HSDL.blog.jp

主にジャンク品を使って日頃の発想や妄想を実験・研究するブログ。

ER-C56F_57WR

西巡回のような移動受信(^^;

HO巡回三連発!移動受信の行き帰りに西巡回のようなものを行なった(^^;


 実際どちらがメインだったかと言えば移動受信だ(^^ それでも新HSDLから花小金井までの時間と西が回れるか?のチェックを行なったのでHO巡回とも言える。14時03分にHSDLを出発。


2006291416
 もと本拠地の東伏見に14時16分に到達。以前はここからスタートしたが、現在はここまで来るのにだいぶ時間と脚を使ってしまう。


2006291423
 田無神社の前を14時23分に通過。田無まで来るのに20分もかかるなんて!以前なら25分もあれば余裕で花小金井に着いていたのだ。田無駅北口駅前を14時24分に通過。橋場から東京街道に入る。


2006291435
 花小金井には14時35分に到着した。どんなに順調に走ってもだいたい30分は掛かるみたいだ。最初の店にこんなに掛かるのだからイヤになってしまう。都内には都内の良さもあるだろうが、少なくともHO巡回をしたいのであれば都内に住んではいけないという事になる。閑話休題、今日の花小金井で特筆すべき事はジャンクゴミが一掃されたこと。このジャンク整理は花小金井の美点であるのだが、今回実は筆者が狙っていた物件が一つ捨てられてしまったらしい(^^; もっとも誰かが買って行ったとも考えられる。ここで今日の最初の買い物を行なって14時58分に店を出る。これからが今日の本番だ。


2006291500
 15時00分に花小金井交差点から右折して青梅街道に入る。何故曲がる?一体どこへ行くんだ?


2006291503
 15時03分に東小平駅前に到達(^^ 濃紺で地味なライオンズ電車が通り過ぎる。


2006291506
 実は高速に入るためだった(^^ 高速と言っても近年は新小金井街道にぶった切られたので直線じゃないし混んでいるので飛ばせない。


2006291522
 八坂の陸橋は今日は渡らず楽をして下を行く。何故なら本番の坂が厳しいからだ。途中八坂で何故かコンビニに入る。電気料金と水道料金を払うためだ。練馬区の人がなぜ八坂で払うのか不思議に思われているだろう(^^


2006291524
 さらに奥地まで走る。西多摩巡回と初代西巡回はこの前で左に曲がって東京街道に入るが…。


2006291526
 青梅街道と空堀川をまとめて渡る。


2006291530
 もはやこの辺りになると昔走った事も覚えていない。横を走っているのは多摩湖線だ。


2006291531
 キター!武蔵大和を過ぎるといきなりの登り!しかも延々続く厳しい奴だ。八坂で無理しなかったのはこれのため。


2006291533
 ぐひー死んだ。実はそれなりの速度で走るので登り時間は2、3分だが今日一日の疲れはここで発生した。


2006291537
 15時37分、キター!遂に多摩湖に到着した。我々の地方ではここは遠足で必ずやってくるので少なくとも同世代で来た事のない奴は居ない。中央付近の円盤みたいなのはこれまでになかった西武ドーム。つまり西武ドームになってから初めて来たという事になりますね。


2006291539
 堤防の上を走っている証拠に反対側はこうなっている。決壊したら大惨事だなあ。ではここでラジオを受信してみるか。


今日の移動受信


 今日の移動受信は前からやってみたかった、いわば移動受信の本命中の本命とも言うべき、この辺りで最もラジオがよく聞こえそうなところだ。そう、北多摩と言えば多摩湖である。移動受信を思い立った時から「この堤防の上でラジオを聞いてみたい!」という願望があった。それを漸く叶えたわけだ。

 で受信結果だが予想を大幅に上回る凄さだった。今までの移動受信での「多少ノイズが少ない」といったそういう低レベルではなく信号強度が10dB違うのだ。初冬には及ばないけど初秋〜中秋くらいの入感状況で季節をモロに錯覚した。しかも内蔵アンテナで昼間DXが余裕で出来る(二等ローカルはSPで余裕)。分ってはいたけどロケーションの重要さを思い知らされた。大部分の局は練馬・杉並・西東京では公園に移動受信をしても全くカスリもしないレベルである。一番驚いたのはER-C56Fで長野1が受信できたこと!820kHz辺りに合わせてAFNをヌルに入れると聞こえてきた。これは恐らく信号強度の勝利だろう。

△ 540kHz:NHK1
○ 639kHz:静岡2(PB)
○ 729kHz:名古屋1(CK)
○ 765kHz:YBS
○ 774kHz:秋田2(UB)
△ 819kHz:長野1(NK)
○ 837kHz:新潟1(QK)
○ 846kHz:福島1(郡山)
△ 864kHz:CRT那須 ;確認
○ 882kHz:静岡1(PK)
△ 891kHz:仙台1(HK)
○ 927kHz:甲府1(KG)
△1026kHz:NHK1
△1053kHz:CBC
○1062kHz:CRT足利
△1089kHz:仙台2(HB)
△1098kHz:民放
△1116kHz:BSN
△1161kHz:NHK1
○1197kHz:IBS水戸
○1260kHz:TBC
△1314kHz:OBC
△1323kHz:福島1(FP)
△1332kHz:SF
△1341kHz:福島1(いわき)
△1386kHz:NHK2
△1404kHz:SBS
○1458kHz:IBS土浦
△1485kHz:民放
△1503kHz:秋田1(UK)
△1512kHz:福島2(郡山) ;確認
△1521kHz:NHK2
○1530kHz:CRT宇都宮
△1539kHz:NHK2
○1557kHz:SBS熱海 ;本局より強い!
△1584kHz:NHK1
○1593kHz:新潟2(QB)
○1602kHz:NHK2

 但し冬と全く違うのは「西(半島・大陸を含む)がサッパリ聞こえない」「東も北海道はサッパリ」という事だ。これで決定的な差になっているね。それにしてもここで内蔵アンテナより10dB以上ゲインのあるアンテナを使ったらどこまで聞こえるのか?



2006291633
 16時33分、さて多摩湖も楽しんだところで帰るか。実はここから西巡回(−東村山)が始まる。初代と同じく逆回りで回るのだ。


2006291640
 がしかし予定の道を間違えて東村山浄水場辺りまで降りてしまった。ちなみに路面の距離は境浄水場からの距離だったかな。


2006291655
 16時55分に漸く東大和着。多摩湖からだいぶ時間が掛かってしまったが3月1日以来の東大和である。ここでも今日最高額の買い物をしてしまった。東大和がトップを取るのは本当に久しぶりで、たぶんあのRF-U80を買って以来だと思う。17時25分に出発。青梅橋に17時30分、小川橋に17時34分に到達。逆回りは違和感があるなあ(^^;


2006291740
 17時40分に今日の最後の店である立川栄着。ここが最終なのは南多摩巡回とフル西多摩巡回だが、この早い時間に最終になったのは史上初だろう。今日も買い物をしてしまい、これで立川栄の前半戦の二冠王が確定した。18時29分に店を出た。

 今日は移動受信がメインだったので途中で止めようかと思ったがまた来るのも面倒なので走ってしまった。暫くはHOに走らないでも済むだろう(^^ お疲れ様。


★今日の買い物
 何と今日も全店買い物達成!予算オーバー(^^; 2020年前半を終わったところでランキングは混迷を極めている。何とこの巡回の立川栄が金額・点数の二冠王なのだ。今年は自粛があったからランキングが荒れそうだな。

=カーラジオコネクタ=
car_radio
 もう二度と手に入らないかと思ったがまた手に入れられた。これで片方をアダプタに作り替えられる。恐らくHSDLの制式コネクタであるRCAかFコネクタが繋げられるようにするだろう。これでカーラジオのアンテナ端子改造は必要無くなったね。

=SLIM STYLE=
slim_style
 スリム・スタイルという謎ラジオ。これってアレに似てるよね?それを確かめるために買った。MWは動いたけどFMが動作しない。一時の気の迷いで何でこんなモノを買ってしまったのか…(^^;

=SR-500=
sr500
 またもお風呂ラジオ?イヤこれにはスポーツラジオと書いてあるな。しかしこれはお風呂ラジオシリーズに入れたいね(^^ 実はネタはそれだけじゃない。個別記事で驚く事になるだろう。330円。

=MINOLTA AF ZOOM 24-85mm F3.5-4.5=
af2485
 円形絞りではない況燭諒。24と85の好きな筆者にはベストのレンズ?もちろん35フルサイズでなければ意味はないが…。本当は円形絞りの祁燭欲しかったがこれも持っていなかったはず(α7000仕様の初代だけ)。

=謎のコネクタ=
nazo
 何となくアンテナの給電部に使い易そうだったのでゲト。がしかしどうも非分解式で使えなそう(^^;


★スルー
 あれ?何か忘れているような…多分レンズだと思うが。

・PLLラジオ
 お風呂ラジオらと一緒にあったがこれだけ500円だったのでスルー。無い時はトコトン無いけど有る時には一杯出てくるのがジャンク。だが予算は厳しいのだよ。

・例のアレ(^^;
 今日は家賃を持っていたので買うつもりで「電源入れさせてください」って持って行って、入れてみたら致命的不具合を発見してしまいスルーとなった。HO初のラジオdeマン振りはならなかった。まあ家賃を使い込まないで良かったねという事で(^^;


★走行リザルト
 今日6月29日の日の入りも先日に引き続き19時1分だった。練馬における14時の天候は曇り時々晴れ、気温は28.1℃で南の風1.5mだった。三連闘だが明るいうちにまとめて走ってやる!と言う作戦だ(^^

走行時間⇒2:34:13
本日の走行距離⇒41.73km
平均速度⇒16.2km/h
最高速度⇒34.2km/h
消費カロリー⇒446kcal
CO2削減量⇒6.26kg
積算距離⇒1387.00km

202001_06
 6/30で前半戦を終わったわけだがキター!何と2014年と2015年の一年分を越える距離を前半だけで走ってしまった。もちろん前半戦のブッチギリレコード。これは恐らく不滅の記録になりそうだが後半はタレそうな気がする(^^; これで最後はどこまで伸びるか楽しみでならない。ちなみに最終日の30日終了時点では1388kmとなった。

白昼堂々、半島上陸(^^

11月16日、いつもと違う大オープンで聞こえなかったものがゾロゾロと…


 この日は朝からおかしかった。10時頃に風呂場に仕掛けてあったRF-DR100のSDカードを回収する時に一寸聞いたら、何とこの低感度ラジオでバンド中の其処彼処でMW局が聞こえるではないか。今日は雨は降っていないのだがなあ〜(^^; このラジオは残念ながら相互変調がボコボコ出るくらいの感度は無いので間違いなくちゃんとした基本波だ。しかも657kHzでは北朝鮮と思われる放送も聞こえている。ホントかよ!ホントだとすれば初の海外局だが。東伏見公園では10時頃に普通に聞こえていたので信じられる。これは12時頃がチョット楽しみになってまいりました(^^

 …で12時くらいになったら特に福島方面が異様に強くて、1323kHzと1431kHzは間に挟まるSFを潰す勢いだった。夜は逆なんだよなあ〜(^^; 13時くらいになったら全周波数で何かしら聞こえるくらいの勢いだった。局数だけなら夕方と全く変わらん。こんな異様な日もあるんだな。それとも今年の12月はもっとスゴイのだろうか?期待してしまうぞ。それにしても昼間は他所の家のノイズやスプリアスが多くて困る。これさえなければあと10局は上積みできるのだが。

=11月16日(12:00〜13:30)に聞こえた局=
Rx:ER-C56F
ANT:小型ループ

540kHz:長野1(松本)[1kW] →IDが終わった頃に浮上(^^;
558kHz:CRK神戸[20kW] →13時過ぎないと何も聞こえない
639kHz:静岡2(PB)[10kW] →一年中全日受信可能(二等ローカル)
648kHz:富山1(IG)[5kW] →常連
657kHz:北朝鮮 →初の海外局
729kHz:名古屋1(CK)[10kW] →一年中24時間受信可能(二等ローカル)
747kHz:札幌2(IB)[500kW] →常連
765kHz:YBS大月[1kW] →一年中24時間受信可能(二等ローカル)
774kHz:秋田2(UB)[500kW] →常連
837kHz:新潟1(QK)[10kW] →常連
846kHz:福島1(郡山)[5kW] →常連
864kHz:CRT那須[1kW] →常連
882kHz:静岡1(PK)[10kW] →一年中24時間受信可能(二等ローカル)
891kHz:仙台1(HK)[20kW] →常連
927kHz:甲府1(KG)[5kW] →常連
1026kHz:静岡1(御殿場)[100W] →常連
1053kHz:CBC名古屋[50kW] →常連
1062kHz:CRT足利[100W] →一年中24時間受信可能(二等ローカル)
1089kHz:仙台2(HB)[10kW] →常連
1098kHz:RFC郡山[5kW] →常連
1098kHz:SBC長野[5kW] →常連
1116kHz:BSN新潟[5kW] →常連だが状態はかなり厳しい
1161kHz:静岡1(熱海)[100W] →常連
1197kHz:IBS水戸[5kW] →一年中24時間受信可能(二等ローカル)
1224kHz:金沢1(JK)[10kW] →気まぐれ(^^;
1260kHz:TBC仙台[20kW] →常連
1269kHz:HBC帯広[5kW] →北海道方面が良い時は常連
1287kHz:HBC札幌[50kW] →常連
1314kHz:OBC大阪[50kW] →常連
1323kHz:福島1(FP)[1kW] →常連だが状態は厳しい
1332kHz:SF名古屋[50kW] →常連
1341kHz:福島1(いわき)[1kW] →常連
1359kHz:福島2(只見)[100W] →常連だが微弱
1368kHz:山形1(鶴岡)[1kW] →気まぐれ(^^;
1377kHz:青森2(八戸)[1kW] →気まぐれ
1386kHz:盛岡2(QC)[10kW] →常連
1395kHz:RFC会津若松[1kW] →常連
1404kHz:SBS静岡[10kW] →一年中24時間受信可能(二等ローカル)
1431kHz:RFCいわき[1kW] →初受信
1440kHz:STV札幌[50kW] →常連
1449kHz:HBC網走[5kW] 北海道方面が良い時は常連
1458kHz:RFC福島[1kW] →初受信
1458kHz:IBS土浦[1kW] →一年中24時間受信可能(二等ローカル)
1467kHz:長野2(NB)[1kW] →常連
1476kHz:長野2(飯田)[1kW] →常連
1485kHz:RF小田原[100W] →一年中24時間微弱(^^;
1485kHz:SBC軽井沢[100W] →時々強い
1494kHz:HBC名寄[1kW] →入感しても微弱
1503kHz:秋田1(UK)[10kW] →常連
1512kHz:福島2(郡山)[1kW] →常連
1521kHz:静岡2(浜松)[1kW] →常連
1530kHz:CRT宇都宮[5kW] →一年中24時間受信可能(二等ローカル)
1539kHz:福島2(いわき)[100W] →常連
1557kHz:SBS熱海[100W] →一年中24時間受信可能(二等ローカル)
1575kHz:AFN三沢[1kW] →初受信
1584kHz:甲府1(富士吉田)[100W] →常連
1593kHz:新潟2(QB)[10kW] →常連
1602kHz:甲府2(KC)[1kW] →常連
注:同波のものは推定。初受信はもちろん昼間受信の事だ。

 実は民放に夢中になっていたら13時のNHK2のIDを録り忘れた(^^; 今日は土曜なので時間が違うんだった…(13:14→13:09)。不貞腐れたのでそこで受信を止めてしまった。まあ時間が無くなったというのも大きいけど。この調子だと12月は昼間受信は13時で終わりにした方が良いんじゃないか。もっとも13時までだとNHK2のIDが録れないのでIDで終わりとか。


★受信音
 あれ?肝心なモノが色々入っていないなあ(^^; 実は録音したけど局名の部分だけ状態が下がったりして全部捨てたのだった(リンクは全て同じです)。

NHK山形2(鶴岡):tsuruoka2_1368.mp3
 1368kHzの山形1(鶴岡)である。IDの時だけ状態が落ちやがって…(^^; この時を除いて明瞭に受信できた。これで鶴岡は季節限定だが24時間受信局となった。この局って80年代前半は独立局だったよね。

ラジオ福島(いわき):rfc_1431.mp3
 おやあ?1431kHzで民放が聞こえるぞ?これは初めてだなあ。GBSかWBSか?と思ったらRFCラジオ福島だった。こんな周波数あったっけ?調べたら当地で一番受信しやすそうないわき局(1kW)だった。注意すれば今までも聞こえていたのかもしれない。この他1458kHzで茨城放送に激しい混信を与えていたのはRFCの本局(1kW)だと思う。昼間に同波の激しい混信って普通は有り得ないのでブッ魂消た。

北朝鮮局:kita_0657.mp3
 冒頭に書いた北朝鮮局である。IDは出ないので推定だが間違いあるまい。HSDL初の海外局で、内容は延々音楽番組だった。同時に855や1206kHzもチェックしたが何も聞こえなかった。何でこの657kHzを日本語放送に使わないのか?621kHzは微弱で殆ど実用にならないぞ。せめて日本局の居ない855kHzを使うべき。

AFN三沢?:afn_1575.mp3
 もちろん推定なんだけど断定できる自信はない。何しろHSDLでは相互変調のメッカなので?これがそうでないとは言い切れない。だが,舛腓辰箸隆屬世栄眈紊靴討た、去年も八戸の1kWは聞こえている、などの理由からホンマ物のAFNだと確信している。当然三沢って事になるけど内容は本局と完全にパラだった。ピークはもっと強かったよ。

移動受信[19/11/02]

シリーズものなので単独で読まないようにお願いします(^^

前回の後始末と後日譚(^^;


 前回は目的の一つだったラジオを受け取り損ねたので、もう一度吉祥寺に行かねばならなくなった。ついでなので前回はできなかった録音と、わざわざ吉祥寺まで行くのだから近くの井の頭公園まで行ってみようと考えた。井の頭公園では今日手に入れる予定のER-C56Fをテストする。前回よりだいぶ遅い17時58分の出発。


1911021815
 アッと言う間に到着だ。この移動受信シリーズ初のリピーターだ。あれ?今日は誰も居ませんね。いつもはランナーやら犬の散歩やら通行人が居るのだが。まあそれは居ないでよろしい。例の四阿で今日は録音するのだから邪魔が無い方が良い。ジジイになつかれると説明するのに骨が折れるから(^^


1911021839
 今日は上の池だけでなく下の池も調査する。が何だこりゃ?下の池の方は荒れ果てているな。明かりも暗いし設備もないし放置状態っぽい。人も全く居ないし何かお化け沼みたいで雰囲気が悪い。受信状態に上の池と変化は無いのでこちらで受信する意味は殆ど無いかな。こちらは島があるのでそこで受信したいが上陸する手段は無さそう。

 この公園の周辺に立っている家なら、庭に出れば同じようなローノイズ環境なんだと思う。いいなあ。都内でこんなに恵まれた環境の場所は公園周辺しかないだろうからな。さてそろそろラジオでも受け取りに行くか。


1911021919
 今日はちゃんと番号を持ってきたよ(^^ もうこれで三連闘のドヨ吉である。一杯カネを持っていれば非常に楽しいところだ。HOは流石にもう行かないからね。


1911021917
 ドヨ吉でラジオを受け取ってきた。キター!C56F。これを今から井の頭公園でテストするのだ。触ってみたけど57WRとの差は殆ど無い。このドヨ吉の玄関でMW放送が幾つか受信できたのには驚いた。普通のアナログラジオなら無理だよなあ。


 で数分掛けて井の頭公園にやって来たのだが…ゲゲッ!何か自動販売機が一杯で明るい!おまけに周辺に公園の客をアテこんだ店が一杯デキてやがる。イヤ昔からいくつかあったけど増えている。おまけにベンチにはカップルが一杯…。

 …そうだった、忘れてたけど今思い出した。ここは多摩地区一番のカップルのメッカだったのだ(^^; 夜になっても人は居なくならないし明かりが消えることも無い。深夜でも他人が居る場所なのだ。こんな所で受信活動ができるわけは無い。非常に残念ではあるがここは受信地の候補から外さねばならない。


1911021932
 まずは当然ながら井の頭池に掛かる最長の橋、七井橋の上で受信してみよう。ところがここはあまりノイズが低くない。恐らくこのライトアップがいけないのだと思う。ふれあい歩道橋のような中華製?粗悪品ではないが(^^; やはり微妙に+5db以上のノイズが乗っているようだ。惜しいなあ。


1911021954
 ボート乗り場の先の明かりの無い橋は割と良かった。ここで一本だけ録音した。ひょうたん池の所も良さそうだけど受信はしていない。ここは通行人が公園の中でもメチャ多いところだからだ。姉が行っていたその先の学校の生徒もここを通っていたからな。

 しかしやはり南に来たのは正解だった。何故なら東伏見とはローカル局のレベルが段違いなのだ。TBSは相変わらずだが稍弱くて、ラジオの方向次第で中国局が聞こえる。AFNは相変わらず凶悪だが85dBμなので何とかなる。但しサイドは汚いのでやはり819と801は無理だが。段違いなのはQRでこれは場所とラジオの方向次第で50dBμ台前半まで落ちる。その結果として1125のNHK2はサイドを浴びながらも何とかダイヤルをズラさず受信可能。東伏見ではダイヤルをズラさないと受信できないからな。LFやRFは相変わらず弱いがサイドは汚い。それでも1233kHzの民放は受信できるので悪くない。


★受信音
 今日は録音するつもりで出かけたのでちゃんと録音した。但し調査なのでDXを楽しんだわけではない(^^ これが全ファイルだ。以下解説。

zenpukuji0531.mp3
 前回受信した上の池の四阿で受信。531kHzのNHK盛岡1だが、信号状態が悪いにもかかわらず非常に良い状態に聞こえるのはノイズが皆無だから。フェーディングが有って、しかも信号はピークでも30dBμなんだぜ?

zenpukuji1008.mp3
 前回受信した上の池の四阿で受信。ここは大阪ではない!東京都区内だ(^^; ローカルと間違えそうな1008kHzのABCである。イナカだとローカル局でもこんな風に聞こえない場合すらある。

zenpukuji1602.mp3
 前回受信した上の池の四阿で受信。1602kHzのNHK2である。DXやった事が無い人は解らないだろうがフェーディングの底でノイズが無いというのは驚異的なのだ。以上バンドエッジと真ん中で調査したが、このように周波数を全く問わない。完璧なノイズの低さなのだ。ラジオの内部雑音が異常に気になる場所なんて、今や日本の都市部ではそうザラにあるものではない。

zenpukuji1350.mp3
 これだけ下の池で録音した。これはRCCだがノイズが無いのでローカル局と変わらない感じ。ホント気持ち悪いです(^^;

inokashira1125.mp3
 井の頭公園で唯一録音したのはこれ。QRが弱かったので1125kHzのNHK2を受信してみたらダイヤルをズラさなくても受信できた(^^; もちろんIDが出れば確実に取れる。やはりここまで南に下がると信号状況は違ってくるのだ。HSDLだとRF-DR100で必死に耳を澄まさないと聞こえないレベルだ。ちなみにこれがER-C56Fのデビュー作である(^^


★ELPA ER-C56Fについて
 遂に買ってしまったC56Fだが、このダイヤルの使い易さはやはり断然だ。ダイヤル機構だけで言えばER-C56F/C57WR>絶対に越えられない実用の壁>RAD-S600Nとなる。何で今までこれを買わなかったのか?と後悔することしきり。気のせいかフェーディングの時のミュートの具合もこちらの方が良いように思える。ACアダプタも使用可能だし家で使うとしたらこちらだなあ。

 で次回からこれで調査するか?と思ったが、以前からの調査との互換性と信号強度の見やすさからこれまで通り鸚鵡で継続する。dBμ表示とSメーター風の比較では、Sメーター風はループの同調合わせなどのやり易さから普段使いに良く、dBμ表示は電界強度のピーク値の測定に向いている。移動受信は調査目的なのでdBμ表示の方が向いている。∴RAD-S600Nがこの作業には向いているのだ。

記事検索
名無し・通りすがりは即削除
QRコード
QRコード
月別アーカイブ