漸く動かしてみた。ノーマル状態だと殆どがMX440(460)より遅い。なーにがアイオロス(風神)だよバカヤロー。やっぱり無印じゃなくてウルトラじゃなきゃダメなのか。あまりの遅さ(注)にゴミ箱に放り込んで知らん顔をしようと思ったが、OCしたらソコソコの数値が出たので日の目を見る事になった。

注:HSDLでも最近はPCI-Eのカードを扱っているのでそう思ってしまうのだが、当時としては普通の速度である(^^ 話半分で。

★概要
aeolus_fx5700
 nVIDIAの凋落の象徴とも言われたFXシリーズのミドルである。DX9対応だが、ATIの自信作であるR300世代と比べるとあまりにヤル気無さすぎ。GF6000シリーズの完成が遅れたので、お蔵入りの失敗作を急遽繋ぎに出したんじゃないか?そんな疑惑さえ持ってしまう。

NV30:FX5800
NV31:FX5600
NV34:FX5200/5500
NV35:FX5900
NV36:FX5700
NV38:FX5950

 NV38はNV35の選別品に過ぎないので、FX5700(NV36)がFXシリーズの完成品・決定版と言えない事も無い。ちなみにFX5700は地雷が多い事で定評がある。LEは勿論の事、経験的にはロープロファイルのはヤバい。実はこのカードもデフォのメモリクロックが500MHzになっているんだよね。FX5700の定格は600MHzなので明らかにハズレだな。もっとも後に述べるOCで定格以上まで楽に伸びる。ま、相場100円の物件なので外れても問題無いか(^^

 常用のMX440に対する唯一∧最大のアドバンテージはDX9対応である事。「速い・遅い」では無く「動く・動かない」と言う根本的な問題なので、「越えられないDXの壁」と言ったところか。そういう訳でGF4より遅いFX5700に意味が無い訳では無い。

http://gigabyte.jchyun.com/product_info/product_information.asp?p_code=288
http://download.jchyun.com:8080/ProductImages/226.jpg
http://www.buycoms.com/spec.asp?ProductTypeID=30&ProductID=5400
http://www.buycoms.com/pic/product/30/5400/GPA874.JPG
 このカードには、思わず目をこするような強烈なハズレバージョンもある模様(^^; これはHERMEI(またはASIACON)のLZかな?何れにせよビデオカードの低品質コンデンサは致命的で、短期間でぶっ飛ぶのは間違いない。そう言えばこの青ペンにもASIACONが付いてたな。青ペン製造のクソコン好きにも困ったものだな。


fx5700_rev
 裏面は特に変わったところが無い。基板は黒色で青ペンマザーにはよく似合う。


fx5700_vrm
 これがGPUのVRMである。OS-CON主体で文句は無い。一見2相DC-DCに見えるが、実はコントローラのISL6225は2つのコントローラを内蔵しており、メモリとプロセッサの両方の電源を生成できる。元々はモバイルPCやPDA向けの製品だ。


fx5700_mem
 このヒートシンクのタブでメモリも冷却できる。このクラスとしては申し分の無い冷却法。出来ればメモリももっと良いのを付けて欲しかったが。せめて定格クロックのメモリを付けていれば、OCでUltra並みの性能を発揮しただろう。Ultraが売れなくなるからダメか。メモリ電源もOS-CONとEP-CAPで文句なし。

 詳細に見たわけでは無いが、ざっと見た感じではメモリがショボイ以外は大変に良くできているのではないかと思う。


★動作テスト
 最初は9xで動かしたが全くダメだった(結果は省略)。GF4MX460に大幅に負けてしまった原因は、

|噂磴縫瓮皀螢ロックの差
 DDR550対500MHzなので負けている。だがそれだけでこれほどの違いになるとは思えない。

∨楝PCのCPUの差
 実はOCクロックが違うんだな。「当たり前じゃん、合わせろよ!」と言われるかもしれないが、実はFX5700は当初FSB250では起動しなかったのだ。いや250どころか230ですら無理だった。総合力で負けなのは認めなくてはいけない。初回テストはFSB210で行なった。

 感想を言えば、このFX5700は本体PCのOCに弱いな〜という事だ。このテスト中に98SEを何回再起動させられたか数え切れないほどだ。FXが弱いというよりGF4MX440が如何に安定しているかという事かもしれない。NV1x系はパフォーマンスだけでなく、安定性に関しても群を抜く傑作だったという事か。

 仕方が無いのでHTクロックを600MHzに下げた。そうしたらFSB250でも起動できた。やはりAGPバスの速さにGPUが追いつけないのだろうか。但し動いたと言っても不安定なのは相変わらずで、98SEでは軽いHDBENCHですら16Bitカラーで動作不良になる。DDが途中で止まっちゃうんだよね。テキトーに入れた71.84にも問題があるのかもしれない。

 しかも今回、98SEでは何故か一度も2000が起動しなかった。負荷自体は03や2001の方が大きいのだから、何らかのソフト的な不具合だろう。これもドライバに疑惑がある。


fx5700_oc1
 本体PCのOCに加えてドライバの機能である「最適頻度検出」で少しでもパフォーマンスを上げてみよう。メモリは大した事が無いが、コアクロックは意外なほど上がったな。某巨大掲示板の5700スレの残骸を見てみたが、最適頻度検出でここまで上がれば文句はなさそう。もし無理してブチ壊れてもOS-CONになるだけなので構わない(^^ 部品の良いカードは死んでも利用価値があるのだ。買った時点で元が取れ、動いた時点で得になるカード。


fx5700_oc2
 夜中は更に気温が下がったからか、最適頻度検出でも更にクロックが上がった。自動設定でここまで上がるのは結構凄い。425→495まで上がり、GPUだけならUltraを軽く超えている。メモリも定格よりは上がった。

 しかしこの設定だと大半のベンチで数値が目に見えて落ちてしまった。何か内部でエラーが出ているのかもしれない。XPでは上のクロックで動かしている。このままコアクロックだけUltraと同じに落とせば良かったかもしれない。


fx5700_nb
 全体的に冴えないカードだが、何故かこの夏海ベンチだけは速い。他は全部遅いのになぜこれだけ速いのだろうか?HSDLランキングでは総合第9位で、これより上にはPCI-Eのカードしか居ない。つまり現時点でのAGP最速である…ホントかよ。GF7600GS(AGP)より速いなんて考えられない。信じたくないのでいずれ他のも取り直そう(^^

 前回のカノプーF11(GF2MX)はFRだけ何故か速かったのだが、何年経ってもビデオカードはよう分からん部分がある。一部ベンチで優劣を付ける事の危険性がよく分かるね。


fx5700_xp_2d
fx5700_xp_3d
 なんか消化不良なのでXPでもOCテストしてみる。結果は大半のベンチで自己最高記録を更新した。これはXPの方が優れているという訳ではなくて、ドライバ71.84と56.64の差だと思われる。50番台は速度に定評があるからだ。50番台の別バージョンを試すか、ドライバ設定を煮詰めればこれより速くなる可能性はある。98SEで動作しなかった3DMark2000も動作して一安心。やはりこれもドライバの問題だろう。


★終わり
 久々に使ってみたFXシリーズだが、現在から見てもやっぱり「FXシリーズはハズレだった」と思わざるを得ない。4と6は良かっただけに余計に谷間が目立つんだな。DX9c対応も不完全だし、ヌビ勢は6800まで雌伏の時が続く。

 次回の「黄昏のビデオカード」はライバルATIの9600系の2枚を予定している。