HSDL.blog.jp

主にラジオを中心としたジャンク・各種実験の同人誌

Leadtek

FX5700の謎(その後)

 本当は「FX5700の謎」と言うより「Leadtek LR2982の不具合」と言うのが正しい気もするが、埋め草記事がまさかの連載に…(^^; あれから早速怪しいところ、というか以前との違いを発見してしまった。


agpmode
 K8T NeoのBIOSメニュー内のここ。AGP速度の選択の所がAuto固定になっているのだ。以前はこれはAGP×1〜4で選択できるようになっていた。もしかすると×4だと動かないとか融通の利かない部分が(どちらかに)あるのかもしれない。現状はBIOSメニューに入れないので、この速度を換えて問題を解決することはできない。それ以前の問題なんだね。

 K8T NeoのBIOS入れ替えも考慮しなければならないのかも。でも最終Verは以前書いたように(モバセンでは)地雷だからな。おまけにVer2.2以前は古い形式なのでBIOSエディターでは弄れない。何としてもVGA-BIOSで解決して欲しい。

http://forum.ixbt.com/post.cgi?id=print:10:46100&page=5
 ロシア語なので読めないけど(^^; ここにAGP×4でしか動かないみたいなことが書かれている。やはりAGPバス・スピード関連のバグ持ちっぽいな。このチップはPCI-Eのブリッジに既にハードウェア対応しているチップなので色々初期トラブルがあるんだろう。その後グーグル大先生で検索したら、23.01という23.00より更に新しいバージョンを発見した。ひょっとすると23.00のバグ取りバージョンなのかも。

 他にもドライバサイトでヤバそうなのを色々見つけた。メーカーによってこんなにバージョン違いがあるのかよ!現状の2つと合わせて最低でも8バージョンあり、実はバグバグなんじゃないだろうか?激しい疑惑が湧いてきた。

GIGABYTEの19.00(古いので落としていない)
AOpen(現在の奴)19.A3(P191-0N)
LR2982(ノーマル)23.00(P191-0N)
CHAINTECHの23.01(P191-0N)
GIGABYTEの25.00(P191-4N)
MSIの26.07(P191-7N)
PNYの31.51(P178)
GIGABYTEの41.00(P222)

2301_2607
 PNYのはP178だから板違い。GIGABYTEの41.00はP222なのでこれも違う。さすがにHSDLであってもこれらに突撃する事は無い。もし間違ってLEの奴なんか入れたらグレードダウンも甚だしい。安全策で言えば0Nの23.01だろう。これで解決すれば古い19.A3を捨てられるんだが。ジサカーとしては何となく古い奴は敬遠したくなるのだ(^^ MSIのはマザーと同じメーカーだから魅力があるが、メモリクロックがDDR500だったので書き換えの必要があるな。もっとも入れる時はどれもサブベンダを書き換えるつもりなので同じか。


2301mod
 書き換えた。もっともCHAINTECH版は殆どヌビリファレンスVGABIOSなのでサブベンダIDくらいしか書き換える所は無い。


gpuz
 で書き換えた結果がこれ。やはり23.00はバグ持ち確定か?23.01だと全く問題無く起動する。そう言えばコイツGPU-ZだとBIOSバージョンが出ないな。いつからだろう?


2301bench
 ベンチを回したが特に問題は無いようだ。


 いやー良かった。BIOSのバージョンを古い奴に戻すのが死ぬほど嫌だったので、以前より新しいバージョンで解決したのは非常にめでたい。特にメリットは無いけど、久々に問題解決で清々しい気分になった。という事で「ジャンクでFX5700を手に入れたけど動かない」とか「不具合が出る」という人はBIOS更新を試してみれば?特に23.00の人は23.01に更新した方が良い気がする。

Geforce FX5700の謎

 以前から折に触れて書いていたようにHSDLのFX5700には問題がある。もっと正確に言うと2種類のFX5700(無印)の内の一つが、HSDLのAGPメイン機であるMSIのK8T Neo-FSRで起動しないのだ。今まで何度動かしてもBIOSPOST画面が出たところで固まってしまう。勿論このカードは他のマザーでは完全動作している。ちなみにどちらもローカル定期巡回[2013/01/27]で手に入れた奴。

=動く方=
AOpen Aeolus FX5700-DV128

=動かない方=
Leadtek WinFast LR2982
 恐らくこれのOEM版だろう。似た奴でLR2984と言うのもあるがこれは廉価版。OS-CONの写真で誤魔化しているが、メモリは遅いし電源も簡略化されているのが一目瞭然。無残です。

 K8T NeoのAGPバス・スロットにも問題が有りそうなのだが、動くカードもあるので断定するのも危険だ。何とかならないだろうか?と言うのが今日のお題。


★BIOSが怪しい?
 色々見てきたがハードウェアには違いは無いしおかしな所は無い。それではソフトのせいかもしれない。ファームウェアにバグがあるのではなかろうか。

Aeolus FX5700-DV128
BIOS Version 4.36.20.19.A3[2003/09/30]
19a3

WinFast LR2982
BIOS Version 4.36.20.23.00[2004/01/12]
2300

 オッ!やはりバージョンに違いが有るじゃないか。でもおかしいな、それだと古い方がまともで新しいのがおかしいという事になる。確証は持てないので、試しに青ペンの奴をリードテックに入れてみる。これで動いたらBIOS確定だがそう上手く行くか?


19a3mod
 気分的にサブベンダ・サブデバイスIDとメッセージは書き換えてみた。この場合は気分以外に特に意味は無い。VESAデータはどうやって書き換えるんだろう?探したけど見当たらない。まあいい、あとはこれをNVFlashで書き込むだけ。果たして動くかどうか?


nvflash
 BIOS書き換えなんて簡単だし、メモリをフラッシュしているだけなので別に怖い作業でもない。しかし長々とメッセージが出ると不安になる(^^; IDを書き換えたのでここでエラーが出ることはない。


★テスト
7772_fx5700
 やりました先生!起動しましたよ。以前はポスト画面で固まっていたのがブートしてXP起動に成功した。いやいや、VGA-BIOSが原因で立ち上がらなかったのは初めてだな。何故なのかはいまだに解決していないが…リードテックBIOSを青ペンFX5700に入れてみれば確定するけど面倒なので止めた(^^


gpuid
 サブベンダを書き換えたかいがあってLeadtekと表示されている。AOpenには元々サブベンダが設定されていなかった。実は青ペン版はメモリがDDR500だったが、これは書き換えたのでDDR550で動いている(Aeolusの記事参照)。その面でも書き換えた意味があったな。


gdi_ogl
dx5678
dx89
 一応ベンチを回してみた。当然ながら全く正常。スコアは939環境やSL6WHのOCには淡々と負けてしまった。本体PCがOCしていないノーマルなのでダメだろうとは思った。久々にインストールした3DMark05を動かしてみたら657だった(^^; 最初から最後までぶっ通しコマ送りで、まだHSDLには早すぎるようです…。


★めでたく解決?
 という事で何ともアッサリ解決した。こんなに簡単に解決するなら去年のうちにやっておくんだった。もう一年以上も放置されていたからな…。今回の教訓として、複数環境の重要性は高いという事。今回も一つの環境だけなら故障と判断している可能性もあったのだ。

 え?アンタらは動かない方が良かったんだろうって?まあそう言っちゃあそうなんだけど…。実は次回のバカ記事はそれがテーマと言うかネタになるのだった。それではこのカードとは次回のバカ記事にてまたお会いしましょう(^^
記事検索
名無し・通りすがりは即削除
QRコード
QRコード
月別アーカイブ