>放送送信体制の変更のお知らせ 10月から 6MHz中心の放送に
http://www.radionikkei.jp/news/denpa.html
 9MHzはHSDLでは殆ど聞こえないので異存はないが3MHzも一気に切ったか。実は3MHzで今まで同期放送だった根室が単独で聞こえるようになるのでラジオのテストにはプラスもある。放送史上初の「根室からの3MHz・出力10kWの(単独)短波放送」はどんな風に聞こえるのだろうか?ワクワクが止まらない。短波放送が消えるまで短い間だが使わせてもらおう。

 ラジオたんぱがラジオ日経になった時に短波放送の廃止は運命づけられた。近い将来廃止になるのは間違いないが、そうなったら日本で短波ラジオを発売する理由がいよいよ無くなるな。ラジオ界には一民放が無くなるだけでは済まない影響がある。終わりの始まりだ。


>アルミ電解コンデンサの容量低下を防ぐガラス封止技術が誕生
http://ednjapan.com/edn/articles/1806/25/news001.html
 以前からあるハーメチックシール(有機OS-CONに使用されていた)と本質的にどう違うのか?脚のところだけだから大形のEDLCにも使えるって事なのかな。まあ我々の使う電解コンに使われる事はコストの面からまず無いだろう。HSDL的には重要な所は固体コンなのでますます関係無い。


>Sony ICF-J40 4 Band Radio
http://cheapestinindia.com/price/sony-icf-j40-4-band-radio-36919956
 何これカッコイー!SONYは海外ではいいラジオを売っているのに何故国内に出さない?ちなみに筆者は以前も書いたが横ダイヤルが好きだ。


>ANDO O15-462Y [ワイドバンド高感度アンテナ]
https://www.yodobashi.com/product/100000001003411737/
 面白い製品だけど万単位では買ってくれる人は少ないかな。仕様は同じでもうちょっと安いのを作ればデザイン次第で売れそうな予感。


>DXアンテナ A100KM
https://www.dxantenna.co.jp/product/item/manualImg/A100KM4291.pdf
 アクティブアンテナか…HSDLではダメそうだが。ただ外に立てるのが前提の製品だから弱電界なら良いかもしれない(耐風速60m/sが光る ^^)。一寸高いけどニッチ製品だから仕方が無いか。VU混合できるところがTVアンテナメーカーらしくていい。


>磁界共振−間違いだらけの原理説明
http://blog.livedoor.jp/neotesla/archives/2016-01-23.html
 ワイヤレス給電には興味も関心も一切無いけど、そのお陰で昔から疑問に思っていたことが一つ解決したのでうれしい。


>スーパー・ヘテロダイン受信機用の中間周波選択回路
https://astamuse.com/ja/published/JP/No/2000252850
 大昔「イイ事思い付いちゃった!♪」と思っていた回路が1999年に特許出願されていた。実は全く同じ目的ではないが回路がソックリになってしまう。思い付きは早かった(90年代初頭)んだけどな。当方はまだまだアホなアイデアは一杯ある(殆どが金をケチるアイデア)。死ぬまでに世に出したいが今となってはアナログ技術はあだ花みたいなもんだから商売の役には立たない。


>RETRO RECEIVER #5: REALISTIC DX160
http://medxr.blogspot.com/2016/03/retro-receiver-review-5-realistic-dx160.html
 ああカッコええな〜横ダイヤル…。やっぱ昔の受信機が良いわ。REALISTICのDXxxxシリーズは数機種が当時日本でも販売されたがこれは販売されていないハズ。不人気で安そうだしアメリカに居たらついフラフラと買ってしまいそう(^^;