去年の11月から大きな変革が有った。隔日刊だったのが三日ごとになったのだ。ハードウェアを弄る場所が無い上に受信もできない、おまけに時間の無駄のような気がしてHO巡回をする気が無くなってきた為に記事が無いのだ。何とか数の出そうな面白いモノを発見したいがなかなか無いね。


2020/10人気記事

 相変わらず決まったハンダ付けする場所が無いまま冬になろうとしている。冬になったら手が冷たいからやらないのは間違いない(^^; 来年の春までできなくなるので秋のうちにやってしまわねば。

1.2011-01-04「ジャンクマザーボード動作チェック」
 もはやこの記事を誰が読んでいるか分らないけどいつも一位をキープしている。将棋の藤井聡太二冠(ライゼン使い^^)のお陰で高校生の間でプチPC自作ブームになっているらしい。筆者もジャンクではない現役のマザーボードでPC自作してみたい(^^

2.2018-12-13「DSPラジオの欠陥」
 デジタルDSPの場合は「DSPラジオの欠陥」と言うよりテクスンのIC設定の拙さと言った方がいいかもしれない(^^ その証拠にER-C57WRの設定は特に悪くは無い。アナログDSPのクソさはICやユニット自体の欠陥なのでラジオメーカーの責任ではない。これは完全分業化の弊害と言えない事も無い。出来合いのICを使わないSDRはその点で強みがあるな。

3.2008-05-30「PC88フロッピーディスクのプロテクト」
 PC-88とプロテクトは筆者の青春の思い出で何時までも忘れない。逆にPC-98とX1とX68000はイヤな仕事を思い出すからどーでも良いというか、むしろ積極的に忘れたい(^^;

4.2020-10-12「SONY ICF-P21 
8.2020-10-14「SONY ICF-P21◆
 特に個性を感じないラジオだったがフェライトロッド・アンテナはスペース+分割巻きでRF-P50より素質は高そうだった。但し素質が高いと言っても決してメジャーリーガーになる器ではない(^^; でもNPBで先発ローテーション投手になれば大成功だろう。

5. 2020-09-28「どーでも良いラジオ話押
 子供の頃の基板作りは手工芸的な面白さが有ったが、エッチング液は公害の元なので環境問題を考えると人々に自作は勧められない。本格的にやりたい人は小口を受ける基板屋に注文しよう。もし「そこまで本格的にするほどじゃない」というのであれば基板を起こさず穴開き基板でも使えばいい(試作だったら大部分はブレボで良いし)。今の穴開き基板はガラエポだし、配線次第では紙エポのトーシロ設計基板よりマシではないか?(^^

6.2020-10-18「HSDLの日常[20/10/18]」
 何でいつも聞いている朝鮮語なのに判らなかったの?と聞かれたのだが、あまりに微弱だと朝鮮語も東南アジアの言語も区別がつかないんだよ(^^; ヒドイ時は日本語でも分らん時がある。音楽でも流れればどの辺か一発なんだけど(あとコーランとか^^)。音楽は偉大だ。

7.2018-10-01「ラジオ買いたい&買った」
 賞味期限切れの2年前の埋め草記事(^^; 今やラジオ界の情勢はこの記事の意味を殆ど無くすくらい変わっている。なので読まんでよろしい。

9.2020-09-24「SONY ICF-P36◆
 そのままでも故障が無ければ(しかしSWとVRがよく故障する^^;)使えるけど、HSDLとしてはサイズに余裕のある素材として評価している。

10.2020-10-10「対北朝鮮短波放送」
 北朝鮮及び半島が特に好きなわけではないが、国も放送もサッパリ解らないところが面白いと言えば面白い(珍獣を愛でる気分^^)。あとこの地域はHSDLの劣悪な受信環境とショボイアンテナでも何とか聞こえるのが良い。それでいて意外とDX要素もある。


2020/11人気記事

 秋が深まるにつれて外に出るのが億劫になってきた。こんな時はハードウェア記事を書きたいがなかなかネタが無くて書けない。受信は相変わらずアンテナがショボくて出来ないので八方ふさがり。仕方なく隔日更新を三日ごとにしたがそれでも記事が足りない。

1.2011-01-04「ジャンクマザーボード動作チェック」

2.2018-12-13「DSPラジオの欠陥」

3.2008-05-30「PC88フロッピーディスクのプロテクト」

4.2020-11-04「アキバ巡回[20/10/25]」
 本当に久々にアキバに行ったが店舗はあまり変わっていなかった。まあこれ以上変わるところは無いんだろうけど、開発オジサンたちのスクラップ&ビルドはこれからも続きそうなので風景は徐々にではあるが確実に変わるだろう。一般人の好きな?キレイな街に変わるとますます足が遠のきそうだ。神保町といいアキバといい、自分の好きな街が開発オジサンに目を付けられるのはもううんざりだ。東京都市部は既に過不足なく開発されているのだからこれ以上弄るのは止めて、地方へ行って新しいモノしか価値を見いだせないイナカジジイの街でも開発してやればいい。

5.2020-11-10「MWラジオ感度向上方法」
 当ロケーションではMWの受信はほぼ出来ない訳で、それなのにMWの記事を書いていると空しくなる(^^; MWでは{ロケーション>>アンテナ>>受信機≒使用者スキル}の構図は変わらない。SWの場合は{コンディション>外部アンテナ>ノイズの無いロケーション>受信機≒使用者スキル}かな。一般人ほど受信機に幻想を持ってしまうが、ある程度の水準の能力が有れば割とどうでも良いのが受信機なのだ。今まで数限りない受信機を使ってきた筆者の結論だ(^^

6.2020-11-01「HSDLの日常[20/11/01]」
 練馬でSWバンドを受信するのも普通になってきたが、色々な人為的妨害が激しくローカル中心になるのは止むを得ない。それにしてもライフワークの昼間MWDXが出来ないのが残念でならない。この時期(11〜12月)が一番良い季節なのに…。

7.2020-11-19「FUJITSUラジオ?」
 予想通りヒドイラジオだった。高周波増幅付きであっても一段同調のストレート・ラジオでは選択度が全く足りない。景品ラジオの凄惨な実態がよく解る。それと比べればダイソー100円ラジオは燦然と輝くな(^^

8.2019-07-14「どーでも良いラジオ話」
 1960年代には大型FRAと”Tuned RF-AMP”搭載のTRディスクリートMWラジオという現代では製品としては想像もつかないラジオが普通に売られていた。こんなラジオ黄金時代をほんの僅かでも体験できたのは僥倖だった。今になってその知識が役立つとは思わなかったけどね(^^;

9.2013-11-04「パワーMOSFET実装法」
 誰が読んでいるんだろうね?少なくともオレの仲間では無さそうだが。

10.2018-07-31「ICF-7601/7601L研究」
 また上がって来たか…。RF-B11研究と違って特に中身の無い記事だから何かみっともない(^^; この記事はたまたまICF-7600+7601の回路図を見たことから書く気になったもので実機を所有していないし、また今後する気も無いラジオだから熱が感じられない。ダメを押すようだけど周波数の読めないアナログダイヤルのSWラジオは昭和のはデキの良い奴でも余程安くない限り買いたくない。ER-C54Tみたいなのは記事用のネタだから別だけど。


2020/12人気記事

 寒くなってきて外に出るのが億劫になってきた。こういう時は家の中で受信…と行きたいところだがアンテナが悪くて超低感度(^^; 一体何をすればいいんじゃい!

1.2011-01-04「ジャンクマザーボード動作チェック」

2.2018-12-13「DSPラジオの欠陥」

3.2008-05-30「PC88フロッピーディスクのプロテクト」

4.2020-12-13「Panasonic RF-P50」
 遂にラジオでも電解コン交換をやってしまった。厳密に言うと既にRAD-F1691Mでやっているけどね。殆ど意味は無いがAGCのところだけは多少意味がある。この件に関してはいずれAGCに違和感のあるRAD-F127Nで実験するつもり。

5.2020-12-07「DAISOヘッドホン供
 RF-P50の記事が遅れたために「埋め草」のつもりで書いたこの記事が、まさかこんなに上位にランクされるとは夢にも思わなかった。もちろんこれはダイソーヘッドホンがビンボー人の間で非常に注目されているという確かな現実があるのだろう。あまり詳細なインプレでなくて申し訳ない気分だ。ヒマが有ったら{D創300円、D創500円、πの廉価版}で周波数特性を比較してみたい。方法はもう考えてあるのでなるべく旬を逃さないうちにやりたい。何しろこれら百均商品は寿命が短いから、比較結果が出た頃にはもう販売が終わっている可能性もある(^^; ちなみに後から買った白い奴はどうも不良品で右からしか音が出ない。通信型受信機だとステレオではないので問題無いのだが不良率は高そうなので買ったらすぐチェックしよう。

6.2020-12-03「受信ログ[2020/11/27]」
 やはり海外のワケワカランSW放送の受信は楽しい。少なくともラジオに関して言えばハードウェアを弄るよりもソフトの方が一段楽しい。この活動に於いての問題点は言語だけか?もちろんそれは厳しいのだが、厳しいと言っても当地のうんこロケーション+ショボイアンテナほどではない(^^ 来年はまず屋外アンテナを何とかしたい。

7.2020-05-01「感度ランキング(^^」
 超今更マネ下の昭和ラジオの感度ランキング。もちろん埋め草だが作成のため多数の仕様を調べなければならず苦労した(^^; もっとも筆者の興味本位から始まっているので時間を損した気はしない。

8.2020-12-01「CNR(中央人民広播電台)」
 CRIと並んで要らない放送局の代表だったCNRにこんな密かな楽しみが有ったとは。要するに食傷気味の標準中国語じゃなければ何でも良い(^^ 中国に限らないが「国家の建前と誇張した繁栄」しかない国際放送と違って国内向け放送は「人民の欲望・本来の姿」が入る分面白味が増す。気合を入れて調べて書いたので、この記事が人気記事ランキングに入らなかったら今季限りでHSDLでラジオ受信記事を書くのを止めよう(=他にネタも無いのでHSDL終了)と思っていた。

9.2020-12-25「CITIZEN TR20」
 シチズンは何故ラジオを売っているのか?昔は時計型ラジオを売っていたような気もするがアレの延長線上にあるのかな。中身はどう見ても哀話製で感度が高いのは何となく判った。但し本文に書いたけど選択度の悪さは昭和時代でも中の下くらいかな。

10.2020-12-19「西巡回[20/12/09]」
 超久々の西巡回。恐らくこれが定期巡回としては最後の西巡回でした。ハッキリ言って練馬からだと遠いので40km近くになってしまいツライ。あ、どうせならイケアで電池買ってくればよかった…もう行きたくねえ。



★検索・リンク記事
 数が多いので2017年以前の(主にPC)記事は切り捨ててます。また極度に検索数が少ないのもシステムによって切られてます。検索でやって来た記事なので、自動的にこれは一見さんが好む記事という事になる。だからどうだと言うわけではないが愛読者は満足しているのだろうかと気になる。

ACアダプタゲット
CSD-SR700分解
DAISOヘッドホン
DSPラジオの欠陥
ELPA ER-C54T
ELPA ER-C54T
ELPA ER-C55T
ELPA ER-P36F
ER-C55Tの裏ワザ
ER-H100
ER-H100
HSDLの日常[18/07/05]
ICF-28受信音
ICF-7601/7601L研究
ICF-S60
ICF-S60を洗う(^^;
IFフィルタの研究
National RF-B30
OHM RAD-F610Z
OHM RAD-H245N
Panasonic RF-P50
RF-2400A
RF-B11研究
RF-U170
R-P30
SONY ICF-50V
SONY ICF-9
SONY ICF-P21
SONY ICF-P36
SONY ICF-S19
SONY ICR-P10
TOSHIBA TY-HR2
TRIO R-1000
アナログラジオを探せ!
お風呂ラジオ(^^
テキトーMLA(^^;
どーでも良いラジオ話
どーでも良いラジオ話
どーでも良くないラジオ話(^^
ハンディラジオ格付け(^^
ポケットラジオの感度
ラジオデータベース
ラジオ買いたい&買った
ラジオ買いたい
ラジオ買った(^^
何となく魅かれる(^^
感度ランキング(^^
感度ランキング(^^;
気になるリンク[2018/12]
気になるリンク[2019/08]
吉祥寺巡回(^^;
再び町田遠征(^^;
受信ログ[2020/11/27]
初号機沈黙(^^;
対北朝鮮短波放送
長波放送用LPF
南巡回[19/02/22]
不動のICR-7(^^;;
気になるリンク[2019/06]