この記事は「ラジオを製作・組立した事がある」「ラジオの回路に深い関心がありスーパーヘテロダイン方式について理解がある」「感度・選択度・安定度・多信号特性について其々完全に理解している」「HSDL用語集を全部読んでいる」「前回までの記事を全て読んでいる」の条件を全て満たしていることを読者の条件とする(リンクについての条件はこちらを参照)。

腐っていたFL-017の「中身」を動くようにする(^^;


ライトラジオ(^^;

 ボロボロ割れてきてどうしようもなかったケースは先日の不燃ごみの日に捨ててしまった。基板にもう帰る場所は無い。今回は取り出した基板だけを配線し直して動かしてみる。果たしてラジオとして機能するのかどうか。


★配線
 SPに乾電池を繋ぐという斬新な配線だったが、これって本当に必然なのか?筆者には何の意味も無いように思えてならない。がしかし弄るのは元通りにしてからの話だ。


fl017_18
 配線にはハンダゴテが当たって被覆が無くなっている部分があった。工員のレベルが極めて低いのだろうか?そこでまずSPの配線を別の線材で一新した。詰まらないものですが日本製です(^^ 実はこのレベル低いハンダゴテの跡こそが犯人推理の伏線だったのだ。


fl017_19
 次に電源ラインだ。コンタクトが付いているが、これはもう使う事は無いだろう。何故なら電池ボックスでもあったケースは捨ててしまったのだから。そこで新たに線材を使って配線し直した。+線はオリジナル通りに配線する。ホントに大丈夫なのコレ?先回りして言うと大丈夫じゃない


★電源を入れる
 いつものようにACアダプターアダプターで電力を供給する。ではスイッチオンだ。全然動かない。それは当然で、SPに電源供給してICラジオが動くわけは無い(^^; ああもう解った。これは壊れているわけではなく何か間違っているのだ。


★もう一度調査
 どう考えてもSPに電池を繋ぐICラジオなどあるわけない。電源はその位置でよいみたいだから、これはSPの繋ぎ方が間違っているのだろう。


fl017_20
 調査中に電球の脇のホットボンドを取ったら、何とその下からSP+が出てきたではないか(^^; やはりSPの繋ぎ方を間違えているのだ。製品としてこのような間違いをしているのではない。何故ならSP+には線が繋がっていた形跡があるのだから。

 つまりこのラジオは前ユーザーが修理(と呼ぶことはできないのだが)したらこうなってしまったのだろう。まったく世の中には頭悪い奴がいるものだ。今まで見てきた頭死老の修理の真似事の中でもナンバーワンクラスのバカ。死ねとは言わないので頼むから何もしないでジッとしていてくれ。


fl017_21
 これで完璧だよバカヤロー!ICラジオがそう簡単に壊れるわけは無いのだ。


★再び電源を入れる
 やっと動いた。どうもラジオが付いている間は懐中電灯が点灯するようだ。懐中電灯は単独で消せるがラジオだけ消すことはできないらしい。ラジオを消したら懐中電灯も消えてしまったので。なんて変な仕様なのだろう。単独の懐中電灯としては使えないではないか。普通に考えれば逆だと思うぞ。

 SPの音は当然ながら腐った音だが検波切れするようなゲルマラジオよりはマシだ。トラッキングは調整し直さないでそのまま聞いてみた。感度は通常レベルより稍落ちるがローカル局が受信できないような事は無い。選択度はあまり良くないが昼はローカル局しか受信できないので全く気にならない。選局はできるので高一やらレフレックスよりはだいぶマシだろう。夜になると東海ラジオやRCCくらいなら受信できる。

fl017_0810.mp3
 苦労してSPから録音した。お聞きの通りSP開放なので全く低音が存在しない(^^; まあ大昔のポケットラジオはこんなのだった気がする。


fl017_22
 こんなSPだからねえ…。何かもう色々評論したくないレベル。小径なのはイイとしてコイル部分が異様に小さいし、とてもじゃないが普通の音が出る気がしない(^^; 小学校時代に中古部品だけで組んだバラックの高一付きストレートラジオを思い出してしまった。アレは何かの業務用機器の基板を流用して作ったから汚かった。

 このラジオは前回書いたようにIC周りの配線で気になるところがある。同じこの部品を使ってももっと良くなる可能性はある。修正したいなあ。でもやりだしたら全部変わってしまう気もする。


fl017_23
 特に何も意味のない高解像度基板画像。実は猫又研でレンズのテストのために撮ったもの(^^


fl017_24
 更に意味のないSPの高解像度画像。コイルが異様に小さい。透明コーンだと粗悪SPの構造やダメージ(錆とか)がよく解るね(^^ 35个判颪い討△辰燭40个△襪福


★終わり
 あまりにヒドイラジオだったので動いただけで満足しよう。恐らく今後このラジオ基板が表に出る事は無かろう。ラジオを誰かにあげる時におまけとして付ける。100(110)円分は充分に楽しめたと思う。