以前買ったダイソーの100円電球型蛍光灯(60Wの方)が早くも壊れた。やっぱりエースのΩ電気には勝てないのか。尤も値段が1/2以下だけどな…(^^;

 壊れる2、3日前からその予兆はあった。たまに酷いチラつきが出ていたのだ。感じとしては内部の電解コンが劣化して平滑が不足した症状だ。当日はそれがいきなり激しくなり消灯した。諦めが悪い筆者は何回消えても点け直していたのだが、そのうちに「ポン!」というかなり大きな音がして完全沈黙してしまった。ああ遂にやっちまったな。同時に襲ってきたのは鼻を突く強烈な異臭。直ちにベランダに放り出してやった。多分電解コンが破裂したのだろう。触った時に恐ろしく熱を発生していたので、コンデンサが環境に耐えられなかったか。一晩放置して解体してみる事にした。


daiso_keikoutou1
 白いプラスチックが茶色に変色している。かなり熱を持っていたようだ。


daiso_keikoutou2
 ところが上の予想はまるハズレ!アルミ電解コンは(見かけ)ピンピンしているじゃないか。


daiso_keikoutou3
 詳細に検分すると、何と死んでいたのはTRだった。裂けたような穴が開いているね。


daiso_keikoutou4
 しかもご丁寧に両方とも穴が開いている。かなり几帳面な故障の仕方だ(^^ 部品も安物過ぎて使い物にならないし、使えるのはインダクタコアくらいかな?HSDLでは要らないけど。緑色のマイラが茶色に変色している。最初から茶色の奴だと思っていたが、下の方だけが緑色のもあった(^^; …もういい、全部金属ゴミだ。


daiso_keikoutou5
 おおそうだ、このソケットにLEDでも詰めちまうかな?小さく組むのが面倒だが。


 箱には「寿命約8000時間」「寿命8倍」と書いてあったが存外情けない。セリアの40Wがまだ元気に動いているのだからもうちょっと頑張れ。中町で使っていた風呂用の10年以上前の東芝ネオボールは先日点灯しなくなった。それより古い20数年物のマネ下は、撮影のモデリングランプなのであまり使っていないからかまだ動く。感じとしては60Wより40Wの方が持ちが良い。これは自身の発熱が少ないからだろう。トイレには付けない方が良いとされているが、実際は付けても特に問題は無い。Ω電気の40Wは最低でも6年以上はトイレで活躍している。同時に買った玄関のと共にまだキレる気配は無い。

 ウチではもう20年くらい白熱電球を使った事が無い。実家には30年物の電球型蛍光灯もまだある。ソイツは今のLED電球より高かったけど。でも結果論で言えば安かったと思う。