逆襲と言いつつ返り討ちに遭ったプレス子だが、ここまで来たら最後まで付き合うしかない。再逆襲だ!


★SL7KBでCINEBENCH
 前回出来なかったCINEBENCH R11.5をやってみる。OSは改めてクリーンインストールしたが、その他はノースウッドの時と全く違いは無い。

cine_sl7kb
 G1と全く同様の数値となった。これがプレスコット+i865の特性なのだろう。


★Pentium4 630
 もののついでと言うかヤケクソでSL7Z9で試してみた。ここで問題になるのはi865Gがプレスコット2Mに対応していないと思われること。それ以前に動作するかも分らないのでテストしてみよう。


memtest_sl7z9
 案外スンナリと起動しましたぜ。速度も特に問題無しで、これは正常動作しているのだろうか?


bench_sl7z9
 がしかし、ベンチマークは531の時と誤差の範囲でしか変わっていない。これは865もしくはマザーがプレス子2Mを使いこなせないのだろう。ひょっとすると1M同等で動いているのかも。これ以上は時間の無駄なのでCINEBENCHはやらない。


★終わり
 という事で再逆襲と言うにはあまりにもショボイ結果に終わった。恐らくチップセットが付いてこないんだろうな、と思ったりする。プレス子を使いたければi915(以降)を使えというのが結論だ。

 一連のテストに於いて、現時点で分ったのは以下の通り(重大な発見順)。

1.午後のコーダーはP4系ではノースウッドに最適化されている。
2.ノースウッドのHTは皆無に近いくらい効果が無い。
3.整数演算はプレス子が断然速く、浮動小数点演算は同程度。
4.キャッシュスピードはノースウッドの方が速い。


★おまけ
 今までHSDLでテストしたCPUのCINEBENCH R11.5ランキングはこうなっている。左がマルチ、右がシングルである。

cinebench151123
 OCしたCPUが多いが、これはHSDLが「CPUのクロックは無理なく上がるところまで上げて使う」というのを基本にしているため。こんなショボイCPUのCINEBENCH R11.5リザルトはインターネット上に恐らく無いはずなので貴重かも知れんな(^^