遠い昔にポケットラジオを使った事はあるが、それの感度を気にしたことは全く無かった。ポケットラジオは東京の大電力局を受信するためのものであり、遠距離の局を受信するためのモノではないからだ。稀にダイヤルをローカル局以外の周波数に合わせてみたりもしたが、感度・選択度の低さから何も聞こえなかった記憶が微かにある。当時使っていたポケットラジオはどれもアナログだったからどの周波数だったかもわからない。つまりまとめて言えばポケットラジオの性能について現在は何も解っていないという事だ(^^


rf_ht7
 でこの友人の形見ラジオだ。このRF-HT7はTV,FM,MW,SW(NSB1,2)の4バンドラジオで、筆者が今まで使ったポケットラジオと違いMWデジタル表示で9kHzステップ動作する(注)。このくらいの時代から周波数が読めるという事で3Sもそれなりになってきたようだ。実際受信してみるとちゃんと7大局の局間があるし(笑)、今までのIFTしかなかったラジオと違ってCFを採用しているのだろう。残念ながら専用イヤホンは発見できなかった。これはリモコンやアンテナになっているようなのでポケットラジオとしてはかなりの戦力減だが元々形見であって使う為に貰ったわけじゃないからな。汎用のイヤホンはプラグが異なるので使用できない。ちなみに乾電池(1.5V)だけでなく充電池(1.2V)にも対応しているのが現代的だ。マニュアルで例示されている充電池がニッカドなのが時代を感じてしまうところだが…(ニカド電池、カドニカなんて懐かしい^^)。


 で前フリが長いが記事はすぐ終わる(^^; このラジオで昼間どのくらい局が受信できるか?と言う興味が出てきて速攻調査してみた。イヤホンが無いのであまり真剣ではない受信だ。ER-C54/55Tで受信できない局はハナっから試していない。

ERRF
◎◎ 594:NHK東京1
△△ 639:NHK静岡2
◎◎ 693:NHK東京2
◎◎ 810:AFN
◎◎ 954:TBS
◎◎1134:QR
△×1197:IBS
◎◎1242:LF
○○1422:RF
△△1458:IBS土浦
△×1530:CRT

◎聞こえ過ぎで音が割れ加減(^^;
○普通に聞こえる
△弱い
×何か入っているのが分る程度

 御覧のようにER-C54/55Tに感度は負けてしまった。SWも対応しているように回路構成は昔のポケットラジオの中では良い方だが、上写真でも判るようにバーアンテナが細くて短いハンデが効いているのだろう。またMWに於いてもイヤホンがアンテナとして有効なのかもしれない。但し3Sの残りの二つである選択度・安定度はこのRF-HT7の圧勝だ。インチキくさい倒芝TA2003系のようにIFTは省略されていないのだろう。良心的だ(^^

 アナログ世代では新し目のラジオの性能は分ったので今後の参考にしたい。中華製のポケットラジオだとどうなんだろうか?次は違うメーカーやDSPラジオでも試したいなあ(また買うんか^^;)。


注:海外旅行で使う時の為に520-1710kHzの10kHzステップにもなる。勿論FMもバンドが海外仕様に変わる。