前回の続き。


★動かす
 動かすうえで最も困ったのがSATAのHDDをどうするか?だ。当面はSATA→IDE変換しかなさそうだが、今回はブートドライブにはSSDを使ってみる。このSSDは以前筆者のメインマシンで使っていたモノで、3回ぶっ飛んだ時点でお役御免となり払い下げられた。CPUはADA3500IAA4CWを使う。AM2は代わりが無いので潰さないようにしなければ…潰すなよ?

//G278
MB:M2N78-LA[Rev3.02/5.22]
CPU:ADA3500IAA4CW(200x11.0)
MEM:512MB(PC5300)
VGA:Geforce9100(IGP)
SATA1:Silicon Power T10
SATA2:[HSDLDATA1]
NETWORK:RTL8201N
SOUND:ALC888S(HDA)
PS:MIRAGE DR-B350ATX
*いつもだけど光学ドライブはインストールの時だけUSBで繋いでいる。

hwinfo_violet
 動作チェックの時はHWINFOすら立ち上がらなかったのだが、今回はわざわざFDDを使って動かしてみた。普通に表示されている。やはりVioletという名称だった。パビリオンというPCネームも入っているのが市販PC用らしい。


bios_menu
 何も弄れないBIOSセットアップメニューである。


hp_shindan
 但しこのファームウェアには診断プログラムが入っていて、CPU・メモリ・HDDのチェックが可能である。この辺りはサポート省力化の努力が認められる。


 試しにXP SP3を入れてみる。実はこのマザー、正式にはVistaと7にしか対応していない。恐らくそのドライバで上書きだと10も動くだろうけど、HSDLでメインに使用しているXPには対応していないのだった。チップセットドライバはNFORCE DRIVERの15.56WHQL(最終)で良さそうだ。このチップセットドライバには、
Ethernet Driver (v73.30) WHQL
Network Management Tools (v73.25)
SATAIDE Driver (v11.1.0.43) WHQL
SATARAID Driver (v11.1.0.43) WHQL
RAIDTOOL Application (v11.1.0.43) WHQL
SMBUS Driver (v4.79) WHQL
SMU Driver (v2.08) WHQL
GPU Driver (v197.13) WHQL
PhysX (v9.10.0129)
Away Mode Driver (v6.0.6000.115) WHQL
Installer (v8.36)
 と殆ど含まれている。唯一単体のサウンドだが、これは蟹のHDAドライバでOK。今回は恐らく最終のR2.74を使用した。


device_m2n78la
 ?マークが無くなってXPでも使えるようになった。正式対応ではないが普通に動く事は判った。


hwinfo
 CPUとGPU情報はこちら。


gf9100
dxva
 GF9000系なので一応現在でも充分使い物になるグラフィック機能と言える。MP4だけでなくFLV再生支援もあるよ。これだけだと判らねえな(^^;


bench_ADA3500IAA4CW
 IGPに負けず劣らずCPUもショボイがSSDのお陰でそれなりのPCになった。だがWriteの数値が不自然に遅いのが気になる。アライメント調整しなかった祟りなのだろうか。一通りベンチマークを取ったところでハードウェアのテストは終了。HP用の7や8.1のリカバリーが手に入ったらいずれテストしたい。

 Geforce9100チップセットはIGPが良さげなのでその後アム・イソ共にヌビチップセットが排除されたのは残念だ。筆者ならこのチップセットで現在のメインマシンにしても充分だな。ただこのマザー、ネットワークが100Mbpsなのは呆れた。939の頃だってGbEだったのにAM2時代に何をやっているのだろうか。


★終わり
 やはりメーカーPC板(特に英煤系)はHSDLとしては受け付けないな。それでも100円ならAM2実験用+OS実験用として買って損は無い。ダメはダメなりに使い道はあるものだ。