HSDL.blog.jp

主にラジオを中心としたジャンク・各種実験の同人誌

放送

HSDLの日常[21/02/18]

 何か新しい局が受信できないのでその点ではマンネリだが、一度受信した局でも初めて受信した周波数は多いのでそれなりに楽しめている。


★NHK WORLD-JAPANスケジュール
 ちょっと用があったのでNHKワールドの日本語サービスだけを抜き出してみた。B20なので寿命は3月末だけどJST変換したのでそれなりに役に立つかな。

=B20(2020/10/25/10:00->2021/03/28/10:00)=
6105kHz:NHK WORLD-JAPAN France [11:00-13:00]
7265kHz:NHK WORLD-JAPAN Germany[12:00-14:00]
7445kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [16:00-18:00]
9625kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [05:00-06:00]
9680kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [00:00-02:00]
9750kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [17:00-01:00]
9765kHz:NHK WORLD-JAPAN Germany[02:00-04:00]
9795kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [22:00-23:00]
9895kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [04:00-06:00]
11630kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [06:00-08:00]
11790kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [11:00-12:00]
11815kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [19:00-00:00]
11825kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [16:00-17:00]
11910kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [06:00-09:00]
11945kHz:NHK WORLD-JAPAN France [02:00-04:00]
15130kHz:NHK WORLD-JAPAN France [04:00-06:00]
15195kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [11:00-14:00]
15280kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [16:00-19:00]
15290kHz:NHK WORLD-JAPAN France [17:00-19:00]
15325kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [11:00-13:00]
17810kHz:NHK WORLD-JAPAN Yamata [11:00-14:00]

 今回は周波数に意味があったので周波数順にしている。ローカル時間以外はNHK1のベタ流しだが、MWで聞くよりフェーディングが有って国際放送っぽい(^^ 海外送信は遅延がある場合がある。


★最強の電波
 以前、SWバンドで最強局を探したら31mbの台湾国際放送だった話を書いたが、今回は昼間13時の最強局を探してみた。この時間の強い局は質量ともに圧倒しているハイバンドの中国局である。これはRF-B30のメーターで軒並み59+20dBまで振ってくる。このラジオはAGCの関係でこれが事実上フルスケールなので、この頂上レベルで強さを比較するにはアッテネーターやRFゲインを絞る必要がある。

 で、今回チャンピオンに輝いたのは13655kHzのCRI(公称500kW)だった。これはRF-B30のRF-GAINを-4まで絞っても変わらず59+20dBだった。一応微妙にフェーディングが掛かっているのだが音が変わっても指針が微動だにしない!(^^; 15160kHzのCRI(公称500kW)も時間や状態によっては同程度の強さになるが、大部分の局はRF-GAINを絞ったらSメーターの針は下がってしまいます。

 今思いついたがSWラジオのテストの為に各バンドの昼夜最強局をリストしておくのが良いかもしれない。必要なのは90〜16mb辺りかな?これらはいずれやってみたい。


★AX700Bのミュート
 去年5月の「AX700B復活!」の追試。先日思い出して漸くミュートのテストしてみたが、ミュート閾値のVRを最低にしても弱いながらも掛かり気味だった。つまりミュートを完全に止めることはできないようだ。薄々予感はしていたが最悪の結果だった。

 なんでRx設計者は誰も彼もこのクソみたいなミュートが好きなのか?ミュートの閾値の下のDX局が居るのに(^^; ローカルしか聞かないオーディオ用のチューナーなら理解できるが曲がりなりにも通信型受信機だぞ?仕方が無いのでいずれこの機能自体を止めるようにハードウェア改造したいと思う。どう考えても無くなって困る機能ではないのでね。ラジオ用DSP-ICのミュート機能といい、トーシローは役立たずの無駄機能を付けやがるので困る。


★ICF-EX5のFRA
 ICF-EX5を入手したのはもうだいぶ前なのだが、FRAが180个箸いΔ里詫名なので入手以前から知っていた。でそれが10φだと何故か何時の頃からか信じ込んでいたのだ。もう知ってしまった気になっていたのでHSDL所有機を開けて確認もしなかった。

 ところが先日あるページでカタログを見たら12φ×180个任△觧が判った。5chとかのランクリストには長さしか出てないけどこれ大変な違いですよ。何しろHSDLのフェライト指数では1800→2160までアップするから10φ×200个茲蠑紊箸い事になる。ちなみにRF-DR100は10φ×180个辰櫃い里粘凝戮忘垢付いているのはこれが原因かなあ?まだ中を見ていないので断定はできないけど一寸衝撃を感じてしまった。

=FRA能力ランキング(フェライト指数)=

3000:National RF-1150
2160:SONY ICF-EX5
2000:[20cm中華FRA]
1800:Panasonic RF-U80
 1800:Panasonic RF-DR100
 1800:[18cm中華FRA]
1400:[14cm日本製FRA]
1200:SANYO RP-6260
 1200:[12cm日本製FRA]
1050:Panasonic RF-2400A
1000:AIWA CSD-SR700
990:Panasonic RF-U170
800:National RF-527
  800:SONY ICR-S1
  800:SONY ICF-750
  800:ELPA ER-H100
  800:SEIKO DA301S

 名称がFRAだけのものはパーツとしての生FRAだ(^^; ICF-EX5が12φだったのでRF-U80も怪しくなってきたな(いずれ開けて確認せねば…)。なお数値がハンパなのは実測で、これが意外と幅がある事が判っている。実はこれ2019年以前のランキングで、所有ラジオでも入っていないラジオが一杯あるので不完全なのだが、現状判っている限りのランク上位は↑のようになっている。

 このフェライト指数はラジオの潜在的な素質を表す。IC若しくは回路自体の性能や調整の優劣があるので感度のランキングとはならない。がしかしランクされているラジオは多くがICラジオなので、これらの間ではトラッキング調整が同レベルならこのランク通りの感度になるはず。


★奇怪なゼリーのようなモノ(^^;
gomu
 この写真を見て欲しい。これは何か判るか?

https://www.google.com/search?q=%E6%BB%91%E3%82%8A%E6%AD%A2%E3%82%81+%E3%82%B4%E3%83%A0+%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%BC
 実はこれなんです。まだ10年経っていないのに溶けてこの有様だ。溶けて対象に融着してしまうのでハッキリ言って危険だ。貼りっぱなしにして放置している人は確認した方がイイ。ある日突然取り返しのつかない事になるかも知れない。感じとしては熱・光などの助力で加水分解するのではないか。

深夜のアフリカ局

深夜〜早朝のAFをゲットするつもりで制作したが既に不要になったかも(^^;


 このリストを制作した時はまだAFは確認が取れていなかった。今必要なのはAFではなくSAなんだな(^^; 例によってUTC→JST変換で間違いが出ている可能性がある。またスケジュール自体にも自信が無いし、そもそも本当に全部入っていない可能性が高いので指摘宜しく。

=深夜のAF局リスト(JST)=
3288kHz:R.Madagasikara 00:00-04:00(Malagasy)
3390kHz:Radio ICDI 00:00-06:05(French,Fufulde)
4760kHz:TWR Africa Manzini 01:30-01:45(Portuguese&Others)
4930kHz:VOA Selebi-Phikwe 23:00-04:30(Shona,English)
4930kHz:VOA Selebi-Phikwe 05:00-06:00(English)
4950kHz:R.Nacional Angola 1 00:00-00:00(Portuguese)
4965kHz:Voice of Hope Africa 01:00-06:00(English)
5005kHz:RN Guinea Ecuatorial 14:00-08:00(Spanish)
5950kHz:VO Tigray Revolution 00:00-05:00(Tigrinya,Afar)
5995kHz:Zambia NBC Radio 1 00:00-00:00(Vernacular)
6030kHz:Radio Ndeke Luka 02:00-04:00(French,Sango)
6050kHz:Radio ELWA 02:00-07:30(English,Vanc.)
6065kHz:Voice of Hope Africa 01:00-06:00(English)
6080kHz:VOA Pinheira 01:00-03:00(English)
6090kHz:Radio Amhara 23:00-02:30(Amharic)
6100kHz:TWR Africa Manzini 02:00-02:30(Yao)
6110kHz:R.Fana 00:00-03:00(Oromo)
6115kHz:RADIO CONGO 14:00-04:00(French,Vernacular)
6130kHz:TWR Africa Manzini 03:20-05:05(Portuguese&Others)
6210kHz:Radio Kahuzi 15:00-03:00(French,Lingara)
7235kHz:R.ETHIOPIA 02:00-03:00(French)
7265kHz:BBC Talata-Volonondry 02:00-05:00(English)
7445kHz:BBC Talata-Volonondry 01:00-05:00(English)
7455kHz:TWR Africa Manzini 23:20-23:55(English)
9380kHz:TWR Africa Manzini 02:45-03:40(Swahili&Others)
9500kHz:TWR Africa Manzini 03:02-04:02(English,Arabic)
9505kHz:Voice of Africa 01:30-02:15(French)
9585kHz:TWR Africa Manzini 23:20-00:25(Portuguese,French&Others)
9635kHz:R.MALI 17:00-03:00(French,Arabic)
9650kHz:Radio Guinea 15:00-09:00(French)
9855kHz:NHK Talata-Volonondry 05:30-06:00(French)
11660kHz:TWR Africa Manzini 01:30-03:00(Oromo&Others)
11735kHz:Zanzibar BC 00:00-06:00(Swahili)
11770kHz:VOICE OF NIGERIA 01:30-04:00(English)
11780kHz:TWR Africa Manzini 00:00-00:45(Somali)
11935kHz:VATICAN RADIO MDG 01:00-02:00(Swahili,Somali,English)
12040kHz:VOA Pinheira 02:00-02:30(Amharic)
13580kHz:TWR Africa Manzini 00:30-01:27(Kinyarwanda,Kirundi&Others)
13630kHz:VOA Pinheira 01:00-01:30(Kirundi)
13630kHz:VOA Selebi-Phikwe 01:30-03:30(Portuguese)
13630kHz:VOA Pinheira 03:30-04:00(Kirundi)
13645kHz:CRI Bamako 02:00-03:30(Swahili,Hausa)
13730kHz:NHK Talata-Volonondry 02:30-03:00(Swahili)
13730kHz:NHK Talata-Volonondry 04:30-05:00(Swahili)
13860kHz:VOA Pinheira 02:00-04:00(Shona)
15105kHz:TWR Africa Manzini 04:05-05:05(French&Others)
15125kHz:CRI Bamako 01:00-01:57(Arabic)
15125kHz:CRI Bamako 02:00-02:57(Swahili)
15400kHz:BBC Ascension 23:00-23:30(Hausa)
15400kHz:BBC Ascension 02:00-04:00(English)
15460kHz:VOA Selebi-Phikwe 00:00-01:00(Hausa)
15460kHz:VOA Pinheira 01:00-04:00(KirundiSwahiliShona)
15580kHz:VOA Selebi-Phikwe 23:00-06:00(English,Amharic)
15720kHz:NHK Talata-Volonondry 23:30-00:00(Hindi)
17745kHz:TWR Africa Ascension 02:30-03:00(Arabic)
17780kHz:BBC Ascension 20:30-03:00(Hausa,English)
17830kHz:BBC Ascension 01:00-03:00(English)
17885kHz:VOA Selebi-Phikwe 23:00-00:00(English)
17885kHz:VOA Selebi-Phikwe 01:00-03:00(English)
*TWRは曜日限定あり
*VATICAN RADIOはTalata-Volonondryだけど長いので省略(^^;

 す、少ない!本当にこれだけか?しかもダVOAやBBCのダブりが多いので局数は更に少ない(^^; 全バンド合わせてもA4コピー用紙一枚で充分だ。もっともこれで全部かどうか分らないんだけど、もし全部だとしたらショックだなあ。

 アフリカでも既にFM局ばかりなんでしょうねえ…それか更に進んでインターネットか。元々整備された放送網などは無かったのだろうからシステムを取り換えるのも柵が無くてアッサリなのかもしれない。アフリカではデジタル放送が普及する前にラジオ放送自体が終わってしまいそうだね。筆者としてはデジタルが広まらない方がいいのでそれで良いけど。

 おなじみ帝国主義VOA/BBCの間隙を縫ってCRIの名前が…そうだろうとは思っていたけど中国局がアフリカに進出している(これからは中共じゃなくて中帝と呼ぶか^^)。アフリカからの送信だと中国国際放送でも有難味があるかな?そうでもないか。ところでアセンション島はAFなのSAなのか?記憶ではAFだと思ったので入れた。これを入れないと更にハイバンドのBBCやTWRが消える(^^; もっともハイバンドはこの時間はあまりよろしくない(全く聞こえない可能性が高い)のでどーでも良いか。

31mbの中国局

短波放送のお邪魔虫?である中国局を無理やり楽しむ その5(^^


 好評かどうか知らないけど(^^; 自分が欲しいという理由で31mbの中国局をリストしてみた(ヌケ・変更が有ったら4649)。CNRに続きCRIを入れてしまったけど直ぐに変わってしまいそう。

CNR(中央人民広播電台)
中国・地方局(41mb編)
中国・国内放送(49mb編)
60mb以下の中国局

--------------------------------------------------------------------------
31mbの中国局(2021/01現在、時間はJST)
--------------------------------------------------------------------------
9410kHz:CNR 5 19:00-02:04(Chinese)
9410kHz:CRI 02:00-02:57(Croatian)
9410kHz:CRI 07:00-07:57(Portuguese)
9415kHz:CRI 08:00-08:57(Vietnamese)
9415kHz:CRI 17:00-18:57(English)
9420kHz:CNR13 19:57-03:04(Uyghur)
9440kHz:CRI 04:00-04:57(English)
9440kHz:CRI 05:00-06:00(English)
9440kHz:CRI 10:00-10:57(Russian)
9440kHz:CRI 18:00-18:57(Chinese)
9440kHz:CRI 19:00-19:57(Japanese)
9440kHz:CRI 20:00-21:00(Chaozhou)
9440kHz:CRI 21:00-21:57(Khmer)
9440kHz:CRI 22:00-22:57(Esperanto)
9450kHz:CRI 02:30-03:27(Hausa)
9450kHz:CRI 12:00-12:57(Chinese)
9450kHz:CRI 20:00-20:57(Esperant)
9450kHz:CRI 22:00-22:57(Hindi)
9455kHz:CRI 00:00-01:00(Chinese)
9460kHz:CRI 09:00-10:00(Hakka)
9460kHz:CRI 10:00-10:57(Amoy)
9460kHz:CRI 18:00-19:00(Chinese)
9460kHz:CRI 19:00-19:57(Chinese)
9460kHz:CRI 21:00-21:57(English)
9460kHz:CRI 23:00-23:57(English)
9470kHz:CNR 1 05:25-09:00(Chinese)
9470kHz:CRI 09:00-09:57(Mongolian)
9470kHz:PBS Xinjiang 12:48-20:52(Kazakh)
9470kHz:PBS Xinjiang 17:00-18:00(Kazakh)
9470kHz:PBS Xinjiang 20:00-20:30(Kazakh)
9480kHz:CNR11 06:55-10:00(Tibetan)
9480kHz:CNR11 17:00-01:04(Tibetan)
9490kHz:CRI 00:00-00:57(Tamil)
9490kHz:CRI 22:00-23:57(Bengali)
9490kHz:PBS Xizang 10:58-18:57(Tibetan,English)
9500kHz:CNR 1 05:25-03:04(Chinese)
9510kHz:PBS Xinjiang 14:10-19:30(Mongolian)
9510kHz:PBS Xinjiang 16:00-17:00(Mongolian)
9510kHz:PBS Xinjiang 16:00-18:00(Mongolian)
9515kHz:CNR 2 05:55-09:00(Chinese)
9515kHz:CNR 2 18:00-01:04(Chinese)
9515kHz:CRI 20:00-20:57(Chinese)
9520kHz:CRI 21:00-00:00(Chinese)
9520kHz:PBS Nei Menggu 06:50-01:04(Chinese)
9520kHz:PBS Nei Menggu 09:00-11:00(Chinese)
9525kHz:CRI 00:00-00:57(English)
9530kHz:CNR11 09:00-19:30(Tibetan)
9535kHz:CRI 00:00-00:57(Nepali)
9535kHz:CRI 04:00-04:57(Portuguese)
9535kHz:CRI 08:00-09:00(English)
9540kHz:CRI 20:00-20:57(Cantonese)
9540kHz:CRI 21:00-22:57(Chinese)
9550kHz:CRI 09:00-09:57(Hakka)
9550kHz:CRI 10:00-10:57(Amoy)
9550kHz:CRI 20:00-20:57(Vietnamese)
9550kHz:CRI 21:00-21:57(Vietnamese)
9550kHz:CRI 22:00-22:57(Vietnamese)
9550kHz:CRI 23:00-23:57(Vietnamese)
9555kHz:CNR1J 19:00-22:00(Chinese)
9555kHz:CRI 08:00-08:57(Chinese)
9560kHz:CRI 00:00-00:57(Chinese)
9560kHz:CRI 04:00-04:27(Hungaria)
9560kHz:CRI 09:00-10:00(English)
9560kHz:PBS Xinjiang 11:52-21:00(Uyghur)
9560kHz:PBS Xinjiang 15:00-15:30(Uyghur)
9560kHz:PBS Xinjiang 17:00-18:00(Uyghur)
9565kHz:CRI 00:00-00:57(Turkish)
9570kHz:CNR 2 12:00-19:00(Chinese)
9570kHz:CRI 01:00-03:00(English)
9570kHz:CRI 21:00-22:00(Cantonese)
9570kHz:CRI 22:00-22:57(English)
9580kHz:PBS Xizang 10:58-18:28(Tibetan)
9585kHz:CRI 05:00-05:27(Serbian)
9585kHz:CRI 05:30-05:57(Hungarian)
9590kHz:CRI 00:00-01:00(Chinese)
9590kHz:CRI 08:00-09:57(Spanish)
9590kHz:CRI 10:00-11:57(Spanish)
9590kHz:CRI 20:00-20:57(Cantonese)
9590kHz:CRI 21:00-22:00(Russian)
9590kHz:CRI 23:00-23:57(Chinese)
9600kHz:CRI 00:00-00:27(Persian)
9600kHz:CRI 05:00-06:57(English)
9600kHz:CRI 21:00-21:57(English)
9600kHz:CRI 22:00-22:57(Bengali)
9600kHz:PBS Xinjiang 12:05-20:52(Chinese)
9610kHz:CNR 8 05:55-14:57(Chinese,Mongolian)
9610kHz:CRI 00:00-00:57(Bengali)
9610kHz:CRI 09:00-10:00(Hakka)
9610kHz:CRI 10:00-11:00(Amoy)
9610kHz:CRI 11:00-11:57(English)
9610kHz:CRI 23:00-23:57(Tamil)
9615kHz:CRI 03:00-04:57(German)
9620kHz:CNR 2 20:00-01:04(Chinese)
9620kHz:CRI 01:30-02:27(Hausa)
9620kHz:CRI 09:00-09:57(Chinese)
9630kHz:CNR 1 20:00-03:04(Chinese,Kazakh)
9630kHz:CRI 08:00-08:57(Cantonese)
9640kHz:CRI 06:00-08:00(Spanish)
9645kHz:CNR 1 20:00-03:30(Chinese)
9645kHz:CRI 03:30-05:27(French)
9645kHz:CRI 20:00-20:57(Cantonese)
9645kHz:CRI 21:00-21:57(English)
9655kHz:CRI 04:00-04:57(Turkish)
9655kHz:CRI 10:00-11:00(Chinese)
9655kHz:CRI 11:00-11:57(Bengali)
9655kHz:CRI 21:00-21:57(Chinese)
9655kHz:CRI 22:00-22:57(English)
9655kHz:CRI 23:00-23:57(Amoy)
9660kHz:CNR1J 19:00-01:00(Chinese)
9665kHz:CNR 5 05:55-09:00(Chinese)
9665kHz:CRI 00:00-00:27(Pashto)
9665kHz:CRI 00:30-00:57(Pashto)
9665kHz:CRI 01:30-02:27(Hausa)
9665kHz:CRI 22:00-22:57(Russian)
9665kHz:CRI 23:00-23:57(Sinhala)
9675kHz:CNR 1 08:00-19:00(Chinese)
9675kHz:CRI 00:00-01:57(English)
9675kHz:CRI 10:00-11:00(English)
9675kHz:CRI 23:30-00:27(Laotian)
9680kHz:CNR1J 20:00-23:00(Chinese)
9685kHz:CNR 5 09:00-19:00(Chinese)
9685kHz:CRI 02:30-03:27(Hausa)
9685kHz:CRI 07:00-07:57(Portuguese)
9685kHz:CRI 21:00-22:00(Russian)
9685kHz:CRI 22:00-22:57(Vietnamese)
9685kHz:CRI 23:00-23:57(Vietnamese)
9690kHz:CRI 00:00-01:00(Bengali)
9695kHz:CRI 02:30-03:27(Chinese)
9695kHz:CRI 03:30-03:57(Bulgarian)
9695kHz:CRI 08:00-08:57(Japanese)
9695kHz:CRI 12:00-12:57(Hindi)
9695kHz:CRI 22:00-22:57(Esperanto)
9705kHz:CRI 00:00-00:57(Chinese)
9705kHz:PBS Xinjiang 12:10-14:30(Kyrgyz)
9705kHz:PBS Xinjiang 19:10-21:30(Kyrgyz)
9710kHz:CNR 1 05:25-08:30(Chinese)
9710kHz:CNR 1 20:00-03:04(Chinese)
9710kHz:CRI 09:00-09:57(Portuguese)
9710kHz:CRI 10:00-11:57(Spanish)
9720kHz:CNR 2 08:57-19:00(Chinese)
9720kHz:CRI 00:00-01:00(English)
9720kHz:CRI 05:30-06:00(Bulgarian)
9720kHz:CRI 08:00-08:57(Japanese)
9720kHz:CRI 21:00-21:27(Filipino)
9730kHz:CNR 6 06:55-10:00(Chinese,Amoy)
9730kHz:CRI 04:00-04:57(Portuguese)
9730kHz:CRI 20:00-21:00(English)
9730kHz:CRI 21:00-21:57(English)
9730kHz:CRI 22:00-23:00(English)
9730kHz:CRI 23:00-23:57(Chinese)
9735kHz:CNR1J 19:00-19:30(Chinese)
9735kHz:CNR1J 21:00-21:30(Chinese)
9745kHz:CRI 04:30-05:30(Esperanto)
9750kHz:PBS Nei Menggu 06:50-01:04(Mongolian)
9750kHz:PBS Nei Menggu 12:00-13:00(Mongolian)
9755kHz:CNR 2 05:55-11:00(Chinese)
9755kHz:CNR 2 19:00-01:04(Chinese)
9760kHz:CRI 21:00-21:57(English)
9765kHz:CRI 08:00-08:57(Khmer)
9765kHz:CRI 09:00-09:57(Khmer)
9765kHz:CRI 21:00-00:00(English)
9770kHz:CRI 04:00-04:57(Cantonese)
9775kHz:CNR 2 05:55-11:00(Chinese)
9775kHz:CNR 2 18:00-01:04(Chinese)
9780kHz:PBS Qinghai 07:00-01:00(Chinese)
9785kHz:CNR 8 15:00-00:05(Korean,Chinese)
9785kHz:CRI 00:00-00:57(English)
9785kHz:CRI 20:30-21:27(Thai)
9785kHz:CRI 21:30-22:27(Laotian)
9785kHz:CRI 22:30-23:27(Thai)
9795kHz:CRI 23:00-23:57(English)
9800kHz:CRI 08:00-09:57(Spanish)
9800kHz:CRI 11:00-11:57(Tamil)
9810kHz:CNR 1 05:25-08:00(Chinese)
9810kHz:CNR 1 22:00-03:04(Chinese)
9810kHz:CNR 2 10:00-21:30(Chinese)
9820kHz:CNR 2 05:55-10:00(Chinese)
9820kHz:CNR 2 18:00-01:04(Chinese)
9820kHz:VO Beibu Bay 08:00-10:02(Chinese)
9820kHz:VO Beibu Bay 18:48-01:00(Chinese & others)
9825kHz:CRI 11:00-11:57(Chinese)
9830kHz:CNR 1 05:25-11:00(Chinese)
9830kHz:CNR 1 16:30-03:04(Chinese)
9845kHz:CNR 1 05:25-10:00(Chinese)
9845kHz:CNR 1 19:30-03:04(Chinese)
9850kHz:PBS Qinghai 07:50-01:00(Tibetan)
9855kHz:CRI 21:00-22:57(Chinese)
9860kHz:CNR 1 20:00-03:04(Chinese)
9860kHz:CRI 07:00-07:57(Esperanto)
9860kHz:CRI 09:00-10:00(Hakka)
9860kHz:CRI 10:00-10:57(Amoy)
9865kHz:CRI 05:00-06:00(Chinese)
9870kHz:CRI 12:00-12:57(Hindi)
9870kHz:CRI 22:00-22:57(English)
9875kHz:CRI 01:00-01:57(English)
9880kHz:CRI 00:00-03:00(English)
9880kHz:CRI 17:00-17:56(Chinese)
9880kHz:CRI 19:00-19:57(Chinese)
9880kHz:CRI 20:00-20:57(Burmese)
9880kHz:CRI 22:00-22:57(Burmese)
9880kHz:CRI 23:00-00:00(Khmer)
9885kHz:CNR1J 19:00-22:00(Chinese)
9890kHz:CNR13 08:55-10:57(Uyghur)
9890kHz:CNR13 20:00-03:04(Uyghur)
9900kHz:CNR1J 07:30-09:30(Chinese)

 同じ局でも放送時間で別れてます。地方局の一部時間はCNR中継、曜日休止もアリ。

日本語放送[20/12/30]

海外日本語放送リスト(時系列版)[2020年12月30日]


 ネット上に日本語放送リストはいくつかあるが、(更新が遅いのは論外として)放送局別になっていたので筆者のように特定の局にこだわりのない人間には使いにくかった。そこで一番更新されていると思われる林義晃OMの海外日本語放送リストを元に自分で使い易い時系列形式に直してみた(フォーマットを全面的に変えているのでデータが間違っていたら4649)。

海外日本語放送スケジュール[2020年12月30日現在]
1600-1650:チョソンの声 9650、7580、 621
1700-1750:チョソンの声 9650、7580、 621
1700-1800:KBSワールドラジオ 7275、6155
1700-1800:RAE 4980 (火〜土)
1700-1800:台湾国際放送 11745
1800-1850:チョソンの声 9650、7580、6070、 621
1800-1900:KBSワールドラジオ 6155
1900-1950:チョソンの声 9650、7580、6070、 621
1900-1957:中国国際放送局 9440、7325
1930-2000:モンゴルの声 12085
2000-2030:HCJB-Australia 11905 (土、日)(再)
2000-2030:Reach Beyond Australia 11905 (月〜金)
2000-2030:ベトナムの声 12020、9840
2000-2050:チョソンの声 9650、7580、6070、 621
2000-2057:中国国際放送局 7325、7260、1044
2000-2100:KBSワールドラジオ 1170
2000-2100:台湾国際放送 9740
2100-2130:ベトナムの声 12020、9840
2100-2150:チョソンの声 9650、7580、6070、 621
2100-2157:中国国際放送局 7325、7260、1044
2100-2200:インドネシアの声 3325、4750
2115-2145:KTWR 7500 (日)
2130-2245:FEBC(HLAZ) 1566
2200-2215:ラジオ・タイランド 9940
2200-2257:中国国際放送局 7410、7325、1044
2200-2300:Pan American Broadcasting 5945 (土)
2230-2257:ふるさとの風 9705、7295、5895
2300-2330:ベトナムの声 12020、9840
2300-2357:中国国際放送局 7410、7395、1044
2330-2400:ふるさとの風 9560、7290、5895
0000-0030:モンゴルの声 12015
0000-0057:中国国際放送局 7220、5980、1044
0100-0130:ふるさとの風 9690、6045、5945
0200-0230:ふるさとの風 6155
0600-0650:チョソンの声 9650、7580、 621
0700-0750:チョソンの声 9650、7580、 621
0700-0757:中国国際放送局 7440、5985
0730-0800:HCJB-Australia 15410 (土、日)
0800-0850:チョソンの声 9650、7580、 621
0800-0857:中国国際放送局 9720、9695
1000-1100:KBSワールドラジオ 9580 (再)
1100-1200:KBSワールドラジオ 11810 (再)

 これだと「今の時間何処の放送局が聞こえるの?」みたいな使い方ができるので、時間に縛られた現代人には使い易いのではなかろうか(^^ 少なくとも筆者にはこれがベスト。

60mb以下の中国局

短波放送のお邪魔虫?である中国局を無理やり楽しむ その4(^^


 またも好評につき並べてみた(もちろん自分が欲しいという理由が大きいが)。前回の反省を入れて今回は全ての中国局を入れた(ヌケが有ったら4649)。

CNR(中央人民広播電台)
中国・地方局(41mb編)
中国・国内放送(49mb編)

--------------------------------------------------------------------------
60mb以下の中国局(2020/12現在、時間はJST)
--------------------------------------------------------------------------
 3900kHz:PBS Hulun Buir 06:30-16:00(Chinese)
 3900kHz:PBS Hulun Buir 18:00-23:40(Chinese)
●3950kHz:PBS Xinjiang 08:00-11:57(Chinese)
●3950kHz:PBS Xinjiang 21:05-03:00(Chinese)
●3985kHz:CNR 2 17:54-01:04(Chinese)
●3990kHz:PBS Gannan 07:50-10:00(Tibetan, Chinese)
●3990kHz:PBS Gannan 19:20-23:10(Chinese, Tibetan)
●3990kHz:PBS Xinjiang 08:00-12:00(Uyghur)
●3990kHz:PBS Xinjiang 21:00-03:00(Uyghur)
●4500kHz:PBS Xinjiang 08:10-12:30(Mongolian)
○4500kHz:PBS Xinjiang 20:50-03:00(Mongolian)
○4750kHz:CNR 1 04:58-02:30(Chinese)
○4800kHz:CNR 1 05:25-03:04(Chinese)
○4820kHz:PBS Xizang 05:00-03:00(Chinese)
●4850kHz:PBS Xinjiang 08:10-12:28(Kazakh)
○4850kHz:PBS Xinjiang 20:55-03:00(Kazakh)
 4900kHz:VOICE OF STRAIT 07:30-10:00(Amoy)
○4900kHz:VOICE OF STRAIT 18:30-01:00(Amoy)
○4905kHz:PBS Xizang 05:50-03:04(Tibetan)
○4920kHz:PBS Xizang 05:50-03:04(Tibetan)
○4940kHz:VOICE OF STRAIT 18:30-01:00(Chinese,English)
●4980kHz:PBS Xinjiang 08:00-11:45(Uyghur)
 4980kHz:PBS Xinjiang 23:00-03:00(Uyghur)
 4990kHz:PBS Hunan 05:30-10:00(Chinese)
●4990kHz:PBS Hunan 18:00-02:00(Chinese)
●5050kHz:VO Beibu Bay Radio 08:00-10:02(Chinese)
○5050kHz:VO Beibu Bay Radio 18:45-01:00(Chinese & others)
●5060kHz:PBS Xinjiang 08:00-11:57(Chinese)
○5060kHz:PBS Xinjiang 21:00-03:00(Chinese)
○受信容易
●難易度高

 同じ局でも朝・夜の放送時間で別れてます。一部時間はCNR中継、曜日休止もアリ。

 なーんと!この辺りの中国局は難易度高い局が多い。特に3MHz台は少なくとも当地では全て難局レベルだ。中でも一番驚くのは4990kHzの湖南人民広播電台だ。この局は70〜80年代には5MHzのJJYの下で良好に聞こえる局で、60mbでは黒竜江人民広播電台と共に有名だったのだ。それが当地に来てから一度も放送として受信できないのだから驚かない訳はない(閉局したのかと思った)。●が受信出来たらあなたのロケーション+受信設備は「DXに足る」と判断できるので頑張ってDXの成果を上げてくださいね〜(^^ ちなみにHSDLでは難易度が高い局はほぼカスリもしない。一部にキャリアが確認できるものがあるくらいだ。全くトホホな環境です。

中国・国内放送(49mb編)

短波放送のお邪魔虫?である中国局を無理やり楽しむ その3(^^


 好評に応えて49mbも作成した。もっとも最大の理由は自分がこのリストを欲しかったからだが。今回は前回の反省から地方局だけでなく中国国内局とした。時間間違い・ヌケが有ったら指摘宜しく。

--------------------------------------------------------------------------
49mb(6MHz)の中国国内局(2020/12現在、時間はJST)
--------------------------------------------------------------------------
5925kHz:CNR 5 05:55-09:00(Chinese)
5925kHz:CNR 5 19:00-02:04(Chinese)
5935kHz:PBS Xizang 05:00-03:00(Chinese)
5945kHz:CNR 1 05:25-10:00(Chinese)
5945kHz:CNR 1 19:00-03:04(Chinese)
5960kHz:PBS Xinjiang 08:00-03:00(Chinese)
5970kHz:PBS Gannan 07:50-08:30(Tibetan, Chinese)
5970kHz:PBS Gannan 19:20-23:10(Chinese, Tibetan)
5975kHz:CNR 8 15:00-00:05(Korean,Chinese)
5990kHz:PBS Qinghai 07:50-01:00(Tibetan)
6000kHz:CNR 1 05:25-10:00(Chinese)
6000kHz:CNR 1 17:30-03:04(Chinese)
6000kHz:CNR 2 05:55-09:00(Chinese)
6010kHz:CNR 11 06:55-09:00(Tibetan)
6010kHz:CNR 11 19:30-01:04(Tibetan)
6015kHz:PBS Xinjiang 08:10-12:48(Kazakh)
6015kHz:PBS Xinjiang 20:53-03:00(Kazakh)
6025kHz:PBS Xizang 05:50-03:04(Tibetan,English)
6035kHz:PBS Yunnan 07:00-09:00(Chinese)
6035kHz:PBS Yunnan 21:00-02:00(Chinese,Vietnamese)
6040kHz:CNR 2 05:55-09:30(Chinese)
6040kHz:PBS Nei Menggu 06:50-01:04(Mongolian)
6050kHz:PBS Xizang 05:00-03:00(Chinese)
6060kHz:PBS Sichuan 2 06:55-10:35(Chinese,Tibetan,Yui)
6060kHz:PBS Sichuan 2 19:00-00:15(Tibetan,Yui)
6065kHz:CNR 2 05:55-08:30(Chinese)
6065kHz:CNR 2 21:00-01:04(Chinese)
6075kHz:CNR 1J 07:30-09:30(Chinese)
6075kHz:CNR 1J 23:00-02:30(Chinese)
6075kHz:PBS Qinghai 09:00-01:00(Chinese)
6080kHz:CNR 1 05:25-10:00(Chinese)
6080kHz:CNR 1 21:00-03:04(Chinese)
6080kHz:PBS Hulun Buir 06:50-14:30(Mongolian)
6080kHz:PBS Hulun Buir 18:33-01:00(Mongolian)
6090kHz:CNR 2 05:55-12:00(Chinese)
6090kHz:CNR 2 19:00-01:04(Chinese)
6105kHz:CNR 1J 07:30-09:30(Chinese)
6105kHz:CNR 1J 19:00-21:30(Chinese)
6105kHz:CNR 1J 22:00-23:00(Chinese)
6110kHz:PBS Xizang 05:50-03:04(Tibetan,English)
6120kHz:PBS Xinjiang 08:00-11:52(Uyghur)
6120kHz:PBS Xinjiang 21:00-03:00(Uyghur)
6125kHz:CNR 1 05:25-10:00(Chinese)
6125kHz:CNR 1 19:00-03:04(Chinese)
6130kHz:PBS Xizang 05:50-03:04(Tibetan,English)
6145kHz:CNR 17 00:00-03:04(Kazakh)
6145kHz:CNR 1J 23:00-02:00(Chinese)
6145kHz:PBS Qinghai 06:00-01:00(Chinese)
6155kHz:CNR 2 05:55-10:00(Chinese)
6155kHz:CNR 2 19:00-01:04(Chinese)
6165kHz:CNR 6 06:55-10:00(Chinese,Amoy)
6165kHz:CNR 6 18:00-01:04(Hakka,Chinese)
6175kHz:CNR 1 05:25-09:00(Chinese)
6175kHz:CNR 1 18:00-03:04(Chinese)
6180kHz:CNR 17 21:00-00:00(Kazakh)
6180kHz:CNR 1J 19:00-01:00(Chinese)
6190kHz:CNR 2 05:55-09:00(Chinese)
6190kHz:PBS Xinjiang 08:10-12:30(Mongolian)
6190kHz:PBS Xinjiang 21:07-03:00(Mongolian)
6200kHz:PBS Xizang 05:50-03:04(Tibetan,English)

 当然ながら時間はJSTで、同じ局でも朝・夜の放送時間で別れてます。一部時間はCNR中継を行なっている。また曜日休止もアリだが表が煩雑になるので敢えて明記しない。休止は平日の火曜辺りが多い。こうして見ると雑魚ばかりのようなイメージの中国局だが実はDXレベルの局も多いのだという事が判る。ホロンバイルとか懐かしいね。なおCNR1Jというのはジャミング目的で流されていると思われるCNR1だ(主に台湾潰し)。

中国・地方局(41mb編)

短波放送のお邪魔虫?である中国局を無理やり楽しむ その2(^^


 前回はCNRで楽しんだが今回は地方局で楽しむ。全部だと書き切れるものではないのでバンド限定とする。今回は以前軽く触れたが41mbの地方局を聞いてみたい。このバンドだと昼は無理としても夕方辺りにはもう楽しめる強度になっている。41mbはかつてDXをやっていた時代に最も好きなバンドの一つだった。理由は甘無線機でも受信できるからだ。70年代当時はロクなRxが無かったので1kHz以下まで周波数直読できる甘無線機は頼りになった。閑話休題、中国局は昼間はCNR6〜17で楽しみ夕方は地方局(特に少数民族後)で楽しもうと言うわけだ。もっとも以下のリストでは夕方以外の時間も取り上げるが。

 地方局はCNRと違って受信状況はそれほど良くない局・周波数が多い。BCLネタとDXネタで両方楽しめるところがイイ。首尾よく受信出来れば短波放送ならではの音楽などが楽しめる(最近はWebでも聞けるけどね^^;)。以下7MHz台で夕方〜朝まで受信できるはずの局を並べてみた(以下のデータは青木OMのリストなどから引用している)。しかしどうせやるなら中国国内局を全て入れた方が良かったかも(^^;

--------------------------------------------------------------------------
41mb(7MHz)の地方中国局(2020/11現在、時間はJST)
--------------------------------------------------------------------------
 7205kHz:12:27-18:00 PBS Xinjiang(Uyghur)
 7205kHz:23:00-02:57 PBS Xinjiang(Uyghur)

 7210kHz:06:30-08:30 PBS Yunnan(Vernacular)
●7210kHz:11:00-15:15 PBS Yunnan(Dehong Dai & Others)
 7210kHz:22:55-03:00 PBS Yunnan(Vernacular)

 7225kHz:06:55-10:35 PBS Sichuan 2(Tibetan,Yui,Chinese)
○7225kHz:19:00-00:15 PBS Sichuan 2(Tibetan,Yui)

●7230kHz:14:10-19:30 PBS Xinjiang(Mongolian)

 7240kHz:05:00-11:57 PBS Xizang(Chinese)
 7240kHz:18:00-03:00 PBS Xizang(Chinese)

 7255kHz:05:50-10:57 PBS Xizang(Tibetan)
○7255kHz:18:58-03:05 PBS Xizang(Tibetan)

 7260kHz:17:00-21:00 PBS Xinjiang(Chinese)

○7270kHz:06:50-01:05 PBS Nei Menggu(Mongolian)

●7275kHz:12:00-21:00 PBS Xinjiang(Uyghur)

●7275kHz:10:35-00:30 Guizhou PBS(Chinese)

●7295kHz:12:10-14:30 PBS Xinjiang(Kyrgyz)
 7295kHz:19:10-21:30 PBS Xinjiang(Kyrgyz)

●7310kHz:08:00-12:05 PBS Xinjiang(Chinese)
 7310kHz:21:00-03:00 PBS Xinjiang(Chinese)

 7340kHz:12:28-20:55 PBS Xinjiang(Kazakh)

 7385kHz:05:50-10:57 PBS Xizang(Tibetan)
 7385kHz:18:29-03:05 PBS Xizang(Tibetan)

○7420kHz:06:50-01:05 PBS Nei Menggu(Chinese)

 7450kHz:05:00-11:57 PBS Xizang(Chinese)
○7450kHz:17:58-03:00 PBS Xizang(Chinese)

○受信容易
●難易度高

 一部時間はCNR中継、曜日休止もアリ(火曜が多い)。一番厳しいと思われるのは7230kHzだろうか。これは05:25〜03:05の間、切れ目無しにCNR1が出ているので普通には受信できない。言語が違うのだけが救いだがDX局並みの苦労を強いられるはず。他の放送はCRIやCNRの出ていない時間には受信できる可能性が高い。

 大部分の局はRxはポータブル・ラジオなら高性能のモノが必要で、難易度が高い局は通信型受信機の世話になる事になるだろう。聞こえる局数の少ない夕方を除いては混雑したバンドなので特に選択度が重要だ。CFで言えばCFW455HT以上のクラスが欲しい(^^


rfb30_201201
 このRF-B30のワイド&ナローCFは両方とも4エレなので、上記のCFW455HT(6エレ)以上と言う条件を満たしていないが充分にイケる。4エレなのに何で6エレ並みに選択度が良いのか?昔から謎だ(^^; 但しDX向きで音はあまり良くない(選択度が良過ぎるのだろう)。

 充分な選択度が確保できれば感度は昭和のRxでも余裕で足りるから、あと重要なのはアンテナという事になる(筆者のところではそれが一番の弱点なのだが…)。またローバンドに分類される周波数だからロケーションによってはノイズ対策も考えなくてはいけないかも。これもアンテナ系である程度は何とかなるハズ。出来れば室内ではなく外に出したいところ。

CNR(中央人民広播電台)

短波放送のお邪魔虫?である中国局を無理やり楽しむ(^^;


 ご存じの通り短波帯は中国局によって半分以上?占拠されている。特に昼間となると「中国以外の短波放送ってもう無いの?」と思うほど中国局しか聞こえない。プチブームに乗って中華DSPラジオや懐かしのBCLラジオを買って「こんな筈では無かった…」とお嘆きの貴兄も多いだろう。確かに筆者も短波受信復活後はそう思った。ただ筆者は嘆いてばかりではなく見方を変えて、これら中国局でも楽しんでみることにした。と言っても流石に国際放送は詰まらないので別の路線を行く。国内放送だ。中国の国内放送は国土がデカいだけあって短波も使われているのだ。

 当初は省レベルの地方短波局を楽しんでいたのだが、これがDX局並みの難易度の局が多い事に気づいた。国内放送用のローバンドを使用している場合が多いからだ。これでは他国の放送と変わらない!(^^; もともと中国局を楽しむ気になったのは「それなら劣悪な環境の当地でも楽に聞こえる」からであり、DX局のように難易度を楽しむのとは別の目的だ。いわばDXとBCLの違いなのだ。

 そこでCNRだ。これは中国のデカい国土をカバーするために100kWクラスの送信機で短波が使われている。日本人のようにちっさな中継局を山のように作るなんて大陸の人は考えない(^^ 「チマチマ作らずにデカいの一つで良いじゃん?」と言うわけだ。これだと流石に地方局よりも受信は楽だ。しかもこれらの中には少数民族向けの特殊な放送も多数ある事に気づいた。聞いてみれば解るが中央の局とは明らかに違うテイストの番組で楽しめる。特に音楽は全く違うので面白い。

=中央人民広播電台プログラム=
CNR 1 中国の声
CNR 2 経済の声
CNR 3 *音楽の声
CNR 4 *経典音楽放送
CNR 5 中華の声(台湾向け放送、普通話放送)
CNR 6 神州の声(台湾向け放送、普通話・ミン南語・客家語放送)
CNR 7 *大湾区の声(珠江デルタ・香港・マカオ向け放送、旧・華夏の声)
CNR 8 民族の声(モンゴル語・朝鮮語)
CNR 9 *文芸の声
CNR10 *老年の声
CNR11 チベット語放送(チベット自治区・青海省・四川省・甘粛省・雲南省内)
CNR12 *閲読の声(旧・娯楽放送)
CNR13 ウイグル語放送(新疆ウイグル自治区内)
CNR14 *香港の声(香港内、普通話・広東語放送)
CNR15 *中国交通放送
CNR16 *中国郷村の声
CNR17 カザフ語放送(新疆ウイグル自治区内)
CNR18 *国家緊急放送(非常状態時に放送)
*は短波放送は存在しない

 久々にヤル気になったので下にリストを作ってみた。同じ事を考えた人はこのリストを使って試してみれば?但し情報元はネット情報なので正しいかどうかは確認していない。一部聞いたのは正しかったけど、全部鵜呑みにせず自分でも確認するのを忘れずに。

CNR(中央人民広播電台)の少数民族・台湾向け放送(時刻はJST)

5925kHz:CNR 5 05:55-09:00(Chinese)
5925kHz:CNR 5 19:00-02:04(Chinese)
5975kHz:CNR 8 15:00-00:05(Korean,Chinese)
6010kHz:CNR11 06:55-09:00(Tibetan)
6010kHz:CNR11 19:30-01:04(Tibetan)
6145kHz:CNR17 00:00-03:04(Kazakh)
6165kHz:CNR 6 06:55-10:00(Chinese,Amoy)
6165kHz:CNR 6 18:00-01:04(Hakka,Chinese)
6180kHz:CNR17 21:00-00:00(Kazakh)
7350kHz:CNR11 18:00-01:04(Tibetan)
7360kHz:CNR11 06:55-08:57(Tibetan)
7385kHz:CNR 5 05:55-09:00(Chinese)
7385kHz:CNR 5 18:00-02:04(Chinese)
9410kHz:CNR 5 19:00-02:04(Chinese)
9420kHz:CNR13 19:57-03:04(Uyghur)
9480kHz:CNR11 06:55-10:00(Tibetan)
9480kHz:CNR11 17:00-01:04(Tibetan)
9530kHz:CNR11 09:00-19:30(Tibetan)
9610kHz:CNR 8 05:55-14:57(Chinese,Mongolian)
9620kHz:CNR 6 18:00-01:04(Hakka,Chinese)
9630kHz:CNR17 21:00-03:04(Kazakh)
9665kHz:CNR 5 05:55-09:00(Chinese)
9685kHz:CNR 5 09:00-19:00(Chinese)
9730kHz:CNR 6 06:55-10:00(Chinese,Amoy)
9785kHz:CNR 8 15:00-00:05(Korean)
9890kHz:CNR13 08:55-10:57(Uyghur)
9890kHz:CNR13 20:00-03:04(Uyghur)
11620kHz:CNR 5 09:00-19:00(Chinese)
11630kHz:CNR17 08:55-21:00(Kazakh)
11685kHz:CNR11 08:57-18:00(Tibetan)
11810kHz:CNR 8 05:55-15:00(Chinese,Mongolian)
11905kHz:CNR 6 10:00-18:00(Amoy,Hakka)
11935kHz:CNR 5 09:00-18:00(Chinese)
12055kHz:CNR17 08:55-20:57(Kazakh)
13700kHz:CNR13 10:57-20:00(Uyghur)
15390kHz:CNR13 08:55-00:00(Uyghur)
15570kHz:CNR11 10:00-17:00(Tibetan)
15710kHz:CNR 6 10:00-18:00(Amoy,Hakka)

CNR 5:「中華の声」台湾向け標準語
CNR 6:「神州の声」台湾向け方言
CNR 8:「民族の声」モンゴル・朝鮮語
CNR11:西蔵向け
CNR13:新疆向けウイグル語
CNR17:新疆向けカザフ語

 当方のお勧めはCNR6とCNR11かな。CNR13とCNR17もお勧めだがCNRなのに意外に難易度が高い!恐らくこれらは地方送信なのだろう。案に反してDX的な楽しみもあったりして(^^; Enjoy!


★For Example
 筆者の受信時間である正午〜13時頃を例にとると以下のようになる。この時間は短波帯には厳しい時間で、特に41mb以下の周波数は半島局以外は何も受信できないのでダイヤルを合わせる必要は無い。31mbも大半は受信できないので目標は主に25mb以上となる。

CNR 5:11620kHz他多数
CNR 6:11905,15710kHz
CNR 8:9610kHz
CNR11:11685,15570kHz
CNR13:13700,15390kHz
CNR17:11630,12055kHz

 まずCNR5だが、これは使用周波数が多い上に近いので受信は容易。しかし標準中国語の上に番組も詰まらないので普段聞く事は無いですね。これを聞くなら”中国の声”でも良いわけで(^^; その次のCNR6は方言の上に番組も面白いのでお勧め。15710kHzの信号が強い上にS/N比も高いのでBGM代わりになる。ただロケーションによっては11905kHzの方が良いかもしれない。厦門語?や客家語は中国語とは方言以上に違うので中国局とは違った味わいがある。なお15MHzは11MHzに比べてディレイが入っている。

 8は周波数が低いので意外に受信が難しいが、9610kHzのモンゴル語プログラムが良好で独特の番組を楽しめる(音楽を聞くと中国とはやはり違う)。朝鮮語プログラムはこの時間は受信出来ないがこれは夜聞けばいいし、そもそも朝鮮語を聞きたければ半島局を聞けばよいのである(MWには大出力で超ウルセー延辺1206kHzもあるし^^)。但しこの9610kHzはこれらの中で一番早く15時には終了してしまいます。

 この中で読者が興味を引くのは11、13、17だろう。11のチベット語は15570kHzが良好で環境音楽に良い(^^ 11685kHzは11680kHzの朝鮮中央放送が混信するので安物受信機では良くない。13はこの中で一番受信が難しい。13700kHzは混信は無いのだが信号が弱く、ポータブルのER-C57WRでは感度が足りない場合が多い。ベランダだと受信できるのだが…。15390kHzに至ってはキャリアしか確認できない。17は11630kHzが非常に良好で、筆者にとってはソ連局DX時代を思い出すカザフ語を堪能できる。聞いていると中国局とは思えないし、時報の時に北京時間が出るので辛うじてそれと判る程度だ。このように同じ中国局と言っても地方局とCNRのマイナー番組はハッキリ言って欧米の国際放送なんかよりはるかに面白い。


erc55t2
 ER-C55T+内蔵アンテナまたは3mリード線で受信してみた。これの意味するところは何か?それは「ER-C55Tで受信出来れば全ての短波ラジオで受信できる」という事だ(^^ リード線をDC接続していない事に注意。このラジオはACカップリングじゃないと混変調でメチャクチャになります。まずは内蔵で行ってみましょう。

CNR 5:11620kHz→良好に受信できた◎
CNR 6:15710kHz→良好に受信できた◎
CNR 8: 9610kHz→弱いが受信できた△
CNR11:15570kHz→弱いが受信できた△
CNR13:13700kHz→信号が弱くて不良×
CNR17:11630kHz→11620kHzのSSが被るが受信できた○

 CNR13だけは信号が弱かったのでアンテナに3mリード線を追加したらこのように受信できた。このER-C55Tは受信機の基本性能である3Sの内で安定度に一番問題がある。短波帯の特に今回のようなハイバンドの場合は最低でも10分くらい前に電源を入れる必要がある。また選択度も比較的マシな2エレCFとは言え短波BCL用としては今一歩。残る感度は今回くらいの局であれば問題は無い。元々超DX局は受信できないのだから。それはさておき市販されているモノであればどんな短波ラジオでもCNR5〜17は楽しめそうだ。

注:この受信状況は11月前半のモノで、現在の状況とはかなり異なっているようです(^^; あくまでも参考という事で。


朝鮮の声・時系列版(^^;

仕方なくこんなモノを作る事になった…(^^;


 バンドを流し受信してxx:50〜xx:55分頃にCW(無変調キャリア)を受信すると「これって何処の放送なのだろう?」と興味を持ってそのまま正時まで聞いてみることが多い。ついでに録音機をセットして録音体制を取る。

 …で、筆者の場合はそのCWは高確率で”チョソンの声”だった(^^; 最初は(苦笑)で済ませていたのだが、あまりに度重なるのでハッキリ言ってキレてきた。ちなみに日本語放送は全周波数を知っているが、流石に英語やロシア語や中国語やフランス語なんて全ては覚えきれない。

 仕方が無いので”チョソンの声”の時系列版リストを作成した。この時間と周波数だったら朝鮮と見做して即座に飛ばせばいいわけだ。そしてそれなりに苦労したので、作成したリストをこうして埋め草に使うのだった。恐らく要望は無いだろうけど知ったこっちゃない(^^ それと例によって正確さは無保証だ。

 こうして並べてみると今となっては北朝鮮が世界有数の短波国際放送規模を持つ国になった事が判る。
12:00-12:57 11735kHz:(Spanish)
12:00-12:57 13650kHz:(Chinese)
12:00-12:57 13760kHz:(Spanish)
12:00-12:57 15105kHz:(Chinese)
12:00-12:57 15180kHz:(Spanish)
13:00-13:57  7220kHz:(English)
13:00-13:57  9445kHz:(English)
13:00-13:57  9730kHz:(English)
13:00-13:57 11735kHz:(English)
13:00-13:57 13650kHz:(French)
13:00-13:57 13760kHz:(English)
13:00-13:57 15105kHz:(French)
13:00-13:57 15180kHz:(English)
14:00-14:57  7220kHz:(Chinese)
14:00-14:57  9445kHz:(Chinese)
14:00-14:57  9730kHz:(Chinese)
14:00-14:57 11735kHz:(Spanish)
14:00-14:57 13650kHz:(English)
14:00-14:57 13760kHz:(Spanish)
14:00-14:57 15105kHz:(English)
14:00-14:57 15180kHz:(Spanish)
15:00-15:57  7220kHz:(English)
15:00-15:57  9445kHz:(English)
15:00-15:57  9730kHz:(English)
15:00-15:57 11735kHz:(French)
15:00-15:57 13650kHz:(Chinese)
15:00-15:57 13760kHz:(French)
15:00-15:57 15105kHz:(Chinese)
15:00-15:57 15180kHz:(French)
16:00-16:57  7580kHz:(Japanese)
16:00-16:57  9650kHz:(Japanese)
16:00-16:57  9875kHz:(Russian)
16:00-16:57 11735kHz:(Russian)
16:00-16:57 13760kHz:(Russian)
16:00-16:57 15245kHz:(Russian)
17:00-17:50  7580kHz:(Japanese)
17:00-17:50  9650kHz:(Japanese)
17:00-17:56  7220kHz:(Chinese)
17:00-17:56  9445kHz:(Chinese)
17:00-17:56  9875kHz:(Russian)
17:00-17:56 11735kHz:(Russian)
17:00-17:56 13760kHz:(Russian)
17:00-17:56 15245kHz:(Russian)
18:00-18:50  7220kHz:(Korean)
18:00-18:50  9445kHz:(Korean)
18:00-18:57  6070kHz:(Japanese)
18:00-18:57  7580kHz:(Japanese)
18:00-18:57  9650kHz:(Japanese)
19:00-19:50  6070kHz:(Japanese)
19:00-19:50  7580kHz:(Japanese)
19:00-19:50  9650kHz:(Japanese)
19:00-19:57  6170kHz:(English)
19:00-19:57  6185kHz:(English)
19:00-19:57  9435kHz:(English)
19:00-19:57  9850kHz:(English)
20:00-20:57  6070kHz:(Japanese)
20:00-20:57  6170kHz:(French)
20:00-20:57  6185kHz:(French)
20:00-20:57  7220kHz:(Chinese)
20:00-20:57  7580kHz:(Japanese)
20:00-20:57  9435kHz:(French)
20:00-20:57  9445kHz:(Chinese)
20:00-20:57  9650kHz:(Japanese)
20:00-20:57  9850kHz:(French)
21:00-21:50  6070kHz:(Japanese)
21:00-21:50  6170kHz:(Korean)
21:00-21:50  6185kHz:(Korean)
21:00-21:50  7580kHz:(Japanese)
21:00-21:50  9435kHz:(Korean)
21:00-21:50  9650kHz:(Japanese)
21:00-21:50  9850kHz:(Korean)
22:00-22:57  6185kHz:(Chinese)
22:00-22:57  7570kHz:(English)
22:00-22:57  9435kHz:(English)
22:00-22:57  9850kHz:(Chinese)
22:00-22:57 11710kHz:(English)
22:00-22:57 12015kHz:(English)
23:00-23:57  6170kHz:(Russian)
23:00-23:57  7570kHz:(French)
23:00-23:57  9425kHz:(Russian)
23:00-23:57  9435kHz:(French)
23:00-23:57 11710kHz:(French)
23:00-23:57 12015kHz:(French)
23:30-00:20  9850kHz:(Korean)
00:00-00:57  6170kHz:(Russian)
00:00-00:57  7570kHz:(English)
00:00-00:57  9425kHz:(Russian)
00:00-00:57  9435kHz:(English)
00:00-00:57  9890kHz:(Arabic)
00:00-00:57 11645kHz:(Arabic)
00:00-00:57 11710kHz:(English)
00:00-00:57 12015kHz:(English)
01:00-01:57  6170kHz:(German)
01:00-01:57  7570kHz:(French)
01:00-01:57  9425kHz:(German)
01:00-01:57  9435kHz:(French)
01:00-01:57  9890kHz:(English)
01:00-01:57 11645kHz:(English)
01:00-01:57 11710kHz:(French)
01:00-01:57 12015kHz:(French)
02:00-02:49  7570kHz:(Korean)
02:00-02:49  9435kHz:(Korean)
02:00-02:49 11710kHz:(Korean)
02:00-02:49 12015kHz:(Korean)
02:00-02:57  6170kHz:(Russian)
02:00-02:57  9425kHz:(Russian)
02:00-02:57  9890kHz:(Arabic)
02:00-02:57 11645kHz:(Arabic)
03:00-03:57  6170kHz:(German)
03:00-03:57  7210kHz:(French)
03:00-03:57  7570kHz:(English)
03:00-03:57  9425kHz:(German)
03:00-03:57  9875kHz:(French)
03:00-03:57 11635kHz:(French)
03:00-03:57 11910kHz:(French)
03:00-03:57 12015kHz:(English)
04:00-04:57  6170kHz:(German)
04:00-04:57  7210kHz:(English)
04:00-04:57  7570kHz:(Spanish)
04:00-04:57  9425kHz:(German)
04:00-04:57  9875kHz:(English)
04:00-04:57 11635kHz:(English)
04:00-04:57 11910kHz:(English)
04:00-04:57 12015kHz:(Spanish)
05:00-05:50  6170kHz:(Korean)
05:00-05:50  7210kHz:(Korean)
05:00-05:50  9425kHz:(Korean)
05:00-05:50  9875kHz:(Korean)
05:00-05:50 11635kHz:(Korean)
05:00-05:50 11910kHz:(Korean)
05:00-05:57  7570kHz:(French)
05:00-05:57 12015kHz:(French)
06:00-06:50  7580kHz:(Japanese)
06:00-06:50  9650kHz:(Japanese)
06:00-06:57  7235kHz:(Chinese)
06:00-06:57  7570kHz:(English)
06:00-06:57  9445kHz:(Chinese)
06:00-06:57  9875kHz:(Chinese)
06:00-06:57 11635kHz:(Chinese)
06:00-06:57 12015kHz:(English)
07:00-07:57  7235kHz:(Chinese)
07:00-07:57  7570kHz:(Spanish)
07:00-07:57  7580kHz:(Japanese)
07:00-07:57  9445kHz:(Chinese)
07:00-07:57  9650kHz:(Japanese)
07:00-07:57  9875kHz:(Chinese)
07:00-07:57 11635kHz:(Chinese)
07:00-07:57 12015kHz:(Spanish)
08:00-08:50  7235kHz:(Korean)
08:00-08:50  7570kHz:(Korean)
08:00-08:50  7580kHz:(Japanese)
08:00-08:50  9445kHz:(Korean)
08:00-08:50  9650kHz:(Japanese)
08:00-08:50  9875kHz:(Korean)
08:00-08:50 11635kHz:(Korean)
08:00-08:50 12015kHz:(Korean)

 でこのリストを作成してから朝鮮に引っかかる事は皆無になった。しかしその代わりに今度はCRIとCNR(中央人民広播電台)に引っかかるようになったんだよねえ…(^^; これのリストは流石に周波数が多過ぎて作成する気が起きない…。

HSDL的SW放送[2020/11]

HSDLにて2020年9〜11月に受信した局の中で印象に残った局(^^


 今年に入ってSWを受信し始めて印象に残った局、お勧めの局は以下の通り。過酷な環境のHSDLで受信できる局なので受信設備・ロケーション的に受信できない人はまず居ないはず。末尾の★は受信しやすさを表し、★★★はER-C54/55Tでもダイヤルさえ合えば受信できるが★はDSPラジオ級以上が欲しい。時間は全てJSTだ。

 5935kHz:PBS Xizang(Chinese)		20:00-03:00	P=4820,6050,7240kHz
9750kHz:NHK WORLD RADIO JAPAN(Japanese)16:55-01:00 NHK第一の垂れ流し
13775kHz:R.SAUDI INTERNATIONAL(Urdu) 21:00-23:57 サウジアラビア局
13840kHz:R.NEW ZEALAND INT.(English) 12:59-16:58 オセアニア入門局
15710kHz:中央人民広播電台・神州の声 10:00-18:00 P=11905kHz、台湾向け

 10月に書いた記事なので上記・下記のスケジュールや周波数は変更になっているかもしれないが、それ以外の局の評価には違いが無いのでOK(^^

=5935kHz:西蔵人民広播電台(中国語)=
 西蔵人民広播電台の中国語放送だ。20時開始(20:00〜03:00)で早い時間はただの中国局だが、零時を過ぎると「あの辺りっぽい音楽」が流れ始める事が多いので大変宜しい。当地(東京都練馬区)ではパラ周波数の4820、6050、7240kHzはどれも良くないです。★

=9750kHz:NHK・ワールド・ラジオ(日本語)=
 NHK第1放送の垂れ流しだが、ローカルニュースの時だけはオリジナルの海外情報+WSのSAが流れる。SWでNHK1を聞いていると旅気分でよろしい(^^ 送信所は茨城県のKDDI八俣送信所なのだが時間的にスキップするのか当地ではあまり強くない(16:55〜01:00)。★

=13775kHz:ラジオ・サウジ・インターナショナル(ウルドゥ語)=
 どうせ解らないので何語でもイイんだけど(^^; この時間21:00〜23:57はウルドゥ語らしい。イスラム圏のサウジアラビア局で聞くのはもちろんコーランだけ。寝る前に聞くと良く眠れます(^^ 時間的に信号はあまり強くないが混信が皆無なので★★だ。

=13840kHz:ラジオ・ニュージーランド・インターナショナル(英語)=
 夜間の49mbはDX局状態なので昼間(12:59〜16:58)の放送が聞きやすい。2020年現在のオセアニア入門局と言える。これが受信できないロケ、受信設備では短波を楽しむのは多分無理レベル。ラジオやアンテナにも依るが信号強度はソコソコ強く混信が全く無いのでクリヤーだ。★★★

=15710kHz:中央人民広播電台・神州の声(客家語?)=
 皆様の嫌いな中国局だが、これは台湾向け放送らしくちょっと毛色が違う。この放送で流れる局は筆者の好みの曲が多いのだった。指向性が全然ハズレているので信号は強くないけど混信は少ないので良好。ただ終了間際(10:00〜18:00)にはパラの11905kHzの方が良いかも知れない。★★

記事検索
名無し・通りすがりは即削除
QRコード
QRコード
月別アーカイブ