前回に引き続きマザー修理と言うか動作チェック拡張版だ。


★P5B-VM/EP(交換した方)
 ハズレ品という事で調査のため動作品と交換した不動品(ややこしい)だ。このP5B-VM/EPの不具合については「今日の作業[14/12/13]」に於いてサジを投げたのだが、今回偶然にも不具合の原因が判明した。何故判明したのかと言うと、もう邪魔なので捨てようと965MCHのヒートシンクを分捕ったから(^^

sl9r5
 何と、このMCHの右上の部分を指で強く押さえつけると起動するのだ!つまりこれはMCHのハンダ割れという事になりますね。直せそうな気がする…が直っても全く嬉しくないマザーだ(^^; でもHSDL法に拠れば一度はチャレンジしなくてはいけないんだな。再リフローか…無駄に電気代が掛るからやりたくないんだよな。

mch_power
 原因は勿論コイツの発熱だ!このように基板が茶色に変色するくらいの発熱だからハンダ割れしても不思議ではない。恐らくコレ以外にも大量の不具合が出ているはずだ。一体何枚帰ってきたんだろうね?他人事ながら心配になる。

 さて誰の責任にしようか?本質的に大消費電力のG965とショボイリファレンス設計を行なったイソテルか、熱設計の良くないマザーボードを製造した英煤か、排熱不良のケースを作ってロクにテストもせずにPCを販売したエプ損か、無知からくる誤解で劣悪な環境で酷使した前ユーザーか、それともその全員が共犯なのか。まあ部外者のHSDLにとっては責任は誰でも良いので皆で相談して決めてくださいm9(^^


MSI K9A2 Platinum(MS-7376)修理
 「動作チェック[16/01/10]」にて不動(POST=E9h)が確定したマザー。CPUが動作しているので恐らく故障ではなくBIOSが齟齬を来しているだけじゃないのか?そう思って今回起動テストしてみたら、何と全く動作しなくなっているではありませんか(POST=FFh)。ひょっとしてこれ、単なるソケットの汚れ(及びそれに類する要因^^)ではないだろうか?全体が埃だらけで環境も良くなかったようだし、ソケットを開けて洗ってみる必要がありそうだな。

 で試しに洗ってみたら今度はポストしかけたのだが止まってしまった(POST=D0h)。どうもこのコードは出鱈目を表示している気がする。754以降AMD系は不可解な症状が多すぎてよく解らん。考えるにノースブリッジ(イソテルで言うところのMCH)がCPUに入ったからだと思う。という事はintelもi系はこんな感じなんだろうか。それだとジャンクを買う気が失せて来るな…(^^;

=おまけ=
http://ktyk.seesaa.net/article/110746087.html
http://ktyk.up.n.seesaa.net/ktyk/image/k9a2_handa.jpg?d=a1
 こちらの方が現役当時のレポをなさってますが…ブー!何だこのDCは。思わず夜中にペプシコーラ吹いた。明らかにリフローで実装されたのと手ハンダのが混在している。これ明らかに後修正(もちろん手作業^^)だと思う。初期生産バージョンで不安定だったので急遽手でMLCCを追加したのだろう。MSIは大昔もSlotAでやらかしているが、まあ発売する前に修正してくれただけでも良しとするしかない。件のスロAの時はCPUによっては全く起動しなかったんだから…。何はともあれ生産に言いたいのは「設計で付いていた部品をロクにテストもせずに取るんじゃねえ!」って事だ。まあHSDLはジャンクでしか買わないし、足りなかったり無かったりすれば自前で付けるので問題ありませんが(^^

k9a2_cpudc
 HSDLのは修正跡は無いようだ。修正は初期バージョンだけなのかもしれないね。PC関連は早売りの初期品は買わない方が良いという例。


Foxconn A7DA-S
 「動作チェック[15/03/03]」にて不動判定されたAM2+マザー。上の連中と同じく調子に乗って洗ってみよう(^^

 AMD系ソケットを開けるのは難しい(が開けないと中の端子が腐食する)。失敗して割れた奴もあるからな。イソテルでもs478は小さくて薄いので難しい。s370以前は大きくて肉厚があるので意外と簡単だ。

am2_ware
 解ってはいたが割れちまったよ…最初ヒビが入ったので自棄になって無理やり剥がしたらサイド部分が粉々になった。狐コン脆すぎ!ロテスの方がまだマシだ(ホントか?)。もうこいつは再生不可能だ。まあ現在も死んでいるので殺人に問われることは無い。せいぜい死体損壊くらいだ(^^ 廃品のM3A-H/HDMIから蓋だけ移植するか?でもそれも割っちまう気がする。これからもソケットを開ける機会は沢山あるだろうから、もう横着せずに専用治具でも作るしかないかもな。

 閑話休題、動かしてみたがやっぱり動かない。やっぱりハンダ割れなのだろうか。それにしてはやたらとキレイに導通・不導通が別れているのが気になる。ホンの一寸で直りそうなんだけど。でも原因はまだ解らない。AM2は使い込んだ事が無いのでよく解らんのだ。もっともっと多くのAM2以降マザーが欲しい。2、30枚もあればいいだろう。


MSI G31TM-P35
 「動作チェック[15/07/23]」に於いて不動とされたマザー。その後の調べで動作チェック記事に誤りがあった。

g31tmp35_s775
 繋がらないのはSMI#ではなくA20Mで、たまにDBSYも繋がらない場合があった。単純に接触不良を疑って洗ってみたがサッパリ変化が見られない。だが基板を様々に動かすと偶に接触する事があった。単純にソケットが歪んでるだけじゃね?だとすると原器のような基準が無い以上直せないという事になる(偶然動くマザーなんて使えねえよ^^)。現在ではGA-G31M-ES2Lが動いてしまったのでこのマザーは(心の中では)捨てるつもりでいる。


MSI Z87-S01
 HSDLに遂にやって来た初の1150マザーだが、頂いた時点で既に死亡しているという話だったので確かめてみた。このマザーには多少古いが「ジャンクマザーボード動作チェック」の要領で行なう。

z87_atx20
 まずはATXケーブルだけ繋いで電源を入れてみる。おっと20Pだが気にするな(^^ これで試したら全く問題なく電源が入った。周辺部は取りあえず何ともないらしい。

z87_eps12
 次に#12Vコネクタを繋いで電源を入れる。##12Vじゃないけど気にするな(^^ これで試したら一瞬電源が入ってすぐ止まった。ハイこれでもう分りましたね?という事でこのマザーはVRM故障、それも上下スイッチの恐らく上側の故障でしょう。880GM-P51みたいにMOSFETドライバまでやられていなければパワーMOSFET交換で直せるはず。原因が判ってしまったので修理も可能だろうが、1150の石が手に入らない以上直しても無駄と言える。暫しの眠りにつくか?


ECS B85H3-M4
ECS B85H3-M4
 試しに電源を入れてみた。この2枚は正常に電源が入ったので動く気がする。


ECS B85H3-M4
 動く、動かない以前に電源が入らない!原因は現在のところ不明だがチップセットが動作していないと思われる。なんかVIAスーパーサウスに似た症状だ。同じ板は3枚も要らないのでこれは↑2枚の部品取りバックアップ要員という事で。尤も1150のCPUが無い以上それも意味が無いんだが…(^^;


MSI H87M-S01
biosrom_off
 当初よりBIOSROMが無いし、H87だから捨てても良いかな。尤も上のB85からROMを分捕る手もあるか。それもCPUを手に入れたらの話だが。


★一息ついた
 一時は20枚近い修理待ちがあったが、前回と今回で半分以上の負債を返したり清算(ゴミ行^^)できた。この調子で春のうちに可能な奴は全部終わらせたい。

注:HSDLにて洗剤で洗ったマザーボードが3か月〜以降に全く起動しなくなる現象が複数出てきている。しばらく放置していたGA-K8N Ultra-9と845E MAX2だが、これはソケットピンが酸化して導通しなくなっていると思われる。繰り返し書くけど実用したいマザーは洗うべきではない。ま、バカは警告なんて読んでないだろうけどシラネーヨ(^^