そろそろたまって来たのでやるか。買ってくるだけの買い物より、動かさねばならないこちらの方が面倒くさいのでたまらないようにしなければ。


ローカル巡回[15/08/31]

=RADEON X850XT=
 動かねえ…(^^; テストした2枚のマザーはMSIだけだったので友人の神マザーでもテストしてもらったが結果は全く同じだった。この症状のラデは一度も直ったためしがないので、OS-CON等の使えそうな部品とクーラーを分捕って資源ゴミで捨てる事になる。部品取りとしては100円なので赤字だな。

=SL9TA=
 まあ動くでしょう。これを手に入れたのはコレクション目的なので、特にこの石で確かめたい事が出てこない限り使う事は無いと思うが…。

=カッパ(P!!!ではない^^)=
 案外、最初から破れていることが多い製品だ。チェックしないでいきなり本番に臨むと穴が開いていたりして顔が引きつる事になる。イヤ以前そうだったんだよ(^^; これはチェックした結果大丈夫っぽいけど。

=カロリーバランス=
 ただいま在庫8個。これは災害時の非常食の役割も担う(^^ 尤も災害時はそんなモノは全て捨てて逃げるのが普通だけどね。


ローカル巡回[15/09/11]

=E5400=
hwinfo_slgtk1
 775は通常動作チェックは省くが、珍しくコイツは使う気満々なので試してみる。P5B-E Plus(一度燃えた奴)でE5400は動くのだろうか?と思ってやってみた。まあメーカー公式で正式対応しているのだが、こうして正常動作して一安心。一見C2D名義なのが気に食わないが…。

hwinfo_slgtk2
 CPU情報にはこのようにPentium DUAL-CORE E5400で正常に認識されている。

memtest_slgtk
 はええ!MEMTEST86+がアッと言う間に終わっちゃいます。こうなったら一ランク上のFSB1066で動かそう。リテールCPUクーラーでは無理かな?でも感覚的には低温なのでイケそうな気がする。

memtest_slgtk@266
 メモリはDDR533に落とされたので遅くなってしまった。それはさておき、これ狼のショボイ付属クーラーにグリス塗ってない状態なんだよ。それで平然と3.6GHzで動いちゃうんだからもう開いた口がふさがらない(^^; OCするにあたってカツ入れなんて全くしてないんだよな。グリスを塗ってクーラーを付ければ高負荷でも安定するだろう。感じとしては4GHz程度で実用安定しそうなのだが。もはやi3は要らない?

=ASUS EAX600XT=
 動かねえ!悪い予感は何故か当たるのだ。テストした2枚のマザーはMSIだけだが、症状は電源が落ちたりリセットしたりするので他でもダメだろう。上のX850XTと違ってこれは直りそうな気がするから修理に回す。上手く行ったら記事になるだろう。

=RADEON 9800=
hwinfo_radeon9800
 御覧のように動いた。がしかしコイツATI名義じゃなくてNEC名義だった(^^; 勿論OEMだし名義なんてどうでも良いけど、何とPROじゃなくて無印なんだわ。これに気付いたのは前回の9800PROより遅かったため(それどころか9600XTより遅い時もあって気になっていた)。

hwinfo_ws440bx
 実はこれを載せているのは懐かしのWS440BXなんだよね。AGPの互換性が極めて低いマザーなのでこれで動くとは大したものだ。ちなみに(HSDLのカード中で)このWS440BXで動くDX9c最強カードという事になる。9600XTは動かないからね。

=腕時計用電池交換工具=
 ダイソーのSDカードリーダーが調子が悪くなって早速出番が来た。これに偶々合っていたのかもしれないが、プラが欠けたりせずにスッパリ割れたぞ。用が済んで戻してもちゃんと嵌ったし、これは意外と使いやすい気がする。


南ローカル巡回[15/09/13]
 何も買えなかったのでテストは無し。つまらんな。


アキバ巡礼[2015/09/19]

=HDD=
 棚に置いてあった時点でビニール袋で丁寧に包んであったが、更にレジで一つ一つプチプチで巻いてくれた。このように矢鱈厳重に包装されているので出すのに一苦労したが…やっと出てきたぞ。何だこりゃ、これスゲエきれいだぞ。ネジ穴及び周辺が傷一つないし使用感が全くない。未使用と勘違いするくらいだ(ちょっとオーバーか)。これは動くのは勿論、メディアも良い状態が期待できるな。

 最近のT(テラ)時代のHDDとは隔世の40GBとは言え、MHDDでイレース⇒スキャンディスクを掛けるとかなりの時間が掛かる。さすがに一日では無理だった。何しろ40GBHDD1台あたり消すのに50分・スキャンにその半分くらいかかるのだ。結果は5台ともHSDLのHDD総合検査に合格している。店が丁寧に梱包してくれたのが良かったか?(TNX)。やっぱりHDDはアキバで買うのが良いかなと思った。

=ASUS P/I-XP55T2P4=
 まずはSIMMとクラペン(P54CやP55C)を用意せねば(^^; それが揃ったらすぐに動くと思ったら大間違い。まず訳解らんジャンパの多さに閉口する。しかもちゃんと合わせないと全く動かない重要な奴だ(VID・FID自動設定も無い)。それをクリヤーしても電源をどうやって入れるのか、ポストピンのアサインがよく分らない。それらしきピンをショートしても電源が入らないのだ。そこでハタと気づいたが、もしかしたらマイナス電源が足りないサイレントキングだからダメなのかも。再び動物電源DR-B350ATX登場だ。これで漸く電源が入ったが今度はPOSTカードがC1でアッサリ停止してしまう。この時期のマザーでメモリで止まるなんて考えられん…あっそうだ!これって72ピンSIMMなんだった。ペンティアムはSIMMを2枚挿さないと動かないんだよな。FDDはコネクタじゃないのでお約束通り挿し間違えるし、もう既に忘れきっている430HXマザーなのだった(^^;

bios_xp55t2p4
 動いた。HSDLにはSIMMメモリが皆無に等しいので何とかせねば。今では全く使い物にならない98用なら一杯あるんだけどね…。

=TDRFORCE=
 100円ジャンクにはこの程度の安い中華電池が良く似合う。持ちが悪いとは言っても1年で無くなる事は無いし、前回の奴は普通に持っているようにも感じる。正確に測った訳じゃないので気のせいかもしれないけど。こんな消耗品の電池にカネ掛けても意味は無いからな。

=固体アルミ電解コンデンサ=
 今回は入力コンに使う16V固体アルミを主に補強した。まずは遅れに遅れているM2A計画を進行させねば…っていうかM2A-VMまだ使うの?換えたは良いが使わなかったじゃシャレにならん。