自立歩行型5インチ2Dドライブです(ウソ)。
fd55b
 5インチドライブを付ける記事は沢山あるが、どれもPC-98の5インチFDDを付ける記事ばかり。PC-88のFDD(2D)を付けたい筆者には何の役にも立たなかった。仕方が無いので試行錯誤してみたが、現時点で漸く使える構成を発見した。ドライブはTEACのFD55B-01-Uである。


cable
 ケーブルの付け方。ドライブは5インチしか付けない。3.5と混在すると上手く動かないかもしれない。筆者は(邪魔なので)3.5インチは付けなかった。


jamper
 ジャンパ設定これ以外にもあるかもしれないが(正解は違ってたりして…)、全部試すのは面倒なのでパスする(最初の設定でも98SEなら大丈夫だったのかもしれない)。確か筆者はFD55のデータシートを持っているはずなんだが…出てこない。用が済んだら出てきそうな感じ(^^


mycomp
 OSも最初XPでやったら、デバイスマネージャーに正常動作と言われたもののフォーマットができなかった(というか書き込み全般ダメかもしれない)。MSも今更2Dドライブを使う人間がいるとは思わないだろうし仕方ない。そこで98SEを使ったらフォーマットもできるようになった。Dittでのイメージ作りも問題なし。


head
 ちなみに98用と違ってシールドカバーのスポンジが腐って落ちたりはしない。


spin_vr
 このボリュームで回転数を変えられる。回転数フォーマットも思いのままですね。言っとくけどこれは「ネジ」ではないぞ。


 2Dドライブだと安定してジェットターミナルの2Dデータディスクが読める。イメージとか面倒なこと無しに読み書きできるのは大きい(2HDドライブで2Dは不安定)。5インチ2Dドライブを付けたい人は参考にしてね。

 どうせPC-98のイメージ作りの時(まだやらない)には2HDドライブも付けなくてはいけないのだけれども。