雪で何もできないので室内で遊ぶことにした。前回落ちこぼれたCPUをもう一度見直す。


P5B-VM/EPその後」に於いて、「セロリンやペンDCに負けた使えねえ奴」と結論が出たSL9TB(E4300)。窓から投げ捨てようと思ったが、同じヘタレのP965 Neo-Fには似合いのカップルだと思って付けてみた。これならちょっとはOC出来るので期待する。


★前回の姿
hdb_e4300
 定格だとこんなもの。以前のE4300は貧弱な男の見本だった…。


★FSB240
bench_sl9tb@240
 ブルワーカーによってパワーアップした(ウソ)。このくらいになると漸く「おいでよ君たち(最近のアプリ)泳ごうよ!」と言えるのだった(^^ ちなみに銀紙を使わないとここまでが限度。これ以上はコア電圧も上げないとダメかもしれない。

 π焼は25秒とHSDLランキング第2位に浮上、午後ベンチもランキング2位に浮上。この結果から見るとC2Dは2GHzを越えないとダメみたいだね。FSBも1066以上で初めて力が出るのだろう。そこまで上げると電力もP4並みになるが…。いずれは銀紙OCで1066で動かしてみたい。結果が良ければ正式にP965 Neo-F用にする予定。


 なおCINEBENCHはまたもや動かなかった。どうもシングル→デュアルコアCPUに換えると起動しなくなるようだ。何か特殊な作業をしているのだろうか。以前も暫くしたら動くようになったのでそのうち動くだろう。と楽天的な構え。