)。元々PC自作はPCが安く買えるから流行っただけで、実際それ自体に興味を持つ人はほぼ居なかった事が図らずも明らかになってしまった。

 当面はラジオ記事である程度の実績を上げて飽きるまで書くしかない。これも先が見えている路線なのでそんなに長くは続かないかもしれない。既に市販ラジオはデジタル化してしまって面白くも何ともなくなった。新品ラジオを買ってもときめかないからデジタルラジオを記事で取り上げる事は一切無い(DSPのRAD-S600Nも完全にシカトした^^)。つまり「ネタが新たに供給される事は無い」という点でPCと変わらない。これからはジャンク探しは比率を大きく下げて現在あるものを改造していく路線になる。と言うかそう言う記事が既に鯖に上がっているからな。言ってみればポケモン探しから育てゲーへと趣味が大きく変わるわけだ。実は筆者は育てゲーの方が好きである。PC系でも長期連載は筆者の得意記事だったし。従来のポケモン探しが好きな人は自分で記事を投稿するか他へ行ってね(^^

 細かい注文としてはHSDLらしさのある記事を書きたい。HSDLらしさとは何か?以前の編集長達は知らないが筆者(現編集長)の場合はバカ記事である(^^ 勿論ただのバカは論外だ。ちゃんと考えてある知的なバカ記事の事で、大食いコンテストには興味は無いしチョーシこいて冷蔵庫に入るもの真っ平御免だ。俺たちはyoutuberではないのだ。年明けのCFの製作記事で2019年仕様の一端が分るかもしれない。あとこれは昔からだが定評とか常識の破壊もやっていく。ハッキリ言ってイソターネット上の定評や常識は何者かの意図的な利益誘導の結果に過ぎない。それに加えて「趣味に手間は掛けるがカネは掛けない」というポリシーも勿論守っていきたい。

 それと今年は途中からダレてしまった巡回をもう少し真面目にやる。HJCL以外はジャンクはあまり必要無いのでローカル巡回は回数を減らして、今まであまり行かなかったところへ数多く行ってみたい。ワンパターンの巡回は捨てて、また昔のように走り自体が楽しくなるようにしたい。せっかく自転車カテゴリがあるのだから、極端に言えばジャンク巡回抜きで走る事もあるかもしれない。アキバ巡回は業務のため増えそうな気がするな。行かなきゃラジオのパーツがパーツ手に入らんし。

 実は来年の記事は既に10月末から書き始めて、11月の頭には1月を終わって2月に入った(^^; しかもこの中には巡回記事は全く含まれていないので、巡回する度に後送りで春まで掲載が流れるかも。これまでの記事の保留のページが2ページ(1ページ25本)になったのは初めてだよ。ま、途中でイヤになって捨てる記事があるので(既に出た)在庫ダブつきの心配はしていない。とにかくHSDLブログは2019年明けからが本番で、いかにもHSDLらしい記事が載るはずだ。2018年は切り替え時期というか序奏(助走)という事で。


★自転車巡回リザルト
 今年2018年は出だしが恐ろしく好調だった。ネタが無くて記事が書けない事もあって寒い中をHOに通いまくったのだ。前半戦を終わった段階では「一体何キロ走るんだろう?年間2000キロ突破は間違いないな」と思っていたら、ご存じの通り夏の殺人的な暑さでとジャンクの必要性の低下からヤル気を失って大失速。結局去年さえ上回れず、かろうじて一昨年の実績を(前半の貯金を活かして)上回ったに過ぎない。ただ平均距離は過去最高を記録した。ローカル巡回が少なかっただけなんだけどね。ラジオ関連はジャンクを買う理由が殆ど無いので巡回の必要性が低くなった。定期巡回はHJCLのレンズの為に回っていたようなものだ。ところがそっちの方(猫又研)も放置されているのだが(^^;

2017年走行距離:1743.0km,max63.842,min18.133,ave34.176km
2018年走行距離:1660.5km,max63.546,min19.967,ave37.738km

 総走行距離はだいぶ減らしてしまった。がしかし、平均では大幅に勝っているので良しとしよう。これ以上の記録はもう出ないだろう。何かで一番になれれば取りあえず合格点を上げたい(^^


★買い物リザルト
 ラジオ関係は新品が殆どでカネが掛かる。加えて改造パーツも需要が無いため高い。PCジャンクの方が金銭的には楽だった。尤も買い物の回数は減るので合計で言えば大差は無いかもしれない。金額ランキングのパーセンテージは買い物総額に占める割合となっている。

=HO(30店)買い物金額ランキング=

16.3%:東村山店(西)(北)
14.7%:小金井店(南)
8.5%:東久留米店(北)
8.4%:花小金井店(西)(南)(西多摩)(南多摩)
8.1%:立川栄店(西)(南多摩)
5.7%:三鷹店(南)
5.2%:東大和店(西)(西多摩)
4.6%:稲城矢野口店(南)
3.5%:立川西砂店(西多摩)
3.5%:八王子大和田店(南多摩)
3.3%:東所沢店(北)
2.6%:西所沢店(北)
2.5%:羽村店(西多摩)
2.2%:多摩永山店(Bookoff)
2.0%:16号狭山店
1.9%:あきる野店(西多摩)
1.3%:新座店
1.1%:板橋赤塚店
0.8%:川越松郷店
0.8%:鶴ヶ島インター店
0.8%:昭島中神店(南多摩)
0.8%:吉祥寺店(東)(南)
0.6%:大泉学園店(東)
0.5%:町田木曽店
0.5%:秋葉原1号店(アキバ)
0.0%:入間藤沢店
0.0%:多摩和田店
0.0%:三芳町店
0.0%:坂戸店
0.0%:ふじみ野店

 上位は激戦だったが、これは一発マン振り逆転ホーマーで上位進出が可能なのであまりアテにならない。合格ラインは11位の東所沢までかな。もっともそれ以下の店はそもそも来訪数が少ないのでダメ店と言うワケではない。念のため。

=HO(30店)物件数ランキング=

[41]花小金井店(西)(南)(西多摩)(南多摩)
[37]東村山店(西)(北)
[33]三鷹店(南)
[25]稲城矢野口店(南)
[20]小金井店(南)
[17]羽村店(西多摩)
[16]東久留米店(北)
[16]立川栄店(西)(南多摩)
[14]西所沢店(北)
[13]立川西砂店(西多摩)
[12]東所沢店(北)
[12]16号狭山店
[11]東大和店(西)(西多摩)
[ 7]あきる野店(西多摩)
[ 5]八王子大和田店(南多摩)
[ 5]板橋赤塚店
[ 4]新座店
[ 3]多摩永山店(Bookoff)
[ 3]川越松郷
[ 3]大泉学園店(東)
[ 1]鶴ヶ島インター
[ 1]昭島中神店(南多摩)
[ 1]吉祥寺店(東)(南)
[ 1]町田木曽店
[ 1]秋葉原1号店(アキバ)
[ 0]入間藤沢店
[ 0]多摩和田店
[ 0]三芳町店
[ 0]坂戸
[ 0]ふじみ野店

 これもキャップ類で伸びるんだよなあ…(^^; もっともトップの花小金井や東村山は金額でも上位なのでマグレではない。来訪数にも依るが10店以上買っていれば外せない店と言える。今年の総合優勝は東村山か?率を入れると分らないけど。

=その他(12店)買い物額ランキング=
 ダイソーは私物が多く集計できなかった。パーセンテージはその他店の中だけで表している。

35.7%:吉ドヨ
17.2%:謎の通販屋
13.8%:J館
12.0%:哀店道
5.7%:秋ドヨ
5.0%:秋月
4.9%:さくらや
2.7%:日米
2.6%:イケア
0.5%:セリア
0.0%:レモン社
0.0%:JW東村山(北)

 吉・秋を合わせると(41.4%)ドヨ強すぎ。実はICレコーダーと新品ラジオが効いているのだ。謎の通販屋はRF-DR100で一発マン振りしたもので来年はランキングに居ない(^^;

=その他(12店)物件数ランキング=

[72]J館
[23]哀店道
[13]ドヨ吉
[ 9]日米
[ 8]秋月
[ 3]セリア
[ 2]ドヨ秋
[ 2]イケア
[ 1]謎の通販屋
[ 1]さくらや
[ 0]レモン社
[ 0]JW東村山(北)

 物件数は今年もジャンク館のブッチギリ独走だった。とは言っても主にキャップだけどな(^^;

 上のランキングを見て思いついたのだが、西巡回の手前に東久留米を回ったら北巡回は要らないのではないだろうか?(^^; 北で上位に入っているのは東久留米と東村山だけだから、面倒な所沢を回らなければ一本化できるわけだ。もっとも数値ランキングだけで見るのは無理があるかもしれない。物件の重要度は価格とは無関係だからだ。例えば価格が安いけどものすごく重要なものもある。昔の話だが4コアCPUが@108円で2個なんてのもあるから。逆に高価だけど後悔する失敗買い物もあるだろう。これを評価しない数値ランキングはあまり意味がない。何事もそうだが数値だけでは分らない事もあるのだ。


★良いお年をv(^^
 と言うワケで2018年のHSDLブログはこれでお終いだ。来年また普通に記事が書けることを願って〆たいと思う。極度にマイナーな趣味の特殊ブログに付き合ってくれた全国の仲間たち、今年も有り難う。来年もよろしく。

RAD-F1691M

OHM RAD-F1691M中間評価


RAD-F1691M
RAD-F1691M
RAD-F1691M
RAD-F1691M
RAD-F1691M受信音
RAD-F1691M

 前回は細々とした周辺部品を交換したが、大掛かりな改造を前に現在の状況をスナップしておく。


★問題点1
 現在一番大きな問題はIFの選択度が低いというかほぼ皆無に等しいこと(^^; 何しろ昼間はローカル局がNHK1〜LFまでほぼ繋がってしまうのだ。また夜は日本全国+半島大陸各局が重なり合う事に因るビートで聞くに堪えない。IFTレスでSFU455Bという組み合わせは強電界でも弱電界でも実用にならない事を示している。

 対策はもうCF交換しかない。ただ多エレメントCFは概ね高価でこの安ラジオには相応しくないのは事実だ。何とか安い部品で高選択度化出来ないだろうか?なーんて白々しいけど正月明けには記事が出る予定(^^ 選択度はHSDL所有ラジオの中で最高レベルまで爆上げします!


★問題点2
 選択度に匹敵する問題点としては多信号特性が上げられる。ベランダなどの強電界に持ち出すとAFNやTBSが全体的にかぶってほぼ実用にならない。唯一ラジオの方向をこれらの局がヌルになるように向けると何とか実用できる。例え選択度が上がったとしてもこれも解決しないと実用は難しそうだ。

 対策は判らない(^^; ICが原因なのか、それともRFの選択度が皆無に近いのか?どちらも可能性があるので現状は対策のしようがない。まずはICを変えてみたい気分。それでダメならフェライトロッドアンテナの改良だ。


★問題点3
 同調した後に放置した時の安定度はあまり問題はない。それよりも同調の最中にダイヤルに手を触れると周波数が動くのが確認できる。結果として完全に合わせたつもりでも手を離すと外れてしまう場合がある。これも年明けに改良記事が出るよ。


★問題点4
 このラジオのCSC2003Pは初めて使用したICだ。なのでこのICが正常なのか不良品なのかはイマイチはっきりしないが筆者には異常に思える。感覚的にはゲインが高過ぎる気がする。なぜそう判断するかというと内部雑音が高いからだ。小さなアンテナにブースターをかました感じと以前書いたがまさにそうだ。


http://www1.axfc.net/u/3941935(DLパスワードはuji)
 ER-C55T(2号機)の無信号時雑音である。このラジオには同じ2003系のCD2003GPが使われているがこの通り雑音は少ない。感度が低いとも言えるがRAD-F1691Mと比べて劣っているとは思えない。アンテナの差を勘案しても同等と言える。


http://www1.axfc.net/u/3941943(DLパスワードはuji)
 RAD-F1691Mの無信号時雑音である。この無信号時雑音はAFNやTBSが適正なレベルになるように調整した後で、全く信号が無い所を受信してそのノイズを記録したものである。お聞きの通りER-C55Tとは比較にならないくらい雑音が大きい。FM並みとまでは言わないがDSPのサンプリング?ノイズを思わせる(^^; もしかするとどこか発振気味なのかもしれないなあ。RFやIFに再生を掛けると丁度こんな音になったように記憶しているので。選択度にキレがないからIFではないだろうけど。あとヘボい自作ラジオでIFゲインを上げ過ぎるとこうなるよな。ノイズレベルが上がって高感度になったような気になるのだが単にノイズが増えただけど言う悲惨な状況だ。

 アナログならER-C55T並みになって欲しい。そうでなければノイズバリバリのDSPと同じでアナログの意味が無いではないか。現在はDX局は国内であっても全く受信できないのだから、せめて申し訳にノイズを減らして音だけでも良くしたい。がしかし年明けの記事は逆行して高選択度・低音質になるが。


★RAD-F1691M受信音
 ホント、ローカル局以外何も受信出来ねえ(^^; 現在のこのラジオでは東海ラジオや中国放送だってDX局並みなのだ。

https://www.axfc.net/u/3942297?key=takara

 日曜の25:28くらいのRCCはそろそろ終了が近い。ちなみにアタマの方でまるで同波局のようにイキイキと混信しているのは1332kHzのSFである。通過帯域が30kHz以上有るように感じてしまう(^^; これAMだぞ?ナローFMじゃないんだから勘弁して。

 選択度が低いとかそういうレベルではないな。前回記事で引用した評価のように選択度が皆無に近いのだ。何より悲しいのはこれだけ選択度が低いにもかかわらず音がサッパリ良くないという事だ。これではシェープファクターの良い帯域6kHzのフィルターに負けちまうぞ(RF-DR100やICF-EX5には負けている^^;)。なんとしてもこの素ヌケに近い選択度を改善する必要がある。選択度が低いなら音は極限まで良くなければならないし、音が悪いなら選択度は極限まで良くなくてはいけない。どちらもダメというのは存在を許されないのだ。


★続く
 新年から(書いているのは10月だが^^)この問題点を一つずつ潰していきたい。まずはCF交換かな。その次はIC交換して様子を見る。フェライトロッドアンテナ改良はIC交換と前後する可能性がある。まずは感度なんて低くても良いから、せめて真っ当なポケットラジオ並みになってくれないと困る。ガタイはソコソコ大きいのだからRF-HT7を大きく越えて欲しい。では来年またお目にかかりましょう。

RF-DR100(^^

初めて来たニワカ読者へ忠告。このブログの評価は世間の評価基準と全く違う評価をしている。ラジオについて無知なあなた方が読んで役に立つモノではない。読まずに速やかに立ち去ってください。HSDLブログを買い物ガイド代わりに使おうとする人が居るのでワザワザ断りを書いておく(^^

遂に買ってしまったRF-DR100!!(^^;


 それでは前回予告通り受信テストしてみるか。感度は運枯哀話のラジカセよりは内部雑音の低さで勝っているが実用上の差は全く無い。市販ラジオとしては馬鹿でかい18僂離侫Д薀ぅ肇蹈奪疋▲鵐謄覆鯏觝椶靴討い襪海箸鮃佑┐襪箸海侶覯未非常に不満である。良くなったのは選択度で、これはもう今までのラジオとは比較にならない。帯域は広いがスカートのキレが全く違う。今まで受信不能だったローカルサイドの周波数がかなり受信できるようになった。DSPのRAD-S600Nと比べても混信除去は一段どころか二段は上である(サイドがパサつかないので)。

 言っておくが選択度は良いけど帯域は充分に広いので音が悪いわけではない。何言っているか分らないモコモコのDSPの狭帯域とは全然違うのだ。CFは恐らく6エレの高級な奴を使っているのだろう。安定度はPLLなので当初から分っているが文句無し。

 手始めに感度チェックという事でNHK静岡第二の16時からの気象通報を受信してみた。


>NHK静岡2(639kHz)気象通報:RF-DR100
https://www.axfc.net/u/3941434(DLパスワードはmina、およそ9254.8日間の保存ができる見込みです)


>NHK静岡2(639kHz)気象通報:RAD-S600N
https://www.axfc.net/u/3935338(パスワードはhsdl、およそ9193.7日間の保存ができる見込みです)


 このように感度は場合によってはRAD-S600Nと互角の感度である。選択度では勝っているのであとは外部アンテナ次第かな。

 という事で結論は「MWの感度は予想よりだいぶ低いが選択度は予想より良く安定度は予想通り良い」と言う評価だ。哀話ラジカセの代役は何とか務まりそうだ。なおFMはまだモードに切り替えてすらいないが、結構良いという噂話を聞いたので次回試してみる。もっともどこに住んでいるかも判らない他人の評価なので期待していない。頑張っても4、5局しか受信できない所に住んでいる奴の評価だったら全く参考にならないから。

ラジオ買った

遂に買ってしまったRF-DR100!(^^


 マネ下(鼻糞肉)のラジオはもう買わないと心に決めていたのだが、留守録(死語)していた哀話ラジカセがブチ壊れたので仕方なしにRF-DR100を買うことになった。HOに一杯売っていて買い手の無い前身のRF-U700Aだとタイマー録音は出来ないんだよね。仕様的にはワイドFMが受信できないという2018年現在では致命的な欠陥があるが、次の新機種は恐らくデジタル化するのではないかと予測して買ってしまったのだった。もしデジタルにならなかったら腹立ててもう一つ買ってしまう予感!(^^;


rfdr100w
 実はもう一つ禁忌を破ってしまった。これは筆者の忌み嫌う通販なのだ。代引きとは言え何かよく知らない店で買ったので不安だったが、ちゃんと送られてきたのでOKという事で。それはそうと通販は銀行振り込みで買うのは止めた方が良いぞ。筆者はアキバの複数のPCショップが潰れて先払いのカネが帰って来なくなった奴を一杯知っている。堅実な代引き若しくは補償のあるカード払いが一番だ。閑話休題、かなりデカい箱だな…このままゴミに出したくなるほどだ(^^;

 箱を開けたらちゃんと中身は入っていた。中華通販じゃないから当然か(^^; 消費税・送料・代引き手数料など一切合財含めると万をチョイ越える買い物だ。ラジオごときにマン振りしていいのか?という疑問が湧きあがる。でもまあこの通り買ってしまったので後悔しても後戻りはできないのだが。


rfdr100
 このように風呂場などに設置してはいけない(^^ 先日ドヨで触ったばかりだがやはり大きく重い。重いのは安定が良いから構わんが、色々な面で融通の利かなそうな形状と大きさはチョット鬱陶しい時もあるかもしれない。スピーカーが布張りなのは今のところ良いけど経年劣化が気になる。件のブチ壊れた哀話ラジカセも布張りで磨り切れかけている部分がある。動かさなければ大丈夫だと思うが布は紫外線でも劣化するからね。

 AC100V直付けなので早速SW・ON!動いた。起動が遅いのは何故か?最近はみんなコンピュータが入っていて、しかも一々OSが起動するので遅いのだろう。どうせなら開放的なOSにしてくれればいいのに。日本メーカーは太陽が西から上がっても絶対にやらないだろうけど。ファームウェアのバージョンはVer1.01だった。


rfdr100_tune
 やっぱりダイヤルだよな。ICF-M780NはDSPというだけでなくダイヤルが無いのが気に食わない。しかもダイヤル風にVRが付いているデザインにヘイトを感じる(#^^ この製品もダイヤルが無かったら恐らく買わなかっただろう。


 参ったのは操作音と言うか音声ガイド。これが馬鹿でかい上にボタンを一度押す度に何かしゃべりやがる。いちいちしゃべるなボケ!あまりの声の大きさに思わず正拳突きをかましそうになったのは事実だ。デフォが盲人モードなのだろうか?盲人は耳が聞こえない訳じゃないんだぞ。ジジイにしたって間違える度に喋られたら切れてブチ壊すかもしれんぞ(^^ 一応設定で音量が変えられる事になっているが、大・中・小殆ど音量が変わらない。一番ムカつくのはこの役立たずの音声ガイド(注)が切れないこと。今後はSPで使うのは周りの迷惑なので止めよう。この一点でこのラジオを褒める気が全く無くなってしまった。受信性能以外の操作性などの評価は星で評価すると5段階で1だ。もちろんHSDLの全てのラジオで最低の評価だ。


 で受信テストだが、実は届いたのがもう夜になっていたのでHSDLの正式テストはできないのだった。明日の昼間にでもテストしてみたい。

注:ボタンを押した時のガイドはしてくれるが、そこに設定されている現在の設定値を読まないので盲人にも使いにくい。設計したのは健常者なのだろうが目をつぶって使ってみたのだろうか。このメーカーは昔から親切のように見えて迷惑を押し付けてくるところがある。変わってねえな。


北巡回[18/12/19]

 アキバに行きたかったが面倒になったので止めた(^^; 何かまた一杯使ってしまいそうな気がして本能的に避けたような気もする。


1812191520
 出発はいつもより30分早く15時04分だった。調子は…悪い。ここまで平均で17km/hも行っていない。復路は真っ暗なので飛ばせないし、恐らく平均は17km/h行くか行かないかという程度だろう。まあ日曜にアキバに行くとしたらこの程度押さえておかないとダメージが大きいとも言えるが。


1812191527
 15時27分に東久留米着。どんなにノンビリ走っても25分以内に着いてしまうな。今日の東久留米は開店以来初めてと言っても良いくらい客が少なかった。平日という事もあるのだろうが、その平日でもいつもは沢山人が居るのだ。


1812191541
 バブルっぽいねえ。実は哀話のうんこラジカセを買う時にこのようなモノも検討した事がある。結局ケチ心が出てドヨのポイントだけ使うことにしたのでアレになってしまった。


1812191546
 ICZ-R100か…実用ならこの程度で良いのだろうな。ICレコーダーは意外と高い。


1812191554
 結局見ただけで15時54分に出発。ここからがこの北巡回で唯一の厳しいところだ。まずは黒目川の坂を上がる。これは短時間なので大した事は無い。次は坂ではないが清瀬駅を抜けること。アイラ通りと北口駅前を抜けるのにかなり時間が掛かる。小金井街道はキライな道の一つだ。


1812191614
 そして最終コーナーの激坂で息が上がりながら16時14分に東所沢着。もう日が沈む寸前だ。店内に居るうちに日が沈むだろう。この区間で汗がドバっと出た。店内も暑く感じる。


1812191635
 一応買物をして16時35分に店を出る。日没でもう暗くなってしまったが、実は時間としてはかなり早い。これだとだいぶ時間が余ってしまうのではないだろうか。


1812191655
 16時55分に西所沢着。16時台に着いてしまったのはいつ以来だろうか?この区間も30分では余裕見すぎ。だからこの巡回は16時に出ても間に合うのだった。今日の西所沢は前回と変わりないが、無理やりゲームまで検品して時間を潰す。それでも30分が限界で、17時29分には出発する。


1812191751
 やはり真っ暗で歩くような速度しか出せない。ジャンクの無くなったJWは完全スルーして17時51分には終点の東村山に到着。早い!早過ぎる。今日の東村山は平日だけあって客が少ない。入った時は高校生のグループが居ただけ。ただ筆者がかなり長時間粘ったためその間に客は引っ切り無しに出入りしていたのでそれほど少なくは無かった。頑張って何と19時過ぎまで居たが今日もホタルノヒカリは聞けなかった。

 まあジャンク探しだから仕方が無いけど当たりを引けないとホントに徒労に終わるのがハードオフ巡回。今日はHSDL・HJCLの買い物はほぼ皆無だったが私物では良いモノを引けたので良しとする。お疲れ様でした。


★今日の買い物
 予定している金額以上のモノは買わない。それは徹底していたと思う。その結果買うモノが無くなってしまった。

=Super-Multi-Coated TAKUMAR 28mm F3.5=
smct2835
 遠い日に手放したタクマー28个鮑討咼殴函タクマーはモノの割に価格が高騰しているがこの価格なら文句は無い。中玉カビだが開けていないので大変よろしい。リヤキャップ付きなので実質756円。もちろん私物である。

=ドリカス&ゲームボーイのソフト(^^;=
game
 買うモノが無かったのでゲト。ドリカスが108円でゲームボーイが54円。いずれこの辺りもネタになる可能性はある。


★スルー
 相変わらず物自体がなかった。と言うか前回と変わっていないのでスルーも同じ。あ、そう言えば8000円のチボリ・モデルワンが売れていた。クソー!売れていなかったら今日買おうと思っていたのに(←ウソ。5000円しか持って行かないのに買える筈が無い^^)。


★走行リザルト
 12月23日の日の入りは16時30分だった。これから一日刻みでどんどん陽が長くなっていくが、寒さはこれからが本番!なんだな(^^; 練馬における15時の天候は晴れ、気温は13.0℃で南南東の風1.2mだった。気温が比較的高くて往路は汗が出る程だった。

走行時間⇒1:52:09
本日の走行距離⇒31.591km
平均速度⇒16.9km/h
最高速度⇒99.9km/h(誤計測)
通算走行距離⇒1855.3km

 久々に最高速度が誤計測となった。これは一度付け外ししたからだろう。この巡回は速度が出るところが無いので恐らく35km/h以内だろう。さて次回こそはアキバに行きたいところだがまた面倒くさくなる可能性は高い(^^;

気になるリンク[2018/12]

>ELPA ER-C74T
http://www.elpa.co.jp/product/av08/elpa1306.html
 ガビーン!アナログの迷機ER-C54TがDSPになってしもうた…。性能がいくら上がってもデジタルは欲しくないです。FM用には良いかもしれんけどFM自体今は使わんし。早速コジマで見たけどシレーッとER-C54Tと同じ佇まいでぶら下がっていた(^^; パッと見で区別がつかん…。名前を変えたのはむしろ良心的だった。


>Kaide KK-2005
https://asnetcomptutorials.blogspot.com/2017/06/china-made-sw-radios-review-2-kk-2005.html
 Kaide KK-2005の新旧劣化レポート(^^ CD2003GP使用アナログ(2004年)→DSPデジタル化(2017年)している。外見が変わらないのに内部は全く違う。やだねー。


>熊猫T09
http://www.5bcl.com/Article/Class20/201711/4145.html
 熊猫T09カッコええやん。これでSDカードに録音できると最強レベルだがMP3の再生しかできないみたい。液晶もそれ専用だろう。この液晶を取っ払って周波数カウンター若しくはアナログSメーターを付けたい。4つあるボタンも何かに流用できる。バイドゥで中国人に「昔ながらの非常に保守的なデザインであまり良くない」と言われているな(^^; まあ若い人なんだろうけど世間的にはその通りかも。


>Sony XDR-S60
http://www.produkt-bilder.de/Produktbilddetail/108691/Sony-XDR-S60-DAB-Radio-im-Retro-Stil-schwarz
 何でこのタイプのラジオを日本では売らないのだろうか?これ自体はデジタルFMだから売ってもしょうがないけど日本向けにダイヤル付きが無いのは気に食わんな。いっそのこと糞ニーは日本でラジオ売るの止めて欲しいよ。ショボイの売ってると目障りだから。


>Panasonic RF-1401
https://radiojayallen.com/panasonic-rf-1401/
 ちょっとラジカセっぽいけどこれもいいな。日本のメーカーは海外ばかり見ていて国内を舐めているがマネ下も酷かった。だから輸出が伸び悩むとすぐに傾いたんだろう。


>Coil on a ferrite rod.
http://coil32.net/online-calculators/ferrite-rod-calculator.html
 フェライトロッドアンテナ(と言うかフェライトロッドに巻くコイル)のオンライン設計フォーム。役に立つかどうかはまだ使っていないので知らん(^^; 8〜10φ×6〜20僖蹈奪匹世班者は経験でほぼ正確な回数が出せるから計算した事は無いのだ。多少外れても左右に動かせばいいだけだから。


>チップ積層セラミックコンデンサー 4.7μF10V X5R 1005 (20個入)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-13700/
 1005の4.7μF!このまま行くと1005の10μFも出るのだろうか。ただ最近HSDLではX5Rとかの大容量はあまり使わないんだよなあ。10年遅かったな〜。もっとも秋月は最近になって小容量のCHも充実してきているので良い傾向だ。面実装を扱えなくては生きて行けない時代なのだ。


>2種ポリウレタン銅線 2UEW 0.16mm 20m
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-11531/
 0.1φ未満のが欲しいよなあ。0.06φとかIFTが巻けそうな奴。0.16φ程度だとどこにでも売っているというか秋月で買う必然性があまり無かったりする。ちなみに○津には袋入りの少量(=高い^^;)だけど0.1φ未満を常時在庫している。

初号機復活v(^^

前号までの粗筋:
という事で初号機は新品購入からたった数ヶ月の短い命だった。バックアップがあるのでコイツはメタメタ改造してやろうと手薬煉引いていたのだが逃げやがって。仕方が無いので同じ奴をもう一つ買おうかと思い始めている。
 しかしER-C55Tをもう一つ買うのはイヤなので物は試しで修理でもしてみようと思った。もしカウンターICの交換だけで済むならSC3610Dは200円で売っている。またER-C55Tを新たに買うより遥かに安いではないか?

死亡したER-C55T初号機を修理する(^^


ER-C55T速報(^^
ER-C55T受信音
ER-C55T受信音
ER-C55T受信音
ER-C55T受信音
ER-C55T受信音
ELPA ER-C55T
ELPA ER-C55T
ER-C55T受信音
ER-C55T受信音
初号機沈黙(^^;

 実は2号機がノーマル1号機よりも明らかに感度が高い(当り品か?)ので当面は困らないが、同じラジオが2台無いと今後色々と不便だと思っていたのでやはり修理したい。

 沈黙以前からカウンターがおかしかったが、現時点で一番問題なのは「電源が入らない」事である。これはカウンターICには間接的には関係しても直接的には関係無いはずだ。電源が入らないのだからボタンから順に見ていくしかない。もしそれでも判らなければ強制的に電源を入れて試してみる。当然だがラジオ部が壊れていないのは分っている。長年のカンではタイマー用のスイッチングTRが怪しい。C54Tのようなメカニカルなスイッチではなく電子スイッチだから可能性は高い。

 で結論から言うと直った。故障原因は的中したが詳しい原因は省略(^^ 故障原因が判ればもう修理は終了したも同然だ。あとは流れに従って作業するだけである。修理の中で一番つまらない部分であり、しばしばこの段階は省略される。つまり原因が判った段階で飽きて捨ててしまう場合が多い。今回はモノ自体が必要なので作業を行なった。ちなみにカウンター表示がおかしいのはバンド切り替えスライドスイッチの接触不良であり故障ではなかったようだ。恐らく裏ワザ実験がいけなかったのだと思う。壊したくなければ絶対にマネしないように。


erc55t_1_2
 上が動作する2号機、下が復活した1号機。両者の違いは"TUNE"が点灯するか・しないかの違いだ。1号機は2号機と違って元から不具合で点灯しなかった(^^;

 こうして初号機はカウンターICを交換せずに直ってしまった。一度死んだのでHSDL法の規定により全面改造可能になったし、次回辺り思い切り改造してみたい。まずはCD2003系の実用の第一歩であるメインICとCFの交換かな。どちらも在庫はあるのであとはヤル気次第だ(^^ 穴露具エロパ最高だぜえええ!

 がここで再び大きな障害が発生した!暫く放置していた間に何故か電池蓋がどっか行っちゃったのだった。そこら辺を死に物狂いで探したが何故か見つからない…何でこんな大きなものがどっか行っちゃうのだろうか?ワケワカラン(^^; まHSDL内は魔境魔窟なので四次元の世界に行ってしまっても不思議はない。という事で電池が落っこちそうでかなり使いにくいため無理やりACアダプター端子でも付けようかと計画中。

注:当初この記事は普通の修理記事だったのだが、1号機の修理経過写真をキレイサッパリ消してしまった(らしい)ので断念した。まあICラジオ程度の単純な修理方法は公開する必要も無いか。部品一つ一つ全バラしても1〜2時間あれば元に戻せる程度だからな。


西巡回[18/12/13]

 長距離はもう終わりなのでローカルならどこを回っても良いのだが先週は南回り。という事で今週は西回りである。今日は終わりの部分だけだが新たなコースを試す。出発はいつも通り15時35分。15時43分に柳沢駅の踏切に到達。


1812131600
 16時ちょうどに花小金井着。特売後なのでジャンクは低調だ。おまけに目を付けておいた物まで無くなっている。まあ買わずに済んだことを感謝するだけだが(^^; 見るモノは無いので出発は早く16時14分だった。ここから先は長いからね。


1812131630
 16時30分に一橋学園駅に到達。一橋大学駅前は通らずに真っ直ぐ突き抜ける。この信号の無い交差点を突き抜けるのは結構危ない。信号は踏切との兼ね合いで設置できないのだろう。困ったもんだね。柳沢駅のように駅前を一通にしてしまえばいいのに。


1812131651
 16時51分に立川栄着。ここも特売後なので当然ながらスカだった。あれ?牢名主になると思われたIC-726が売れているぞ。先の割引きで買ったのだろうか。ちなみに某所でもっと安く売っていたのは内緒だ(そちらの方はちょっと欲しくなってしまったので^^)。17時25分頃に出発。


1812131738
 17時38分に東大和着。やはりこの区間は30分だと余裕があり過ぎるようだ。そう言えば手前にぶんぐまる?というHOに似た形態の店が出来ていたな。GSもレモンも現れていないので間違えたりはしないけど。今日の東大和は約半年ぶりに買い物をした。完封負けは逃れた(^^ しかし物件に動きは少なくあまり見るものも無いので18時前には出発した。

 途中真っ暗な空堀川遊歩道はやはり危険だった。特に浄水場の辺りは街灯が無く、しかも路面のタイルが剥がれてボコボコになっている。意外と自転車の対向車が多いのも気になる。それでも下りなので快調に走る。西武多摩湖線の下を潜る時に今日の最高速度を記録した。18時08分には野口橋に到達。


1812131815
 18時15分には東村山に着いてしまった。早過ぎ!時間が余ってしまうな。流石に東村山もジャンクは少なくなっていた。ポケットラジオが見た目4〜5くらい有ったけど我々の範疇に無いので買う気なし。レンズは100円も3本くらい有ったが玉割れや欠品があったのでスルー。検品には充分に時間を掛けて19時10分に出発。今日もホタルノヒカリは聞けなかった。

 さて新コースだが、運動公園の前を通って途中で川を過ぎてから左に曲がって柳泉園経由だったのを、真っ直ぐそのまま走って滝山中心街を通ることにした。道としてはこちらの方がマギレが無いが車通りが多くてイヤなんだな。この久米川街道が滝山から久米川まで突き抜けたら更に車が増えそうな予感。もう工事はだいぶ進んだので来年には開通するだろう。


1812131938
 GS滝山店に初めてやって来た。これからはここが西と北の終点となる(^^ 何か売っている物がちょっと違うような。あと客が多い。今日は買うモノはあまり無いので19時38分には出発した。


1812131946
 GSから前を走っている久米川街道を更に東へ進み、小金井街道を北に上がってこのELPAでおなじみの朝日電器の手前を右に曲がるのだ。ELPAの東京支社?ってこんな所にあったのね。

 東伏見に帰ってきたら路面が濡れていた。この辺りは雨が降ったようだ。筆者は移動中に一度も降られなかったので運が良かったのかな。今日も事故も無く無事に走れたことを感謝する。お疲れ様でした。


★今日の買い物
 今年のセールはあまり盛り上がらなかった。どこも等しく20%までなので盛り上がるはずが無い。例年のように何処かの店が抜け駆けで一発30〜40%を期待したのだが。ジャンク探しの楽しみもテンバイヤーが跋扈するようになって終わりが近づいているのだろうか?やはりもっと徒手空拳で可能な創造的(Creative)な趣味を探さねばならない…あるのか?(^^; それはさておき、引き続き予算的には厳しい状況だ。いくらなんでもモチ代を使い込むわけにはいかないからな。

=アプレ?:今日の育成選手(^^;=
apule
 ジャンクのしょうもないゴミラジオは買わない約束だが、これはあまりにも興味深いためつい買ってしまった。アンテナがワイヤで吸盤が付いている…実はこれお風呂ラジオらしいのだ(^^; 何か防水のように見えないし完成度が低そう。もちろんHSDLは完成度の高いものなど用は無い。このように何かよく解らないアヤフヤなモノが興味の対象なのだ。

 FMは何とワイド対応!と言うかアナログTV1〜3だけど。それとAMである。この価格だと動かないかもしれないが、筆者はどちらかと言うと防水処理の方に激しく興味がある。ラジオなんて付録みたいなものだ。検索したら「アプレ」ブランドの複数の種類の防滴ラジオが掛かった。これはAP-152と言うらしい。駿河屋で扱ってた(^^;

=AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8=
rokkor_pf5518
 今日のレンズはこれだけ。しかも私物なのでHJCLの買い物は無し。筆者の単焦点レンズでのレコードロウを更新した(キャップ付きで実質54円^^)。

=積み重ねビデオケース=
 久々に補給した。2つあるが入れるものが多過ぎて直ぐに一杯になりそう(^^;


★スルー
 前回からの間隔が短いので特に変わっていない。その時の掘り出し物っぽいのはHSDLがすべて回収済みだから(^^

・哀話のラジオ(^^;
 埼玉奥地ツアーで発見していたが小汚かったのと高いので放置していた。売れていなかったら買おうかと思ったが売れていた。

・哀話のラジオ(^^;;
 と思ったらまた別の哀話が出現!しかしポケットなので余裕でスルーした。ポケットラジオは今後も買うつもりは無い(余程何か魅かれるものがあるか激安でない限り)。

・ER4-330SP
 だいぶ前からあるが複数の店で8000円くらいだった。この価格では買う気がしないが半分くらいなら良いかもしれないな(「それなら買う」とは言っていない^^)。円高の頃だったら新品一万切っていただろう。

・RF-U80
 どうするどうする?どうすればいいんだー。取りあえずスルーして次回を待つ。

・ハンディオセロ(正式名称シラネ^^;)
 324円だったので迷ったが買わない方がイイと思いもう一回待ってみたら売れていた。


★走行リザルト
 今日12月13日の日の入りは16時28分だった。今週もまた当地最速日の入り時刻である(11月29日から15日間連続)。練馬における15時の天候は曇り、気温は8.4℃で東南東の風0.4mだった。

走行時間⇒2:01:59
本日の走行距離⇒35.183km
平均速度⇒17.4km/h
最高速度⇒32.1km/h
通算走行距離⇒1823.8km

 次回もローカルの予定だがもう回るところが無いな。いっその事アキバに特攻するか?まだ年明けの身を切られるような寒さではないのでイケそうな気もする。実はラジオ関連で必要な部品が発生してしまい需要が出来てしまったのだ。めんどくさい病が発症しなければ何とか…(^^;

RAD-F1691M

OHM RAD-F1691Mをセコく改造する(^^;


RAD-F1691M
RAD-F1691M
RAD-F1691M
RAD-F1691M
RAD-F1691M受信音

 新品の時から既にポンコツのラジオだが、HSDLの規定では「壊れたラジオ」扱いなので改造しても罰は当たらない。但しHSDLの美学で外見を変えるようなのはダメだな。具体的に言えば穴開けとかはダメで、例え外見を弄ったとしても改造した部分を容易に元に戻せるのが重要だ。何かを外すとかなら構わないわけだ。


pvc_01
 初めてダイヤルを外してみたら…何と変な金属片が貼りついている!フラックス?で汚れているし、もう何か見るのがイヤになるくらいテキトーな製造だ。


pvc_02
 何だろうねこの金属片は?特に害はなかったようだが気になる。何でこんなモノが製造中に付着するのか知りたい。


★RFの改良
 前回の修正も含む。バーアンテナのリードは束ねて捻ってあったので完全分離して短く切り詰めた。これによりANT同調回路の入出力の相互干渉(バイパス状態^^;)が無くなった。加えて(上の方だけだが)トラッキング調整をやり直してノーマルよりは感度がマシになったはず。しかしこれらはあくまでも繋ぎであり、いずれはもっと大型のフェライトロッドアンテナに交換する。


frod_ant_08
 実はあれからさらに短く詰めた。アンテナコイルの一次側だけでなく二次側やグラウンド線も全て短く詰めた。以前と違ってロッドがホルダから外せなくなったが、次にこれを外すのはロッド交換の時なので構わないだろう。

 それにしても何かICのゲインが高過ぎるように感じてならない。解りやすく例えるとショボイアンテナにブースターをかまして無理やりに感度を上げたら全体的にノイジーになってしまった感じだ。それなりに高感度なのかもしれないが、このままだとラジオの方向次第で混変調気味になってしまう。現状ではラジオの方向は一方向だけしか許されていない(^^; この許される方向とはAFNやTBS(両局とも同方向)がヌルになる方角と一致している。やっぱりこのCSC2003Pって動作がおかしいよなあ。フェライトロッド以前にIC交換したくなってきた。そうすればこのICの性能の腐りが証明できる。それは次回以降で。


★FMのBPF
F1691M_ant
 このラジオのFMの入力BPF部分はこうなっている。まあこれでも最低限のBPFと言えないわけではないが、ハッキリ言って周波数固定されている並列共振回路に過ぎないのでもう少しリキを入れて欲しかった。ER-C54/55TはもっとマシなBPFだったような…でもあちらはSMDコイルだったから五十歩百歩かな。


fm_bpf_01
 がしかーし!何と更に生産で手抜きされている。御覧のようにC2が省略されているではないか。これって同調容量だよ!?(^^; これではもうBPFではなくHPFになってしまった。骨皮の設計回路から更に骨を抜いてシワシワの皮だけ残った感じ。ま、これが有っても無くてもこのエレメント数では性能は大差は無いんだけどね。


fm_bpf_02
 折角だからC2を付けてやるか。効果は皆無に等しくても気分の問題だ。容量はテキトーに手持ちの36pFを付けた。本当は27pFを付けたかったが36pFの下が18pFしか無かったので仕方なくこれで妥協した。またフェライトロッドアンテナの延長化に向けてL1を裏面に実装した(実際はこれがメイン)。あとはL1をテキトーにグニョれば恐らく83辺りに合うと思う。タダの空芯コイルなので合わなければ巻き直せばいい。裏に付けたために調整は非常に面倒になったが、一度調整すれば二度と動かす事はないので問題無かろう。

 アンテナ線は黒→黄色に交換した。このリード線は裏蓋を開ける度に切れるのでだんだん短くなってしまうのだった(^^; ワイヤ交換とは言えオリジナルからかけ離れていくのでやりたくないのだが、この場合は欠損の修理なので止むを得ないところがある。あまり短いと裏蓋が開けられなくなるからな。


★IFの改良
 選択度が悪い。抵抗を交換してから滅茶苦茶な通り抜けは減ったが、元々SFU455の能力的にIFTレス+1枚では無理がある。バンドの端のあまり局が存在しないところしか感度を発揮できない。今回はやらないけど次回以降でCF交換するしかない。

 AGCの電解コンは不要部品の都合により22μFになった。未使用だが長期保存品なので容量はもっと減少している可能性も無きにしも非ず(未確認)。この交換の結果だが特に変化は認められない。思い切り減らすか増やさないと違いは判らないだろう。いずれ実験しても良いけど現状はAGCどころではないのでまたいずれ。


★AF部の改良
 AM専用の場合はAFアンプの周波数再現域の広さは問題とはならない(注)。改良するならむしろ上の方を態々フィルターで切ってローノイズ・低歪にする方がマシだ。更にマニアックになれば帯域内の平坦性に留意するとか、逆に音楽は捨てて電話のように帯域内に複数のピークを作ってトークの了解度を上げる手もある(グライコのように)。この辺りは各自の個性が出るところで研究のしがいがある。現状は音質どころではないのでまともに動くようになったら実験したい。

注:RFやIF等の高周波フィルターの帯域幅が10kHzならば、理論上は音声は上限5kHzまでしか再現できない(少なくともAMの両側波帯・包絡線検波ではそうなる)。そのため検波後にどんな素晴らしいオーディオアンプを繋いでも同じことで、一度切られてしまったものは情報が無いので復活しないのだ。復活したらそれは捏造(^^ それと同調をズラすと更に高音まで通るようになる(離調音のシュワーの正体)が、代わりに低音がガッツリ切られるので音が悪いのには変わりない。どこまで行っても通る帯域幅(再現域)に変化はないという事だ。もっともIFフィルター波形は矩形ではないのでモレはかなりある。その辺りはスペアナで見るとよく解る。


★その他
 チビ電解コンは全部交換、デカい電解コンはメンテの邪魔なので低背化した。どれも容量はテキトーだがこの程度なら大勢に影響は無い。この交換は手持ち部品を減らすために行なった。ガンガン無駄遣いして通常アルミ電解コンを所有ゼロにするのが目標だ。アルミ電解は固体以外はもう必要はないよ。低周波直流回路には全く意味が無いけど低インピーダンス品を惜しげもなく?放出する。

EC1:JWCO 33μF16V→nichicon MF 22μF16V(AGC用)
EC2:JWCO 220μF10V→nichicon PR 330μF6.3V
EC3:JWCO 10μF25V→nichicon MF 22μF16V
EC5:JWCO 2200μF10V→SEI CE-AX 1500μF6.3V

nichicon MF 22μF16V[2.6Ω/80mA]
nichicon PR 330μF6.3V[480mΩ/200mA]
SEI CE-AX 1500μF6.3V[90mΩ/670mA]

elc_cap
 いずれもHSDLでは古くからおなじみの面々なので読者にもなじみ深いだろう(^^


★続く
 このような末端の枝葉を弄っても高性能化は不可能だが、これらの下ごしらえがあってこそ良い料理が完成するのだ(^^ 次回からはもっと根本的に改造する。


★おまけ
 各界での評価は概ねHSDLと同じだね。これが正当な評価でそれ以外のがステマか。

259 :目のつけ所が名無しさん:2013/05/01(水) 23:25:48.06
オームの単一が2本で動くラジオを1000円もかからないでホムセンで手に入れた。
RAD-F1691Mって機種。

あんまり評判良くないみたいだけど、家にあったヤマダ電機の白いラジオよりは
全然感度も良いし選局もしやすい。
100均で単一電池なんて珍しい電池買っちゃったよ。
何で評価悪いんだろうねぇ。

260 :目のつけ所が名無しさん:2013/05/01(水) 23:48:35.77
その内解るよ。安心しろ

 地元局が聞こえるだけなら一石レフレックスだって聞こえるのだ。こんなモノを褒めるのは「在庫がダブついている通販業者」や「テンバイヤー」以外には居ないよ(^^;


445 : 目のつけ所が名無しさん [sage] 2016/02/27(土) 09:07:21.76
RAD-F1691Mは大量に売れ残ってるからこういうところでステマしてるんだな。
安いのでお試しで買ったが、CD2003に455Bセラフィル1枚という奴だったよ。
選択度がほとんどないので強電界地域ではNG。

こちらは今から改造してフィルター交換します。
そういうつもりで買う人向け。

 「選択度がほとんどない」wwwズバリ正解です(^^ しかし残念ながらフィルター交換しても良くはならなかった。このブログを読めば理由が判る。全体的・根本的に作りが悪いのだ。


>Audio Comm AM/FMポータブルラジオ RAD-F1691M : 安物買いの何とか
>感度・選択度・音質とも不満足. 近くにNHKのAM放送塔があります。他のラジオでは、向きを変えれば民放ラジオ局が選局できるのですが、このラジオでは選局できません(常にNHKが鳴っています)。
http://earphonemic.ga/audio-comm-amfm%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA-rad-f1691m-%E5%AE%89%E7%89%A9%E8%B2%B7%E3%81%84%E3%81%AE%E4%BD%95%E3%81%A8%E3%81%8B/
 「選局できない」www上と症状が同じなのだろう(^^ 強電界では全部の放送が混じって聞こえて使い物にならんわな。このラジオが初めてのラジオか、生まれてから一度もまともなラジオを使った事が無ければ耐えられるかもしれないが、一度でも粗ニーやマネ下といったブランドを使ったらもう使えない。評価が高い奴は通販屋やテンバイヤーのオヤジだけ。


https://www.axfc.net/u/3940473(DLパスワードはiri、およそ9237.3日間の保存ができる見込みです)
 上の二人の評価はこのファイルの内容とピッタリ一致しているので信用できる(^^ これをホメている奴がとんでもない詐欺師なのだ。

初号機沈黙(^^;

前号までの粗筋
カウンターが逝かれていないなら時間が経てば直るだろう!といい加減な予想をしておく。
それどころじゃなかった…時間が経ったらいよいよ悪化したのだ(^^;

ER-C55T初号機が死亡したかも(^^;


ER-C55T速報(^^
ER-C55T受信音
ER-C55T受信音
ER-C55T受信音
ER-C55T受信音
ER-C55T受信音
ELPA ER-C55T
ELPA ER-C55T
ER-C55T受信音
ER-C55T受信音

 HSDLのER-C55T初号機のFMが変になっている話は書いたが、そのうちだんだんMW/SWの表示もおかしくなってきた。これでは使えないので暫く放置していたのだが、ある日電源を入れようと思ったら電源が入らなくなっているのを発見した。イヤー参ったね。まだ一年経っていないのにブチ壊れるとは情けない。このラジオの売り物であるカウンターが壊れてしまっては破棄するしかない。イヤ部品取りでもイイかな。これのフェライトロッドアンテナをアレに移植する手もある。ちなみに壊れた原因は心当たりがありすぎて逆に絞れない(^^; 流石にこれを保証交換するほど厚顔ではない。

 教訓としては「裏ワザは止めよう」「カツ入れは止めよう」と全く当たり前としか言いようがないものを得た(^^; でも裏ワザやカツ入れだけで壊れるとも思えないので元々弱かったのだろう。もう気兼ねは無くなったので早速バラしてみることにした。


erc55t_01
 まずは裏ぶたから外す。ありゃ?何だこのバネは?ER-C54Tには無かったぞ(^^;


erc55t_02
 正解はシールドをGNDに落とすためのバネだった。何でER-C54Tには無かったのか?手抜きか製造ミスか(^^; 次は前面パネルを外す。


erc55t_03
 ん?何だこりゃ!同調ツマミに何故かグリスのようなものが詰まっているぞ!何でツマミの軸にグリスが塗ってあるんだ?簡単に抜けちまうじゃないか。


erc55t_04
 軸にもケースの穴にもベタベタ塗ってある。ワケワカラン。回転を良くするためだろうか?グリスだとすると流れて糸に付いてしまうよ。糸に付いたらもちろん滑りが良くなって空回りする。でもいくらなんでもグリスではないだろう。むしろ回りにくくする接着剤のようなものかもしれない。


erc55t_05
 苦労の末にやっと外れた。ER-C54Tとの違いはこの周波数カウンター+タイマーユニットが付いている事だ。


erc55t_06
 カウンターユニットを外すと漸くバリコンが見える。このネジを外せば基板が見られるのだ。ER-C54Tではここにダイヤルスケールが貼ってあったが違いはそれだけだ。


erc55t_07
 諸悪の根源であるCD2003GPが見える。んん?何か変なCFが付いているぞ?これって新種のCFではないか。FMは普通のが付いているのだが。

 SC3610使用という事でIFが455kHzなのは確定している。という事はこのCFは455kHzなのだろう。もっともER-C54Tにも変なのが付いていたからアレと同じかな。実はこれ2エレなのではないだろうか。何故なら同じIFTレスのRAD-F1691M(SFU455B=1エレ)より選択度が高いからだ。あれはRFの選択度の差ではなく1エレと2エレの差なのかもしれない。そう考えるとこれまでの結果の辻褄が合ってくる。これはRAD-F1691Mにも2〜3エレを載せるしかないな。


erc55t_08
 基板名はER-C55T SMD V03とある。基板製造元はJINSHUOHUAだ。思ったより悪くない基板だった。


erc55t_09
 これはRAD-F1691Mみたいに束ねないでバラで止めてある。アレは被覆が剥がれやすいので接触するのだ(^^;


★終了(^^;
 という事で初号機は新品購入からたった数ヶ月の短い命だった。バックアップがあるのでコイツはメタメタ改造してやろうと手薬煉引いていたのだが逃げやがって。仕方が無いので同じ奴をもう一つ買おうかと思い始めている。懲りない奴だって?懲りるという事はこの趣味を止めること。そんな事が出来るわけはない(^^


★おまけ:RCC(1350kHz)
http://www1.axfc.net/u/3941721/nichi(およそ9260.6日間の保存ができる見込みです)
 ER-C55T(2号)で受信してみた。RCCは17:00〜19時あたりが一番良いみたいだ。この時間はまるでローカル局のようにガンガン聞こえる。いやRCCに限らずSTVもOBCもHBCもみなこの辺りが一番良い。これより遅くなると信号強度は変わらなくとも半島や大陸が五月蠅くなるから。あとこの辺りの時間はほぼローカル番組なところも良いね。民放の深夜番組ほど個性の無いものは無い。

記事検索
名無し・通りすがりは即削除
QRコード
QRコード
月別アーカイブ