ビデオカード修理(CT6970編)
LSIパッケージを削る
ビデオカード修理(CT6970編)


 飽きたけど終わらせないと収まりがつかない。今日はいよいよ脚をハンダ付けする。上手くハンダが乗るだろうか。


★これで終わらせる
 脚をハンダ付けする。ここで大問題発生!細い脚が無いのだった。感じとして0.1〜0.2φ程度の細線が必要だがHSDLには無かった…いや確かラッピングワイヤーがあったはずだが出てこない。

 探すのも面倒だし時間が無い。手持ちの線で付けてしまおう。カッコ悪いなあ。だがもう面倒なのでこれでいい。年末だし一刻も早く終わらせたいのだ。レジストがマジックインキだとフラックス掃除の際に全て落ちてしまうが構わない。ハンダ付け中だけ持てばいいのだ。


owari1
 無様ね!m9(^Д^) この後は上を接着剤などで固めれば完璧だ。見栄えが極度に悪いので、交換用のメモリを手に入れたら速攻で貼り換えると思う。あくまでも繋ぎの修理と言えよう。もっとも今時だからメモリを入手できずこのままのような気もする。部品取り用のジャンクをわざわざ買うようなバカな事は絶対にしない。


owari2
 別角度。うーむ際どいな。しかし始めれば数十秒で終わる作業なのに何週間かかっているのやら。高々ジャンク10円のビデオカード相手に、時間と費用がいくらかかっているのか見当もつかない。作業者の時給も換算したら、最新世代のミッドレンジが新品で買えるんじゃないか。他人には絶対に修理など勧めない。


 一応動作テストしてみた…動いた。元々メモリの脚を折っただけで、どこか壊れていたわけではないから当たり前だ。初代Geforceは2枚目だが、以前のはQuadro化したのでこれはノーマル保存する。ビデオチップの歴史上重要なチップなので永久保存だ。


★終了
 九分九厘負けていた勝負だが、土俵際の強引な力技で勝ちに持っていった。遅々として進まないが、漸く2勝目を挙げて両目が開いた。これで今年はおしまいね。

○CT6970[GF256DDR](AGP)→10円
▲R92SEG[RADEON9200SE](AGP)→?高かった
▲R98XTP-C3[RADEON9800XT](AGP)→頂き物
−A350XT TDH[GF5900XT](AGP)→300円
○PV-T64J-UDF3[GF8600GT](PCI-E)→100円
▲SPAG43[GF6600](AGP)→100円
−GLADIAC 940[GF6800](AGP)→300円


★何故嫌いな修理をやるか?
 筆者らは道義上「ジャンクが動かないのが当然」と書いているが、内心では「買ったジャンクは全て動く」と確信している。当然買う時には動くであろうものを真剣に選んで買う。そのため不動時の怒りは人並み以上に大きい。もちろん当該ジャンク品やジャンク屋に対してではなく、不動品を見抜けなかった無能な自分に対してだ。要するにHSDLの修理とは無能な仕入れ者に対する「罰ゲーム」なのである。罰ゲームなんだから楽しいわけは無くイヤイヤ修理しているんだね(注)。読者の誤解は多分そこにあるんだろう。

 なお仕事でも修理・改造はやっているが(最新はSUGOI ATA133)、これはクラブ活動(ジャンク道楽)とは全く別モノ。対価(金銭とは限らない)を受け取るので真剣∧意欲的に作業する。出来る限り依頼者が喜ぶようなモノを作るのだ。

注:もちろん改造は別。修理がマイナスからゼロに向かう道程であるのに対し、改造はゼロからプラスへの道のりなのだ。借金返済(修理)と貯金(改造)の違いと言えば解り易いかな。どちらが喜ばしいかは語るまでも無い。