友人の入手した紫蘇の650W電源が動かないという事で調査のために借りてきた。結論を言えばHSDLでも動かなかった。マザーボードに付けてもPS_ONとGNDをショートしても電源自体が全く入らない。ファンがピクリとでも動いてくれれば何となく判るんだけど。

 電源が入らないのはSB5Vが来ていないからで、PWM以降に異常が無い事から確率的にPFCユニットの不良のような気がする。安値だったので修理よりは解体破棄コースかな〜。取りあえずネタにすべく分解でもしてみるか(^^

SS-650KM
ss650km_1
 最近大流行しているプラグイン電源である。HSDLの200円の奴と違って、700円のこれはモジュラーケーブルは付属している。フルモジュラーなので付属していないと実用は困難だ。HSDLではプラグイン電源は全否定されているのであまり魅力は感じないが、蓮にも対応している新しい世代のATX電源という事では充分に興味深い物件だ。"80PLUS GOLD"認証を受けている。

 …しかしこれギャグじゃないよね?何で電源にケースが必要なんだよ(^^; 本体に巾着みたいな袋、ケーブルも別にケースが用意されている。フルモジュラーだとケースに入れやすいのは事実だが、一旦PCケースに入れたら二度と出さないし使わないだろう。何とも迷企画な商品。

ss650km_2
 ありゃ?既に封印が切ってあるぞ。これは前オーナーもしくはジャンク店が開けたという事になる。どちらか不明だが、経験上は店頭で既に封印が切れている電源は高確率で動かない(動かなくなったから開けてみたのだろう)。この状態のジャンク電源を買うのは止めましょう。

ss650km_3
 ファンはブランド物らしく山洋製のボールベアリング。現状では劣化は認められない。

ss650km_4
 ここを「ワイヤーで配線していないから高効率」とか広告に書いてあるけど、プラグインのコネクタが低効率の元なので通常電源より効率は下がるハズ。電源も信号線もコネクタなど無いに越した事は無い。性能向上のためにはできる限り減らすべきなのだ。最低でもメインATX24ケーブルと#(##)12Vは直付けにするべき。何か最近のPCパーツは意味の無い仕様が増えているな。もう改良ネタ切れなのは解っているが…。

ss650km_5
 この新世代の電源はまず12Vだけを生成して後をDC-DCで降圧している。従来のAC変換→トランス降圧と比べると効率は高いが(12Vは以前と変わらない)故障発生する確率は飛躍的に上がっている。ユーザーにとってはどちらが良いとは言えず一長一短だが、それでも現在だと効率の方が重要かな。

ss650km_6
 基板は"丸にSK"印のHSIANG KUO INDUSTRIAL(http://www.hsiangkuo.com.tw/)製で、2010年22週の製造。この電源自体もその直後くらいの製造だろう。メインコントローラはCM6901というICだった。以前SS-300FBではCM6800というコントローラを使っていたのでSeasonicはいつもこのメーカーのコントローラを使っているのだろう。

ss650km_7
 電解コンは全部確認したわけではないが恐らくオールNCC製。出力コンに固体電解のPSCが使われているところが現代的だ。

ss650km_8
 ケースに取り付けてあるので写っていないが、AC入力部分のフィルタはシールドされた既製品が使われている。アマチュアっぽいバラックの奴とは一線を画している(^^


 動けば蓮対応電源なのにもったいない。がしかし、そのうち同程度の価格で動作品が手に入ってしまう可能性は高いので取りあえず修理はせず保留。