HSDLブログの記事で、タイトルに(笑)が付いている時は言うまでもないがバカ記事の冗談ネタだ。単に画面を見たい人の為のソフト紹介で、マジで使い方を期待しないように。またこの記事はPC-88版しか出てこないので、PC-98系の人はここでさようなら。


★MagicCopyII Ver3.7
MagicCopyII
 今回動かしてみたのはMagicCopyIIのPC-80/88系最終版である3.7である。少なくともバージョン2.8〜3.7まではこのキャラクタグラフィック画面だ。筆者はVer2.8あたりから最終版までは知っている。

mc37__menu
 これがメニュー画面。0-5番を選択する。まあこの時期(1986年)だと迷わず0一択なんですけどね。少なくとも普通のコピ厨は他のモードに用は無い(^^

mc37__menub
 ちなみに書き忘れたけどマジックコピーはV1モードかNBASICモードで立ち上げなくてはいけない。そうでないとこのようにブルーで色が分からなくなる。PC-8001(Nモード)兼用ソフトなので仕方が無い。

mc37_0filer1
mc37_0filer2
 マジックコピーは以下に書くように非常にオートコピーが弱かったので早くから個別対応プログラムが発達した。それがファイラーだ。しかもフォーマットをクソ真面目に作らず、簡略化あるいはノンプロテクト状態でコピーしたのだ。いわゆるチェッカ書き換えである。当初は邪道と言われたのだが、そのうちプロテクトが専用プロテクトマシンで作られるようになったのでこれが業界の主流になった。この書き換えには相応の技術力が必要なので、サポートの弱いコピーツールは一気に淘汰された。最後まで残ったのはMagicCopy→WIZARD、EXPERT、Rats&Star、The FILEMASTERだけである。あとはパクリをやらかしたりしてブザマに消えていった。

 筆者は友人に頼まれて水龍士とかリバティーとかのファイラーを書いたことがある。あーそうだ、クリムゾンとかの無敵化と雑魚敵が出てこなくなる超インチキパッチも書いたな。これらはHSDL移転前にイメージ化したのでまだ持っているはず。参照:自立歩行型5インチ2Dドライブ(^^

mc37_1normal
 昔のバージョンのマジックコピーはこれがメインだったらしい。筆者は見た事が無いので持っている人は見せてください(^^ たぶん上方の人しか持ってないんじゃないか?

 このモードはアンフォーマットプロテクトやCHRN違いのフォーマットもコピーできるようだ。アンフォーマットは新品FDじゃないとダメなんじゃなかったかな?その昔はN6でアンフォーマットにする技法が確立されていなかったから。このバージョンでは試した事がないので忘れた。あとインターリーヴフォーマットもアブノーマルフォーマットとしてコピーされる。普通にリードしてライトしたらインターリーヴは消えてしまうので、これはこれで助かる場合があったのかな。

mc37_2manual
 2のマニュアルモード。これは解析モードと言える。自分でFDDにリードコマンドを発行して解析してフォーマットを作ってコピーするわけだ。使いにくいのでこれを使いこなしている人に会ったことがないが、筆者はこれで解析してミックスレングスのフォーマットを作ってましたσ(^^ えらい。このモードでもPC-8031系(というかμPD765)で作れないフォーマットは作れない。

mc37_3auto
 本来ならばこれがメインモードとなる3番のオートコピーだが、1番のノーマルコピーとの違いはアンフォーマットに新品ディスクが要らないのと、セクタ長がノーマルと違うフォーマットが作れるようになっただけだと思う。まあ使えませんね。これよりノーマルコピーのほうが早くて使い道がある。

mc37_4expand
 4番はエキスパンドモード。3番のAutoコピーよりは強力らしいが、筆者はその強力さを体感した事は一度も無い…つか弱いよ。ミックスレングスですらコピーできない。つまりジェットターミナルのデータディスクなんかはプロテクトがかかっていないのにコピーできない。確か単倍がコピーできるようになっただけじゃなかったっけ?セクタ間のタイムを計測していないのでインデックス系もダメだったと思う。ハンドピックに代表されるタイムカウント方式には全く敵わない。このソフトだとインデックス系・ミックスレングス系はマニュアルで作るしかない。

mc37_5info
 5番はメーカーのウエストサイドからのインフォメーションである。このVerを最後にマジックコピーは終了し、1987年に後継のWIZARD88に移っていった。プログラムは完全に一新され、MagicCopyの名残りは全く残っていない。ファイラーのコマンドくらいかな。


★終わり
 検索でマジックコピーでやってくる人が非常に多かったので「これで往生せいや」ってことで記事を書いた。筆者はPC-8801シリーズはそれなりに愛している。PC-9801シリーズは愛憎相半ばといったところか。好きではないのはPC-9821シリーズ。これは出来の悪いDOS/Vマシン。そもそも猫PCでWindows(特に9x以降)を使ってはいけない。邪道ですね(^^