昨日「このまま動かしてみたい衝動に駆られるな」と書いたのを本当にやってみた。電源は78xxも79xxも基本的には入出力コン不要だし、残る電解コンCCとごく少数のパスコンだけだ。CCが無いので音は出ないが、ノイズの計測は入力不要なので別に音が出なくても不都合はない。


cap_off
 ノーマル時のグラフ(水色)と電解コンレス状態のグラフ(赤)を重ねてみた。ライン入力だと-100dbを切っていて無音と変わらない為マイク入力だけである(ミュート時の仕様が-96dbなのでそれ以下にしてもほぼ無駄)。

 全体的にノイズは微妙に増えているが平坦性は電解コンレスの方が上である。何という事でしょう。電解コンを入れるとノイズも微妙に下がるが平坦性に難が出る。という事は端的に言えば電解コンの周波数特性が反映してしまっているのではなかろうか。ブロードな特性の通常アルミ電解で周波数特性が出るのなら、色々な意味で禁忌とされているMLCCだけでなくOS-CONやフィルムコンも低ZでSRF曲線がシャープなので使わない方が良いという結論になってしまう。

 尤もそれは床ノイズだけに絞った考え方であり、実際に音を入れてみないと音質そのものは分らない。低ノイズでも多信号特性は極度に悪化している事も考えられるからだ。試しにRMAAでやってみようと思ったけど、考えてみれば今はCCが無いのでループバックできないのだった(^^; チャンチャン。


 …あーバカ記事を書こうとしたのに真面目になってきてしまった。知識も教養も無いおサルさん時代ならもっと書けたのだが。もう止め〜。