6月が終わったところで2018年も半分を過ぎた。今シリーズ前半戦を振り返ってみるか。

=HO(+α)ランキング(2018/6/30現在)=
[39]*三鷹店(南)
[39]*花小金井店(西)(南)(西多摩)(南多摩)
[38]*東村山店(西)(北)
[38]*小金井店(南)
[36]*稲城矢野口店(南)
[31]*立川栄店(西)(西多摩)(南多摩)
[27]立川西砂店(西多摩)
[27]*東久留米店(北)
[26]16号狭山店
[25]*西所沢店(北)
[24]*東大和店(西)(西多摩)
[22]八王子大和田店(南多摩)
[17]Bookoff多摩永山店
[16]あきる野店(西多摩)
[14]板橋赤塚店
[14]羽村店(西多摩)
[13]新座店
[11]*東所沢店(北)
[ 8]川越松郷
[ 7]大泉学園店(東)
21[ 2]町田木曽店
22[ 0]入間藤沢店
22[ 0]多摩和田店
22[ 0]昭島中神店(南多摩)
22[ 0]秋葉原1号店(アキバ)
22[ 0]三芳町店
22[ 0]吉祥寺店(東)(南)
22[ 0]ふじみ野店
22[ 0]JW東村山店(北)
*は常時巡回店

 []内はポイント。買い物金額と買い物点数から算出されている(42点満点)。但し率は全く考慮されていないので「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」式で、この方式だと巡回数が多い店が圧倒的に有利である。ちなみに巡回数が最も多いのは当たり前の話だが花小金井(15回)である。同じ一位と言っても南でしか回らない三鷹とは価値が異なる。まあ巡回数が多いのも取り柄の内ではある。巡回数が多い=回りやすい店という事だからだ。去年と違って今年はマグレ当りで上位に居る店は一つも無い。グ粍米發楼堕蠅靴鴇絨未傍錣訶垢个りだ。

 やはり南巡回が圧倒的だな…これだけ回っていればいいんじゃないか?と言われてしまうかも知れないがそれが素人の浅墓さ。これとは逆に南多摩巡回はいつ打ち切られて文句は言えない(次回が正念場)。西巡回もPCがダメなのでイマイチ冴えない。特に一発屋の16号狭山に抜かれてベスト10から転落した東大和は情けない。西は花小金井と東村山を抜いたら北巡回以下の為体だ。ローカル巡回なので決して打ち切りは無いけどね。それよりさらにヒドイのは吉祥寺と東所沢。今年は巡回数が少ない吉祥寺は分るが、ソコソコ巡回している常時巡回店の東所沢が最も信頼性の高い悪店と言えないこともない。

[152/30(38)]南5(4)店 (実質4店)
[151/25]西多摩6店
[132/33]西4店
[101/20(25)]北5(4)店 (実質4店)
[ 92/23]南多摩4店
[ 70/ 7]その他10店
[ 7/ 4]東2店
[ 0/ 0]アキバ1店

 巡回毎のポイントと店平均を出してみる。やはり南が圧倒的だな。一店当たりの平均では西に負けているように見えるが、実は吉祥寺を回らなければ南が圧倒する。西多摩の健闘も光る。何しろ定期巡回数では一番少ないのだから。南多摩はポイント数も平均も下位になってしまった。ポイントの大半はローカル店で稼いでおり、オリジナル店では全くの不振である。もし今年終わりまでこの調子なら来年からは以前の西多摩巡回と同じ春・秋だけに減らす。或いは永山並みに年一に転落もアリ?コース改変も考慮しなくては。

 東巡回に北東方面の単独店を加えて「新・東巡回」を制定する計画もある。ルートで言えば今年の2月に回った新座・赤塚巡回をそのまま流用する。距離が短く店がショボイのが難点だが…。また結果的に毎年定期巡回してしまっている永山を定期巡回店に昇格させる案もある。これに多摩和田→堀之内→多摩NTを加えたら個々は薄くても店数的に充分にやっていける。何しろ行きと帰りは南巡回を通るわけだしかなり強力(^^ 現在の南多摩が廃止されたらこれが「新・南多摩巡回」として浮上する。

 自転車巡回も色々目先を変えないとマンネリでやってられない。同じ事を何年も飽きずに続けている奴はただのバカであり決して尊敬される事はない。「いつも何か新しい事をやる」これはHSDLの鉄則である。