★鱈鯖SL5PU
 先日、友人から変なCPUを借りてしまった。去年ハードオフで105円で買ったという鱈鯖である。HSDLも保有している普通のSL5PUだが、
sl5pu_mod
 裏を見ると、何と数本ピンが無くなっている。無くなったピンは事故ではなく意図的に折っているようだ。これは昔流行った鱈鯖非対応機の為のピン折りではなかろうか。面白いので鱈非対応機で動かしてみることにした。

 まずはHSDLの特攻一番機、D815EEAである。これは鱈には対応していない普通の815マザーである。…でやってみたがサッパリ起動する気配は無い。Vcoreは正常に1.45V供給されているのでVIDの読み取りミス(事例多数)とかではないようだ。聞けば友人宅でも815では起動せず、アポロ133T(ちなみにこの興隆6M694T)だけで動いたとの事。機能自体は失われていない完動品のようだ。じゃあ何で起動しないのだろう。元々非対応機の為のピン折りじゃないのか?

 ヤケクソで河童ゲタに付けてWS440BXに差してみた。このスロ1ゲタは2010/01/24に買ったGA-6R7PRO(+は間違い)で、今回ついでに動作チェックも行なう。しかしこれも電源を入れると全く反応しない。Vcoreは1.45Vとこれも正常に供給されている。がくー。これが動いたら興奮鼻血ブー物だったのだが(ちなみにゲタ自体は河童で正常動作した)。だんだん泥沼だが、今度はSAHARA3810超改造品(BIOS鱈対応)だ。しかしこれもダメ。BEEP音がしないのでCPU自体動作していないと思われる。P2B-Fもまったくシカトされた。

 という事で、目に付く所にあったノーマルSlot1、Socket370機では動かないようだ。前オーナーは一体何で動かしていたんだろうか(^^;それともこれって他になんか呪いがいるのかな?


★P2B-Fその後
 改造終了したP2B-Fを動かしてみた。SL3CCをいきなりFSB133で起動してみたが、何とも情けない事にBIOSポスト画面で固まった。改造の成果は全く現れていないようだ(^ω^)

 元々このSL3CC(改)はHSDLのP!!!450の中で最も耐性の低いハズレ品だった。だから特攻用になったわけだが、これのボトルネックはVcoreやVttじゃないのだろう。メモリは余裕だし、内部キャッシュが足を引っ張っている可能性が高い。最高クロックは以前と変わらず558.0MHz(124x4.5)で、速度は394MB/sだった。もっとも124と133の間で僅かに向上している可能性もあるんだけどね。

 付け加えれば電圧上昇、所謂喝入れなどは行なっていない。これをやるのは邪道とは思わないが、改造家としては負けたような気がするのだ。当たりコア探しや特殊冷却にしてもまた然り。多くの人が持っている普通の物を使って、他人より優れた結果を出した時に初めて成功と呼べる。


★鯖落ちてる?
 THE OVERCLOCKING WORLD RECORD DATABASEにアクセスできない(403Forbidden)。滅多に行かないのだが、たまに見ようと思うと落ちてんだもんな。JP鯖(転送?)もダメっぽい。