この記事は「ラジオを製作・組立した事がある」「ラジオの回路に深い関心がありスーパーヘテロダイン方式について理解がある」「感度・選択度・安定度・多信号特性について其々完全に理解している」「HSDL用語集を全部読んでいる」「前回までの記事を全て読んでいる」の条件を全て満たしている事を読者の条件とする(リンクについての条件はこちらを参照)。

OHM RAD-F620Zの気に食わないところ


RAD-F620Z
RAD-F620Z
RAD-F620Z
RAD-F620Z
RAD-F620Z
RAD-F620Z

 実はある事情で実験が停滞しているのだが、最低でも月一でこのラジオについて書かねばならない決まりなので裏話でも一つ。


★糸掛けユニット
f620z_047
 このダイヤル機構が非常に邪魔なのだ。邪魔な上に設計がアホだし(^^; 部品を交換する時にダイヤルを外さねばならないわけだが…。


f620z_048
 これが問題のローラー。これ以外のローラーも問題が多いのだが。何しろ一部のローラーは全く回転せずに糸が上を滑っているのだ(^^; 糸にオイルをタップリ塗るメーカーなので仕方がない。だがこのローラーはそれ以上にヒドイのだ。


f620z_049
 ダイヤルを回すと何とポコンと迫り出してきます!(^^; これ以上は飛び出ずにここで安定するのだが、それはもちろん設計通りというわけではない。実は糸が枠に当っているからそこで偶然に止まるだけだ。何という間抜け!こんなの開口部を左に向ければ一発で解決だろうが。偶然に頼って動いている製品なのだ。

 IC除去→ソケット化作業の時にこの糸がバラバラに外れて難儀した。VCからフリーにするとこのローラーと反対側のローラーが外れるからだ。ローラーを他の部分と同じく全部固定するのが確実だが、実装の関係でそれが出来ないなら方向くらい考えろって話。おバカすぎて涙が出ます。パクった日本製をもっとよく研究しましょう(^^

 筆者は小学生の時分に糸掛けの糸を切った事があるので、長い間それがトラウマになって糸掛けを弄るのはキライだった(回すのは感触が良いから好きだけどな^^)。そう言えばER-C54Tの糸もバラしてから外れっぱなしだったのでやらねば…その前にもっと大変なPVCを何とかしないと(^^;


★おまけ
f620z_050
 この620はアンテナが折れて存在しないので、その部分にサイズがピッタリなRCAジャックを付けてみようと思い立った。これだとホイップアンテナを付けるのも容易いし外部アンテナも付けられる。がしかし、取り付けに使うナットがケースに当ってしまって締めこめなかった。全体を強力接着剤で固めるかナットを薄いものに交換するしか手は無い。カッコ悪い接着剤は最後の手段だろう。まだ諦めているわけではないが取りあえずこの機能は後回しという事で。