HSDL.blog.jp

ジャンクPCパーツ研究を専門とするブログ
主に東京・多摩地区のハードオフを巡回しています。

ジャンク随筆

ジャンク随筆(最終回)

マザーの電池


cr2032
 ここのところカメラが高性能化したので、暇が有ったら所有しているマザーボードの写真をひたすらに撮影している(注1)。以前も書いた通り清涼飲料水の箱に5枚ずつマザーが入っている訳だが、今回40枚くらい箱から出してみて驚いたのがマザーにどれも電池(CR2032)が入っていた事。その数は何と35個!殆どのマザーにCR2032が入っている。オイオイちゃんと抜いとけよ。恐らく当時の担当者としては「すぐにまた出番があるから」と思っていたのだろう。いや、もう10年くらい経っているから見込みないよ(^^;

3.0V:2
2.9V:4
2.8V:4
2.7V:4
2.6V:2
2.5V:4
2.2V:1
1.0V未満:14
 35個のうち1.0V未満が14個あった。新品同様も2つあった。一番多いのは2.4〜2.9Vくらいである。

3.0V以上→新品同様
2.7〜2.9V→普通に使える
2.5〜2.6V→英煤以外?は普通に使える
1.0〜2.4V→困る(^^;
1.0V未満→迷わず電池ゴミで捨てる
 1.0V未満はスッパリ電池ゴミで捨てるとして、困るのは中途半端に電圧が残っている電池である。これら1.0〜2.4Vの電池はマザーには使いたくないし(注2)、そのまま捨てるには電圧が高くてもったいないし危険も感じる。何か役に立つ放電方法は無いかなあ。

 ところで今回は保存中に電池が入っていたわけだが、これはもちろん抜いておいた方が良いい。中華製でこれが膨張破裂した事例が一回だけだが有った。通常は膨張破裂はしない筈だが中華電池に油断はできない。それに電池を消費するだけでもったいないので入れる必然性も皆無に等しい。もし何かの必要があって電池を入れておきたい場合にはBIOSクリヤージャンパーをクリヤー側にしておく。これで(マザーが通常の回路なら)電池の消費が抑えられる。尤もマザー出荷時以外にそんな必要は無いはずだが。

注1:撮影の作業は遅々として進んでいない。ビデオカードはまだ全く手つかずで、マザーだけでもまだ100枚以上の未撮影板が残っている。バルクは良いけど元箱に入っているのが難関なんだよね。

注2:2.4〜2.5Vでも使えない訳ではない。ただ時計が狂うので問題が無い訳でもない。C-MOSデータ自体は全く問題なく保存される。がしかしこの辺りが規格外で消費電力の大きい英煤はダメかもしれない。


ジャンク随筆

HDD


 以前電源の互換性について書いたが、電源と同じかそれ以上に互換性に問題があるのがこのデバイス。PC/AT互換機のHDDは大半がIDE→SATAであり、鯖方面でSCSIやSASが使われている。これらはオープンな規格でありハード的には互換性は保たれているはずだ。だが現実的にはそうでもない。非互換問題とはソフト的な制限の事である。新旧取り混ぜ色々なマザーを取り扱うジャンカーにとってはかなり致命的な問題なのだ。代表的なソフト的な制限とはズバリ容量の壁である。これらはファームウェアだけでなくOSにも起因するので尚更厄介だ。ちなみにこれらの壁はソフトウェアだけの問題であり、ハードウェアには特に関係は無い。

 という事でジャンカーは電源と同じく動作チェック用ハードディスクも一種類で済ませる訳にはいかないのだ。筆者らが扱うのは286や386といったあまり古いモノは無いが、それでも過去に32GBの壁に当たった事はあるし、128GBの壁は越えられないマザーはかなり多数ある。具体的に言えば旧来マザーボードのファームウェアがアップデートされなくなるとこの制限に引っかかる。HSDLではいつも使っているデータ取り用のディスクは40GBでやっていたが、ある日認識しない古いP6マザーが現れてこの壁を実感する事になった。そのマザーの場合はBIOSアップデートにより認識できたが、アップデートしても明示的にLBAを指定しないと動かないマザーもあった。HSDLブログが始まって今のところ引っかかったのはこの32GBと128GBの壁だけだ。128GBの方はHDD自体が少ないので普段は全く意識する事は無いが、32GBの方はソケ7などでは常に意識する必要がある。流石にATA33以前のは使いたくないので100の20GB辺りが貴重になってきたりして。あと120GBとか。

 …もっと新しい話をしよう(^^; 実は最近困っているのはIDEコネクタが消え始めている事だ。これはサウスがサポートしなくなったので当たり前と言えば当たり前だが、HSDLにはIDEのHDDが殆どなので困る。ICH7以降になるとIDEは1chしかないし、AMDの方もAM3以降はかなりヤバい。そこで最近は新しいマザーボード用にデータディスクだけSATAにしている。ブートは1つ残っているIDEを使うが、更に新しくなるとこれも無くなるので二度と使う事は無いと思っていた懐かしのプロミスのATAカードが出て来る。ところが今度はPCIバス・スロットが無くなってしまった。PCI-EのATAカードなんて持っていないし、第一存在するのだろうか?ジャンカーの悩みは尽きないのでした…。

ジャンク随筆

ジャンクCPUの価格


 ジャンク価格の許容範囲は他人によって違うが、HSDLは基本的に「ジャンクはゴミである」というところからスタートしている。つまり最低価格はタダとは言わないまでも、屑金属業者が引き取るキロ当たりの値段がベースである(^^ その値段の方が高ければHOなどのジャンク屋も客より業者に売った方がマシだからね。厳しい時代だから無料ジャンクが無くなるのも分る。とすると100円、高くとも500円くらいが限度だな。

 前回CPU数の統計を取ってみたが、今回はCPUのジャンク価格で統計を取ってみた。統計期間はブログ開始の2007年から2016年末までである(0はMBのおまけ、貰った、無料コーナー等、2000円を超えるものは存在しない)。

cpu_kakaku
 うーん、特に何ともコメントが出てこない(^^; とりあえず近年はジャンク価格をより厳密に考えるようになっているのが判る。記録では一番高かったのはプレス子3GHzとサンディi3(いずれも2000円)だ。考えてみればこれらは高い買い物だったな…サンディi3は妥当か。それにひきかえクアッドコアなんて現在8個動いている(全勝)けど701円以上払った事が無い!殆ど100〜300円だ。昔損した分の元は今は取れてるって事で納得するか。オクタコアも早く欲しいな(100円以下が望ましい^^)。

ジャンク随筆

ジャンクCPU


 正月に暇だったのでここ10年(と言うか10年しかやってないけど^^)のジャンクCPU数の統計を取ってみた。

[144]LGA775
[125]PPGA370
[ 59]PPGA478
[ 48]Socket462(A)
[ 34]Socket7
[ 24]Socket754
[ 24]Slot1
[ 21]Socket939
[ 16]AM2/AM2+
[ 9]Socket3
[ 8]PPGA479A
[ 6]Socket940
[ 5]Slot2
[ 5]PPGA479B
[ 4]SocketF
[ 4]AM3
[ 4]FCLGA1366
[ 3]PPGA423
[ 2]SlotA
[ 2]PPGA604
[ 2]PPGA603
[ 2]LGA771
[ 2]FCLGA1155
[ 1]FCLGA1156
[ 1]FCLGA1150
[555]合計

*386以前はジャンクが無いので抜いてある。PCに付いているのも無視。PC以外のCPUも無視。ソケット名称が統一感が無いがまあメモなので気にするな(^^
 何かいつの間にか775がブッチギリになってしまった。ジャンクの量は活躍期間と販売量に比例するので「まあ妥当なところ」と言いたいところだが、筆者にはやや疑問を感じるところもある。それは775と比べると478がかなりショボイ事だ。それは何故か考えてみたが、多分478がジャンクフェーズに入るのと775がジャンクフェーズに入るのが近かった、若しくはほぼ同時だったからだろう。同じ値段だと478よりも775を買いたくなるのは心理的に無理も無い。そんな訳でHSDLには478時代が来なかったのだろう。478のCPUが100円ジャンクになったのもここ2、3年のような気がする。そのせいで今になって集めるのに苦労しているわけだが。

 これだけ集めるとずいぶん金が掛るようにも感じるが、実際はKaby Lakeを新発売で1個買えば終わり程度の金額(K付きだと足りないかも?^^;)である。こういう点ではジャンク趣味は金が掛らない。そりゃ止められんわ。

ジャンク随筆

小学生の遊び(笑)


5385x_1
 これはスタンレーAA5385X(右)とPY5385X(左)だ。5385X型は5φの丸型で、表面拡散樹脂に覆われた主にインジケータ用途のLEDだ。頭のAAは淡橙色の樹脂色で橙色の発光色、PYは淡黄色の樹脂色で黄緑色の発光色だ。樹脂色だけ見ると黄色とピンクに見えるので発光色がどういう色になるのか一寸判りづらい。あと写真だと赤外線カットフィルターや撮像素子の関係で色が解りづらい。

 最近は照明用途が増えていることもあり高輝度タイプが主流で、こういう落ち着いた直視できるタイプがあまり売っていない。昔のマザーボードの小さいSB_LED等をこれに換えると少々品が良くなるかも知れん。尤も最近のマザーは面実装ばかりだから使えないが。今回書きたかったのは実際それだけ(^^

 VfはAAが2.2〜2.5Vで、PYが2.1〜2.5V(何れもIf=20mA)となっている。5Vだと通常は130〜150Ωの電流制限抵抗が必要になるが試しに抵抗無しで繋いでみた。ちょっと明るいかな?という程度で普通に点灯したが、数十秒そのままにしておくとイヤーな臭いが立ち込めてきた。これは燃えかけているな…と判断して電源カット。触ってみたら高熱を発して触れないくらいだった。ジジイの言う通り抵抗はやはり必須だったか。あのまま点灯を続けたら樹脂が溶けるか点灯しなくなったのだろう、どちらの破綻が先に来るのか、もう一回ギリギリまで試したかったけど秋月のショボイ5V過電流保護無しACアダプタなので止めておく。LEDは数100個(数1000個?)あるからナンボ死んでも構わないが、ACアダプタは高いし他に代わりも無いから。

5385x_2
 わーキレイ!(小並感)。異常発熱したモノを再び電源に繋いでみたが何食わぬ顔で点灯した。特に暗くなったとか劣化は感じられない。今度は勿論抵抗を入れている。異臭がしても直ぐに死ぬわけではないらしい。この感じだとプラの方が破綻は早そう。モノは大量にあるのでこれでデコPCでも作ってみたい。さてどうやって繋ぐか?他人と同じではやる気がしないし、同じ光るPCでも何らかのアイデアを盛り込まねば。マトリクスでも組めば一気に大量消費できるが、それもあまりに一般的過ぎて詰まらない。筆者としてはインジケータ用なのでそれに類する使い方をしたいところだ。ソースはあまり高周波だと点きっぱなしだから低周波でオン・オフする信号だな。それと切り替えが頻繁に行われなくては意味が無い。さて、有効なのは何だろう?

ジャンク随筆

雨曝しのマザー


amazarasi
 左はP5B-VM/EP、右がA8V-E Deluxeである。「マザー解体[16/05/27]」で解体したマザーを2、3週間ばかりベランダに放置しておいた。そうしたら御覧の通り、実に見事に汚いジャンク基板になってしまった。粉を吹いたような白い幕は何だろう?ハンダから錆の液みたいなのが垂れているのは何故だ?コネクタはほぼ使い物にならなくなった。

 今更だが東京の雨って汚いんだなあ。それと人体にも有害だと思う。出先で不意に雨に降られたら頭に障害が出そう。ハッキリ具体的に言うとハゲそう(^^;

ジャンク随筆

ISAマザー


 ジャンク整理していたらISAのサウンドカードやNICが出てきた。ここで疑問を感じたのだがHSDLで一番新しいISAプラットホームは何だろうか?頭だけでP6〜478まで色々思い浮かべたのだが分らない。対応チップセットから言えばICH4以降は絶対にダメだと思うのだが…。取りあえず実際にマザーを探してみた。その結果出てきたのは実に意外なマザーだった。


sd11_isa
 正解はスロAのSD11でした!ソケA辺りで何か対応しているマザーがあるのではないかと思っていたが、まさかスロAマザーだとは思わなかった。まあこのマザーはCPU的に気楽に使えるものではないので、現在ISAを使うならP6マザーを使うしかないようだ。古いマザーも気楽に捨てるわけにはいかない。何かマザーを捨てたら同時に動かせなくなる古いデバイスもあるのだから。


実はこの記事、誤って原稿を消してしまったので覚えている部分だけを復元して載せた(^^; まあISA最新マザーが判明しただけで許してもらおう。


ジャンク随筆

この文章は一読すればわかる通り「ジャンクマザーボード動作チェック」の冒頭にあった文章の改稿である。新版はこの章を削除する。

「ジャンクマザーを買う」


 PC自作を一度も経験せずにジャンクマザーに手を出すのは無謀だ。PC自作の初心者は新品や中古保証付きパーツでマニュアルに沿って自作する事をお勧めする。PC自作の難易度は高くはないが、一からネットで質問しているようなレベルではやはり厳しい。ジャンク趣味はある程度自作を経験してから、同じことの繰り返しでマンネリになってきた頃にやるのが面白い。

 価格が高いものは動作確率が高いが面白くない。高いジャンクを買うくらいなら素直に動作確認済み中古を買った方が良いくらいだ。しかし極度に安いのは何らかの不具合がある確率が高い。初めてジャンクを買うなら、安くも高くもないソコソコ値段のを買う方が良い。初めて買うジャンクマザーは(世代にもよるけど)通常1000円くらいじゃないか?そのくらいなら動く確率が高いし、仮にハズレても死にたくならない(^^ そして最初のうちは誰でも知っているメジャーな物件を選ぶ事と、数多くの同じ製品のジャンクを見る事かな。違いが判るから。初心者のうちは最新世代のジャンク品は(99%動かないので)買わないこと。まあ高い授業料を払って学習するのも良いかもしれんが。

 外見、特に汚れは重要だ。ホコリを被っているモノは実際に使われていたもので、前オーナーの時は初期不良は無く確実に動作していた事になる。経験上はセットでそのまま売られているのは動作確率が高い。使われていたモノがジャンクコーナーにあるという事はその後壊れたのか、それとも要らなくなって手放したのか?これを判断するには経験も重要になる。札付きで壊れやすいマザーもあるからだ。ネットでの不具合情報には常に目を光らせた方が良い。その物件が現役から遠ざかると情報も減ってくる。村の古老の意見は聞いた方が良い(^^ なお全く壊れていなくても、あまりに古い10年物などは漏れなくジャンクに回される。この場合は動作確率は非常に高い。自分が新品で買った事のあるマザーのジャンクを見比べるのも勉強になる。他人が使うとどんなふうに劣化するのか?とか。

 キレイなモノは掃除をしたものと、最初からほとんど使われていないモノがある。あまりにキレイなものは素人が洗ったりしている場合もあるので紙のラベルはよく見よう。洗うと必然的に劣化するからだ。またキレイだからと言って必ず動くわけでは無い。初期不良品がジャンクに大量に流れた事件もあるからだ。キレイで格安のモノは特に怪しい。オークションや個人商店のジャンク屋はまず間違いなく全数チェックしている。その場合の未チェックジャンクは全く信用できないのでその店や個人はスルーが正解。それと基本的に通販でジャンクを買うのは止めた方が良い。通販ジャンク業者は基本ロクなもんじゃないです。通販ならせめて返金保証がある中古品を買おう。ジャンク屋が無い?ジャンカーやりたきゃ都会に住みなさい。

 VRMのコンデンサが膨らんでないか?ICHに穴が開いていないか?パワーMOSFETが燃えていないか?ちなみにハンダが煮えているマザー(注1)は100円程度の格安品以外は買わない方がよい。死亡・不調確率が高いからだ。少なくとも目利きになるまではスルーする。基板の割れ・配線切れは出来る限り店頭でよく見た方がよい。静電防止袋に入って開けられない奴は賭けだ。もっともそのような袋入りは動作確率が高い。大量入荷している物は更に動作確率が高く未使用品の場合も少なくない。これは何処かでストック品が流れたケースが多い。

 最後に、不幸にしてハズレを引いても店を恨まない事。ハズレジャンクを引くのは貴方のせいであって店の責任ではない。ジャンクは生きて行くために必要な物ではないし、買わないという選択肢もある。それにハズレを引いた経験がある人の方が当たった時の喜びも大きい。そう思って気楽にやったほうが長続きする。要は「アタリを引こう」「役立てよう」「得をしよう」とか考えない事だ。ジャンクがハズレて掲示板で店を罵倒している人を見た事がないだろうか?ジャンクは貧乏人の趣味かも知れないけど心まで貧しくなる必要はない。

注1:ハンダが煮えているとはこういう奴。パワーMOSFETの周りに茶色いヤニが浮いているのが分るだろう。これは壊れていなくても前オーナーにOC等で酷使されているか、そうでなければ排熱不良のマシンで酷使されていたかだ。どちらの理由であっても初心者のうちは敬遠したい。


ジャンク随筆

四季折々のアホ


 最近ではないが珍妙な検索が増えている。検索ボットの捏造もあろうが、スマホ奴隷の増殖と共に日本人の知能指数も年々下がっているのではなかろうか。日本大丈夫か?正直オレはもうダメだと思う。


>PC-8801 システムディスク バックアップ
 持っているなら検索しないでサッサとやれよ。持っていないならできないので検索する必要も無いわけで。周りの人間が苦悩するわ〜こういう奴が居ると。ところでシステムディスクの中身は見たんだろうな?見れば何もかも解るはずだが。

>電解コンデンサからアルミ固体コンデンサへ交換
 無駄だろ。どうしてもやりたきゃ検索している暇にやれ。最悪不動になるだけだから。動かなくなったら笑ってごまかせばいい。きっと一生の思い出になるよ。恥ずかしい思い出だけどな(^^

>Geforce 画面ノイズ 修理
 相変わらず多いがノイズはゲホもラデもないんだ。理由はハンダ割れかメモリ不良でメモリ不良ならチップ交換するしかない。ハンダ割れは製造不良なのでリボールからやり直さないと完全には直らない。どちらも検索するだけのお前さんには無理な話だ。

マザーボードにコンデンサ追加
 場所に依るがキッチリ設計されていれば基本的には何も起こらない。まあ知りたきゃ検索しないで自分でやってみろよ。最悪不動になるだけだから。動かなくなったらまた元に戻せばいいだろ。頭で考えてばかりいないで同時に行動しろよこの横着野郎。

>AP431 修理
 アンタ日本語が不自由なのか?この場合AP431(○○431は全て同じ)を修理する事になるのだが。もちろん熟練職人でも半導体の修理は無理。部品交換したいだけなら黙って実行しろよ。

>ニチコン コンデンサ サージ電圧耐量
 データシート読めよ。書いてあったか?書いてなければメーカー規定されていないという事だ。サージの電圧が設計段階で判っているなら耐圧上げるしかないんだよ。そうでなければニチコンを使わないという選択肢もある(←お勧め^^)。それで製品が全く売れなくなったらニチコンの方から自然と歩み寄ってくるだろう。尤もサージ電圧耐量など気にしているのは大口需要家とは縁遠いアマチュアだけだろうから無理か。

>不明 マザーボード 中華製
 何調べてーんだよ?バカかコイツ(^^; PC用マザーボードなんて中華99%だろう。お前は目の前で実物を見ているから知っているだろうが、グーグル又は他検索は実物が見えないので解るわけない。スマホはドラえもんじゃないんだぞ。

>固体電解コンデンサ 見分け方
 中華の奴?それは誰にも不可能だから諦めろ。そもそも容量・耐圧以外に見分ける必要があるのか?無いだろ。前からついていた部品など気にせずに、付ける所に相応しい部品を付ければ良いのだから。オレみたいに解析記事でも書くのなら必要があるかもしれないけどな。


注:検索ワードは去年の12/15から事実上使えなくなり、2017年からの新アクセス解析では残念ながら存在自体が廃止された。これは12月以前に書いたものだ。


ジャンク随筆

ブランド


 今日のおかずはHSDLにやって来た客の検索フレーズの中から「オムロン マウス マイクロスイッチ」だ。このワードはたぶん既にHSDLの記事を読んだ人がテキトーにでっち上げたワードだろう。全く無意味で何かを知りたくて検索したとは思えない。まあこの検索者に興味は無いし心理についても興味は無い。もしかしたら検索ボットの捏造かもしれないし、今日の話題から見ればどうでも良いんだ。上の検索ワードを見てふと思いついただけの文章だから。

 それより何故この人はオムロン指定なんだろうか。HSDLがオムロンのタクトスイッチを使っているからだろうか?オムロンのスイッチは別に特段優れている訳でもないし、PC製品ではシェアだって大した事は無かろう。このメーカーの製品を明示的に使う必要が無いのだ。そもそもオムロンはマウス用マイクロスイッチを特に設計製造したりはしてないと思う。長年の読者は知っての通り、HSDLは別にオムロンが優れているから使っている訳ではない。このスイッチがタダ同然で売っていたから使ったに過ぎない。別のメーカーのがもっと安値だったらそれを使っていた。日頃から酷評しまくっている某○チ○ン製電解コンだって以前安かったから一杯使っている。部品なんてそんなものだ。ブランドなんてハッキリどうでも良い。

 それはジャンクにも当てはまる。京都の老舗の饅頭が1000円、中華の毒入り饅頭が10円で売っていたとする。「この中華毒饅頭…見るからに怪しいし不味そうだ」「そもそもこれ食いものなのか?」「くさい!」「それに比べてこの老舗の饅頭!色艶と言い気品と言い申し分ないな」「匂いをかいだだけでよだれが出て来るぞ」「さぞかし味も良いんだろうねえ〜」「値段もスゲエけどな^^」など店頭で評価する段階では迷わず老舗の1000円饅頭に軍配を上げる。そしてそのように正しく評価する目はいつも持っていなくてはいけないのがジャンカーだ。

 だが俺たちは迷わず10円の中華毒入り饅頭を買う。もちろんそれを食う。「まじぃーなこれ、流石中華製だ」「イヤ中華だからじゃなく10円だからかな〜」「賞味期限が10年過ぎてやがるからな」「おっ舌がピリピリしてきやがった!フグ毒かよ」「何かめまいがしてきた!コイツは結構きつい添加剤(毒)だぞ…」と楽しむ。時にはそのままあの世に行ってしまう事もある、それがジャンカー。

 別に俺らは転売屋や骨董屋じゃないし良いモノを探している訳じゃない。また良いモノを極限まで安く買うのはバーゲンハンターでありジャンカーとは別人種だろう。もちろん鍛え抜かれた目利きではあるが高いものなどに用は無い。ブランドの優劣などを捨てたところにジャンカーの楽しみがあるのだ。

 尤もゲテ物好きと言うわけでもないので同じ値段なら老舗の饅頭を買う。ここらがYOUTUBEの爆死上等ネタビデオメーカーとも違うところだ(^^ つまり何かにこだわるというより、流れてきたものを拾ってそのまま楽しむのが我々ジャンカーの流儀。何かを必死に探しに行く訳ではなく自然に落ちているものを拾いに行く感じか。

 で、今日もまた特に見どころの無い100円マザーを買ってしまった訳だが…。

記事検索
タグ絞り込み検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気