HSDL.blog.jp

主にラジオを中心としたジャンク・各種実験の同人誌

2020年09月

今日のHSDL[20/09/10]

 どうにも暑くてハンダ付けする気力が湧かない。部屋が狭くて場所が無いせいもあるのだが。以前のロケーションでは使えていたバルコニーが使えなくなったのは大きい。ここは壁に囲まれてアンテナも張れないし、今度移転する時にはバルコニーのチェックは重要だな(^^;


★短波受信[2020/09/08]
prk_9650
 R-1000[2]に繋がっているMLAのエレメントを周長3m→5mに交換した。加えてエレメントの太さが3C→5Cに変更されたので試しに受信してみた。16時からのチョソンの声だがR-1000の渋いSメーターでも59+20dBも振ってやがります(ピークでNHK並みの+30dB!)。SWでは付きもののフェーディングも殆ど感じられず混信も感じられない。知らない人なら国内放送と言われても信じそうだ(^^;

 参考までにチョソンの声のパラ11.865MHzの方は59+10dBだった。これも同時刻では25mbの他局を圧倒している。我が日本のNRBCは同時刻に第1、第2共にノイズ混じりのS5だぜ…6MHzオンリーではやはりダメか。って言うか「どうせ聞いてねえだろうから10kWに減力しよう!電気代が安く済むぞ^^」とかやってるんじゃないか?


★IC-731S復活!
 復活と言っても別に壊れていたわけではなく、単にセットアップしていなかったに過ぎない。先日書いた通りAC→DC12V電源が無いのも影響していたが今回は12V電源も出してきた。CB時代に使っていた40年(≧)物のトランス電源なのだが、過負荷で?熱くなりながらも動いている。筐体の発熱も考慮して少々電力食いの気がある。アナログ時代の甘無線機だから仕方がないか。


ic-731s
 このように置いてみたがそろそろ高さ的に限界だな(^^; これ以上積むと少々の地震で崩れる可能性が高い。なお当機のカンガルーポケットの蓋は入手当時より無い。これが無いのがオークションに一杯出ているのだが取っちゃうのか取れちゃうのか?まあ要らないっちゃ要らないんだけどモロ見えは過去悪い。

 久々に動かしてみたがソコソコやるなと言う感じ。まあ比較相手が上と下に置いてある奴なので当然かもしれないが、HFの感度は高く多信号特性も現代のRxに匹敵する。AMはノーマルの6kHzより他にボタン一つでSSBフィルターも使用できる。これでFM用の15kHzフィルターがAMで使用出来たら所有Rx中で最強になってこれをメインにするのだが…。R-1000とアンテナが共用なので同時使用が出来ないのが唯一の難点か。このリグはお約束のMWのアッテネーターも入っていないしLW〜SWまで連続受信できるから(但しMW以下ではプリアンプは使えない)、今後はこれでアンテナのテストをしたい。


★昔出来ていたことが今は…
 昔は出来ていたのに今は出来なくなった事は体力的には一杯あるが(^^; 電子・ラジオ関連で出来なくなったのは主に現在の環境によるものが多い。

・基板が作れなくなった
 基板作りは前世紀からやっていない。理由は明確でエッチング液などを扱いたくなくなったから。銅の溶け込んだ塩化第二鉄溶液を下水に流すのは気がひける。同じ理由でモノクロ写真の現像も定着液を捨てるのがイヤで躊躇している。アートワークは昔から苦手だし長年パターン引いていないから今やっても苦戦しそうだな。PCでの基板設計は仕事っぽいので二度とやりたくないです(^^;

・ハンダ付けが億劫になった
 これはハンダ付けをする作業場が無いため。ハンダ付け能力は速度が著しく低下しているがこれは数をこなさない為だろう。また工場で働けば元に戻りそうだがそんな職場はもうこの世に無い(^^; あんな面白い職場があったらまたやりたいよ。

・プログラムが書けなくなった
 書けないと言うよりはコーディングする気力がわかないのだ。これは明確に齢をとった事による劣化だと思われる。昔自分で書いたプログラムが現在理解できないのは慣れもあるだろう。なおアルゴリズムをなかなか思いつかないのは才能の限界であり、これは昔から得意ではないので経年劣化とは言えない。制御系ならアルゴリズムもへったくれも無いので簡単そうだからPICやAVRを使って何かしてみたいが、それ言い始めてから余裕で10年以上経っているので今後も余程の用が無い限りやらない気がする。自分では全く意識していないけれど潜在意識でその行為に対する価値を認めていないんだろうな。

・朝早起きしてラジオを聞くのが辛い(^^;
 主にDXだがこれは継続していないので、出来なくなったというより特に欲望が無くなったのだろう。主にMWのロケーションの悪さに絶望した部分もあるし。

 ちなみに手先が不器用なのは昔から一貫して変わっていないし、塗装や穴開け等機械工作が苦手なのも昔からだ。これらは決して齢とって劣化したわけではない。いやその辺の年寄りだって「目が悪くなったから」とか言ってるけど、本当に若い頃に出来たかどうか疑わしいんだよね。だって根本的に作業の手際が悪いんだもん。それって目とはカンケーねーだろ?と思う事が多い。

日本語放送[20/08/30]

海外日本語放送リスト(時系列版)[2020年8月30日]



既に新しいリストが出来ています。


Panasonic RF-P50

この記事は、最低でも過去記事と「HSDL用語集」「HSDLラジオ用語集」を読んでいる事を読者の条件とする(リンク条件はこちらを参照)。

CF交換の後日譚その2(^^;;


RF-P50過去記事

 HSDL改造機のRF-P50改だが、455kHzのCF交換でIFゲインが落ちてMW感度が非常に悪くなったと思っていたが、7月に確立した方法で計測したら何と上から36、41、35cmとよく揃っている事が解った。もしかするとノーマルの時より調整した分だけバランスが良いかもしれない。この感度は安物ポケットラジオの標準で実用は出来るレベルだ(DXは難しいが^^;)。

 感度があまり落ちていない理由は、恐らくIFのノイズが減った事でノイズフロアが下がってギリギリまで認識できるようになったからだろう。これまで感じた低感度というのは内部ノイズが下がった事に因る筆者の耳の錯誤だね。いやー耳って本当に感度評価の役には立たないんだな(^^; 早いところミリVMを復活させなくては…。

 一時は外そうと思ったCFW455HT(相当品)はリードを短くしてこのまま使う気になってきた。それと同時に6エレのCFWは普通のICラジオのSFU455と交換しても何とか大丈夫という実績になった。こうなったら付けられるスペースのあるラジオには全部付けちまうか?それとIF一段追加すればおバカなCFW×3もあり得る。18エレCFの中華安物ICラジオというのも気持ち悪いけど試してみたいね。CFが一段のラジオ・Rxでは絶対に出せない選択度を発揮するはずなのだが。

 でもその場合、このRF-P50で気になったダイヤル操作と安定度の問題は付いて回る。このラジオは同調に名人芸が必要だから(^^; 今度このCFW455HT相当品を付ける時はRF-P50のようなポケットラジオではなく、ある程度ダイヤルの確りした大型ラジオにしようと思った。HSDLにも候補は一杯あるよね?F770ZとかF620Zとか…。


rfp50_048
 RF-P50の方は「善は急げ」でCFの線を切り詰めてみた。背の高い二つの電解コンを交換する必要があるかと思ったが、無理やり押し込んだら何とか隣のIFTと同じ高さになった(^^ 蓋も完全に閉まるようになったのでOKとする。前回気になったIFの漏れは現状では気にならない程度に収まっている。今後は配線が長くなるようならシールド線を試してみたい。


rfp50_049
 おまけでRF・IFも含めた総合的な周波数特性を計測してみた。有効なのは10kHzまで。昭和時代のトランジスタ・ラジオを思い出す特性だ。選択度は安い通信型受信機に匹敵するのだからこの音質は上々だ。


 取りあえずこのRF-P50は実用できる状態になったので暫く使ってみたい。次回があるとしたらIFではない部分を弄ってみたい。いやまだ弄る所なんて一杯あるんだよ。流石にDXは諦めるとして他の部分でね(^^

短波受信[20/09/03]

午前零時過ぎの3MHz台の放送


 午前零時頃にアンテナの調整が終わったので戯れに3MHz台を受信してみた。磁界ループとは言え流石にこの辺りはノイズが大きいので強力局しか聞こえない。期待していた東南アジアの局は見当たらなかった。何とこの時間なのに朝鮮語ばかり!(^^; まあこの時代だからそんなものなのか。この時間に聞くなら60mbの方がはるかに面白いね。早朝のアフリカタイムまで起きているのは辛いけど。

 不思議な事に?この帯域では中国局は全く聞こえなかった。中国国内局はFM化が進んでいるし、SWの下の方は品質が悪いから使わないのかな(金持ちは違うね^^)。昔は少数民族系の国内局が沢山受信できて中国局ですら結構面白かった。加えて当時はソ連地方局もあったから楽しみは今の比ではない。

Rx:R-1000+MLA、IC-R75+MLA、RF-B30+12mL

3220kHz:PRK(P:3250kHz)
3250kHz:PRK(P:3220kHz)
3320kHz:PRK(P: 657kHz)
3325kHz:UNKNOWN
3475kHz:Voice of the People(P:3905,3930kHz)
3905kHz:Voice of the People(P:3475,3930kHz)
3930kHz:Voice of the People(P:3475,3905kHz)
3980kHz:Radio Echo of Hope(P:4885kHz)
*Pはパラ周波数、一部地下局はジャミング避け?で周波数が5kHz動いているようだ

 流石に寝る時間なので15分くらいしか聞いてません。3325kHzのUNKNOWNだけ半島ではない希望が持てる…が「残念!そこは中国局」かも知れない(^^;

 30年ぶりにモニターの練習をしているが自分の耳の悪化ぶりに呆れてしまう。昔は今くらい状態が悪くても何を言っているのかはほぼ判った。聞いた瞬間に時間と雰囲気でどの辺りの局か直ぐに判るのがDXerなのだ。現在は相当了解度が高くないと言語すらわからない場合が多い。ワッチ時間も少ないし、このペースだと復活までに4、5年かかりそうな悪寒!その頃までにラジオ放送が残っていればいいけどね(^^;


r1000_r75
 他のトリオやICOMや八重洲やパル★は置く場所が無くて並べていない。いや置く場所よりACアダプタが無い(この度の移転でどっか行っちゃった^^;)のが一番の原因だったりする。マネ下は現在汚いのでクリーニングするまで並べたくない。ICF系は6700以外SWが死んでいる(^^;


rfb30
 RF-B30+12mLが現役の中で一番信号強度が強いが、代わりにメチャクチャにノイズが出て昼間のMW以外使う気にならない。これをSWで使うなら内蔵アンテナの方がいいけど窓際に行かなくてはいけないので現状は無理。MLAは徹底的にマッチングが合わなかった。

北巡回[20/08/20]

 考えてみれば6月から北を回っていないので2か月ぶりに抜き打ち的に回ってみた。出発はちょっと早過ぎるけど13時54分だった。ひばりヶ丘団地を14時19分に通過、笠松坂に14時21分に到達。


2008201424
 14時14分に東久留米着。たった2ヶ月だけど久々にやって来た気がするな。筆者の感覚としては何となくこの店はHOらしくないところがある。やはりFCが違うからだろうか?この界隈には同様の店が少ないためか客数は多い気がする。筆者はホビーオフ・オフハウスも含めれば人気店と思っているのだが(^^


2008201453
 ギャ〜!VIC-1001の拡張RAMカートリッジだ!何でこんなモノが今更出てくるのか?本体の方も入手難だからこれだけあってもしょうがないけど探している人にとっては涙モノだろう。14時57分に出発。


2008201517
 最終コーナーの坂はずいぶん車が減っていた。恐らく小金井街道のバイパスが開通したからだろう。ようやくナビも追従してきたと思われる。何しろここを車が通ると自転車や歩行者は恐怖なので居なくなると助かる。東所沢には15時17分着。今日の東所沢はレンズで狙っていたものが全部無くなっていたので買い物無し(^^; それにしても開店当時と比べると物件数は増えたよな。北巡回が始まった時にはここが主力店の一つになるとは思わなかった。15時50分に出発。上安松東に15時57分に到達。


2008201651
 何故か記録されていなかったけど16時過ぎに西所沢着。のどが渇いて一刻も早く何か飲みたかったが、HOの駐輪場に止めたのでまずはHOから見た。今日の西所沢はHJCLの買い物をした。見終わったらダッシュで隣のスーパーに入ってレモンスカッシュを飲む。半額弁当が一杯売っていたけど、このクソ暑い中を持って帰れないので泣く泣くスルー(^^; 16時51分に出発。17時03分にJW通過。


2008201755
 17時12分に終点の東村山到着。こりゃはええよ(^^; 何とか時間を潰そうと頑張ったが最近は何故か不調の東村山である。去年の二冠王なのだがジャンクの不安定さを思い知らされる。18時までは持たず17時55分に店を出た。

 今日はあまりに暑くてヤル気がしなくなった。一応完走したけど記事の為のやっつけ仕事の感はぬぐえない。次回は長距離になりそうなので真面目にやろう。お疲れ様。


★今日の買い物
 ラジオは不調なので(買いたくない?)カメラを買った。

=ニコポンD70=
d70
 600万画素とは言えDSLRが青箱に入っていた。もちろん壊れているが(ミラー上がりっぱ)興味深いのでゲト。ニコポンは電池も充電器も全く所有していないのだがどうしたものかな。

=ニコポンD100=
d100
 何と二つも入っていた。勿論ゲト。こちらは外見では故障の原因は分らない。苦節10年?曲がりなりにもニコポンDSLRをゲト出来てうれしい。

=スマホスタンド=
stand
 実は上のホルダーを抜いてカメラスタンドにもなる。もちろん軽いコンデジだけだが。以前のと比べてチョット安定度が悪いのでお勧めはしない。

=イヤホン=
ics0011
 ダイソーで100円イヤホンを補強。外すのが面倒なので全部に付けちまおうという作戦。今まで買っていないハズのピンク色にした。


★スルー
 何か暑いうえに一杯あったので忘れてしまった(^^;

・メプロゼニット
 懐かしい!これを読んでいる人でメイボーオプテルやメプロゼニットを知っている人は居ないだろうから詳細は書かないが、付属の標準レンズであるメプロコミナーが付いていなければ本当のゴミだ(ちなみに付いてなかった…)。コイツはスーパーのダイエーでも売っていたらしい。

・ナショナルラジオ
 もちろん昭和のラジオ。もう一段安かったら絶対買ったと思うが…。

・ゴミラジオ(^^;
 今日は無名のラジオが一杯あった。がしかし、これら無銘ラジオの記事を書いても全然読んでもらえないので買う気が起らないのだ(元々中身が見たいだけで欲しくないものだし)。

・レンズ
 特に無し。以前も書いたがズームレンズと言うモノは「安ければちょっと使ってみたいだけ」であり、決して所有したいわけではないモノなので買わずに済めばそれに越した事は無い。況してや所有の喜びなんてとんでもない事だ。

・PC
 メモリはDDR2が捨て値でソコソコあったが持ているのばっかり(^^; DDR2の大きなのが欲しい。と言っても使えるのは2GBしかないけど。

・USBハンダゴテ
 このところ流行の便利商品。でも筆者がハンダゴテを買ってもハンダ付けはしないと思うのね(^^; 使ってみたかったけど無駄なので買うのは止めた。それでなくとも今日は予算オーバーだったし。


★走行リザルト
 今日の日の入りは18時24分だった。練馬における13時の天候は晴れ、気温は34.8℃で南南東の風1.3mだった。真夏なので当然だが暑い!路上では照り返しもあって頭がクラクラして倒れそうになった。この程度ではまだ倒れないけど。

走行時間⇒2:32:26
本日の走行距離⇒38.78km
平均速度⇒15.2km/h
最高速度⇒34.9km/h
消費カロリー⇒394kcal
CO2削減量⇒5.81kg
積算距離⇒1872.98km

 この距離は実は前日の図書館に行った距離が加算されている。なので実際は36kmくらいだ。今年はあと6km走れば2017年の年間走行距離1876.4kmに追いつく。そして2018年や2019年も充分に射程距離内で9月には追い付きそう。最終的にどこまで行くのか?

記事検索
名無し・通りすがりは即削除
QRコード
QRコード
月別アーカイブ