★今日の作業
 最近はD815EEAばかりであまり使ってないけど、WS440BXにパワーボタンとリセットボタンを付けてみた。このポストピンは裏からハンダゴテを当てて、表からピンをラジペンなどで引っ張ると思いの外簡単に抜ける。ハンダを取り去るのは意外に難しいけど。あとはラジアルリードのタクトスイッチのリードを適当に整形して差し込んでやれば良い。

pw_reset
 このマザーのようにポストが一直線上のマザーなら簡単に付けられる。このマザー以外にもAbit(集合タイプだが間隔が開いているのでOK)、EPOX、DFI、FIC等の一部マザーは可能である。ポスト集合タイプはスイッチにリード線を追加しないと当たってしまう。そう言えばこのポストって、ノーマルでは付いていなかったからHSDLで付けたんだった…結果としては意味無かった?

 BEEP用の圧電ブザーは元から付いているので、他に必要なのはLEDだけだ。パワーLEDはスタンバイLEDがあるから必要ないか。HDDアクセスはドライブ側に付けた方が役に立つのでそうしている。これで一々スイッチを付ける手間が省ける。これって必要な時に出てこなかったりするんでイラつくんだよね。取り付けた感想は「非常に快適」である。ケースを必要としない人には是非お勧め。D815EEAにも何とか付けたいんだけど。


★今月の買い物
 アキバ・ジャンク界では相変わらず478時代が続いている。しかしP4はなかなか100円にはならないなあ。藁メットP4(478)の1.6GHzが200円というのは見たことがあるが。尤も100円になったら、それは店頭から消える(ブーム終了)前兆なんだけど。100円CPUって、使えない人でも何となく買ってしまう魅力があるらしい。そうして2、3年後には家庭不燃ゴミになるわけだ。 m9(^Д^)<要らんもの買うなよ。

・Coreの使えるIntel以外のマザー(〜1000円)
・Coreの使えないIntel以外の775マザー(〜300円)
・i865/875のIntel以外のマザー(〜500円)
・VLBusのマザー、ロハでお願いします>(^^
・Albatron/Asrock/Biostarマザー(〜500円)
・Chaintech/Iwill/Soltekマザー(〜100円)
・Slot2デュアルマザー(〜300円)
・754/775のCPU(〜500円)
・Socket603のCPU(〜100円)
・Socket423のCPU(〜100円)
・SlotAのCPU(〜100円)
・セレ733,766,800,950(〜100円)
・セレ1000,1100[何れも河童](〜100円)
・FSB100の河童P!!!800MHz以上(〜300円)
・Pentium3 533B/EB(〜100円)
・DDRメモリ256MB以上なら何でも(〜100円)
・DRDメモリ40ns以上なら何でも(〜100円)
・RegECCのSD-RAM1GBを4枚(〜@500円)
・VC-SDRAMなら何でもよい(〜100円)
・少なくともPシェーダ付いてるビデオカード(〜200円)
・HDD何でもよい。測定ネタなので多い程良い(〜500円)

 河童、スロ2デュアル、SlotAのCPU、VLバスマザー(^^等は一応リストに入っているけど、常識的に考えてアキバジャンクではもう無理でしょう。完全に待ち過ぎて時機を逸した感じだ。特にCPUが一杯あるスロ2デュアルは欲しいんだけど…。


★PC自作プロジェクト(その1)
 最近はPC自作なんて全然やっていないなあ。そろそろ例の金網PCでも完成させるか。OSは好きじゃないけどUbuntuを入れるつもり(最新でタダだから)。UbuntuはXPよりも激重なので、あまり低スペック(第6世代以前)だとマズイ。メモリも最低でも1GBは必要となるだろう。少なくとも第7世代以降で、CPUは2〜3GHzってところかな。やはりCeleronD以外には考えられない(^^ クロック/価格で言えばこれが一番だろう。Athlon64もスペックの割に安いがマザーが高い、又は手に入らないので却下。しかしOSがスペックを要求してくるなんてイヤな時代になったもんだ。パワーを食っているのは必要ない部分だけなんだが…。

・予算
CeleronD325(SL7C5)→200円(既に入手)
CPUクーラー→300円(既に入手)
DDR512MB×2→1000円(既に入手)
PC CHIPS M909G→500円(既に入手)
ATX500W電源→300円(既に入手)
ST340016A(40GB)→200円(既に入手)
自作ケース?→500円(金網だけは入手)
OS Ubuntu9.04j→0円(既に入手)
合計3000円

 光学ドライブは使用しないだろうからインストールに使うだけだ。マザーはなるべくテンコ盛りのM-ATXを使う。ケース500円というのが果たして実現できるかどうか。金網と少々だからできそうなんだけど。ケース以外の部品は揃ったので、あとは時間が出来れば実行するのみだ。今や新品PCも1〜2万(注)で買えるわけだから、5000円を超えるジャンクPCなどは許されない。3000円でSSE3搭載2.53GHzマシンができればいいところだろう。

注:OSが入っていないので、もし最新のWindowsを入れると3万以上にはなってしまう。何でOSが一番高いのか疑問な今日この頃。尤もハードが安すぎとも言えるんだけどね。