この記事はレビュー記事でも買い物ガイドでもありません。シロート向けの使い勝手などの一般的評価は書いていないので、ラジオ好きで超マニアックな常連の変人以外はここでお帰りください(^^/~

アナログラジオ最終世代”黒い三兄弟”の次男坊、ICF-P36


 粗ニーのアナログラジオ最終世代の「黒い三兄弟(注1)」の一員である。2020年1月現在は依然としてドヨでも販売を継続している。先日もドヨに調査に行ったら変わらず店頭で売られていた。


p36_000
 この次男坊は何故か人気が無く、三兄弟の中で最安値なのが悲しい。末弟P26よりも500円近く安いのだ。中身は同じだからお得に感じるのは筆者だけだろうか?尤も筆者もこのラジオはよくはないと思う。でもそれはICF-8/9/B7と同じ理由なので、やっぱり世間の不人気の理由は判らない。スマホ厨房は直ぐに人の話を真に受けるのでネット上の酷評が効いている事も考えられる。筆者の触った感じではこの三兄弟はどれも変わらんと思う。


★外見を見る
p36_001
 入手した個体は2台。2019/10/20に入手したのが2017年製であり、2020/01/20に入手したのが2016年製である。ストラップが白いのは付属していなかったのでHSDLでキヤノンのコンデジのモノを付けたから。2台とも最近の製品らしく大きな傷や汚れは無いがジャンク品である。そして中身はそれに相応しいものだった(^^;


p36_002
 奥行きが有りスマートさに欠けるようにも思えるが、デザインは現代のラジオらしく洗練されていると思う。スタイリッシュなだけになるべく傷つかないように使わないと無残になる。筆者はこのような製品はあまり好まない。一つのモノを長年使いたいので、長年使用して傷つくと見られなくなるモノはイヤなのだ。長年使って味が出てくるのは金属製や木製だけ。樹脂は劣化するだけでブザマになるだけ。


p36_003
 この光沢が美しくもあり有害でもあるのだ。新品の時は美しいけど忽ち傷が付いて光沢を失う。そうするとマット面の方がむしろマシに見える。やはりこの三兄弟はキレイな部屋に住んでいるお上品な人にしか勧められない(^^


p36_004
 電源スイッチはモードスイッチと兼用で独立している。このスイッチはデザインをスマートにするためにケースと面一になっていて非常に動かしにくい。使い易さよりもデザインを優先させたのだろうが指先の覚束ない年寄り(ラジオユーザーの主力^^)には厳しいかもな。欠点はデザインだけでなくこのSWが逝かれやすいということ。ガリオームと並ぶこのラジオの弱点の一つだ。その二つ以外は部品に顕著な欠陥は無いので残念。


p36_005
 次男坊はこのダイヤルがイカン。ダイヤルの動き(横)と指針の動き(縦)に関連性が無いので初見では戸惑うのだ。長男は横に動かすとそれに連れて横に指針が動くし、末弟はそもそもダイヤルが横だから昔のラジオと同じで違和感はない。この次男坊だけがICF-8/9/B7と同じくおかしい。まあ慣れればどうという事は無いが。ちなみにダイヤルの感触は固すぎず柔らかすぎず違和感は感じない。昨今の中華製ラジオを考えると良い方だと思う。この辺りで点数を回復する(^^


★動かす
 動かすと言ってもジャンクなので動くかどうかは分らない。何しろキレイな固体なのである。粗ニーの製品はHOに限らず不当に高く評価される事が多いのだが、その粗ニーの製品でキレイなのに青箱に放り込まれているのはどう考えてもおかしい。これは何らかの不具合があったという事で、恐らく全くの不動だったのではないか?

 この黒い三兄弟シリーズはアナログ末期なので部品がほぼ全て中華だと思われる。中華部品は抵抗やコンデンサなどは全く問題が無いし、トランジスタなどは昔の日本製より良いくらいだ。ラジオ用互換ICもオリジナルと比べヒケを取るような事は全く無い。しかし中には決定的にダメな部品もある。それはスイッチ類とVRなどの可動部品だ。これらは昭和時代の日本二流メーカー製にも遠く及ばないくらいクソなのが多い。一口に中華と言っても勿論ミリタリークラスの高級品もあるのだろうが、少なくともラジオに使われている安物クラスの品質は良くない。安部品を使わざるを得ない中華製ラジオはその影響をモロにかぶっている。具体的に言えばVRガリとSW不調が極度に頻発するのだ。環境が悪く、加えて使い方が少々クソだとアッと言う間に劣化使用不能になる。ソニータイマーどころか一年持たない事も珍しくはない。

 この「黒い三兄弟」も例外ではなくその影響をモロ被り。1号機、2号機とも典型的なその不具合が露見してジャンクになったのだ。まず1号機はVRガリでいきなり音声全開、2号機はSWの不良で電源が入らなかった(^^;

 上で見てきたようにこのラジオはVRと電源スイッチが独立しているタイプである。このタイプは横着なジジイが好む方式で、VRを固定したまま電源を入り切りするので劣化が激しい。それでも昔の日本製VRで昔ながらの音量可変を行なうラジオであれば大丈夫だったかもしれないが、電子VR使用の粗ニー統合チップで中華製低品質VRではモロに障害を発生する。言わば人災に近い必然の不具合だ。

 1号機のVR劣化は元々の品質の悪さも勿論あるが使用法からも来るのだろう。2号機は完全にSWの品質が製品の仕様に追いついていないのだと思われる。何しろ2016〜17年製造の現役ラジオなのだから3、4年で致命的に壊れるのはやはり異常である。

 VR全開の方はテストに耐えられそうにないので、何とか腐りスイッチの方に動いてもらいたい。もちろん開けずにだ。10分くらいSWをガチャガチャ弄り回していたらだんだん高確率で起動するようになってきた。うーんアナログだなあ!(^^; 但し起動時のモードは選べない場合が殆どで大体FMであった。一旦FMで起動してAMに戻す形になる。面戸癖絵なあ。

=予備テスト=
 前回RF-P50(A)のところで書いた通り現状は相対比較しかできないので、比較相手にHSDLで手術・調教したマネ下のR-P30を起用した。それに拠ればR-P30(改)は50μV/mまで信号が確認でき、このICF-P36は56μV/mだった。比較が耳Sなのでいい加減だからほぼ同じ感度と見て良かろう。これまでにHSDLで見てきた粗ニーの下級機(中華製)はどれも良く調整されていた。これも例に漏れず良く調整されていて感度は一般用としては申し分ないと言える(注2)。

 但しこの感度比較は1000kHzで行なったのだが、R-P30(改)はクリヤーな信号なのに対し、ICF-P36はTBSがバックに漏れ聞こえるのである。選択度悪い!(^^; まあR-P30(改)がポケットとしてはかなり選択度が良いのだが、あまりに粗ニーの下級機らしくて吹き出してしまった。ちなみにノーマルR-P30は同じようにTBSが聞こえます。LTP455Bは1エレCFだから致し方ない(ムラタ製でも1エレはヤバいかもね)。

=周波数範囲チェック(2016年製)=
MW下限:521kHz(規定520kHz)
MW上限:1635kHz(規定1650kHz)
FM下限:74.9MHz(規定75MHz)
FM上限:109.4MHz(規定109.5MHz)

=周波数範囲チェック(2017年製)=
MW下限:515kHz(規定520kHz)
MW上限:1635kHz(規定1650kHz)
FM下限:74.7MHz(規定75MHz)
FM上限:108.8MHz(規定109.5MHz)

 時間や電源電圧によって範囲は上下する。それと選択度が低いのであまり正確とは言えない。特に問題無く仕様は満たしているがMWはやや低く揃っている。

=MW受信テスト=
 上の予備テストでもう大体予想が付いたけど実際に受信して確かめる(注3)。

〇 639kHz:静岡2(PB) バックでNHK東京1が聞こえる
× 729kHz:名古屋1(CK) 選択度不足で聞こえない
〇 765kHz:YBS大月 ラジオの方向次第でAFNに潰される
〇 882kHz:静岡1(PK)
〇1062kHz:CRT足利 ラジオの方向次第で混信する
〇1197kHz:IBS水戸 ラジオの方向次第で混信する
×1404kHz:SBS静岡 選択度不足で聞こえない
〇1458kHz:IBS土浦 ラジオの方向次第でRFが聞こえる
〇1530kHz:CRT宇都宮
〇1557kHz:SBS熱海

〇了解できる
×全く聞こえない

 いつものように二等ローカル各局を受信してみる。やはり致命的に受信できない周波数がある。これは頭死老が思うところの低感度だからではない。実は感度は充分足りでいるのだが上記の通り選択度が我々の用途では全く不充分なのだ。△が無く〇と×だけなのがそれを象徴している。実は聞こえている放送もバックにローカルが聞こえている場合が多い(これは混変調などではない)。聞こえない局も選択度が上がれば恐らく殆どの局は受信できるはず。もし改造する時には真っ先にCFが槍玉にあがるだろう(^^

=FM受信テスト=
 HSDLがMW主力なのはこれからも変わらないが、今年からはFMにもある程度力を入れるつもりだ。ICラジオの場合はFMの感度は大した違いは無い。これはFMというS/N比の高い変調方式もあるが、それよりもトラッキングエラーが少ないからだと思われる。筆者は通常はテレスコピック・アンテナを伸ばさず使用するが、ローカル主要局は全て受信出来て実用になる。そのため感度テストは「良好」の一言で片づけて選択度を吟味する。

79.5MHz:NACK5(5kW)
80.0MHz:TOKYO FM(10kW)

 この両局は隣り合っているのだが、当地では安ラジオのダイヤルを回していてこの局間が全く無い場合が多い。NACK5を聞いていて79.5MHzから上に同調をズラすといつの間にかFM東京になっている。FM東京80.0MHzから下に同調をズラすと同じようにいつの間にかNACK5になっているという塩梅だ。恐らく東京北部や埼玉南部では何処もこんな感じではないか?ところが高選択度のラジオ(注4)ではこの局間(79.75辺りのノイズ)がハッキリ存在するのである(注5)。

=音質=
 SPグリルがプラケースの打ち抜きという事で動作前から音質に疑いを持っていたが、実際にFM放送を聞いてみた感じでは特に悪くない。これはある程度筐体が大きいからかも知れない。小さな筐体で良い音を出すのは物理的に無理がある。AMの音はIFフィルターに最も影響されるので評価は無し。安ラジオの場合は{音質が良い=選択度が極度に悪い}だから手放しでは誉められるわけはない。高級ラジオのようにシェープファクターの良い多エレメントCFを使用した高音質設計なら評価するが、粗ニーの高音質で有名な某ラジオのようなスケスケIFでの高音質は御免蒙りたい。ロケーションや使い方に依ってラジオの評価は大きく異なる。


★続く
 次回はいよいよ解剖する。ICは判っているので詰まらないけどフェライトロッドやCFには興味津々だ。2917年はVRが、2016年はSWが故障しているし2台(注6)あるのでいずれは改造したい。スペースが有りそうなのでかなりバリバリ改造できそう(^^


注1:長男坊ICF-306、次男坊ICF-P36、末弟ICF-P26の3機種をHSDLではこう呼んでいる。アナログ最終世代で部品が無いだろうから2020年現在ではもう製造はしていないだろう(流通在庫だけだね)。なおICF-506はDSPラジオなので黒いけど仲間には入れません(^^

注2:当初よりR-P30の方が微妙に感度が良かったので50μV/mの信号がギリギリ聞こえるようにR-P30をアンテナから離す,修譴汎韻鍵銘屬任匹海泙膿号強度を上げればICF-P36で聞こえるか?を計測した。

注3:今回の受信テストは全て東伏見時代に行なわれたものです。記事がそのくらいの時期に書かれたという事だ(^^;

注4:アナログ世代ではBCLラジオが合計6エレ程度のCFを搭載しているものが多い。また現在市販されているDSPラジオはFM選択度がアナログ製品より高い。これらは何れも79.5〜80.0MHzの局間を確認できる。FMはAMと違って弱肉強食なので、局同士が被さるとビートなどは発生せず弱い方が消える場合が殆ど。なので選択度はDXに於いて感度以上に重要である。もっともFMは八木・宇田アンテナなどビームアンテナを割と手軽に使えるので選択度が低くても分離できる場合は多い(この場合は通信型受信機やFMチューナー限定だが)。

注5:高選択度の例を挙げれば、DSPラジオのER-C56Fは善福寺公園にて79.7MHzはクリヤーチャネルとして聞こえる。

注6:思い出したけど実はもう一つある。先日ラジオの多数入ったジャンク箱を寄付していただいたがその中に入っているのだ。もっともその中に入っている多数のラジオはかなり小汚いし腐食崩壊しているのもあるので検分して掃除するまでに一年くらいかかりそう(^^; お目見えは洗えるようになる夏以降だろう。