さらば通常タンタル◆燭鼻爾任睥匹げ造

 タイトルに釣られた人には申し訳ないが解析記事ではない(テストはするけど)。寒い間ハンダ付けしないと腕が鈍るので定期的にハンダ付け作業をするのだ。


★今回の生贄
 前回はRTL8169Sのコンデンサ交換をやったが、あれはラジアルリード品だったので今回はSMDのハンダ付けをやりたい。ただマザーボードとか大作は時間が無いのでPCI拡張カードやビデオカード等どうでも良さそうなモノを探す。その結果このG100が選ばれた。

matrox_g100
 今や懐かしのメーカーになってしまったMATROXのG100だ。G200やG400は世間的にも有名だが、これはOEM主体なのでネームバリューはイマイチ。ただ大手OEM採用例は多いのでジャンクは豊富だった。低性能のため誰も見向きもしなかったが…。


★作業開始
nichicon_std
 この製品にはニチコン製一般用アルミ電解(品種不明だが85℃品だろう)が用いられているが、ほかのロットでも松下など日本メーカー製だけが使われている。コンデンサ自体の品質は悪くないし、流れているのも小電流なので使われての傷みはなく経年劣化の方が心配だ。通常非固体電解コンは使わなくとも自然劣化するものだ。もし電解液さえ残っていれば電圧処理で多少は復活するが、それ自体が不愉快なので固体化の意味はある。

f93_10uf16v
 今回も10μFという事でF93で行こう。

g100_after
 全部で7つなのであっという間に完成した。久々のSMDアルミ電解コンだが特に問題無く終わった(曲がったけど^^)。例によって剥がすのが面倒だがハンダゴテ二刀流で素早く除去する。

 ビンテージ物のカードに当時存在しなかった新デバイスが付いていると興ざめだが、この場合は当時現役で存在したタンタル電解なので景観を損ねる事は無い。これ重要。ちなみにMillenniumシリーズは電解コンは全てタンタル(AVX・KEMET等)だった。


★テスト
 ドライバは何と2k・XP版(5.82.018)もある。これは良い仕事だね〜と思ったら無情にも全ファイルがリンク切れ。がしかし、執念深く的のFTP鯖を探したらまだあった。ちなみにFTP鯖上には全てのファイルが残っている。

 でPowerDesk5をインストールしたのだが、結論から言うと全く動かなかった。インストールには成功するが色が4ビットで解像度はSVGA止まりだった。つまりVGAモードでしか動いていない。

 XPのビルトインドライバでは完全動作するので純粋なメーカードライバの不具合という事になる。そう言えばこの会社のG400ドライバはかなり酷かった記憶がある。MSドライバではベンチが動かないので2kを引っ張り出すか、さらに遡ってSEを出すか…と思ったが面倒なのでこれでお仕舞い(^^ 実は次が閊えているんで。