Windows10TP
Windows10TP

 前回はWindows10 TP版をちょっと動かしてみたが今回はその後始末。前回入らなかったドライバをインストールするのだ。


★AC97ドライバ
 以前8.1をインストールした時、蟹の純正ドライバを入れたら見事にぶっ飛んだ。そのためWindows Updateでインストールしたわけだが、今回10でもう一度蟹ドライバでやってみよう。

w10tp_device_alc655
 今回は問題無く入ったな。もちろん機能も問題無いようだ。ぶっ飛んだ8や8.1でもバージョン次第では入るのかも知れん。今回入れたのはRealtek AC97ドライバVista_Win7用の6305というもの。次回8.1を入れる時はこれを使おう。


★RADEON9600XT
 このカードはWindows8以降は内蔵ドライバでは無視されるが、ATI純正Vistaドライバにて動作したのは以前8.1の記事で書いた通り。今回もこのVistaドライバ(10-2)を入れる。

w10tp_dotnet35
 例によってCCCは.NET Framework3.5をネットワーク・インストールしなくてはいけないのが面倒くさい。ドライバはVista用なので、当然セットアップ・プログラムもVista互換モードで動かす。さもないとデバイスが認識されなかったりする。

w10tp_device_r9600xt
 全く問題無く一発で認識された。いつもインストーラに問題があるラデという事を考えるとよくやったと言える(^^ それはさておき、Windows10のドライバ互換性は高いと見て良さそう。

w10tp_ccc
 CCCも全く問題無く動いている。流石Windows、この互換性がある限り見捨てられる事は無いだろう。画面キャプチャーはやはりちょっとおかしい。最下段に黒いラインが入ってしまった。

 気になるWEIだが10でも表には表示できない。がしかし今回も以前の裏手法で計測できる。今回はいい加減面倒くさいのでコマンドラインを叩くのは止めて(^^; 素直にWinSAT Viewerを使った。使い方はページに書いてある通り。外見がWindowsオリジナルっぽいのでなかなかよろしい。

w10tp32_wei
 数値はWin8.1→10TPで微妙にではあるが確実に落ちている。これはPCの形而上学的劣化という事なのだろうか(^^; CPUはいつものセッティングではないので、マジでやれば4.2が基本スコアになるはず。ゲーム用グラフィックのスコアはWinSAT自体がバグっている模様。何度やっても9.9しか出なかった。


★superfetch
superfetch
 オッと、こいつを止めるのを忘れていた。MS純正のHDDの寿命を縮める機能だ(^^ これを止めるだけで動作が軽くなる。ストレージの能力が高いマシンはメモリにプログラムを読み込んでおく必要がないし、能力の低いマシンではメモリに読み込む作業自体が重荷である。∴どんな能力のPCでもこの機能は必要が無いのだ。それにしても相変わらず常駐サービス多すぎ。常駐サービスの多さ=クソ重さとセキュリティの低下、なのでよろしくない。


★Windows Update
w10tp32_update
 いつの間にかアップデーターが上がっていた。まだ量は大した事は無い(^^


★32Bit版終了
w10tp_device_150218
 全て完全に認識されたので32Bit版は終わり。実は64Bit版はまだ手を付けていない。この32Bit版が完全に動作したので、64Bit版は次回DP版までスルーするかもしれない。


★おまけ
vivaldi
 ブラウザは試しにVivaldiを入れてみた。やはりというか当然か、Operaにソックリだ(^^; プレビュー版だが普通に動いている模様。Opera12が使えなくなったらこれだな。