AIWA CSD-SR700による受信音


CSD-SR700受信音
CSD-SR700受信音
CSD-SR700受信音
CSD-SR700受信音
CSD-SR700受信音
CSD-SR700受信音
CSD-SR700受信音

 近年は夜に中波帯を聞いていると外国局の妨害に会う事が多い。その中に日本向けの国際放送がいくつか存在する。これらの放送は2018年現在の筆者にとっては混信源の邪魔な局なのだが、今日は考え方を変えてその混信源の方を録音してみた。最近は趣味のID録音が頭打ちなので気分転換とも言う。実は621kHzをタイマー受信したらチョソンの声だけが入っていたのでふと思いついただけだが…(^^; 前世紀のラジカセでどの程度録れるのか興味深い。このCDラジカセ(1993年製)のラジオ部をマジで使ったのは四半世紀経って今年の春からが初めてなのだ。

 先日めでたくドライバを入手したので次回記事は受信音ではなく分解記事となる。苦節数ヶ月、やっと本命記事が出るのか(^^; 8回も前座をやったのはPC系も含めてHSDL初だろう。このクソラジカセも直りそうだったら直し、直らなそうだったらカセット部を破棄してそこら辺に売っているICレコーダーでも内蔵してやろうか?と思っている。上手くやればタイマー録音も可能になるかもしれない。もっともそうするとテープ用にまたラジカセを買わなければいけない事になるが…それはイヤだな。


★朝鮮中央放送(621KHz)
https://www.axfc.net/u/3938683(DLパスワードはibu、およそ9222.1日間の保存ができる見込みです)
 当地では621kHzのチョソンの声はか細く、とてもじゃないがポケットラジオなどでは受信できない。16〜18時の放送はごく微弱で実用にならない。この19時からの放送で漸く弱く聞こえて来る。こんな小さな声では南朝鮮傀儡一味に勝てないぞm9(^^ 前世紀にはかなり強烈に入感していた記憶があるのだが、今世紀に入って彼の国の電力不足?で公称より減力しているのだと思われる。657kHzの平壌放送はハッキリ邪魔になるくらい強力なのでチョソンの声もこの送信機で放送すればいいのに。少なくともうちでは短波以外はダメダメということになる。


★KBS World Radio(1170kHz)
https://www.axfc.net/u/3938682(DLパスワードはibu、およそ9982.0日間の保存ができる見込みです)
 海外から送信しているMW放送で国内局以上に強力に受信できる局はいくつかあるが、これはそのうちの一つで日本向け日本語放送である。切れ目はあるが20:00〜22;00まで良好に受信できる。この録音は20:00開始時だ。以前は深夜に891kHz(うろ覚え^^;)で強力に受信できた覚えがある。


★FEBC(1566kHz)
https://www.axfc.net/u/3938684(DLパスワードはibu、およそ9982.0日間の保存ができる見込みです)
 済州島から送信されているキリスト教系日本語放送である。日本の国内放送と変わらないロケーションから送信されているため全国で良好に受信できる(指向性は東かな)。事情を知らなければ日本国内の放送と思ってしまうかもしれない。放送時間は21:30〜22:45だがこれは終了時である。最近は同波の中国局が五月蠅くなってきたな。


★中国国際放送(1044kHz)
https://www.axfc.net/u/3938681(DLパスワードはibu、およそ9982.0日間の保存ができる見込みです)
 この放送は日本向け日本語放送だが歴史が古く、強力に入感する上に放送時間も長い事から普通の人でも意図せずに受信してしまう場合が多い局の一つ。名古屋や大阪では特にこの傍にローカル局があるので、初めて受信してしまった海外放送がこの放送と言う人が多い。切れ目はあるが20:00〜01:00と日本向け日本語放送としては長時間放送だ。筆者の感覚では常時放送しているような錯覚がある(^^