今日のメインは「移動受信[19/09/22]」だよ(^^


 気分的にはローカルで済ませたかったのだが、西多摩にだいぶ長い事行っていなかったので西多摩巡回となった。自転車で行ったのはいつ以来だろう?と思って調べたら2018/10/31以来だった。もし来月まで行かないと1年間スルーするところだった(^^; 今日はフルサイズ、つまり本当の終点である立川栄も回りたい。立川栄に寄っても買うモノは無いんだけど西砂から直で帰るとコースが悪いんだよね(具体的に言うと玉川上水の駅がイヤ)。出発は13時59分だった。これなら立川栄に間に合うかも?結果的に間に合ったけど別の事情でヒドイ目に合ってしまった。


1909221438
 14時10分に田無駅前、北野中に14時20分…っておっせえ(^^; なにやってんだ。花小金井に着いた時には14時21分だった。軽自転車にも劣るこのタイムでは先が思いやられるな。今日の花小金井は全くのスカ。ICF-29が増えたくらいか。14時38分に出発。


1909221443
 今日はまた高速で八坂まで行く。14時51分に小平駅前を通過。八坂の陸橋でロードの兄ちゃんをぶっちぎって14時59分に公園のところを左に曲がって東京街道に入る。この東京街道コースも西巡回がフルサイズになってから年に2、3回通るだけになった。


1909221510
 15時10分、だいぶぶっ飛んで東大和である。あ、ICR-S71が売れているぞ。高い割にボロイから三ヶ月もスルーしていたのだが値下がりする前に買っちまうとはホント馬鹿な奴だな。ここでボヤボヤしてられないが今日も買い物をした。この店も上昇の気配がある。15時27分には早くも出発。


1909221530
 例によってここから旧青梅街道に入る。東大和九小南に15時33分、大曲に15時40分、宿に15時48分、ぶたの駅15時52分、旧日光街道15時58分に到達。


1909221602
 箱根ヶ崎には15時59分に到達したがこれは遅い。何か全然力が入っていないな。この辺りの道路は数年後には激変している可能性が高いな。瑞穂松原で新青梅街道と合流したのは16時03分だった。


1909221607
 ここからは裏道を走る。この辺りの空き地はイイねー。柵が無いのが昔っぽくていい。


1909221612
 でここに入ればあとは真っ直ぐ走るだけで到着する。


1909221651
 実はここでカメラの電池が無くなるアクシデントがあった。到着時間を記録できなかったが16時15分くらいに羽村に到着。直ぐにここでアルカリ電池を買う。よく見たらなつかしのHIDISCだった。メディアが下火なので色々やっているのだろうか?しかも卸しているのが地危険だった(^^; あの悪賢いオッサンまだ生きてるのか。

 出発は16時51分だった。これからここで今日の重要な用事があるのだ。冒頭に書いたように「移動受信[19/09/22]」である(^^;




★移動受信[19/09/22]
 今日の最大の目的はこれである。このHSDLとはかけ離れた位置にある羽村でMWを受信してみるのだ。場所は山の上ではなく川の上である。ご存じの通りMWやSWの送信所は川や海や湖のほとりにある。これはグラウンド・インピーダンスが低いからである。なので見通しの良い山の上に作っても全く意味が無い。光のようなFMとは違うのだ。だから我々も川の上で受信してみたいわけ。そう文字通り川の上で。


1909221658
 16時58分、このコースで唯一の観光地?羽村堰に到着。長いこと見てきた多摩川の流れである。ここを渡るのと次に訪れる旧滝山街道・満地トンネルが西多摩巡回で数少ない和める場所だ。学校の周りは今でも記憶が生々しくて和めない(^^; もっとも景色が大幅に変わっていてあまり良く分からなくなりつつある。昔は北海道の牧草地帯のような場所だった。

 閑話休題。この羽村堰の上でラジオをスイッチオン!上から下に流していったがさすがにノイズが少ない所だけあって夕方からモノスゴイ入感状況だ。どのチャネルも30dBμを越えていて、それでいて60dBμ超える局は殆ど無い。ノイズレベルは10dBμ程度で極度に少ない。最初スイッチングノイズがあったので不思議に思ったら筆者の自転車のヘッドライトの点滅だった(^^; これを消したらノイズは無くなった。

 時間が無いけどAFNやTBSが弱いので954kHz付近を聞いていみた。何と936kHzで強力に民放が聞こえる。これって何処よ?この周波数には宮崎放送と秋田放送しかない。この時間だから秋田放送しかないわけで、HSDLでは全く受信できない秋田放送が夕方からローカル局のように聞こえるのでビビってしまった。同じ東京なのに…いや東京などと言う区分はMWにとっては何の意味も無いことなのだ。狭い東京でこれなのだから、埼玉や神奈川や千葉なら市町村(場合にとっては何丁目)まで全部報告しないと意味が無いという事なのだ。

 しかし本当に驚愕したのはそんな事ではない。それを聞きながら自転車で出発したのだが堰から降りた途端にまるで八木アンテナをサイドに振ったようにスーッと放送が消えてしまったのだ!つまり滝山街道に出た時は何も聞こえなかったのだ。恐ろしや橋の上。読者もある程度大きな川の上で試してみれば?遠くへDXペディションなんて必要が無いと思えるかも(^^; なお954kHz周辺で受信終了した。AFN(810kHz)の隣で長野が聞こえるかどうか試したかったのだが。SBC(1098kHz)は強力だったので多分聞こえるとは思う。次回に期待だね。夜はライト点灯されるとノイズが出ると思うのでホントは昼が良いんだけどねえ。国内なら昼でも大丈夫っぽいし。



1909221711
 17時11分、本当に久々に満地トンネルにやってきた。ここは真夏に来るのが最も有難味がある。何故なら強烈に涼しいからだ。まるで冷房のある部屋に入ったように涼しい。知らない人が初めて入るとその気温差に驚愕する。但しこちらから来ると出口まではまだ登りなので息は抜けない(^^; トンネルは明るいが周辺は秋も深まると夕方でも真っ暗になる。夜にはヤソキーも来るかもしれない。日曜はガオ高生も居ないので周りに人はまず居ないからビビり症の人は走れないかも。

 気づいたが落書きが全く無い。実は入口に「監視カメラ設置中」と看板が立っていたのだ。かなり効果があったようだね。12分にトンネルを抜けて新滝山街道に復帰。ほとんど下りで17時18分に瀬戸岡まで到達。この最終の坂を上がれば往路のゴールだ。


1909221723
 17時23分、これまた久々で忘れかけているあきる野である。久々に来たが何もねえな。この店では非常に高価な買い物(マン振り)をしているのだがまだ恩を返してもらっていない。そろそろ返していただきたいものだが(^^ 今回一番の驚き。二階ジャンクコーナーに行ったら何と!主のICF-6800が無いではありませんか。これに対面するのが楽しみだったので残念だ。しかし誰が買ったんだろう?余程のアホだと推測するが、もしかすると別店に移動しただけかもしれない。但し例のダイヤルが壊れた鸚鵡は売れていなかった。今後はこれが主になる予定?17時43分に出発。


1909221758
 17時58分に睦橋通り内出交番前に到達。この頃から霧雨でブレーキの鳴きが大きくなってきた。これが全然音がしなくなった時にブレーキは全く効かなくなる。それまであと僅かしか無い。

 武蔵野橋が復路最大のヤマ場である。と言うか筆者的には西多摩巡回で厳しいのはここだけと言っても良いかも。何でこの程度のただの陸橋がこんなに厳しいのか?小宮の陸橋だってこんなに疲れない気がする。まあこの辺に住んでいれば日常なので何て事無いんだろうけど。八王子から自転車で来た奴が筆者がいつも買い物で通っている武蔵関の坂を登れば同じく死にそうになるだろう(^^; そう言えば武蔵野橋北の道路工事はだいぶ進んでおり、横断歩道が一回の青で一気に出口まで行けるようになった。これでだいぶ時間を短縮できるね。確実に3分、もしかすると5分は縮まる。


1909221830
 雨が降ってきたので記録を忘れてしまったが西砂着。ここでデカい買い物をしたのでカバンが一杯になった。雨が心配なのでサッサと出発しよう。この時間だと栄はギリギリだが挑戦するぞ。しかし雨は本降りになってしまった。顔に当る雨が痛い。18時30分に出発。ここから今日初めてマジで走った。何しろ30分かからず立川栄に着いたのだから。


1909221922
 キター!ギリギリ間に合った。終点の立川栄には18時57分の到着だった。これで帰りの道は双方向に走り慣れた一橋大学経由になるので楽だ。今日の栄はまだ夏枯れを引いていた。それでも一つは買い物をしたので来た意味はあったかな。出発は19時22分だった。

 ここから雨の中を苦労が始まった。ドバドバの本降りだがメーターは動いていたしヘッドライトも防水なので大丈夫。国分寺のダイソーでカッパを買ってようやく一息つく。もっとも雨が酷いので脚はずぶ濡れだった。一旦戻ってから松屋に飯を食いに行った。

 もう一年になろうかと言う長間隔になってしまったが何とか無事に走り切った。疲れはあまり感じなかったがラストの雨はかなり応えた。まあブレーキが全然効かなくなったけど事故は起こさなかったので良しとする。お疲れ様。


★今日の買い物
 巡回店数はソコソコ多いのだが夏だから期待は出来ない。特に西多摩方面はラジオになってから全くスカなのでここまで回らなかったわけだが、今日は漸くラジオも出回って来ていた。新たな流れが来るか?ちなみに買い過ぎて予算大幅オーバーしてしまった。

=香港製ラジオ=
honkon
 ICF-S71が売れてしまったので腹いせに?買ったのがこれ。香港製で見た目明らかに中国製より出来が良さそうだったのでゲト。恐らくこれは80年代のTRディスクリートではあるまいか。どうも今日はワケワカランラジオの日かも知れない。なお価格シールは消費税10%だが8%で買ってます(以下も全部8%)。

=TR400=
tr400
 これも訳が分からないラジオ。TR400って…(^^; 写真で判らないかもしれないが結構大きい。何となく製品と言うよりはキットのラジオのように見える。実は買う時に電池ボックスの隙間からTRディスクリートであることは確認している。感度ひっくい。

=お風呂ラジオ(^^;=
ofuro3
 もうお風呂ラジオは買わないって言ったじゃないですかー!いやこれ中をよく見たらディスクリートに見えたんだよ。違っていたら?まあその時はその時だ(^^; 動かしてみたらどう考えてもICラジオの感度でした。

=今日のドラフト一位(^^;=
sfm800
 何じゃこりゃ?よく見たらPLLのAM/FMチューナーじゃないか。どう見ても自作機にしか見えんのだが…(^^; 周波数スケール(と呼んで良いのか?)はナマLEDだし(^^;; もしかして試作品か創成期のチューナーなのだろうか?ネット検索したけど何も出てこなかった。こんな訳分らないモノはこの世ではHSDLで扱う以外に無いようだ。これは運命的出会いなんだね。ちゃんと動いているみたいだけどチューナーなのでアンプが無いんだよね〜(^^;

=KPE?=
kpe1
 ナンバーワンって…(^^; 「御覧のようにオレは粗ニーに似ている。なので実力も粗ニーだ。つまりナンバーワン」と言いたいのだろうか。その存在自体に何となく半島の臭いを感じる(臭いわけではない^^)。今日はこれだけICラジオに思える。甘損見たら広告があった。動かしてみたら普通の選択度の悪いポケットラジオだった(^^; SFU455Bシングルだなこりゃ。

kpe2
 裏に製品シールを貼るハズだったのだろうが…。型番の無い製品は本当に困る。今日買った製品は検索しても情報が無いか、それ以外は売り広告ばかりで何の役にも立たなかった。ネット検索はマイナーな事を知るには全く役に立たんな。

=単三アルカリ乾電池4本=
 HOに売っているモノトーンのアレです。今まで手に取った事も無かったのだが、まさかHIDISCいや地危険なのは知らなかった。環境破壊の権化たる乾電池を買ってしまったのは不快だが動作テストに使おう。


★スルー
 夏枯れの上に元々ラジオ方面に見どころが無い巡回なのでスルー物件は前回と違いが無かったりする(^^;

・ICF-8650
 これかなりの美品ですよ。棚の中だから全く触れなかったけど、ジックリ穴が開くほど見たので間違いなく良い状態だと思う。そこのジジイよ、下らんラジオ買わないでこれ買えよ。ババアを質に入れるか退職金全部使って買え。

・R1015箱付き!
 この時代としては異様に美品だった。他にTR3500やR1055もあった(これは箱無し)。

・U06箱付き
・U46箱付き
・R038箱付き
 珍しい箱付き。但しジャンクではないのでお値段もソコソコ。


★走行リザルト
 今日22日の日の入りは17時39分だった。ここから年末まで一気に陽が短くなるのが心細い。未知のルートの長距離遠征は急がねば(行かないかもしれないけど)。今日の練馬における14時の天候は晴れ、気温は℃での風0.9mだった。

通算走行距離⇒1336.9km
本日の走行距離⇒63.867km
最高速度⇒99.9km/h(滝山街道で45km/hくらい)
平均速度⇒18.9km/h
走行時間⇒3:21:47

 前半ダラけなければ確実に二度目のアベレージ19/hが出ただろう。これは殆ど帰りに雨が降り出してからの努力による記録である。久々にマジになった西砂以降は多分20/hを大幅に超えていたと思う。滅多に回らない巡回なので残念でした。なおフルサイズなのに距離が短いのは本文中で書いた通り田無駅を完全にスルーしたから。つまり買い物をしなかったから短くなったわけだ。

 タイヤからの突き上げもほぼ気にならないレベルまで軽減できたが今度はパターンが消えかけのタイヤが気になる。雨の日は走らないけどドライでも路面に砂があると露骨に滑るんだよね。中華タイヤ自体の耐久性も気になる。来年交換のつもりだったが計画を早める必要があるかもしれない。先日のチューブ交換でこの自転車にも慣れたしタイヤも直ぐに交換できそう。


★2019年巡回残り数
 サボり過ぎで長距離ばかり残ってしまった(^^; これらは他の未知の遠征に振り替わる可能性もある。

南巡回[4]
西多摩[3]
南多摩[3]
西巡回[5]
北巡回[5]
アキバ[2]

 上記の予定では残り24回だが2019年の残り週は14週なので予定達成は不可能だ。西多摩や南多摩はあと一回行けば充分だ。来年はもっと体力・気力に見合った無理のない計画を立てたい。極寒期と猛暑期は減らして35〜40回くらいで良いんじゃないか。もっともあまり余裕をかますと天候不順で長期お預けもあるから気を付けないとね。来年の巡回予定は今年の最終記事で発表する予定。