この記事は、最低でも過去記事と「HSDL用語集」「HSDLラジオ用語集」を読んでいる事を読者の条件とする(リンク条件はこちらを参照)。

不動の昭和ラジオを何とかして動作させたい


不動のRF-527(^^;

 残念ながら懐かしの昭和ナショナルラジオは不動だった。不動原因は今のところは推定に過ぎないが、このラジオはAMのFEが逝かれている予想だ。AMのFEが逝かれるという事はFMのIFが逝かれるのと同義だ。つまりこのラジオの症状とピッタリ合っている。それを確定するためにはどうしたらいいか?ここでもう一度ちゃんと調査して振り返ってみよう。内容は重複するところがあるかもしれない。


rf527_20
 その前に基板写真を撮ってみた。部品の値が見えるわけでもないし番号があるわけでもないが矢鱈高画質になってしまった。こんな高画質は必要無いが趣味という事で(^^ いつものように撮影は100円ズームと、MCですら無い粗末な100円プロクサーNo.3である。コンデジと違って歪曲が皆無に等しいところがいい。

 それにしても昔のTRディスクリートのラジオは美しい。中華ICラジオとは全然違うね。壁紙にしても良いくらい見飽きることが無い。


★推理する
 基板はICラジオとは比較にならないほどゴチャついていて良く解らないのだがTRは全部で11個だった。

2SA564Q→2SA1015Y
2SA642(ランク不明)→2SD227とコンプリ
2SC1359B→2SC380TM-O
2SC1359B→2SC380TM-O
2SC1359C→2SC380TM-Y
2SC828Q→2SC1815Y
2SC828Q→2SC1815Y
2SC828Q→2SC1815Y
2SC828R→2SC1815GR
2SC945Q→2SC1815Y
2SD227R→2SA642とコンプリ

 右は置き換え候補だ。全交換などバカな事はしない。カネの無駄だし貴重なオリジナル性を損ねる。この中でよく解らない石は2SD227とそれのつがいの2SA642だけだった。これらはインドのメーカーのセカンドソース?しか見当たらない。2SD734、2SC1959、2SD467、2SC2497が互換らしいがそれもシラネー(^^; 2SD467というのを見た事が有ったかもしれない程度。まあデータは解るので大丈夫だ。そもそもAFは死んでいないと確信している。

=設計時の構成=
 ICラジオならテンプレが有るので回路図くらい書くけど、TRが11個もあるディスクリートラジオなんて回路図書いていたらいつ終わるか見当もつかん。


rf527_21
 これがブロック・ダイアグラムだ。AMはFMの第一IF以降を利用している(検波は独立)。AGCラインは簡易なフィードバックなので省略した。

FM RF-AMP:2SC1047
FM CONV:2SC1359
FM AGC:OA90
FM 1stIF-AMP&AM CONV:2SC1359
FM 2nd/AM 1stIF-AMP:2SC829
FM 3rd/AM 2ndIF-AMP:2SC829
AM DET&AGC:OA90
FM DET:OA90x2
1stDC-AMP:2SC828
2ndDC-AMP:2SA564
LED:LN23
1stAF-AMP:2SC945
2ndAF-AMP:2SC828
POWER-AMP:2SA642/2SD227

 FM-RFは設計では2SC1047となっているが、実際この個体に実装されているのは2SC1359だった。2SC1359の方が格下で性能がだいぶ違うのだが、2SC1359B→2SC1923Y交換もありか?

 FM/AMのIF-AMPも2SC829から2SC828にスペックダウンしている。2SC829は2SC0829と名前を変えて最近まで生きていた。2SC829の「FM・AMラジオのRF増幅、発振、混合、IFに最適」というベストの石に対し、2SC828は汎用小信号用のやっすい石だ(^^; つまり2SC1815みたいな奴。

 世間の情報を見ると2SC828が死亡するような症例は見つかっていない。だが2SC1359のhFEが低下した話はよく見た。怪しいのはコイツだな。この構成を見ていたらもう何か絶対怪しいとしか思えないところが判ってきた。


rf527_22
 もうこれしかないだろう!というのがこのFM 1stIF-AMP&AM CONVの2SC1359だ。AM・FM両方兼務で激務をこなしているコイツが死ねばこのラジオは一発でほぼ何も起こらなくなる。コイツが犯人か確かめるために電源を入れて電圧を測ってみるか?ちなみにコレクタ5.1V、ベース1.2V、エミッタ0.55V、Ieは0.5mA辺りで正常だ。

 当初よりこのラジオはIF以前が死んでいると確信していた。何故IF以前を疑うかと言うと、電源を入れる時にSWの音と一緒に微かにSPからポツッという音が聞こえるのだ。これはAF-AMPが生きている事実に他ならない。そしてもう一つは同調指示ランプが全く反応しない事だ。これはLEDを駆動しているドライバAMPに信号が来ていない事を表している。加えてIFのノイズが全く聞こえない事も重要だ。結論としてこのラジオはIF以前が怪しい事になる。そしてAM・FM共に動作していないのは共通回路が死んでいるという事でFMのRF-AMPとCONVは無実だからMW-CONV(兼FM-IF)とIFしか犯人はいない。石が劣化すると影響が出るのは発振だろうね。


★残る問題
 電解コンをどうするか?このラジオの発売を1976年としても今年(2019年)で43年が経過している。電解コンは当然ながら期限切れだ。但しラジオ程度の直流回路なので不具合が出ていなければ換えなくても問題ない。以前見たICR-S8のように発振気味なったら換えないと拙い。この個体の場合はまだ動いていないので動いてから考えることにする。もし期限切れで不具合が出るとしたら恐らく低いところで発振するはず。


★続く
 長くなったので作業は次回に回す。簡単な故障なのに分解(これは昔から嫌い)とハンダ付けがイヤになって全然進まねー(^^; 最近は故障個所が判ると興味が無くなるというかどーでも良くなってくるんだな。でも予定では次回で完結します。いやTR一石だから絶対に終わらせねば。


★おまけ
 発売年の件だが、下リンクのリアルタイムでこのラジオを買って使っていた人が1975年発売と書いているので間違いなかろう。サービスマニュアルが1975年、グッドデザインが1976年で、リアルタイムユーザーが1975年に買っている。これで発売年は1975年で確定ね。1977年発売はどこから出てきたの?それは自分が買った年ではないのか?(^^;
http://yumetsune.o.oo7.jp/details11127.html