あれからインターネットが落ちなくなったようだが本当に復活したのか?当方の対処はモデムを強く叩いただけなので、もしこれで直ったら昭和のオヤジを笑えなくなる(^^;


★Webサイトより

>チップ積層セラミックコンデンサ 470μF4V
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-09736/
 容量でけえ〜!値段たけえ〜!(^^; だがネタで一度は使ってみたい。二度目は要らないけど。


>一眼レフの画質に匹敵するスマホサイズの16眼コンデジ
http://news.livedoor.com/article/detail/10693498/
 この複眼合成技術は非常に面白い。だがしかし、それを活かす方が旧態依然の画素数思想なのでもったいない。アタマ固すぎ。


>9年前のCore 2 Duoマシンはパーツ交換でどこまで快適になるのか?
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaizo/20150930_722757.html
 C2D E6600⇒C2Q Q9550ってHSDLの奴と同じだが…「ZIPの圧縮解凍が約1割高速化、解凍は83秒→76秒に」ってそれしか速くならねえのかよ!じゃあC2Qは止めてE6600を使い続けよう!と思った人は多いはず。ご存知の通りE6600はFSB1333で普通に動くのだが、その状態だと更に格差が縮まると思われる。意味ね〜。尤も後編で最新のi7-6700使用PCの威力を見せ付けているので、そのための「前座記事」の役割は十分に果たしていると言える。


>MSXのFDD
http://niga2.sytes.net/blog/2010/11/fs-fd1a.html
 粗末の代名詞であるミツミFDDも昔はダイキャスト製フレームだったんだな。あれから我々の想像もつかないような苦闘があったのだろう。このD357Tというのも出来れば手に入れてみたい。


★記事の間違い発見
 今更のように以前の解析記事の大間違いを発見してしまった。2012年04月25日の「MS-8881もでφ(その1)」の「Vcoreレギュレータ周り」の解析である。完璧な間違いなのでハッキリ言って恥。罰ゲームとして回路図を書かせることにしたσ(^^

circuit_ms8881
 MS-8881のNVVDD生成回路だが、以前の解析記事でこれを非同期式と書いていた。だがしかしD24はメイン整流用ではなく補助のステアリング・ダイオードに過ぎなかったのだ。IRF7313はデュアル・パワーMOSFETである事は知っていたが、テキトーに見ていたのでパラで接続していると勘違いした。今回真面目に見たらしっかりとゲートが独立しており、上下ともこれでスイッチングしていた。

 この回路はIRU3037Aリファレンス回路を一寸修正しただけのモノだった訳だね。恐らくこれ以前に解析したMS-8861(IRU3033)と同じと決めつけて勘違いしたのだろう。これらの事実が発覚しても以前の改造には何ら影響は無いのだが。

 それにしてもこのカード、ジャンクで大量に出回った割に誰も手に入れていないのだろうな。記事も注目度が低いので誰も気づかず指摘もされず長期に渡って放置されてしまった。なお記事はみっともないので即時修正しておいた(^^;


★目下の悩み(^^;
 常用のインフォメーションソフトがどうもうまく動いてくれない。

=CPU-Z Ver1.73.0=
 何故かベンチマークが付いたらしいので早速動かしてみたら…何とも悩ましい状態になった。

bench_cpuz
 まずはHSDL48で常用しているSLA8Z@333から。何かCPUがマルチスレッド対応していないみたいなんですが…。

bench_cpuz_pm750
 もっと酷いのがこれ。筆者の私物マシンで動かしたら、PenM750はリファレンスのP!!!800EBに劣る結果となった(^^; てか1って何だよ!な訳ねえだろ。これはシングルとは言えクラペン以下じゃねーの?

bench_gogo
 不安になって来たので調べてみたが、午後ベンチではどうやらデュアルコアで動いているようだ。

bench_hwinfo
 HWINFOのベンチでもやってみたが、これも正常にマルチスレッドで動いているようだ。

 まあベンチ部分はβ版って但し書きがあるので不具合が出てもおかしくは無い。が、何をそんなに特殊な事をやっているんだろうか?この程度のソフトなのに不思議。


=GPU-Z Ver0.8.5=
 最近更新されていないが、何故か最近になってスプラッシュ画面の直後にブラックアウトしてぶっ飛ぶようになった。以前はちゃんと動いていた気がするのだが、ひと頃頻繁に更新されていたのでこのバージョンだったかどうかは自信が無い。実行ファイルのバイナリをチェックしてみたが化けている訳ではなさそう。

gpuz085
 ATI(AMD)やイソテルでは飛ばないんだな。これまでにぶっ飛んだのはXP上のゲホ4MX460/6600/7600GSなのでゲホだけかもしれない(ドライバ限定?)。HSDLの主力はこの辺りなので使えないとイヤだな。

 後の実験でぶっ飛んだ後に手探りでスタンバイに入り、復帰すると表示が元に戻ることが分かった。どうも表示だけ消えるらしいな。