OHM RAD-F1691Mの混変調(混変調風の症状)を解消するテスト


RAD-F1691M
RAD-F1691M

 このラジオは前回見たとおりポケットラジオクラスの短小バーアンテナが搭載されている。にも拘らず前回の受信音を聞けば分かるように、まるで巨大なアンテナを繋いだかのように受信音が混変調気味になるのである。これはおかしい。当初は怪しいICが原因なのではないかと疑ったがそうではなかった。今回はその原因を確定しておく。


★フェライトロッドアンテナの配線(^^;

frod_ant_01
 他があまりにもヒドイので見落としていたが、バーアンテナの配線の余りが所構わず捩って束ねてある。そのうえでバーに沿わせて接着してあるのだからもう救いがない。これがこのラジオの欠陥の半分の原因である事が判った。


frod_ant_02
 これだと一次側・二次側・グラウンドも捻ってあるから容量結合してしまう(^^; 再生でも掛けようって言うのか?悪い冗談はよせ。事実は単に配線をキレイにしようと思った(働き者のバカに有りがち)だけなのだろうが、RFの配線というのは直流の配線とは全く違う。隣に線を這わせただけで接続したのと同じ事なのである。RFの選択度が皆無に等しく、全体的にピーギャーして混変調っぽいのはこれが原因かもしれない。


 …が前回までの粗筋だ。実はこのアンテナは一次側も二次側も無いのだが(注)、要するに配線が束ねてあるからトップの同調回路が意味を成していないのではないかと言う疑いである。トップが非同調ならばあの症状も止むを得ない。


frod_ant_04
 RFの配線なら本来はバラでなくてはいけないものだ。束ねた影響を調べるため、全く束ねないこの状態で聞いてみようじゃないか。写真映えするようにかなり極端に離してみたが実際はホルダに取り付けて受信している。

注:同調回路に直接タップを立ててそこからICのRF入力に引き込んでいる。


★テスト
 結果は…まあ聞いてみろって↓

>RAD-F1691M(ノーマル)による1458kHz受信。
https://www.axfc.net/u/3940473
(DLパスワードはiri、およそ9237.3日間の保存ができる見込みです)

>RAD-F1691M(改良版)による1458kHz受信。
https://www.axfc.net/u/3940472
(DLパスワードはiri、およそ9237.3日間の保存ができる見込みです)

 上の前回の受信と比べてみてほしい。短小バーアンテナのため感度は非常に低いが相互変調やら混変調やらがスッキリスッカリ消えてまともな音になっている。ちなみに前回無理だったベランダ受信である。何だよこれが原因かよ!こんな小学生みたいな失敗をメーカーがやりやがって…(^^;


★続く
 という事で混変調状態の主原因は配線ミスでした。これを処理した奴が目の前に居たら思いきり殴りつけてやりたい。でもこれでも弱電界だと全く気付かない場合もあるのだろう。本当のイナカに行くと昼間は殆ど1、2局しかラジオが聞こえない地域もあるから。それだと信号自体が無いから多信号特性など考える必要が無い。羨ましいような羨ましくないような。


★2018/11/06追記
 前回記事でCF抵抗の1.2kΩに?が付いているが、考えてみればこれはCF(SFZ455)のIFTのZ2の設計目標と同じだった。これに採用されているのはSFU455だから正しくはないが根拠が丸っきり無いわけではない。どっちにしても12kΩは明らかな間違いだからねm9(^^