HSDL.blog.jp

ジャンクPCパーツ研究を専門とするブログ
主に東京・多摩地区のハードオフを巡回しています。

Windows8

Windows8追試

 この時期に紛らわしいけど、Windows8と言っても初代の方であってBlueではない。先日のBlueのテストでK8T NeoはDVDがブートせずインストールできなかった。そこで去年H46(セレ326)にインストールした32ビット版を「HDD繋ぎ換え法」で動かしてみたのだ。

K8T Neo-FSR[Ver1.00/2.2]
CPU:SMS3000BQX2LF(200x9.0@1.075V)
MEM:1024MB(PC3200)
VGA:RADEON9600XT(AGP)
IDE1:32049H2
IDE3:FB lct20 40GB
PS:AcBel ATX-300P-DNSS

 そのまま繋ぎ換えてブートすると長時間「デバイスの準備をしています」と表示されていたが、その後全く正常に起動できた。チップセットがイソテル→VIAでもPnPで何とかなる。この辺りの互換性はさすが。去年から放置してあったので当然だが、起動したら90日試用期限が切れていた。これは例の呪文で復活する。


w8_cpuz
 やりました。今までWindows8はCeleron326+DDR2が最低のシステムだったけど、このモバセン+DDR(1GB)環境が更に格下のシステムとなった。何から何まで結構重い(^^; しかしVistaや7を低レベルPCに入れた時よりは安定している。入れた時には64ビット版と違いが無くて「使えない」と思っていた32ビット版が翌年役に立つとは思わなかった。


w8_dev
 AGPも大丈夫らしいな。PCI扱いになるのかと思った。しかしRADEON9600XTのドライバは存在しないので、カード本来の能力は発揮できない。VGAモードと同じ事だ。


w8_wei
 WEIはショボイCPUより更にグラフィック系が腐っているという評価になっている。事実上最低評価と言える。最低ランクのDDR400メモリは意外と健闘している。


w8_bench
 ベンチも正常に動いている。常駐サービスが異常に多いのでやはり低速になるが。


w8_3d
 グラフィックはRADEON9600XTのドライバが無いのでダメダメ。Trio64にだってライバル宣言されてしまう(^^; もうやらないでいいね。


 今のところ初代だけど、このままアップデート・インストールする事でBlueに格上げできるかもしれない。これは次回試してみる。取り敢えずモバセン32ビットのWindows8動作実績ができた。

Windows8RTMインストール

 なんかWin8を入れてからデータドライブD:のファイルが頻繁に壊れる。スキャンディスクをかけると毎回エラーが出るのだが、何か操作ミスしてるのだろうか?それともスキャンディスクかファイルシステム自体にバグ有り(非互換性)なのだろうか。それってメチャ怖いぞ。


★64ビット版も入れてみた
 このCPUはEM64T対応なので64bit版もインストールできる。メモリが1GBしか無いので意味は無いだろうが、ソフトウェアのパフォーマンスを比較するために入れてみた。驚いた事にπ焼がまた速くなって、このCPU(326)では最高記録となる60秒ピッタリだった。本当にメモリ管理が向上しているのだろうか。ただ午後ベンチも32ビットよりは速くなっているけど、新記録と呼べるほどにはなっていないんだよな。なぜπ焼だけが速いのか謎だ。チートじゃあるまいし…(^^;


★実験 屮機璽咼垢鮖澆瓩襦
 前回もちょっと書いたが、このOSはデフォルトで不要なサービスが山のように常駐していると思われる。これを止めたら過去最高のパフォーマンスが出るのではないかと予想した。そこで管理ツールでサービスを止めに行ったら、何か色々と止められないサービスが増えている。特にPCの最も大きな足枷になっているタスクスケジューラが止められないのは痛い。これはベンチの最中でも勝手に作業を行ってしまうので厄介だ。とりあえず止められそうな奴だけ止めてみよう。これは64ビット版での実験だが、32ビット版でも同様だと思われる。


s_off
 上がノーマル、下がサービスを可能な限り止めたもの。やはり速くなった。XPにはまだ微妙に負けてはいるが、ノーマルよりは明らかに向上している。タスクスケジューラを止めたら互角以上になるのではなかろうか。やはり無い物ねだりだが8Liteが欲しいな。

 止められるサービスはXP時代と比べると極度に少なくなっている。サービス間の連携が高まっているというか、これって設計上問題があるのではないかと思ったり。デフォルトで起動するサービスが多ければ多いほど、OSセキュリティに問題が出るというのは常識だろう。BSD並みにしろとは言わないが…。

結論 土台の性能はXPと同等だが、不要不急なサービスがパフォーマンスを著しく低下させている。

★実験◆CPU交換」
 32ビット版も何故かPAEを要求されている。また32/64ビット版共にCPでは要求されなかったハードウェアDEP機能が必須要件となった。RTMまでの僅かの間にこれらが必須になるとは考えにくい。これらはインストール時だけの要求で、実際の動作には不要ではあるまいか?と仮定してCPUを交換する。まずは確実に不要と思われるEM64Tからテストする。これにはセレDの内、Jが付いているものを用意すればよい。これはXDビット対応しつつ64対応はしていない。


CeleronD 340J 2.93GHz SL7TP
cpuid_sl7tp
 動いてしまった。この時点でPAEは必要無い事が判る。常識的に考えてRP・RTM段階でカーネルを大幅に作り直す筈は無い。この実験結果によりXDビットも不要なのではないかと言う期待が持てる。では次にXDビットも未対応のSL7J5で試そう。


Pentium4 520 2.80GHz SL7J5
stop
 ダメですね。起動の時にこのような表示が出て固まる。これがDEP機能によるものなのか、それともチェックに引っかかっているだけなのかは分からない。チェックに引っかかっているだけならパッチ当てで動かせるのだが。

結論◆А嵎理アドレス拡張」は必須では無い。775セレDならばどれでも起動は可能である。恐らく要件の表記ミスだろう。但しXDビット未対応だと起動しない。775セレD最強だな。

★終わり
 HDD入れ替え法でSocket478/Aでも動くか?という期待を持っていたのだが、残念ながらノーマルではダメみたいだ。もっともこのOS、喜んで乗り換えたくなるような代物ではないのだが…。

 3回にわたってWindows8 RTMを弄ってみた。実際のパフォーマンスはVistaや7よりも微妙に向上していると思われるが、役に立たないセキュリティ機能+MSのトロイ(^^ によって性能が低下しているのが惜しい。全部止められるようにしてくれないかな。あるいは止める方法を発見したい。現在のままだと「地味なOSメガデモ」と言うのがこのOSの評価である。いや8だけじゃなくてVistaや7も同じバカバカしさなんですけどね。

 なお一連の文章は一般人(補助が無ければ自転車に乗れない人たち)に向けて書いたものではないことをお断りしておく。くれぐれもHSDLの記事を一般的なWindows8評価の一助にしないようお願いしますよ(^^

Windows8RTMインストール

★使ってみる
 ソフトウェアの互換チェックはまだ殆ど進んでいないが、ベンチマークだけは走らせてみよう。ドライバがビルトインなので特に3D系は期待はできないが。


wei_w8
 これがWindows8インストール要件の最低ランクPCのWEIである。3.4なら思ったほど酷くは無いな…と思ったら最高は9.9に拡大してやがる。水増しかよ(^^; 7以前との互換性は無いって事だね。恐らくこれ以下の数値はビデオカードを最低クラスにするか、あとはストレージの桁遅いノートPCくらいしか出せないだろう。


hdb_w8
 動きました。GDIが鈍いのは7以前と同じ。数値計算も遅いのは、恐らく不要なサービスが山のように動いているからだろう。最初に動かしたときは、何かよく分からないセキュリティ?警告が出てきて焦った。うぜえ。


nb
 曲がりなりにも3Dベンチがビルトインドライバで動きやがりましたぜ!数値はかなり低いが。凡そXPの時の半分の数値だ。


03
 おおっ、3DMark03も動いた。しかしかなり遅くXPの85%に満たない。ヌビドライバでどのくらい上がるかな?試しにヌビサイトから302.82を落として入れてみたが、更に遅くなっただけだった…(^^;


2001
 3DMark2001SEも無事に動作。しかしこれも非常に遅い。ベンチの土台としては使い物にならないな。ヌビドライバでは強制終了させられてしまった。この組み合わせはロクな事がねえ。


2000
 何と何と!突然のこの成績ですよ。この遅さはRiva128並みで尋常ではない。恐らくドライバがDX7には対応していないのだろう。昔のゲームをやるために昔のPC環境が捨てられないようだ。


fr
 何と3DMark99MAX(XP改)は動かなかった。カレントフォルダの変造DLLを使ってくれないからだ。Win8は過去プログラムの互換性を故意に落とす工夫がされている(^^ 多分XPと同じくレジストリ設定があると思うんだが。しかしFRはこの通り完全に動くんだな。95から8までべたノーマルで動くベンチはコイツだけだろう。全く良くできたプログラムだ。


pi
 全てのベンチが遅くなる中で何故かπ焼だけは65秒→61秒に速くなった。もっとも記録自体は別マザーで出た記録と同じで、ハードウェアの限界を超えられたわけではない。デフォルトで常時動いているサービスが異様な程多いので、ある程度測定時の運に左右されるのかもしれない。


gogo
 午後ベンチはXPに比べかなり遅い。π焼きが速かったのでメモリ管理がSSE2で向上したのかな?と期待してしまった。全くの思い過ごしだった(^^; ちなみにXPSP3はXP初代以前より確実にメモリが速い。


 起動はWin7よりやや速い気がするが、デスクトップにたどり着く前に手順を踏まねばならず、そう考えると歴代Windowsの中で最も起動の遅い製品と言える。GDIは遅いがもう使われていないので昔のソフト以外では関係ない。だがHSDLは昔のソフト以外使っていないので困る。ビデオカードの性能がモロに出そうだ。7より軽く感じるのはVGAがあの時よりだいぶ上だからだと思われる。何しろMX440→8500GTだからな(^^;

 すべての設定がやりにくい。これは出来合いの設定のまま使えという事なのか。この辺りも組み込みの電話用OSの臭いが強い。IPやワークグループの設定すらも苦労する。細かい事ではIMEが何かと頻繁に自動的に起動しやがるのが気に入らん。忘れたけど7もこうだったっけ?全角文字なんて文章書きエディタでしか使わないのでマジうぜえ。思わずキーボードに脳天唐竹割をかましそうになった。これは多分設定で止められそうだけどね。


★現在の結論
 筆者の考える優秀なソフトウェアとは、最小のハードウェア・リソースで最大の効果を発揮するソフトだ。その面から見ればVista〜8は最低ランクの物件だ。私らはOS上でソフトを使いたいのであって、OSそのものを弄って遊びたい訳ではない。ハードウェア・リソースを使い切る(おつり無し^^)OSを作ってどうするよ。企画・設計者は完璧にアタマ逝かれてる。メガデモかよこれは…(^^;

 このOSでハッキリ分かるようにMAC OSのようなアプリとOSの融合を目指しているのだろうが、どこを押しても「ハイ金払ってね」みたいなのは鼻白む。いい加減クソ高いくせにまだ金とるんかい!この守銭奴が。もっともMSのソフトなど使うつもりもないけど。MSストアーだとかスカイドライブも要らねー。こちらが望んでもいない物はオプションにしてくれ(情弱専用オプション)。8Liteがあったら真っ先に切り離したい。

 Metro、じゃなかったModern UIに代表されるように、全般的にモバイル系にシフトしているのが判る。タッチパネル無しでの操作感は良くない。未来のPCは当然モバイルギヤ方向になるのは間違いないけど。でもいい加減PCのOSからはログインと言う概念を無くして欲しい。マルチユーザーのPCって明らかにおかしいだろう?衣服を共用するようなもんだぜ。

 OSは無骨シンプルで結構。どの道MSがオシャレ〜なOSを作ろうと思ってもMAC OSには永久に勝てゃしない。また値段的に無料で手に入るLinux系やBSD系にも勝てない。セキュリティだって人海戦術のフリーOSには敵わない。唯一、大昔からの互換性「だけ」が取り柄のWindowsである。これからもAppleにバカにされるようなダサイモOSを作り続ければいいんじゃないか?MSがこれからは互換性は無視するというのなら我々はLinuxやBSD系でも使うよ。まさかとは思うが、不出来な8を囮に使って7を売る作戦ではあるまいな?(^^;

追伸:漸くコントロールパネルをすぐ出す方法を発見した(^^; しかしどう考えてもスタートメニューの方が良かったな。

Windows8RTMインストール

 今日はWindows8RTMインストールを行なう。製品版ではないけどHSDLマシンに入るかどうか興味深いので入れてみた。この記事の基本はWindows8CPの当時に、8繋がりという事で800回記念で書いたものだ。全然間に合わなかった…(^^;


★筆者のWindowsの歴史
 3、4年前までは詳細に覚えていたのだが、最近は脳が劣化しているのか忘れてきた。むしろMS-DOSの方が良く覚えている。

3.1(PC98)→初めて買ったWindows、PC-9801RX2改にて
3.1(PC-AT)→SE時代にアキバでOEM品を買う
NT3.1(PC-AT)→昔誰かにタダで貰った記憶がある
NT3.51(PC-AT/98)→2k時代に買ったが封を切っていない
95(PC-AT)→2k時代にFDD版をタダで貰った→メディア不明
95(PC98)→会社でPCごと破棄されたのを貰ってきた
NT4.0→当時とその後2枚買って2k時代に使い始め
95OSR2→2k時代にアキバで新品を買う
98→最初に使った9x。製品版をK6-200マシンで
SE→最初に買ったリテール9x、いきなりメインマシン
2k→RC2をHDD交換でいきなりメインマシンに
ME→製品版を借りてP6マシン(忘れた)に
XP→試用版(完全版)をHDD交換でメインマシンに
Vista→RC2をA7V880(512MB)+Duron1300に
Win7→RCをP4B533(768MB)+Cerelon2.0Gに
Win8→?

 Vistaからはいきなりメインマシンに入れる事は無くなった。と言うより、メインマシンが昔から変わっていなかったので入らないのだ(^^;


★Windows8 RTM
 初期のハードウェア要件に「Windows7の動作するハードウェア」と一旦は書いておきながら、Win8RPから露骨な足切り(=裏切り^^)が導入された。なのでWin7が完全動作するマシンでもインストールできない。

・32ビットOSでも何故かPAEが必要?
 64ビット版なら当然だが32ビットでは全く意味が無いじゃん。露骨な足切りだと思う。

・NX(XD)ビットが必要
 Win7以前のようにソフトでやればいいじゃん。用件として全く必要ない。露骨な足切りだ。

・SSE2が必要
 OSで使われているというよりは、アプリケーションにてブルーバックを出さないようにするためらしい。それはソフト会社の役目だろう。我々には余計なお世話だが初心者にはこの方が良いのだろうか。

 ということでソケット478・A以前ではインストール不能である。7の時(478セロリン)よりちょっとはマシなのに入れるか(^^;


★インストールマシンの選定
 もちろん入る限り最低の環境に入れる。がしかし、最低でもソケ775・754以降のマザーを用意せねばならない。仕方が無いので775で最低の能力を誇るSL8H5(注)を使おう。64ビット版も入るけど、32ビット版で比較したいので32ビット版を入れる。64ビット版は直ぐに入れるけど重複するだろうから記事にはしない。有意な違いがあったらその都度報告する。

MB:MSI P965 Neo-F
CPU:CeleronD 326 2.53GHz SL8H5
MEM:SANMAX PC2-6400-512MB×2
VGA:PV-T86J-UAL3[GF8500GT+DDR2-256MB]
SATA1:MAXTOR 32049H2
IDE1:D540X-4K 80GB
SOUND:ALC883-HDA
NETWORK:RTL8110SC
PS:MIRAGE DR-B350ATX

 最低インストール用件は満たしている。ま、最低用件で遊ぶのが趣旨だから。これで実用にならなければ遠慮なくクソ認定だ。

注:SL8H5(326)は478のSL7KB(3.0EGHz)の75%位の能力しかない。この時期のCPUとしてはカスカスと言えよう。しかしEM64TもNXBitも対応してるんだな。〜8まで全てのWindowsがインストールできるので478には勝てるv(^^ もっとも最新のWindowsを使わなければならない義理は無いが、「もうそのPCでは動きませんよ」と言われるのも何か物悲しいものがある。

★インストール開始
 インストール初期にSATAの光学ドライブが死んでしまったので、USBでDVDコンボドライブを繋いでインストールした。最初からこうすればよかった…(^^; また当初はIDEにドライブを繋いでいたが、インストール中に外部IDEコントローラのドライブを見失うので諦めてSATAアダプタを使った。上のSATA1:MAXTOR 32049H2はアダプタを使っているから。


inst
 インストール時間は、その間他の作業をしていたので正確に計測した訳ではないが、思ったより短く30分程度じゃないか。インストール時間はHDDやSSDの速さに比例する。インストールの間じっと待っているおバカさんは居ないだろうし、仕様でインストールを許されるレベルのPCなら能力は気にしなくていい。


start
 ギニャー!何と横長画面専用じゃないか。ふざけるんじゃねえよカス。HSDL的にはこの時点でゴミ決定。しかもこのスタート画面がウザい。何でこんなもの入れたんだよ。一気にデスクトップでも出してくれればいいのに。


game
 印象を言わせてもらうと「パチもんWindows7」って感じかな。コピーがイマイチ上手く行っていないって感じ。とにかく出てくる画像出てくる画像全てが気持ち悪い。早くも知り合いのデザイナー(マカーが多い)の間では爆笑されている。いや解るわ。


apl
 やべえ、ウケ狙いでパーソナルカラーをパープルにしたらこのザマだ。目が痛いのでいずれ変えよう…(^^;


device_w8
 すべてのデバイスを内蔵ドライバで認識。メジャーなパーツばかりなのでネットワークもいきなり使える。なおアクチベートは勝手に行われたと思われる(^^; 勝手にやるなよ。そう言えばインストール時にシリアルも要求されなかったな。


desk
 ああ疲れた…やっとデスクトップにたどり着いた。ここまで来れば8も以前のWindowsと大差無い。しかしスタートボタンが無い。電源はどうやって落とすんだよクソがっ!試しにAlt+F4を押したら終了メニューが出た。ここは変わっていないようだ。

 相変わらずDesktop.iniが表示されてしまう間抜けなバグが健在である。Vistaでエンバグしたのかな?試しにゴミ箱に放り込んでみたら一旦消えた。しかし再起動したら復活してしまう。みっともないな。すべてのファイルを表示している人は少ないのだろうか。稚拙な罠に引っかかるわけだな。


tm
 Win7以前に比べ、タイトルバーがグラデじゃなくなったし、全体的に色がベタで単調になっている。これってやはり電話用なんじゃないか?と思わざるを得ない。但し筆者はこれで充分と言うかむしろ良い傾向だ。


network
 で、これは何なの?わざわざ大仰にこんなタブを出して何も設定できないじゃないか。あらゆる所が疑問また疑問。


★以下次号
 次号はおなじみHSDLベンチフルコースだ。動くのかな?32ビット版だから大丈夫だと思うが。64Bit版はDVD-Rの調子が悪くインストーラが起動しない。参ったな〜別のドライブを掘り出さねば。これというのもエロ爺GH24NS50がぶち壊れたからだ。やはり死刑に値するな。
記事検索
タグ絞り込み検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor 天気