HSDL.blog.jp

ジャンクPCパーツ研究を専門とするブログ
主に東京・多摩地区のハードオフを巡回しています。

BSEL_MOD

SLA8Zその後

 前回の修理品を実際に使用するためにP35 Neo-Fに搭載してみた。このマザーはFSBを一段階しか上げられないので、銀紙等を使った所謂BSEL MODは必須である。


bsel_775
 一番簡単なのはBSEL2を1、つまり絶縁するのが簡単だ。しかしまだこの石は倍クロックでテストした事が無いので動くかどうかわからない。また未規定の動作なのでマザーが対応していない場合も考えられる。常識的にはFSB1066〜1333で使うべきだろう。FSB1333までは起動実績があるので今回はこれで行く。今回はCPUクーラーはリテールではなくAeroCoolである。取りあえず今回程度のOCなら冷却には問題は出ないだろう。Vcore昇圧はしない。


bselmod_sla8z@333
 FSB1333にするにはFSB1066の時の作業+BSEL2の絶縁が必要だ。BSEL2絶縁の方はメンディングテープを貼るだけなので楽だが。しかしなかなか上手くならねえな(^^;


hwinfo_sla8z@333
 FSB1333は事前にテストしてあるので問題無く起動した。さてこれでメモリが通ればWindows上のテストを行う。


memtest_sla8z@333_p35
 MEMTESTは全く問題無く通った。尤もこの状態でWindowsが起動しなかったケースが無い訳ではない。


bench_sla8z@333
 がしかし起動してベンチマークも完走。ノーマルのFSB1066以下のC2Dなら対等以上に渡り合える。このように修理不完全な石だが、ノーマルと比べ特に劣化したところは認められない。暫くの間、PCI-Eビデオカードのテストはこれで行なう予定。
結論:CPUの裏面DCコンは少々取れても何とか動く(抵抗はダメ)。


★追記
 こちらの方が現役当時のE2160(SLA3H)のOCテストをやってますね。ほぼHSDLと同様の傾向なので実用上の劣化は殆ど無いんじゃないか?と楽天的な結論を出す(^^

SLAFZを動かす

 先日のSL9XNに引き続きCeleron400シリーズ(Conroe-L)の最高クロックである450を動かしてみた。マザーはMSIのP35 Neo-F(改)である。コイツだとASUSと違って銀紙細工が必要だ。果たしてどこまでやれるのかな。


bench_slafz
 まずは定格クロックの2.2GHz(200MHz×11.0)だ。今となってはショボイが筆者は実用でもこれで充分だな(^^ TDP35Wの石だけどペン4の最高クロックに勝てるかも。


bench_slafz@266
 銀紙でベースクロック266MHzにアップ。この辺りは定格と変わらない安定度。もちろんカツ入れなんて全く必要なし。このFSB1066が真の定格だろうよ。じゃあFSBの極限はどの辺なんだ?


SLAFZ@290
 ちょっと待て!ベース290MHzで止まっちまったぞ。これじゃあSL9XNにすら遠く及ばないではないか。しかもこれでπ焼したら例のなんたらエラーが出たのでもっと下げねばならん。

 実は原因はCPUじゃなくてメモリだ。P35はP965と違って533MHz設定が無いのですぐに厳しくなるのだった。銀紙+マスクでFSB1333にすれば動くかもしれない?けど何故かベース333で飛んでしまったので下げるしかない。そう言えばPC2-8500は持っているけど私物なのでHSDLには貸してあげません(^^


bench_slafz@280
 結局このベース280MHzが最高クロックという事になった。何か「イソテル石で遊ぶなら低クロック品が一番楽しい」法則を地で行ってしまったな。

 前回のSL9XNと違ってP5B-E Plusが使えなかったので公平じゃないけど、やっぱり低クロック品の方が楽しい400シリーズなのだった。

SL9TB追試

 これが決定版?「SL9TB追試」「SL9TB追試」の続編である。銀紙でFSB1066化してみた。これでデフォルトが2.4GHzになる。


sl9tb_bsel
 去年の6月以来?9か月ぶりにBSEL MODをやってみた。初期に比べだいぶ上手くなってきたがまだまだ。更に修練が必要だ。


sl9tb_266
 これで真正のベース266となりノーマルとは比較したくないくらい速い。加えて333でも動かせるようになったが、実はこのマザーはVcoreは上げられないので困る。VID MODも視野に入れなくてはいけないかも。今回ハッキリしたけど、FSB1066がE4300の真の姿と言えるね。FSB800では宝の持ち腐れに近い。


memtest300
 一気にベース300まで行っちまうぞ。この通り正常動作した。実はベース310でも完走したのだが、それだと何故かHDDが正常に動作しない。何かP6時代のOCでPCIクロックが上がって困ったのを思い出してしまった。305だと一部ベンチがすっ飛ぶし、300で使うしかないか。


memtest333
 実はCPUコアだけなら333(FSB1333)でも動作しているのだ。だがこれだと667に落としてもメモリ(キャッシュかも)が負けてしまう。コア電圧定格でもここまで動く。


bench_sl9tb@300
 だいぶ現代的な数値になってきたね(^^;


 という事で結論はE4300をFSB800で使うのはアホで、この石はFSB1066が定格と言って良い。昔のSL36A(FSB100)やノースウッド1.6A(FSB533)等を思い出す。どれも定格電圧でFSB一段上が丁度良かった石だ。

CINEBENCH 1.0への道(^^;;

 256スレッド対応の新版が出たけどまだR11で頑張る。前回「試すものはまだある」と書いたのはシダセレをまだ試していなかったから。


★SL9KN
 OCしてナンボのシダセレなので最初からOCしてから勝負する。FSB533→800への2階級特進だ!


bench_sl9kn@200
 わりと余裕でベース200MHz、つまりクロック4.6GHzに到達。地味にHSDL実用最大レコードクロックだ。但しL2キャッシュが小さく地のメモリも遅いのでスコアは思ったほどではない。ちなみにリテール並みのテキトーなCPUクーラーを使っているが、Vcore1.475Vで安定動作した。これだけ見ると5GHzもチョロそうだが…。


memtest4841
 210MHzまで上げたらMEMTEST86+がレジスタ吐いて止まってしまった。5GHzの壁は少々厚いようだ。


cine_sl9kn@200
 ダメだね…クロック力でどこまでやれるかと思ったが、Athlon64 3500+と同等では成功と呼べない。仕方が無いのでこのマザーでのシングルスレッドは諦めHTに移行する。


★SL7Z9
 478のP4は試したが、945でメモリ周りがDDR2となってどこまでやれるだろうか。プレス子もノーマルではダメだろうからいきなりOCで行っちゃいます。FSB1066でいいよね?


bench_sl7z9@266
 一応現代風の4GHz。HTと大容量キャッシュによりSL9KNよりスコアはマシだが、CPUのクロック自体は大幅に負けている。コアはもっと上がりそうなのだがメモリやL2キャッシュがついて来ないらしい。


cine_sl7z9@266
 HTの威力!流石マルチスレッドの為のベンチマークソフトだけの事はある。しかしやはり1.0には遠く及ばなかった。シングルコアでは無理なのか。少なくとも定格のCPUでは無理っぽい。あ、まだCore系シングルはやっていないけど。


★続く
 またしても敗北してしまったわけだが…。次はまた恐らくプラットホームを変更する。

BSEL MOD

 前回はSL8HX(521)を安定動作させたが、数値的にいまいちインパクトに欠ける結果だった。今回はもう一度SL7Z9(630)でチャレンジする。


★もう一度SL7Z9
sl7z9@266_memtest2
 さすがにコルセアたんは安定して動いている。4151MB/sはSL9XNの4626MB/sに次ぐ記録。

 なおクロックは14倍と15倍の間でめまぐるしく動く。これは省電力機能だろう。どうせ動かすならもっとダイナミックに動かしてほしいものだが。コア電圧も多少上下しているが、これはクロック変動で振れているだけかもしれない。


sl7z9@266_hdb
 ちなみにALLは113万だ。勿論殆どHDDのスコアで、その全ての数値は100万の桁が抜けている(^^; これは結果をCOPYしてテキストに張り付ければ見られる。大体250万くらいだ。


sl7z9@266_bench
 RAMDISKを使ったけどπ焼は殆ど速くならなかったなあ。104万桁より桁数が増えると効果があるかもしれない。時間が掛かるのでやらないけど。このクロックだから30秒くらいは切りたかったなあ。


sl7z9@266_99
 3DMark99MAXを動かしてみたが、スコアを見ても430@325に全く敵わないので、これ以降の3Dベンチを取るのは断念した。…何だ、前回と同じじゃねえか。

 クロックが300MHz上がり、L2が倍になった程度では大してパフォーマンスは向上しなかった。ここから更にOCしていかないとダメだろうな。夏までに5GHzの壁をぶち抜くために少しは努力してみるか。昇圧したいのだが改造しないと無理っぽいし…。


★終わり
 意外にもこのシステムの安定性は抜群だ。プロセッサのクロック以外は全くの定格なので当たり前かもしれないが。ジャンク屋に格安で転がっていても見向きもされないプレス子も、FSB1066(以上)対応マザーがあれば空冷でも結構遊べるものだ。

BSEL MOD

 前回は630で4GHzで起動したが、メモリテストでエラーが出たのでちょっとクロックを落としてみる。今日は521を使うが、これは14.0倍なのでFSB1066でも余裕があると思われる。


★第二の生贄
 先日手に入れたSL8PPを早速使おうと思ったが、HSDLには既にSL8HXが存在していた。この時代には既にP4の最高クロックは3.8GHz(571)に到達している。例えFSB1066であっても3.7GHz程度ならリテールクーラーでもイケるかな?

SL8HX 2005年35週 マレーシア製造

 今回は何とか安定動作させてXP上で各種ベンチマークを取っておきたい。気温を考えると6月になったら無理っぽいし…と言うか、気分的にやりたくなくなるだろうし。


sl8hx_bselmod
 やっぱりダメだ…使ったアルミテープがヨレヨレなのがいけない。粘着力も大した事が無いし、もっと質の良い奴じゃないとキレイに行かないな。ちなみにアルミテープはダイソーの奴。最近はこんなモノを買った記憶が無いので、テープの品質以前に古いのかもしれない。


★テスト
 今回は青色の怪しい奴は止めて、CM2X1024-6400C4を使う。P5Q用には秋刀魚を買ってやったので、コルセアたんもやっと自由の身になれたのだった(^^


sl8hx@266_memtest
 難なく起動した。マザーは全くの定格動作で実に安定している。マザーボードが全体的に熱いが、Vcore定格でFSB1066は余裕っぽい。しかしメモリアクセスはそれなりに厳しくなる。CPUよりも足回りの方がヤバい。

 CM2X1024-6400C4は素晴らしい。これもCL4の威力か?けど現在5-5-5-18で動いているんだよな(^^; 条件は青いのと一緒やがな。それなのに何故か定格の速度と安定性が群を抜いている。しかもまだギアが上に一段残っている事になるわけで、やはり良い結果を出したければ高いメモリを買わないとダメなんだろう。ちなみにこれはHSDLの所有物では無く私物である。だから無理は出来ない(^^


sl8hx@266_hdb
 いつもストレージが遅いのでERAM使ったら、遂にHDBENCHはALL表示がオーバーフローしてしまった。ストレージが今後速くなると、このベンチも総合的にはいよいよ役に立たなくなる。最近は部分的にしか使っていないけど。


sl8hx@266_bench
 π焼34秒台(ノーマルは48秒)とか、ソコソコ速いけど超絶速くは無い。このイマイチ煮え切らない所がP4らしさなのかもしれない。ちなみにHTは入れているのだが効いていないような気がする。効いていたらHDBENCHのIntegerはもっとスコアが出るはず…。


sl8hx@266_99
 3DMark99MAXを動かしてみたが…スコアを見ても430@325に全く敵わないので、これ以降の3Dベンチを取るのは断念した。←新記録が出そうにないと直ぐにテストを打ち切ってしまう悪習が付いた(^^;


 なおSL8HXは、BIOSPOSTまでなら4.5GHz(325×14.0)でも起動した!(注)流石に何もできないまま固まるが、もうちょっと昇圧すれば動きそうだ。現時点では昇圧していないからか発熱は大した事は無い。478時代のP4の方が熱かった気がする。CPUクーラーが当時より格段に進歩しているからだと思われる。FSB1333のプレス子もアリか?P35以降のもっとマシなマザーが手に入ったら試してみても良いな。

注:実は設定間違えて起動したら立ち上がっちゃったんだよね(^^; 以前の430の設定でやってしまったわけ。ちょっとスゲー。

★だいたい満足
 結論を言えば、775後期のPentium4は(高倍率を除けば)FSB1066で動作すると思われる。少なくともFSB800/3.2GHz以下は全部FSB1066で動くんじゃないだろうか。冷却は普通に市販されているクーラーを使った空冷で充分だ。このPCもテキトーなクーラーだけど、OCしてるとは全く思えないくらい超安定だった。次は絶対に4GHzで動かす。

BSEL MOD

 あれからお猿のようにBSEL MODに凝っている。自由にOC出来る良い自作用リテールマザーを使っている(詰まらない)人はここでさようなら。これはOEM品やメーカー向けマザーだけで有効な技だ。


★生贄
 コンローLでBSEL MODして遊んでたんだけど、だいたい3日もすると詰まらなくなってしまった。苦労も何もせずに楽々クロックが上がるからだ。あっと言う間にマザーとメモリの限界に達してしまった。それはそれで嬉しいけどスリルも何もあったもんじゃない。検索すればいくらでも出てくるし、もうCore系BSEL弄り記事は書かない!( `・ω・´) これからは別の石で遊ぶのだ。

 条件として一品モノの貴重品CPUはダメ、FSBはできるだけ低い方が良い、高クロック品は伸びがないのでダメ…等々を勘案した結果SL7Z9(Prescott-2M)が上がった。読者も我々の狙いは理解できたのではないか?

SL7Z9(200×15) 2005年35週、フィリピン製

 定格は3GHzだ。これなら複数あるので潰してもそれほど悔いは無いし、後期プレスコットなのでクロックもソコソコ伸びるだろう。


★FSB1066化
 FSB800→1066なので前回のSL9XNと同じ手法でBSEL1をゼロにすればよい。前回と違うのは、倍率が高くクロックが上がりにくいPentium4だという事だ。何しろ4GHzである。これで動いたら感動モノだな。ちなみにHSDLの記録に残っているクロックレコードは3.7GHzだった。これは915GマザーとSL98V(×20)によるもの。ベース185でメモリが厳しかったのだと思われる。今回はFSBは定格なのでメモリ周りは定格で楽なんじゃないか。Prescott-2Mの製品版最上位は3.8GHzだし、極めて楽天的に動くと考えているのだが果たして。


sl7z9_bselmod
 2回目のBSEL MODだが、今回もあまりきれいではないな。使用した鋏の刃が厚いので細かい作業が出来ない。だが買いに行くのも面倒くさいな。鋏は100円ショップに行けばいくらでも売っているのだが、行くと関係ないものも買ってしまうので行きたくない(^^

 結果はスンナリと起動した。これはスゴイ!HSDLでは初めて見る4GHzである。がしかーし!一瞬で強制シャットダウンされてしまう。原因は超発熱だ。使用したリテール並みのクーラーでは無理のようだ。流石に発熱では一世を風靡したプレス子だ。仕方が無いので先日買ったばかりの大型クーラーを投入する。まさかカツ入れしていないのにコイツの出番が来るとは思わなかった。


sl7z9@266_post
 よーし行った行った!遅ればせながらHSDLで初の4GHz到達だ。表示が3990となっているので感動がやや薄れるが…。


sl7z9@266_memtest
 MEMTEST86+だと正確に4GHzが表示される。しかしメモリ定格(DDR667)なのにエラーが出る。どうもL2キャッシュエラーっぽいのだが。実はクーラーは変えたけど、例によってグリスを塗っていない。面倒だが塗るしかないな。しかし今回はここで時間切れ。エラーを無くしてXPを起動させるのはまた次回。


p35neo_rla
 その前にこのP35 Neo-F、OSTが膨張しているので何とかしなければ…8個全てのRLAが御覧のように膨らんでいる。これだと動作中に爆発しても文句は言えない。これでOCしちゃうんだからクソ度胸と言うか何と言うか…(^^;

775CPUクーラー完成

775CPUクーラー完成

 前回記事末尾は完結したように見えるが、実はまだ続きがあるのだった。第一、あれではファンが付いていないから完成してないし。


★ノーマルの取り付け方
http://www.hardwaresecrets.com/imageview.php?image=31195
 これを見ると「冷やす系」じゃなくて「静か系」みたいだね。冷やすには高速ファンと組み合わせるしかない。流石にリテールよりは大幅に冷えるようだが(当たり前か)。もっとも取り付け次第で冷却率は大きく変わる。このクーラーを止めているリテール並みのピンが情けないからだ。他の記事のテストではかなり冷えている結果も見られる。しかしやはり安定して冷えるのはネジ止め系である。

 ネジ止め系の最大の強みは密着率が高まる事。これは無頓着な人はバカにしてるかも知れないが、少なくともグリスに拘るよりははるかに重要だ。極冷OCの最先端では「如何にして密着させるか?」も重要なセッティングポイントで、呆れるほど巨大な万力のようなリテンション(とはもう呼べないが)を使用している。

http://www.overclockersclub.com/reviews/freezer7pro/
 元の写真を見ると、イソテルのリテールと同じピンで取り付けている。これって密着しないんだよね。何回も付け外ししていると緩んでくるし。

 このクーラーもネジ止めしたら、リテールの情けないクリップとは比べ物にならないくらい密着している。グリスを塗らずに手で触っていたら、MEMTEST86+が周回するにしたがって手で触るのがツラくなるくらい発熱が伝わった。普通はここまで熱くなる以前に熱で停止してしまう。締め付けの効果は絶大だ。勿論実際に使う時にはグリスは塗るけどね。


★ファンレス動作
MB:MSI P965 Neo-F
CPU:SL9XN(2008年14週)
MEM:PC5300U-555-12-256MB(SAMSUNG)×2
PS:MIRAGE DR-B350ATX
 この状態で電源を入れた。音がしないので電源が入っているかどうか分からん(注)。これはヤバい!電源落とし忘れ懸念されるな…(^^; この状態でHWINFOを立ち上げて内蔵温度センサーを読んでみた。さすがにCoreとは言え1.8GHzファンレスだと温度はグングン上がり、45℃辺りで伸びは鈍化した。更に粘ると10分後には50℃に達した。ここで安定したが、元々ファンレスで使う気は無いのでファンを入れる必要がある。

注:ファンが付いているのは電源だけ。電源はおなじみ動物電源だが、元々コイツはファンが回ってるのがよく判らないくらい静音である。真夜中でもなければバックグラウンドノイズが有るので、集中して耳を澄ませないと何も聞こえない。

★ファンを付ける
 そこでADDAの1700回転の低速ファンを当ててみた。温度は急激に下がり38℃で低下が止まった。出来ればもっと下がって欲しかったがまあいい。8僖侫.鵑鮑椶擦討い襪、一回り小さくて全面に風が通らないので9〜10僂離侫.鵑望ましい。がしかし9僖侫.鵑郎澹砲無いんだよな。12cmファンもあるけどちょっと大げさか?


adda_fan
 手で持っているのも疲れるので、HSDLでは最早おなじみの輪ゴムで止めてみた。何か北鮮の軍事システム並みに怪しいが…。775なのでPWMコントロールがあるファンが望ましいが、どうせいつも全開にしそうなのでなくても良いか。尚フラッシュの関係で羽根は止まって見えるが、この状態でHWINFOが動作している。

 気になるVRMへの冷却風だが、手をかざしてみた感じではリテールCPUクーラーと同等以上に当たっているようだ。目指すのはこれより上のステージ(FSB266)なのでこんな所で躓いてもらっては困る。


★OCテスト
 いつも使っていたのはFSB240なのでそれ以上を期待する。このマザーはCPUのVcoreは上げられないので、定格電圧でFSB266まで上がればいいな…甘い?イヤ本当に甘かった。このマザーは何とFSB265までしか設定できないらしい。寸止めかよ…(^^; 何とも気が利かないが、これもイソテルの「指導」なのだろうか。仕方が無いので市販機OCの定石であるBSELmodを行なう。これはこの記事で解説されているように、FSB800のCPUをFSB1066製品に見せかける方法だ。これでこのSL9XNは200×9.0=1.8GHzから266×9.0=2.4GHzのCPUとなる。コアは余裕があるので大丈夫だろう。この手法はクロックアップだけでなくダウンクロックにも使える。ベース100MHzにすると900MHz動作となり低電力になって面白いぞ(多分)。

BS_Clk:2-1-0
400MHz:1-1-0(未規定)
333MHz:1-0-0
266MHz:0-0-0
200MHz:0-1-0(定格)
166MHz:0-1-1(未規定)
133MHz:0-0-1
100MHz:1-0-1


bsel_mod
 初めてのBSEL作業だが何かキタネーなあ…(^^; まあこの作業は今後、このプラットホームを使い続ける限り何十回もやるだろうからそのうち上手くなるだろう。この石はまず確実にFSB1066で動くので、面倒ならワイヤを直にCPUピンにハンダ付けしても良いんだけど。どうせ使い潰すであろう石だから。FSB1333の時はBSEL2マスクだから兼用できる。


memtest266
 おおっ!確かにベースが266MHzになっている。モノは見るに堪えないヘボカス改造だが上手く行ったようだ。メモリは例のPC2-6400のクソメモリだが定格で3000MB/s台後半が余裕で出ている。よっしゃ!XP起動させるぞ。


★Windows起動
sl9xn@266
 Windows上でCPUIDを確認。333MHz×9.0は昇圧しないと無理だろうな。420なら出来るかもしれない。あ、でもP965 Neo(Rev1.1)は1333使えないんだった…。とにかくこのクロックではメモリが定格なので超安定だ。何でもっと早くやらなかったのか?(CPUを外すのがネジ止めなので超面倒だった^^)。


★ひとまず終了
 BIOSでは2.16GHz辺りが限度だったが、これだと2.40GHzで超安定して動く。コア電圧は全く上げていないのでまだまだ余裕綽々。上げたら3.0GHz以上までイケるかな?このマザーはコア電圧も上げられないのでVIDmodも必要だ。とりあえずクーラー交換は成功という事で。
記事検索
タグ絞り込み検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気